« 今日(5月10日・第16回NHKマイルC)の回顧 | トップページ | 土曜日、東京でG2・第54回京王杯スプリングカップ »

2009年5月11日 (月)

今週はG1・第4回ヴィクトリアマイル

 今週の日曜日(5月17日)には、東京競馬場で第4回ヴィクトリアマイル(4歳上牝G1・芝1600m)が行われます。今年はフルゲート18頭に28頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りです。

出走可能な順(騎手は予定です)

ウオッカ(牝5・角居)武豊騎手・55キロ

昨年と同じく、ドバイ遠征からの参戦となり、2度目で慣れも見込めるでしょうし、東京1600mはベストの条件。ダイワスカーレットが引退した今、牝馬同士なら負けられ無い立場。

ジョリーダンス(牝8・堀)四位騎手・55キロ

8歳ながらも、まったく衰えは見られませんね。末脚を活かすタイプだけに東京1600mは合うはずで、どれだけの末脚を引き出せるかですね。

リトルアマポーラ(牝4・長浜)福永騎手・55キロ

休み明けのマイラーズCは7着も、内容的にはまずまず。ひと叩きされた上積みが見込めますし、東京1600mはクイーンC勝ちがあるように力を出せる条件。

カワカミプリンセス(牝6・西浦)横山典騎手・55キロ

今年に入って2戦消化し、共に牡馬の強豪相手に差の無い競馬を見せていますので、牝馬限定戦では上位の力でしょう。2000m前後が得意なので、マイルのスピードにどれだけ対応出来るかがカギとなりそうです。

マイネレーツェル(牝4・五十嵐)松岡騎手・55キロ

大外強襲するタイプだけに成績にムラがあるのは仕方の無い印象ですね。脚質を考えると東京コースは向くはずですし、久々でも仕上がりさえ良ければ、ここでも十分やれる力だと思います。

チェレブリタ(牝4・荒川)幸騎手・55キロ

昨年秋から今年にかけて、一気に力を付けた印象ですね。窮屈な競馬をした方が馬が走る気を出すらしいので、内枠を引いて馬込みで競馬するのが理想でしょうか。

ヤマニンメルベイユ(牝7・栗田)柴山騎手・55キロ

休み明けを使われながら状態が上がって来て、前走は不良馬場で58キロを背負いながらも力強い走りを見せました。昨年このレース4着でしたが、その時の状態に近づいて来ている印象で、チャンスは十分ありそうですね。

アルコセニョーラ(牝5・畠山重)武士沢騎手・55キロ

ローカルコースのハンデ戦に滅法強い馬ですが、前走は56キロを背負って不良馬場の中、鋭い追い込みを見せていました。状態は良さそうなので、ソレを活かしてどこまで食い込めるかですね。

ムードインディゴ(牝4・友道)内田博騎手・55キロ

休み明けの前走は+22キロと太目残りでしたし、得意では無い不良馬場がこたえた印象ですね。まず絞れている事が前提ですが、東京コースは向きそうですし、軽くは扱えない力ですね。

ヤマニンエマイユ(牝6・浅見)田中勝騎手・55キロ

得意の1400mの前走でも13着。距離が伸びて更に相手強化されるここでは、さすがに厳しい印象ですね。

レジネッタ(牝4・浅見)小牧太騎手・55キロ

休み明けの阪神牝馬Sは、やや余裕残しの仕上がりで、久々の1400mながらもしぶといレース振り。当然叩いた上積みは見込めるでしょうし、東京1600mなら、力は出し切れるでしょう。

ブラボーデイジー(牝4・音無)生野騎手・55キロ

前走で重賞制覇し、力を付けている事は確かですが、小回りコース向きの脚質ですし、初のマイル戦がG1と厳しい条件が重なりましたね。後は、雨が降って馬場が悪くなればチャンスが出てきそうです。

ザレマ(牝5・音無)安藤勝騎手・55キロ

毎回コンスタントに力を出し切る超堅実派で、今回も自身の力は出し切って来るでしょう。

ピンクカメオ(牝5・国枝)後藤騎手・55キロ

G1を勝っている条件ですし、前々走、前走と復調を感じさせる走りを見せています。一発の可能性は十分ありそうですね。

セラフィックロンプ(牝5・武藤)宮崎騎手・55キロ

昨年の愛知杯を好内容で制したものの、今年の2戦が物足りない内容でした。どこまで良い頃の状態に近づけるかですね。

ブーケフレグランス(牝4・角居)三浦皇騎手・55キロ

前走は不良馬場で度外視出来る内容でしょう。距離が短くなるのは好材料ですし、血統的にも大舞台でどれだけの走りを見せるか、楽しみな1頭ですね。

サワヤカラスカル(牝4・西橋)浜中騎手・55キロ

1400mまでにしか実績が無く、G1のメンバーに入ると、さすがに荷が重そうな印象です。

ショウナンラノビア(牝6・岡田)北村友騎手・55キロ

芝に替わって2連勝と勢いはありますね。ただ、斤量が3キロ増えますし、速い時計にどれだけ対応出来るかがカギですね。

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

レッドアゲート(牝4・田村)55キロ、ベッラレイア(牝5・平田)秋山騎手・55キロ、レインダンス(牝5・宮)藤岡康騎手・55キロ、ポルトフィーノ(牝4・角居)55キロ、ライムキャンディ(牝4・藤岡健)55キロ、エアパスカル(牝4・池江寿)藤岡佑騎手・55キロ、テンイムホウ(牝7・柄崎)55キロ、カレイジャスミン(牝4・宗像)55キロ、アスクデピュティ(牝5・伊藤正)55キロ、メイショウベルーガ(牝4・池添)55キロ

となっています。

女王ウオッカが中心も、力のある牝馬が集結し、紛れの少ない東京1600mを舞台に激しいレースが期待出来そうですね。

 5月27日(水)に、浦和競馬場で行われる交流重賞の第13回さきたま杯(4歳上G3・ダート1400m)に出走を予定するJRA馬が発表されています。

スマートファルコン(牡4・小崎)

トーセンブライト(牡8・加藤征)

バンブーエール(牡6・安達)

リミットレスビット(牡10・加用)

補欠馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

コンゴウリキシオー(牡7・山内)、ヴァンクルタテヤマ(牡7・武田)、ヒシカツリーダー(牡5・小島貞)、ダイショウジェット(牡6・大根田)

となっています。

|

« 今日(5月10日・第16回NHKマイルC)の回顧 | トップページ | 土曜日、東京でG2・第54回京王杯スプリングカップ »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・G1展望’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週はG1・第4回ヴィクトリアマイル:

« 今日(5月10日・第16回NHKマイルC)の回顧 | トップページ | 土曜日、東京でG2・第54回京王杯スプリングカップ »