« 今日(5月24日・第70回オークス)の回顧 | トップページ | 日曜日、東京でG2・第123回目黒記念 »

2009年5月25日 (月)

今週はG1・第76回東京優駿(日本ダービー)

 今週の日曜日(5月31日)には、東京競馬場で第76回東京優駿(日本ダービー)(3歳G1・芝2400m)が行われます。今年はフルゲート18頭に24頭の登録があり、現在出走可能な馬は以下の通りです。

優先出走権

アンライバルド(牡3・友道)岩田騎手・57キロ

皐月賞が強い内容での勝利。東京競馬場は初めてですが、脚質的には合いそうですし、距離延長も問題無さそうで、先週のブエナビスタに続いて、牡馬も2冠馬誕生の可能性は大。

トライアンフマーチ(牡3・角居)武幸四郎騎手・57キロ

皐月賞は、後方待機が功を奏し、持っている力を上手く引き出しての2着。母がキョウエイマーチで距離延長は微妙な印象はありますが、メキメキと力を付けて来ている印象ですし、皐月賞からの期間でどこまで成長の上積みがあるかに掛かっていますね。

セイウンワンダー(牡3・領家)福永騎手・57キロ

1600mでの走りが印象強い為か、2400mは長い印象ですが、血統面を考えるとまったく問題無さそうですね。休み明け3走目で、しっかりと仕上げてくるでしょうし、十分圏内と言えそうですね。

シェーンヴァルト(牡3・岡田)北村友騎手・57キロ

この馬の走りと血統を考えると、東京コースは合いそうですね。皐月賞は若干仕掛けが早く最後止まったレース内容で、今回の東京2400mは微妙に長いかも知れませんね。

アプレザンレーヴ(牡3・池江郎)内田博騎手・57キロ

東京コースは2戦2勝で、いずれも強い内容での勝利。青葉賞で東京2400mを経験しているのは有利だと思いますし、530キロ前後の馬体をキープ出来れば、逆転の可能性も十分でしょう。

マハヴェロシティ(牡3・武藤)柴田善騎手・57キロ

距離の延びた青葉賞で、内目を器用に立ち回るレース振りを見せ、本来の走りを取り戻した印象ですね。相手は更に強くなりますが、この馬の力を出し切れれば面白い1頭となりそうですね。

トップカミング(牡3・境直)幸騎手・57キロ

前走の青葉賞では、最後ヨレて追えずに3着。良い脚で追い込み勝ったかと思うほどで、惜しいレースでした。11戦して3着を外したのが2度だけと言う、超堅実派で今回も自身の力は出し切るでしょうし、最後フラつく癖が出なければ逆転も十分考えられる力だと思います。

ケイアイライジン(牡3・尾形)松岡騎手・57キロ

折り合いに苦労するタイプでは無く、距離延長は十分こなせそうですが、プラスかどうかは微妙ですね。切れ味十分で、東京コースはレースしやすいでしょうし、自分の競馬をして、どこまで食い込めるかですね。

アントニオバローズ(牡3・武田)角田騎手・57キロ

休み明け2走目となったプリンシパルSでは、確実な良化を見せ、本来の走りで権利を獲得。距離が伸びるのはプラスとは言えませんが、G1でも勝ち負け出来る能力を持っていると思いますし、1発あっても驚けない馬ですね。

収得賞金順

ジョーカプチーノ(牡3・中竹)藤岡康騎手・57キロ

NHKマイルCを強い競馬で制し、勢いに乗ってダービへの出走となりましたが、さすがに2400mは長い印象で、折り合いを付けてどこまで食い下がれるかですね。

ロジユニヴァース(牡3・萩原)横山典騎手・57キロ

皐月賞で原因不明の大敗。距離延長、東京コースもプラスとは言い難いですね。まずは、前走後からの短い期間で、どこまで本来の走りを取り戻せるかに掛かっていますね。

フィフスペトル(牡3・加藤征)安藤勝騎手・57キロ

適距離と思われるNHKマイルCでも5着と、速い時計に課題がありそうですし、距離延長は明らかにマイナスでしょう。末脚勝負でどこまで食い込めるかですね。

リーチザクラウン(牡3・橋口)武豊騎手・57キロ

皐月賞では、持ち味が出ず大敗。距離延長で折り合いが更に難しくなるでしょうが、力を出し切れれば十分勝ち負け出来るものを持っているだけに、判断の難しい1頭となりそうですね。

ブレイクランアウト(牡3・戸田)藤田騎手・57キロ

NHKマイルCからダービへは、当初の予定通り。1度使われた上積みが見込めますし、末脚勝負のタイプで距離はそれ程、気にしなくても良さそう。今回は気楽に乗れる立場となり、怖い1頭となりそうですね。

アーリーロブスト(牡3・本田)三浦皇騎手・57キロ

弥生賞、皐月賞と本来の走りが見られませんし、距離延長、東京コース共にプラスとは言えず、厳しいレースとなりそうですね。

ナカヤマフェスタ(牡3・二ノ宮)蛯名騎手・57キロ

間隔の空いていた皐月賞を使われ、上積みが十分見込めますね。折り合いさえ付けば、距離はこなせるでしょうし、東京コースに変わるのも好材料で、十分上位争い出来る力だと思います。

ゴールデンチケット(牡3・森)川田騎手・57キロ

交流重賞でスーニを撃破し、勢いに乗ってのダービー出走。芝でも十分走れますし、しぶとさを活かしてどこまで食い下がれるかですね。

アイアンルック(牡3・橋口)小牧太騎手・57キロ

前走は不利もあり、力を出し切れずに8着。距離は明らかに長いでしょうが、破壊力のある末脚を持っているだけに、自分の競馬をして、どこまで食い込めるかですね。

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

デルフォイ(牡3・長浜)57キロ、イグゼキュティヴ(牡3・斎藤誠)石橋脩騎手・57キロ、ミッキーペトラ(牡3・森)田中勝騎手・57キロ、カネトシコウショウ(牡3・村山)57キロ、メイショウドンタク(牡3・武田)57キロ、ストロングガルーダ(牡3・久保田)57キロ

以上の順となっています。

 皐月賞馬アンライバルドが一歩抜けた印象ですが、その次のグループが大混戦。トライアル上位組みや皐月賞からの巻き返しを狙う組、NHKマイルC組みと様々なステップから精鋭が集結し、頂点を決めるにふさわしい好レースを期待したいですね。

 5月27日(水)に浦和競馬場で行われる交流重賞第13回さきたま杯(4歳上G3・ダート1400m)の枠順が発表されています。

1枠①ナムラスピード(牡6・浦和・冨田藤)

金子正騎手・56キロ

2枠②トップザバトン(牡5・船橋・川島正)

戸崎圭騎手・56キロ

3枠③トーセンブライト(牡8・JRA・加藤征)

安藤勝騎手・57キロ

4枠④クレイアートビュン(牡5・浦和・小久保智)

張田京騎手・56キロ

5枠⑤スマートファルコン(牡4・JRA・小崎憲)

岩田康騎手・58キロ

5枠⑥ディープサマー(牡7・船橋・川島正)

川島正騎手・57キロ

6枠⑦トーセンベルボーイ(牡7・浦和・小久保智)

的場文騎手・56キロ

6枠⑧アルドラゴン(牡8・兵庫・田中範)

木村健騎手・57キロ

7枠⑨キングスゾーン(牡7・愛知・原口次)

安部幸騎手・57キロ

7枠⑩ニックバニヤン(牡4・大井・佐々木洋)

坂井英騎手・56キロ

8枠⑪リミットレスビット(牡10・JRA・加用正)

福永祐騎手・58キロ

8枠⑫バンブーエール(牡6・JRA・安達昭)

松岡正騎手・58キロ

以上の12頭となっています。発走は5月27日(水)17時45分となっています。

|

« 今日(5月24日・第70回オークス)の回顧 | トップページ | 日曜日、東京でG2・第123回目黒記念 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・G1展望’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週はG1・第76回東京優駿(日本ダービー):

» 競馬百科辞典 [競馬百科辞典]
競馬百科辞典 [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 08時44分

« 今日(5月24日・第70回オークス)の回顧 | トップページ | 日曜日、東京でG2・第123回目黒記念 »