« 明日(7月25日)の競馬 | トップページ | 明日(7月26日)の競馬 »

2009年7月25日 (土)

今日(7月25日)の回顧

 小倉10R北九州短距離ステークス(3歳上1600万下・芝1200m)は、馬なりで好位の4、5番手を追走した1番人気のメリッサ(牝5・佐山)が、4コーナー持ったままで先頭に並びかけ、直線に入り強く抜け出し、そのまま押し切る強い競馬で1着。タイムは1.07.5(良)。2着には、好位追走から、直線内目を良く伸びたテーオーギャング(牡5・松永幹)。3着には、後方追走から、直線大外を良く追い込んだコパノオーシャンズ(牝5・村山)が入っています。

1着のメリッサは、力の違いを見せ付けるレース内容でしたね。状態も良いのでしょうが、1200mで良さが出た印象ですね。

2着のテーオーギャングは、良いレースを見せていますし、安定して力を出せるようになって来ていますね。今日は相手が悪かったとしか言い様がないですね。

3着のコパノオーシャンズは、各馬が速く、いつもよりも位置取りが後になりましたが、その分、ラストの脚は際立ちましたね。速い時計にも対応出来ましたし、次走以降が楽しみになるレース内容でした。

私の本命のマチカネハヤテ(牝4・河内)は14着。両サイドから挟まれ、厳しい展開になってしまいましたね。ポンッと先手を取れれば変われる馬なので、次走以降に期待ですね。

 続いて、新潟11R長岡特別(3歳上1000万下・芝1200m)は、好スタートから、2、3番手を追走したダイワマックワン(牡4・鹿戸雄)が、3~4コーナー中間辺りで、抑え切れないほどの手応えで先頭に並びかけ、直線に向いてあっさり抜け出すと、最後までしっかりと伸び、後続を抑え切って1着。タイムは1.08.5(良)。2着には、中団追走から、直線外に持ち出して良く伸びたストロングロビン(牡3・宗像)。3着には、後方追走から、直線大外を良く追い込んだメイカ(牝5・野中)が入っています。

1着のダイワマックワンは、2歳時、3歳初めの頃の状態に完全に戻った印象の走りですね。1400mまで距離は持ちそうですし、今後の活躍を期待したい1頭ですね。

私の本命のストロングロビンは2着。やはり、この条件は良さそうですね。持ち時計も大幅に詰めていますし、夏場も良さそうで、次走以降も引き続き、好走が期待出来そうですね。

3着のメイカは、こちらも左回りの1200mで力を出して来ましたね。父ダンスインザダーク、母フラワーパークと、まだまだ成長しそうな血統で、今後が楽しみな1頭ですね。

今日の注目馬

札幌9R①トップオブピーコイ(牡3・森)は4着。惜しい競馬でしたが、時計の掛かる1200mがベストの条件でと言えそうですね。

 それでは、また後ほど^^。

追記:小倉9R有明特別(3歳上500万下・芝1200m)をヴェンディ(牝4)で制した加藤敬二調教師が、現役42人目となるJRA通算400勝を達成しています。おめでとうございます。

|

« 明日(7月25日)の競馬 | トップページ | 明日(7月26日)の競馬 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(7月25日)の回顧:

« 明日(7月25日)の競馬 | トップページ | 明日(7月26日)の競馬 »