« 明日(5月9日)の競馬 | トップページ | 明日(5月10日・第16回NHKマイルC)の競馬 »

2009年5月 9日 (土)

今日(5月9日)の回顧

 京都10R第57回京都新聞杯(3歳G2・芝2200m)は、好位の5番手を楽に追走した1番人気のベストメンバー(牡3・宮本)が、直線力強い伸びを見せて、外から迫ったデルフォイ(牡3・長浜)を半馬身退け、重賞初勝利を飾っています。タイムは2.13.0(良)。2着には、中団追走から、直線良く伸びたデルフォイ。3着には、逃げて最後までしぶとく粘ったロードロックスター(牡3・池江郎)が入っています。

1着のベストメンバーは、そつのないレース運びで皐月賞5着の力を見せつけましたね。レースの幅が広がり、次走のダービーで走りが楽しみになるレース内容でしたね。

私の本命のデルフォイは2着。理想的なレース運びでしたし、現時点での力は出し切れたのではないでしょうか。賞金的にダービーには出走出来そうありませんが、まだまだ成長が見込めると思いますので、秋以降の活躍に期待したいですね。

3着のロードロックスターは、こちらも現状の力を出し切った印象ですね。まだ成長途上の印象なので、これからの成長に期待したい1頭ですね。

 続いて、新潟11R第31回新潟大賞典(4歳上G3・芝2000m・ハンデ)は、中団で折り合いを付けたシンゲン(牡6・戸田)が、直線馬群が密集した内目を力強く割って抜け出し、最後までしっかりと伸び切って後続を3馬身突き放す快勝で重賞初制覇を飾っています。タイムは1.56.9(良)。2着には、後方追走から、直線大外を良く追い込んだニホンピロレガーロ(牡6・服部)。3着には、中団後目追走から、直線良く伸びたオペラブラーボ(牡5・久保田)が入っています。

1着のシンゲンは、得意の左回りの2000mで、新潟がどうかだけでしたが、まったく問題無く力を出し切りましたね。また、鞍上の藤田騎手の好騎乗も見逃せませんね。今日の内容なら、秋の天皇賞辺りをと思わせますね。

2着のニホンピロレガーロは、長い距離を中心に使われていましたので、距離がどうかと思いましたが、55キロでこの末脚ですから、まったく問題ありませんでしたね。体調も良さそうですし、コンスタントに良い末脚を使いますので、次走以降も注意が必要ですね。

3着のオペラブラーボは、力は出し切っている印象ですが、若干距離が長いのかも知れませんね。1600~1800mの重賞での走りを見てみたいですね。

私の本命のタガノヴァレオ(せん4・中尾秀)は16着。久々のせいか、折り合いを欠いていましたね。重賞でも通用する力は持っていると思いますので、使われながら状態が上がって来る事に期待したいですね。

今日の注目馬

東京11R⑫イコピコ(牡3・西園)は4着。狙い通りのレース振りだったと思いますし、現状の力は出し切った印象ですね。2000mでも十分やれそうですが、もう少し短い距離の方が、最大限に力を引き出せる印象です。

 新潟1R3歳未勝利戦(牝・ダート1800m)をワンダープリマ(牝3)で制した佐藤正雄調教師が、現役162人目となるJRA通算100勝を達成しています。おめでとうございます。

 新潟11R第31回新潟大賞典(G3・芝2000m)で8位入線したオースミグラスワン(牡7・荒川)は最後の直線で内側に斜行しハイアーゲームの走好を妨害した為、10着に降着となり、騎乗した川島信二騎手は開催日4日間の騎乗停止処分を受けています。

 04年京都記念などG2を3勝したシルクフェイマス(牡10・鮫島)が、5月9日付で競走馬登録を抹消される事がJRAから発表されています。通算成績は43戦9勝。重賞は04年日経新春杯(G2)、04年京都記念(G2)、06年AJCC(G2)の3勝。今後は種牡馬となる予定(繋養先は未定)。また、かしわ記念に出走したゼンノパルテノン(牡7・松永昌)は右第1指節種子骨々折が判明し、3ヶ月以降の休養を要する見込みです。

|

« 明日(5月9日)の競馬 | トップページ | 明日(5月10日・第16回NHKマイルC)の競馬 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460624/29529243

この記事へのトラックバック一覧です: 今日(5月9日)の回顧:

« 明日(5月9日)の競馬 | トップページ | 明日(5月10日・第16回NHKマイルC)の競馬 »