« 明日(5月24日・第70回オークス)の競馬 | トップページ | 今週はG1・第76回東京優駿(日本ダービー) »

2009年5月24日 (日)

今日(5月24日・第70回オークス)の回顧

 東京11R第70回優駿牝馬(オークス)(3歳牝G1・芝2400m)は、後方から2番手を追走した断然の1番人気ブエナビスタ(牝3・松田博)が、4コーナーで外に持ち出し、直線内々を上手く捌いて1旦は完全に抜け出したレッドディザイア(牝3・松永幹)を、上がり3ハロン33秒6の末脚で猛然と追い上げ、ゴール前で図った様にハナ差捉え切り、G1・3勝目を飾り、史上11頭目の牝馬2冠を達成しています。タイムは2.26.1(良)。2着には、中団内目追走から、直線も内を上手く抜け出す完璧なレースを見せたレッドディザイア。3着には、好位追走から、直線しぶとく伸びたジェルミナル(牝3・藤原英)が入っています。

1着のブエナビスタは、レッドディザイアとの通ったコース、レース運びを考えると、着差以上に強さを感じさせる勝ちっぷりだったと思います。秋には凱旋門賞への挑戦と言うプランもある様で、今後もレースでの活躍に期待したいですね。

2着のレッドディザイアは、仕上がりも素晴らしく、レース運びも完璧でしたが、相手が悪かったとしか言い様が無いですね。この世代ではトップクラスである事は間違い無いですし、秋華賞でブエナビスタとの再戦があれば、逆転する可能性を感じさせた内容ですね。

3着のジェルミナルは、レース運びが上手ですし、折り合いにも不安が無く、力のある所は見せたのですが、生まれた年が悪かったとしか言い様がないですね。秋の秋華賞はこの馬のセンスの良さが生きる条件だと思いますので、夏を上手く越して、もう一回りパワーアップした姿を見せて貰いたいですね。

 続いて、中京10R第26回東海テレビ杯東海ステークス(3歳上G2・ダート2300m)は、レース途中から、入れ替わり立ち代り先頭が変わる展開の中、好位で落ち着いてレースを進めたワンダースピード(牡7・羽月)が、直線力強い伸びを見せ、早め先頭から押し切りを図るアロンダイト(牡6・石坂)を悠々と交わして重賞4勝目を飾っています。2着には、2周目向こう正面で先頭に立ち、最後までしぶとく粘ったアロンダイト。3着には、後方追走から、直線良く追い上げたボランタス(牡5・角居)が入っています。

1着のワンダースピードは、激しいレース展開の中、余裕を持った追走で、強さを感じさせる内容でしたね。2000m以上なら、G1でも十分通用する力を付けて来ているように思います。

2着のアロンダイトは、左回りの長距離ダートで別定戦と条件は揃い、ようやく本来の走りを見せてくれましたね。G1馬の復活で、今後のダート重賞が更に面白くなりそうですね。

私の本命のボランタスは3着。もうワンパンチ欲しい事は確かですが、毎回コンスタントに力を出し切りますし、着実に力を付けていますので、いずれ重賞を勝つ日も来るのではないでしょうか。

今日の注目馬

新潟8R⑪ワンモアグリッター(牝4・須貝)は9着。1200mだと、どうしても後方からのレースになってしまいますね。このクラスは勝てる力はあると思いますので、もう少し長い距離で楽に先行もしくは、中団あたりを追走させるレースを見てみたいですね。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« 明日(5月24日・第70回オークス)の競馬 | トップページ | 今週はG1・第76回東京優駿(日本ダービー) »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

競馬・G1回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(5月24日・第70回オークス)の回顧:

« 明日(5月24日・第70回オークス)の競馬 | トップページ | 今週はG1・第76回東京優駿(日本ダービー) »