« 今週はG1・第50回宝塚記念 | トップページ | 第32回帝王賞の回顧 »

2009年6月23日 (火)

先週(6月20、21日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 先週、各場で来年のダービー・オークスを目指しての、07年生まれの2歳馬による新馬戦が始まっています。今期も前期に続いて勝ち上がった馬を来年のダービーウィークまで紹介していこうと思います。それでは、先週(6月20、21日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

6月20日(土) 札幌4R 新馬・芝1000m

コスモソルスティス(牡2・中尾秀)丸田騎手・53キロ

タイム57.6(良)/上がり34.2

馬体重430キロ/8番人気

2着馬タガノガルーダ(-0.1)

鹿毛/07年2月24日生まれ/生産・富川田中牧場

アドマイヤマックス サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダイナシユート ノーザンテースト
シヤダイマイン
パールピアス サンシャインフォーエヴァー Roberto
Outward Sunshine
ソブリンドリーム ノーアテンシヨン
ヒダロツク

五分のスタートから、内々4番手を追走。道中は楽な手応えで、直線に向いて外に持ち出されるとスッと反応し、鋭い伸びで内で食い下がるタガノガルーダを退けての新馬勝ち。

6月20日(土) 福島5R 新馬・芝1000m

リネンパズル(牝2・南田)田辺騎手・54キロ

タイム57.9(良)/上がり34.7

馬体重436キロ/10番人気

2着馬コロラトゥーラ(-0.5)

鹿毛/07年3月29日生まれ/生産・前川義則

パラダイスクリーク Irish River Riverman
Irish Star
North Of Eden Northfields
Tree of Knowledge
アルテミスターキン ジョリーズヘイロー Halo
Jolie Jolie
シャコージュノー ノーザンテースト
ダイナアルテミス

五分のスタートから、ダッシュ良くハナへ。道中も楽な手応えで、直線に入ってからもしっかりと伸び切り、後続に3馬身差を付ける快勝。

6月20日(土) 阪神4R 新馬・芝1200m

エーシンダックマン(牡2・坂口則)武豊騎手・54キロ

タイム1.09.7(良)/上がり34.1

馬体重458キロ/1番人気

2着馬マイネルカリバーン(-0.7)

鹿毛/07年3月6日生まれ/生産・栄進牧場

サクラバクシンオー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
エイシンチタニア スピニングワールド Nureyev
Imperfect Circle
ヴィデオピアノ Fappiano
Videogenic

好スタートを切り、ダッシュも良くハナへ。楽な逃げとなり、直線に向いてからも軽く仕掛ける程度で、後続に4馬身差を付ける圧勝で新馬勝ち。

6月21日(日) 札幌4R 新馬・芝1200m(混)

サンディエゴシチー(牡2・作田)藤岡佑騎手・54キロ

タイム1.10.5(良)/上がり35.2

馬体重470キロ/3番人気

2着馬ラブキーセキ(-0.1)

黒鹿毛/07年4月28日生まれ/生産・アイオイファーム

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
ジェニーソング Rahy Blushing Groom
Glorious Song
ビューティフルジェム Mr. Prospector
Jeanne Jones

五分のスタートを切るも、スピードの乗りが悪く位置取りは中団に。それでも、すぐにスピードに乗り先団に取り付き、内々を上手く立ち回り、直線しっかりした伸びを見せての新馬勝ち。

6月21日(日) 福島5R 芝1200m(混)

チェリーソウマ(牡2・嶋田)木幡騎手・54キロ

タイム1.12.1(重)/上がり36.6

馬体重482キロ/2番人気

2着馬イオス(-0.6)

栗毛/07年4月1日生まれ/生産・嶋田牧場

サクラバクシンオー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
アトムチェリー ヘクタープロテクター Woodman
Korveya
アトムプリンセス ダイアトム
アイアンロング

好スタート、好ダッシュでハナを奪い、道中はフワフワした走りながらも、直線しっかりと伸び切って、後続を引き離す快勝で新馬勝ち。ダートで重賞を勝っているタイセイアトムの全兄弟になりますね。こちらは芝が向きの走りに見えますし、顔も派手で印象に残る馬ですね。

6月21日(日) 阪神4R 新馬・芝1600m(混)

ダノンパッション(牡2・池江郎)武豊騎手・54キロ

タイム1.39.4(良)/上がり35.0

馬体重460キロ/1番人気

2着馬シャイン(-0.1)

青鹿毛/07年2月5日生まれ/生産・矢野牧場

アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレデイー
スターズインハーアイズ Woodman Mr. Prospector
Playmate
Wind In Her Hair Alzao
Burghclere

スタートは悪く、スピードの乗りは良かったものの、内枠でもあり、嫌がる様な素振りを見せ、前の馬に乗りかかりそうになったりと気の悪さを見せ、何とかなだめて逃げ馬の直後を追走。手応え良く直線に向いたものの、行き場が無く、残り200mで少しだけ隙間を見つけると瞬時に反応し、鋭く抜け出し最後は抑える余裕を見せての新馬勝ち。まだまだ荒削りなものの、いきなり大物が登場した印象で今後が楽しみですね。

 今年からJRAのホームページの競走成績で新馬戦のレースリプレイが見られるようになっています。こういった変更は大歓迎ですね。

 01年に皐月賞を制し、その後種牡馬入りし、ダイワスカーレット、ディープスカイなどを輩出し、昨年のリーディングサイヤーに輝いたアグネスタキオン(牡11歳)が、繋養先の社台スタリオンステーションで、6月22日に急性心不全の為、死亡した事が発表されています。サンデーサイレンスの後継馬としての期待に、しっかりと応えていただけに、残念としか言い様がありませんね。

|

« 今週はG1・第50回宝塚記念 | トップページ | 第32回帝王賞の回顧 »

競馬’09」カテゴリの記事

2歳勝ち上がり馬紹介’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(6月20、21日)に勝ち上がった2歳馬の紹介:

« 今週はG1・第50回宝塚記念 | トップページ | 第32回帝王賞の回顧 »