« 明日(7月12日)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第9回アイビスサマーダッシュ »

2009年7月12日 (日)

今日(7月12日)の回顧

 福島11R第45回七夕賞(3歳上G3・芝2000m・ハンデ)は、馬場の良い外目4番手を追走したミヤビランベリ(牡6・加藤敬)が、4コーナーで少し外に弾かれたものの、体勢をを立て直して追い出されると、力強い伸びを見せて抜け出し、重賞2連勝で七夕賞2連覇を飾っています。タイムは2.00.2(良)。2着には、後方でジックリと脚を溜め、直線馬群を突いて鋭く伸びたアルコセニョーラ(牝5・畠山重)。3着には、中団追走から、直線しぶとく伸びたホッコーパドゥシャ(牡7・村山)が入っています。

1着のミヤビランベリは、力を付けた事を見せ付ける様なレース内容でしたね。更に上のレベルでの活躍を期待したいですね。

2着のアルコセニョーラは、福島コースのハンデ戦は、確実に力を出して来ますね。夏場も良い馬なので、昨年同様の活躍が期待出来そうですね。

3着のホッコーパドゥシャは、勝負どころでの反応があまり良くなかったものの、直線に向いてしぶとく伸びて来る辺りを見ても、福島2000mはピッタリの条件だと言う事でしょうね。次走以降も、まだ上積みが見込めそうですし、夏場の活躍が期待出来そうですね。

私の本命のイケトップガン(牡5・石毛)は8着。最後は一杯になりましたが、休み明けを考えると、まずまずのレース振りだったと思います。これを使われて、次走以降は更に良くなるでしょうし、次走以降が期待出来る内容だったと思います。

 続いて、阪神10R第14回プロキオンステークス(3歳上G3・ダート1400m)は、3番手の外目を追走したランザローテ(牡6・池江寿)が、直線に向いてから追い出されると、力強い伸びを見せ、内のトーホウドルチェ(牝4・田島良)との激しい叩き合いをアタマ差制して重賞初制覇を飾っています。タイムは1.22.7(良)。2着には、2番手追走から、最後までしぶとく食い下がったトーホウドルチェ。3着には、好位追走から、早めに動いて、最後までしぶとく伸びたバンブーエール(牡6・安達)が入っています。

1着のランザローテは、得意の1400mに距離が短縮され、スムーズな競馬で力を出し切りましたね。距離はもう少し長くてもこなせそうな印象ですが、1400mがレースをしやすいようですね。6歳馬ですが、使われた回数も少なく、今後の活躍が期待される1頭ですね。

2着のトーホウドルチェは、最後は交わされたものの、力を付けている事は明らかですし、スッと前に付けられる脚があり、交流重賞などの活躍も期待出来そうですね。

私の本命のバンブーエールは3着。位置取りが思ったよりも後になりましたし、59キロも厳しかったですね。それでも、最後までしぶとく伸びて力は見せましたし、秋以降の大きな舞台での活躍を期待したいですね。

今日の注目馬

札幌9R⑥メイショウレガーロ(牡5・小島太)は5着。小回りコースで先行出来れば、しぶとさを見せますが、OPレベルではここまでが精一杯と言った印象の走りですね。次走は上積みが、まだ見込めそうなので、相手関係次第でしょうね。

 福島8R織姫賞(3歳上牝500万下・芝1800m)をクーデグレイス(牝3)で制した栗田博憲調教師が、現役20人目となるJRA通算500勝を達成しています。おめでとうございます。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« 明日(7月12日)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第9回アイビスサマーダッシュ »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(7月12日)の回顧:

« 明日(7月12日)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第9回アイビスサマーダッシュ »