« 今日(6月21日)の回顧 | トップページ | 先週(6月20、21日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 »

2009年6月22日 (月)

今週はG1・第50回宝塚記念

 今週の日曜日(6月28日)には、阪神競馬場で第50回宝塚記念(3歳上G1・芝2200m)が行われます。今年はフルゲート18頭に16頭の登録があり、全馬出走可能となっています。全登録馬は以下の通りです。

ファン投票優先出走馬(騎手は予定です)

ウオッカ(牝5・角居)

回避が決まっています。今後は放牧に出され、秋に備える予定。

ディープスカイ(牡4・昆)四位騎手・58キロ

大阪杯から間隔が開き、やや余裕残しだった前走の安田記念でも、底力を見せての2着。使われた上積みは大きそうですし、2200mもレースがしやすそう。ウオッカの回避で負けられない立場となりましたね。

ドリームジャーニー(牡5・池江寿)池添騎手・58キロ

大阪杯では、ディープスカイが休み明けだったとは言え、強い内容で退けているように、阪神コースは得意ですし、距離が合っているとは思えない天皇賞・春でも3着と力を付けて来ていて、ここはG1勝ちのチャンスでしょう。

スクリーンヒーロー(牡5・鹿戸雄)横山典騎手・58キロ

今年に入っての2戦が消化不良の内容。距離短縮がそれ程プラスになるとは思えませんし、どこまで昨秋の良い状態に戻るかに掛かっていますね。

アルナスライン(牡5・松元)蛯名騎手・58キロ

蛯名騎手に乗り替わっての日経賞勝ちと天皇賞・春2着と、完全に立ち直った印象の走りを見せています。2200mでも十分力を出せると思いますので、ここも楽しみな1戦となりそうですね。

サクラメガワンダー(牡6・友道)福永騎手・58キロ

着実に力を付けて来て、G1でも互角に戦える所まで来た印象ですね。輸送距離の短い関西圏のレースですし、雨さえ降らなければチャンスは十分。

カンパニー(牡8・音無)岩田騎手・58キロ

毎回コンスタントに自分の力を出し切りますが、G1を勝ち切るには後一歩足りない印象です。ただ、この馬に向くレースになった時には十分上位争いをする力ではありますね。

アドマイヤフジ(牡7・橋田)川田騎手・58キロ

こちらもコンスタントに力を出すタイプですね。持ち味の早め先頭から押し切る戦法で、どこまで粘れるかですね。

マイネルキッツ(牡6・国枝)松岡騎手・58キロ

天皇賞・春を制し、勢いに乗っての参戦。距離短縮は問題無いですし、前走時の状態にあれば、上位争いでしょう。

インティライミ(牡7・佐々木晶)佐藤哲騎手・58キロ

1年近い休み明けを叩いて、上積みが見込めますし、阪神2200mは条件的にも合っており、展開次第では十分チャンスはありそうですね。

賞金順

コスモバルク(牡8・北海道・田部)津村騎手・58キロ

さすがに往年の力は無く、ここは厳しいとしか言い様がありませんね。

モンテクリスエス(牡4・松田国)安藤勝騎手・58キロ

折り合いに不安の無いタイプで長距離戦で良さを出して来ましたが、G1レベルの中距離戦では、スピードと瞬発力で一歩劣る印象ですね。

エリモエクスパイア(牡6・大久保龍)未定・58キロ

スタミナ豊富なタイプで、中距離戦のこのメンバーでは、少し厳しい印象ですね。

ヒラボクロイヤル(牡5・大久保龍)未定・58キロ

先週の福島テレビオープンに出走し8着。前走から少し間隔が開いて若干太め残りだったので、連闘で上積みは見込めますが、現状ではG1は少し荷が重い印象ですね。

エーシンラージヒル(牡7・中尾)未定・58キロ

先週の福島テレビオープンに出走し13着。回避が濃厚なようです。

スマートギア(牡4・佐山)武豊騎手・58キロ

末脚にはかなりの物を持っていますし、G1でも十分通用するものだと思います。ウオッカの回避で、末脚を引き出すのが上手い武豊騎手が乗る事になったのは大きなプラスでしょう。

となっています。

頭数こそ少なくなりそうですが、G1馬は4頭出走しますし、力を付けている馬も多く、中身の濃いい激しいレースを期待出来そうですね。

 6月24日(水)に、大井競馬場で行われる第32回帝王賞(4歳上G1・ダート2000m)の枠順が発表されています。また、7月8日(水)に大井競馬場で行われる第11回ジャパンダートダービー(3歳G1・ダート2000m)に出走するJRA馬が発表されています。

帝王賞

1枠①スターシップ(牡5・JRA・鈴木伸)

北村宏騎手・57キロ

2枠②スズノマグマ(牡6・JRA・加藤征)

藤田伸騎手・57キロ

3枠③フリオーソ(牡5・船橋・川島正)

戸崎圭騎手・57キロ

4枠④ヴァーミリアン(牡7・JRA・石坂正)

武豊騎手・57キロ

4枠⑤ボンネビルレコード(牡7・JRA・堀井雅)

的場文騎手・57キロ

5枠⑥オキナワノドリーム(牡4・兵庫・森澤友)

左海誠騎手・57キロ

5枠⑦バグパイプウィンド(牡5・大井・庄子連)

坂井英騎手・57キロ

6枠⑧アジュディミツオー(牡8・船橋・川島正)

石崎隆騎手・57キロ

6枠⑨ルースリンド(牡8・船橋・矢野義)

佐藤裕騎手・57キロ

7枠⑩マルヨフェニックス(牡5・笠松・柴田高)

尾島徹騎手・57キロ

7枠⑪アンパサンド(牡5・川崎・池田孝)

御神本騎手・57キロ

8枠⑫アロンダイト(牡6・JRA・石坂正)

後藤浩騎手・57キロ

8枠⑬マンオブパーサー(牡6・船橋・川島正)

今野忠騎手・57キロ

以上の13頭となっています。発走は6月24日(水)の20時10分となっています。

JDD

グロリアスノア(牡3・矢作)

ゴールデンチケット(牡3・森)

シルクメビウス(牡3・領家)

スーニ(牡3・吉田)

テスタマッタ(牡3・村山)

ラヴェリータ(牝3・松元)

補欠馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

ワンダーアキュート(牡3・佐藤正)、ミッキーペトラ(牡3・森)、メトロノース(牡3・安田)、カネトシコウショウ(牡3・村山)、モエレエキスパート(牡3・奥平)

となっています。

|

« 今日(6月21日)の回顧 | トップページ | 先週(6月20、21日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・G1展望’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週はG1・第50回宝塚記念:

« 今日(6月21日)の回顧 | トップページ | 先週(6月20、21日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 »