« 明日(6月7日・第59回安田記念)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第26回エプソムカップ »

2009年6月 7日 (日)

今日(6月7日・第59回安田記念)の回顧

 東京11R第59回安田記念(3歳上G1・芝1600m)は、断然の1番人気に推されたウオッカ(牝5・角居)が、好スタートからスッと控えて中団内目を追走し、抜群の手応えで直線を向くと、前が塞がり行き場が無くなったものの、慌てずジッと我慢し、残り200mで前が開くと一気に末脚を爆発させ、先に抜け出したディープスカイ(牡4・昆)をあっさり捉えて、安田記念連覇を飾り、獲得賞金で牝馬初となる10億円を突破し、歴代牝馬最多となるG1・6勝を達成しています。タイムは1.33.5(良)。2着には、中団後目を追走から、直線で内を突いて良く伸びたディープスカイ。3着には、最後方待機から、直線良く追い込んだファリダット(牡4・松元)が入っています。

1着のウオッカは、直線行き場が無くなった時は、ヒヤッとしましたが、終わって見ればウオッカの強さが一段と際立ったレースとなりましたね。

2着のディープスカイは、完璧に乗られての結果で、久々のマイルにもしっかり対応出来ましたが、マイルの距離では完全な力負けと言えそうですね。ただ、+14キロと多少余裕を持った仕上げだった様に思いますので、次走は大幅な上積みが見込めるのではないでしょうか。

3着のファリダットは、この馬には抜群の展開となり、あと一歩まで詰め寄り、この馬の素質の高さを改めて示したレースとなりましたね。血統が血統だけに、G1を勝ってもらいたい1頭ではありますし、今後の更なる成長を期待したいですね。

私の本命のスマイルジャック(牡4・小桧山)は9着。直線での不利がすべてですね。故障していない事を祈りたいですね。

 続いて、中京10R関ヶ原ステークス(4歳上1600万下・芝2000m・ハンデ)は、後方を追走した1番人気のエーティーボス(牡5・湯窪)が、3~4コーナーで外を回って一気に先団に取り付き、直線力強く抜け出し、追い込んで来たアメジストリング(牝5・浅見)をアタマ差抑え切って1着。タイムは1.58.5(良)。2着には、後方追走から、直線良く追い込んだアメジストリング。3着には、中団追走から、直線しぶとく伸びたフライングメリッサ(牝5・鮫島)が入っています。

1着のエーティーボスは、速い時計になった時が不安だと思っていましたが、その速い時計にもしっかりと対応しましたし、内容的にも強いレースぶりでした。小回りコースは得意ですし、夏場の活躍が期待出来そうですね。

2着のアメジストリングは、展開も向いた印象ですし、中京コースは本当に上手いですね。こちらも小回りコースは得意なので、夏場の走りが楽しみな1頭ですね。

私の本命のフライングメリッサは3着。早目に外から捲られ厳しい展開でしたが、最後までしぶとく伸びた辺りは力を付けている証明でしょう。今の状態なら次走以降も楽しみですね。

今日の注目馬

東京9R②シェリルピンク(牝4・宗像)は7着。最後は良く追い上げましたが、仕上がりがあまり良くは見えませんでしたし、道中折り合いを欠くシーンも見られました。次走以降は降級しますし、確実に良くなり好勝負でしょうね。

 中京11R4歳上1000万下(芝1200m)で1着に入線したルミナスハーバー(牝5・橋口)は、最後の直線走路で外側に斜行し、ローズカットダイヤの走行を妨害したとして2着に降着となり、騎乗していた小牧太騎手は、開催日4日間の騎乗停止処分を受けています。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« 明日(6月7日・第59回安田記念)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第26回エプソムカップ »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

競馬・G1回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(6月7日・第59回安田記念)の回顧:

« 明日(6月7日・第59回安田記念)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第26回エプソムカップ »