« 第21回ブリーダーズGC+第14回クラスターCの回顧 | トップページ | 明日(8月16日)の競馬 »

2009年8月15日 (土)

今日(8月15日)の競馬

 札幌9R札幌日刊スポーツ杯(3歳上1600万下・芝1200m)は、好スタートから、好位の4、5番手を楽に追走したダイワマックワン(牡4・鹿戸雄)が、直線しっかりとした末脚で抜け出し、後続をキッチリと抑え切って1着。タイムは1.09.0(良)。2着には、中団追走から、直線大外から良く追い込んだランチボックス(牡4・浅見)。3着には、好位追走から、直線しぶとく伸びたショウナンカザン(牡4・本間)が入っています。

私の本命のダイワマックワンは1着。レース振りを見ると、完全に良い頃のデキに戻った印象ですね。今の状態をキープ出来れば、スプリンターズSでもと思わせる充実振りですね。

2着のランチボックスは、外々を回りながらの競馬となりなながらも、この着差ですから、強い内容だったと思います。札幌の馬場も合いますし、次走以降も十分期待出来そうですね。

3着のショウナンカザンは、枠順がもう少し内ならと思わせる内容でしたね。力差は感じませんし、今後の巻き返しを期待したいですね。

 続いて、新潟11R月岡温泉特別(3歳上1000万下・芝1600m・ハンデ)は、道中3番手を追走したワールドコンパス(牡3・手塚)が、直線で馬場の真ん中に持ち出し、鋭い伸びを見せて抜け出し、最後は抑える余裕の勝利を飾っています。タイムは1.33.3(良)。2着には、4、5番手追走から、直線しぶとく伸びたアロマンシェス(牡5・本間)。3着には、中団追走から、直線良く追い込んだスズジュピター(牡4・高橋裕)が入っています。

1着のワールドコンパスは、3番手追走から、上がり3ハロン33秒2と、強い内容でした。今後が楽しみな1頭となりそうですね。

2着のアロマンシェスは、力は出していますし、安定感は抜群ですね。

3着のスズジュピターは、距離短縮で、本来の走りを見せてくれましたね。更に距離を短くしても良い印象ですね。

私の本命のタケショウオージ(牡4・国枝)は4着。脚質的なものもあり、この結果は仕方無いですね。上位馬との力差は感じませんし、枠順や展開次第ですね。

今日の注目馬

小倉10R⑪グッドバニヤン(牡4・北出)は6着。今日の様な馬場は得意では無い印象の走りでしたね。このクラスでもやれる力だと思いますので、次走以降の巻き返しに期待ですね。

 札幌6R3歳未勝利戦(ダート1700m)をベルモントガリバー(牡3・嶋田潤)で制した藤田伸二騎手が、中央競馬史上9人目、現役では5人目となるJRA通算1,600勝を達成しています。また、小倉8Rフェニックス賞(2歳OP・芝1200m)をカレンナホホエミ(牝2)で制した橋口弘次郎調教師が、中央競馬史上29人目、現役33人目となるJRA通算800勝を達成しています。おめでとうございます。

 新潟4R3歳未勝利戦(芝1800m)で1位に入線したトウカイソニック(牡3・的場)は、決勝線手前で急に外側に斜行し、タッチミーノット、キクノアキレスの走行を妨害したため、第5着に降着となり、騎乗していた的場勇人騎手は、開催日4日間の騎乗停止の処分を受けています。

 それでは、また後ほど^^。

|

« 第21回ブリーダーズGC+第14回クラスターCの回顧 | トップページ | 明日(8月16日)の競馬 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(8月15日)の競馬:

« 第21回ブリーダーズGC+第14回クラスターCの回顧 | トップページ | 明日(8月16日)の競馬 »