« 土曜日、中京でG2・第45回金鯱賞 | トップページ | 第76回東京優駿(日本ダービー)枠順確定+第123回目黒記念・第45回金鯱賞出走馬確定 »

2009年5月27日 (水)

第13回さきたま杯の回顧

 今日(5月27日)は、浦和競馬場で交流重賞の第13回さきたま杯(4歳上G3・ダート1400m)が行われています。JRAからは3枠③トーセンブライト(牡8・加藤征)安藤勝騎手・57キロ、5枠⑤スマートファルコン(牡4・小崎)岩田騎手・58キロ、8枠⑪リミットレスビット(牡10・加用)福永騎手・58キロ・8枠⑫バンブーエール(牡6・安達)松岡騎手・59キロの4頭が出走しています。

 レースは、好スタートからキングスゾーン(牡7・愛知・原口次)が先手を主張しハナへ。2番手に外からバンブーエールが続き、3番手外目にスマートファルコン、並んで内目にトップザバトン(牡5・船橋・川島正)、その直後にリミットレスビットが付け、中団内目にトーセンブライトが続く展開。

 向こう正面で中団外目に付けていたアルドラゴン(牡8・兵庫・田中範)が捲り気味に進出。それに併せてバンブーエール、スマートファルコンもペースアップし、その直後にリミットレスビット、トップザバトンが続き、4コーナーでアルドラゴンが一杯となって、バンブーエールとスマートファルコンが併走で直線へ。外目から手応えで上回るスマートファルコンが直線中半でバンブーエールを振り切り、最後は1馬身半差を付ける快勝で重賞6連勝を飾っています。タイムは1.26.4(良)。2着には、先行して、最後までしぶとく粘ったバンブーエール。3着には、3番手追走から、最後までしぶとく粘ったトップザバトンが入っています。

1着のスマートファルコンは、今回は行く馬がいて、無理せず控えて上手く外に持ち出し自分の競馬をキッチリと出来ましたね。G1馬相手にこの走りが出来るのですから、現在の状態を維持出来れば秋のG1での活躍が期待出来そうですね。

2着のバンブーエールは、1キロ重い斤量で大外枠が影響した印象ですね。ただ、G1馬らしい走りは見せてくれましたし、今後もスプリント戦での活躍が期待出来そうですね。

トーセンブライトは4着。最後の直線は良く追い込んで来ましたが、さすがに地方競馬場の短い直線では位置取りが後ろ過ぎた印象ですね。道中の手応えは良かったので、おそらく直線勝負を賭けたのだと思いますので、次走以降の巻き返しに期待ですね。

リミットレスビットは5着。この馬に関しては、良く頑張っているとしか言い様がありませんね。

各馬の動向

ワンダースピード(牡7・羽月)、アロンダイト(牡6・石坂):帝王賞(6月24日)へ(ワンダースピードは状態を確認してから)。

ヒカルカザブエ(牡4・岡田):宝塚記念を見送り放牧へ。札幌記念(8月23日)あたりで復帰予定。

ウエディングフジコ(牝5・戸田):マーメイドS(6月21日)へ。

タケミカヅチ(牡4・大江原):安田記念を自重し、休養するようです。秋に復帰予定。

3歳馬の動向

レッドディザイア(牝3・松永幹):放牧へ。秋の目標は秋華賞(10月18日)。

|

« 土曜日、中京でG2・第45回金鯱賞 | トップページ | 第76回東京優駿(日本ダービー)枠順確定+第123回目黒記念・第45回金鯱賞出走馬確定 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・交流重賞回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第13回さきたま杯の回顧:

« 土曜日、中京でG2・第45回金鯱賞 | トップページ | 第76回東京優駿(日本ダービー)枠順確定+第123回目黒記念・第45回金鯱賞出走馬確定 »