« 阪神ではG3・第14回プロキオンステークス | トップページ | 第11回ジャパンダートダービーの回顧 »

2009年7月 8日 (水)

先週(7月4、5日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 先週(7月4、5日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

7月4日(土) 札幌4R 新馬・芝1200m(牝)

ステラリード(牝2・森)岩田騎手・54キロ

タイム1.10.0(良)/上がり34.3

馬体重436キロ/5番人気

2着馬クロワラモー(-0.2)

栗毛/07年3月3日生まれ

生産・有限会社ビクトリーファーム

スペシャルウィーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レデイーシラオキ
ウェルシュステラ Zafonic Gone West
Zaizafon
Catalyst Sadler’s Wells
Welsh Love

まずまずのスタートから、中団を追走。3~4コーナーで先団の直後まで進出し、直線に入り外から鋭い末脚で抜け出し、最後は抑える余裕の勝利。

7月4日(土) 福島5R 新馬・芝1200m

クリアキー(牝2・中川)後藤騎手・54キロ

タイム1.12.9(重)/上がり37.8

馬体重422キロ/3番人気

2着馬チハヤブル(-0.0)

鹿毛/07年3月31日生まれ/生産・ノーザンファーム

ファルブラヴ Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Gift of the Night Slewpy
Little Nana
パテントリークリア Miswaki Mr. Prospector
Hopespringseternal
Badge of Courage Well Decorated
Tamerett

五分のスタートから5、6番手を追走。3コーナーまでに押して2番手まで押し上げ、直線に向いて、粘り込みを計るチハヤブルをゴール寸前でアタマ差捉え切っての新馬勝ち。

7月5日(日) 札幌4R 新馬・芝1200m(混)

キョウエイアシュラ(牡2・矢作)三浦皇騎手・54キロ

タイム1.10.5(良)/上がり34.9

馬体重450キロ/7番人気

2着馬スワット(-0.0)

鹿毛/07年1月24日生まれ/生産・藤沢牧場

スウェプトオーヴァーボード End Sweep Forty Niner
Broom Dance
Sheer Ice Cutlass
Hey Dolly A.
サンシャワーキッス アンバーシヤダイ ノーザンテースト
クリアアンバー
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston’s Mill

五分のスタートから、中団前目を楽に追走。3~4コーナー中間辺りで徐々に進出を始め先団に取り付き、直線に入ってなかなか前との差が縮まらなかったものの、最後は鋭い伸びを見せての差し切勝ち。

7月5日(日) 福島5R 新馬・芝1800m(混)

ロードシップ(牡2・相沢)松岡騎手・54キロ

タイム1.50.7(良)/上がり36.6

馬体重490キロ/1番人気

2着馬オリエンタルジェイ(-0.3)

青鹿毛/07年2月22日生まれ/生産・白井牧場

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
ヒダカゲラン ミルジヨージ Mill Reef
Miss Charisma
モガミゲラン モガミ
ミスゲラン

スタートは良くなかったものの、行き脚は付いて、すぐに先団直後まで取り付き、キッチリと折り合いを付けての追走。3~4コーナーで捲り気味に進出を開始し、直線入り口で先頭に並びかけると、直線は軽く気合を付ける程度でしっかりと伸び切る快勝で新馬勝ちを飾っています。

7月5日(日) 阪神4R 新馬・芝1200m(混)

シンメイフジ(牝2・安田)武豊騎手・54キロ

タイム1.11.5(良)/上がり34.9

馬体重456キロ/1番人気

2着馬トシザマキ(-0.0)

鹿毛/07年2月12日生まれ/生産・ケイアイファーム

フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston’s Mill
レディミューズ ティンバーカントリー Woodman
Fall Aspen
シンコウラブリイ Caerleon
Happy Trails

好スタートから、スッと控えて4番手を追走。4コーナーで仕掛けて上がって行くところで、前が膨らんだ煽りを受けて外に弾かれるも、直線は余裕を持った追い出しで抜け出し、着差以上の強さを感じさせる内容で新馬勝ちを飾っています。

各馬の動向

アルナスライン(牡5・松元):放牧に出され、秋は京都大賞典(10月11日)で復帰する予定。

ラッキーブレイク(牡8・音無):プロキオンSを回避し、KBC杯(7月26日)へ。

タニノマティーニ(牡9・須貝彦):キーンランドC(8月30日)へ。

クラウンプリンセス(牝5・橋口):小倉記念(8月2日)へ。

マイネルレーニア(牡5・西園)、ライブコンサート(せん5・白井)、マイケルバローズ(牡8・藤沢則):関屋記念(8月9日)へ。

|

« 阪神ではG3・第14回プロキオンステークス | トップページ | 第11回ジャパンダートダービーの回顧 »

競馬’09」カテゴリの記事

2歳勝ち上がり馬紹介’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(7月4、5日)に勝ち上がった2歳馬の紹介:

« 阪神ではG3・第14回プロキオンステークス | トップページ | 第11回ジャパンダートダービーの回顧 »