« 明日(5月31日・第76回東京優駿・日本ダービー)の競馬 | トップページ | 今週はG1・第59回安田記念 »

2009年5月31日 (日)

今日(5月31日・第76回東京優駿・日本ダービー)の回顧

 レース直線に雨は上がったものの、厳しいコンディションでのレースとなった東京10R第76回東京優駿(日本ダービー)(3歳G1・芝2400m)は、内ラチ沿いの3番手を追走したロジユニヴァース(牡3・萩原)が、直線を向いて2番手追走から早目に抜け出したリーチザクラウン(牡3・橋口)の更に内から力強く抜け出し、後続に4馬身差を付ける圧勝でG1初制覇を飾っています。タイムは2.33.7(不良)。2着には、2番手追走から、早目に抜け出し、最後までしぶとく粘ったリーチザクラウン。3着には、5、6番手追走から、直線懸命に追い上げたアントニオバローズ(牡3・武田)が入っています。

1着のロジユニヴァースは、皐月賞の惨敗から、短い期間でキッチリと立て直して来た陣営に拍手を贈りたいですね。厳しいコンディションで底力を問われるレースを制し力を存分に見せつけた印象です。皐月賞での敗因が?のままですが、これからダービー馬にふさわしいレースを見せてくれるのではないでしょうか。また、遂にダービージョッキーの称号を手に入れた横山典弘騎手には、今後も大舞台での更なる活躍を期待したいですね。おめでとうございました。

2着のリーチザクラウンは、今日は2番手で折り合いも付いて、今までで1番と言えるほどの内容だったと思います。この馬の力をフルに発揮出来ればG1レベルの走りを見せられると言う事でしょう。

3着のアントニオバローズは、3歳世代ではトップクラスの能力を持っている事を証明する1戦となりましたね。個人的には1600mならG1を取れる器だと思っているのですが、秋以降どの様な路線を進むのか注目ですね。

私の本命のアンライバルド(牡3・友道)は12着。スタート後行きたがる面を見せるなど、少し気負いすぎだったかも知れませんね。また、今日の様な馬場も向かなかった事は確かですが、それはどの馬も似たようなものですから、枠順・展開などすべてが悪い方に出た結果でしょう。夏の間にキッチリと立て直して、秋以降の巻き返しに期待したいですね。

 続いて、東京12R第123回目黒記念(3歳上G2・芝2500m・ハンデ)は、好スタートから控えて、内ラチ沿い4番手を追走したミヤビランベリ(牡6・加藤敬)が、各馬手応えが怪しくなる中、楽な手応えで直線に向き、直線追い出されるとあっさりと抜け出し、後続に5馬身差を付ける快勝で重賞2勝目を飾っています。タイムは2.39.0(不良)。2着には、好位追走から、直線しぶとく伸びたジャガーメイル(牡5・堀)。3着には、中団追走から、直線馬場の内目を良く追い込んだハギノジョイフル(せん5・鮫島)が入っています。

1着のミヤビランベリは、状態が良かったのでしょうし、力を付けている事も確かでしょうが、それにしても今日の様な馬場は上手いですね。1頭だけ手応えが違いました。

2着のジャガーメイルは、秋を考えると勝ちたいレースでしたが、厳しいコンディションでも大崩れしなかった事は評価出来ますね。もうワンステップ上がる為に、この夏の間の更なるパワーアップに期待したいですね。

3着のハギノジョイフルは、馬場への適正、軽ハンデ、鞍上の好リードが見事に噛みあい、この馬の能力を上手く引き出せたレースでしたね。今後のレースが楽しみになる内容だったのではないでしょうか。

今日の注目馬

中京10R⑥ピエナポパイ(牡4・木原)は9着。どうも良い頃の動きが見られないですね。次の開催で降級すると思いますので、それをキッカケに再浮上を期待したいですね。

 中京2R3歳未勝利戦(芝1200m)をスプリングアウェク(牡3・荒川)で制した池添謙一騎手が、中央競馬史上56人目、現役22人目となるJRA通算600勝を達成しています。おめでとうございます。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« 明日(5月31日・第76回東京優駿・日本ダービー)の競馬 | トップページ | 今週はG1・第59回安田記念 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

競馬・G1回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(5月31日・第76回東京優駿・日本ダービー)の回顧:

« 明日(5月31日・第76回東京優駿・日本ダービー)の競馬 | トップページ | 今週はG1・第59回安田記念 »