« 明日(3月8日)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第43フィリーズレビュー »

2009年3月 8日 (日)

今日(3月8日)の回顧

 中山11R第46回報知杯弥生賞(3歳G2・芝2000m)は、好スタートから積極的にハナを奪った1番人気のロジユニヴァース(牡3・萩原)が、マイペースの逃げに持ち込み、後続に何もさせず、圧倒的な力の差を見せての逃げ切りがちでデビューから無傷の4連勝を飾っています。タイムは2.03.5(稍重)。2着には、2番手追走から、しぶとく粘ったミッキーペトラ(牡3・森)。3着には、好位の内々追走から、直線しぶとく伸びたモエレエキスパート(牡3・奥平)が入っています。尚、上位1~3着の馬には皐月賞の優先出走権が与えられています。

1着のロジユニヴァースは、レベルが違うと言った感じの圧勝でしたね。無事にクラシックを迎えられればかなりのチャンスがありそうですね。ただ、若干ですが、いらつき気味なのかなと思わせるシーンがあったのが気になりますね。

2着のミッキーペトラは、小倉で未勝利勝って以来の競馬でしたが、ブレイクランアウトやプロスアンドコンズらが勝ちあがったレースの2着しているように、力があったと言う事なのでしょうね。叩いた上積みは大きいでしょうし、次走以降の走りにも注目ですね。

3着のモエレエキスパートは、展開を上手く付いた事は確かですが、前走からは見違えるほど馬が良くなっていましたね。この状態を維持出来れば、次走以降もこの馬の力は出し切って来るのではないでしょうか。

 続いて、阪神11R大阪城ステークス(4歳上OP・芝1800m)は、好スタートから内々3番手を追走したマストビートゥルー(牡6・加用)が、直線最内を突いて早目に抜け出し、後続の追撃をキッチリ凌ぎ切って1着。タイムは1.49.2(良)。2着には、中団内々追走から、マストビートゥルーの抜けたところを突いたマチカネオーラ(牡7・庄野)。3着には、後方追走から、直線大外を良く追い込んだオースミグラスワン(牡7・荒川)が入っています。

1着のマストビートゥルーは、好位に付けて、末脚を伸ばすこの馬の良さを引き出せる形に持ち込みましたね。昨年末に1000万クラスを勝ち上がってからの充実振りは素晴らしいですし、小回りコース向きの印象でしたが、今日のレース振りなら、どのコースでも対応出来そうですね。

2着のマチカネオーラは、直線で最内のコースを狙った鞍上の判断が光りましたね。マチカネオーラ自身は、状態も良さそうですし、次走以降も、本来のこの馬らしい走りが見られるのではないでしょうか。

3着のオースミグラスワンは、この馬の競馬では出来ているのですが、ペースと58キロの斤量に加え、上位2頭に上手く乗られた印象ですね。休み明け戸言う事もあり、次走以降で昨年の新潟大賞典を勝った時の出来にどれだけ近づけるかに注目ですね。

私の本命のヒラボクロイヤル(牡5・大久保龍)は10着。1年以上の休み明けですから、仕方の無い結果なのでしょうが、レース振りが、休む前と変わっていないのが残念ですね。使われながら、どこまで良くなって来れるかでしょうね。

今日の注目馬

阪神10R④フリートアドミラル(牡5・池上)は11着。-10キロの馬体重は絞れて良いと思ったのですが、レースでは先行したものの、直線に杯って早々に脱落と良いところがありませんでしたね。前に行った組には厳しい展開でしたが、状態が本物では無かった印象ですね。次走以降の巻き返しに期待ですね。

 阪神9R播磨特別(1000万下・芝1400m)をボーダレスワールド(牡4)で制した加藤征弘調教師が、現役109人目となるJRA通算200勝を達成しています。おめでとうございます。

それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« 明日(3月8日)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第43フィリーズレビュー »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(3月8日)の回顧:

« 明日(3月8日)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第43フィリーズレビュー »