« 明日(9月20日)の競馬 | トップページ | 明日(9月21日)の競馬 »

2009年9月20日 (日)

今日(9月20日)の回顧

 阪神10R第27回関西テレビ賞ローズステークス(3歳牝G2・芝1800m)は、好スタートから中団でジックリと脚を溜めたブロードアピール(牝3・藤原英)が、直線馬群を捌いて鋭く伸び、外から追い込んで来たレッドディザイア(牝3・松永幹)をクビ差抑え切り、レコードタイムで重賞初制覇を飾っています。タイムは1.44.7(良)。2着には、後方追走から、直線大外を良く追い込んだレッドディザイア。3着には、2番手追走から、早目に先頭に立ち、最後までしぶとく粘ったクーデグレイス(牝3・栗田)が入っています。尚、上位3頭には、秋華賞への優先出走権が与えられます。

1着のブロードアピールは、春からの成長はあまり感じなかったものの、その分仕上がりも良く、速い流れと、内枠を上手く活かし切った印象ですね。スイトピーSの時にも思いましたが、距離は1800mがベストの印象ですね。

2着のレッドディザイアは、本番に向けて、若干余裕のある馬体と、勝ち馬との枠順の差が響いた印象ですね。秋華賞のコースはブエナビスタよりも向いていると思っていましたが、今日の走りではブエナビスタを逆転するには、相当な上積みが必要となりそうですね。

私の本命のクーデグレイスは3着。1000m通過が58秒1と速い流れの2番手を追走し、早目に先頭に立って粘る強い内容でしたね。今の状態を維持出来れば、本番でも、内枠を引いてスッと行ければ面白い存在となりそうですね。

 中山11R第63回ラジオ日本賞セントライト記念(3歳G2・芝2200m)は、中団で折り合いを付けたナカヤマフェスタ(牡3・二ノ宮)が、3~4コーナーで早目に仕掛けて直線入り口で2番手まで押し上げ、直線もゴールまで力強い伸びを見せて抜け出し、重賞2勝目を飾っています。タイムは2.12.2(良)。2着には、中団前目追走から、直線しぶとく伸びたセイクリッドバレー(牡3・高橋裕)。3着には中団追走から、直線良く伸びたフォゲッタブル(牡3・池江郎)が入っています。尚、上位3頭には、菊花賞への優先出走権が与えられます。

1着のナカヤマフェスタは、中山で外枠は有利とは思えませんでしたが、この馬が気分良く走るには合っていたのかも知れませんね。能力の高さは誰もが認めるところですし、それをレースでどれだけ出せるかに掛かっていますね。

2着のセイクリッドバレーは、いつもより前のポジションを取れた事が大きかった印象ですね。折り合いには不安の無いタイプですし、今日の様なレースが出来れば、今後も安定したレースが期待出来そうでうすね。

3着のフォゲッタブルは、良いレース振りで、菊花賞への権利を取れましたね。血統面から、距離が伸びる菊花賞が楽しみな1頭となりそうですね。

私の本命のミッキーペトラ(牡3・森)は13着。パドックでも煩かった、レースは理想的な運びでしたし、4コーナーで若干スムーズ差を欠いたものの、既に手応えも無く、力が足りなかった言えそうですね。

今日の注目馬

阪神9R⑩スカイノダン(牝3・大久保龍)は10着。前走の勝ちっぷりから期待したのですが、今日の走りを見る限り1000万では時間が掛かりそうでね。

 中山3R3歳未勝利(ダート1800m)をケンマ(牡3・本間)で制した松田大作騎手が、現役59人目となるJRA通算200勝を達成しています。また、中山9R上総特別(3歳上1000万下・芝1600m)をアロマンシェス(牡5・本間)で制した勝浦正樹騎手が、中央競馬史上78人目、現役29人目となるJRA通算500勝を達成しています。更に、阪神11R3歳上1000万下(ダート1800m)をメイショウアサガオ(牝4・安達)で制した佐藤哲三騎手が、中央競馬史上33人目、現役13人目となるJRA通算800勝を達成しています。みなさん、おめでとうございました。

 それでは、また後ほど^^。

|

« 明日(9月20日)の競馬 | トップページ | 明日(9月21日)の競馬 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(9月20日)の回顧:

« 明日(9月20日)の競馬 | トップページ | 明日(9月21日)の競馬 »