« 明日(6月28日・第50回宝塚記念)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第58回ラジオNIKKEI賞 »

2009年6月28日 (日)

今日(6月28日・第50回宝塚記念)の回顧

 阪神10R第50回宝塚記念(3歳上G1・芝2200m)は、スタート直後からディープスカイ(牡4・昆)の直後に付け、道中ピッタリとマークする形でレースを進めたドリームジャーニー(牡5・池江寿)が、4コーナーで勢いを付けて直線に向き、やや反応の悪いディープスカイを鋭い末脚であっさり交わすと、先に抜け出したサクラメガワンダー(牡6・友道)も捕らえて1馬身3/4馬身抜け出す完勝で、06年の朝日杯FS以来となるG1・2勝目を飾っています。タイムは2.11.3(良)。2着には、中団追走から3~4コーナーで早めに動いて先頭に立ち、最後までしぶとく伸びたサクラメガワンダー。3着には、中団追走から、ドリームジャニーに早目に交わされながらも、しぶとく伸びたディープスカイが入っています。

1着のドリームジャーニーは、着実に力を付けて来て、仕上がりも良く、得意の阪神コースで、希望通りの良馬場、池添騎手の得意な人気馬マークの展開と、この馬が勝つ要素が揃っていましたね。今の充実振りなら秋の活躍も期待出来そうですね。

2着のサクラメガワンダーは、力は出し切れた印象ですし、良いレースは出来ましたね。輸送も徐々にこなせるようになって来ている印象なので、秋にも良い走りを見せてくれるのではないでしょうか。

3着のディープスカイは、1度使われて馬体は良くなっている様に見えましたが、4コーナーでの手応えが悪く、直線での反応もこの馬らしいものではありませんでしたね。敗因が分かり難いですが、ジックリ立て直して、秋にはこの馬らしい走りを期待したいですね。

私の本命のインティライミ(牡7・佐々木晶)は12着。一度使われて状態は良くなっていましたし、道中は絶好の位置での競馬でしたが、向こう正面で早目に動いた辺りを見ると、鞍上は上位の馬に対し、真っ向勝負では分が悪いと判断したと言う事でしょうね。

 続いて、福島11Rバーデンバーデンカップ(3歳上OP・芝1200m・ハンデ)は、3番手を追走したシャウトライン(牡5・坂口大)が、直線早目に先頭に立ち、大外から強襲する各馬の追い上げをハナ差凌ぎ切って1着。タイムは1.08.7(良)。2着には、中団後目追走から、直線大外を猛然と追い上げたクールシャローン(牝5・目野)。3着には、後方待機から、直線クールシャローンと併せ馬の形で良く追い込んだサンダルフォン(牡6・松永幹)が入っています。

1着のシャウトラインは、3番手追走から、抜け出す強い内容の競馬でしたね。状態が非常に良さそうですし、力もしっかり付けていますので、次走以降も楽しみな1頭ですね。

私の本命のクールシャローンは2着。思った程、良くなっている印象ではなかったですし、道中の走りもらしさが無かったものの、直線はもの凄い脚を使い力は見せてくれましたね。夏場も得意な馬ですし、まだ上積みは見込めそうなので、次走以降も楽しみですね。

3着のサンダルフォンは、毎回力は出し切るタイプですし、OPではこの位は十分やれる馬ですね。展開次第では今後もチャンスは十分ありそうですね。

今日の注目馬

阪神9R⑤タガノヴァレオ(せん4・中尾秀)は5着。好位の内々追走から、直線も内を突き、しぶとく伸びての5着。レース内容は良かったですし、このクラスなら、すぐにでもチャンスは来そうですね。

 札幌10R3歳500万下(牝・ダート1700m)をロッソトウショウ(牝4・土田)で制した古川吉洋騎手が、JRA通算200勝を達成しています。おめでとうございます。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« 明日(6月28日・第50回宝塚記念)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第58回ラジオNIKKEI賞 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

競馬・G1回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(6月28日・第50回宝塚記念)の回顧:

« 明日(6月28日・第50回宝塚記念)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第58回ラジオNIKKEI賞 »