« ドバイワールドカップ | トップページ | 今週はG2・第53回大阪杯 »

2009年3月29日 (日)

今日(3月29日・第39回高松宮記念)の回顧

 中京11R第39回高松宮記念(4歳上G1・芝1200m)は、スタートを決めて、ダッシュも付いたローレルゲレイロ(牡5・昆)がハナを取りきり、楽なペースでの逃げに持ち込み、直線に向いて、追い上げて来たスリープレスナイト(牝5・橋口)に、一旦は並ばれたものの、最後もうひと伸びを見せて半馬身抜け出して、G1初勝利を飾っています。タイムは1.08.0(良)。2着には、好位の内々追走から、直線良く追い上げたスリープレスナイト。3着には、中団追走から、直線良く追い込んだソルジャーズソング(牡7・鮫島)が入っています。

1着のローレルゲレイロは、このレースに向けて、しっかりと状態を上げて来た印象ですし、ハナを取りきって、展開と馬場状態を最大限に活かせた印象ですね。昨年も骨折していなければと言うレース振りでしたから、スプリント能力の高さは疑いようのないものですね。

2着のスリープレスナイトは、病み上がりで、休養明けという厳しい条件でしたが、改めてこの馬の力を感じさせられた印象ですね。今後、どの路線を歩むのかに注目ですね。

3着のソルジャーズソングは、デキも良かったのでしょうし、内枠を上手く活かしたレース振りでしたね。(直線で外に持ち出すときに、審議の対象になった様ですが)

私の本命のドラゴンファング(牡4・矢作)は11着。スピード負けはしなかったのですが、1200mでも行きたがっていましたね。現時点での力の差を感じるレース振りでしたが、まだまだ成長が期待出来る馬だと思いますので、更なる成長に期待したいですね。

 中山12R第16回マーチステークス(4歳上G3・ダート1800m・ハンデ)は、先手にこだわらず、3番手からレースを進めたエスポワールシチー(牡4・安達)が、道中も楽な感じで追走し、直線を向いてあっさり抜け出すと、熾烈な2番手争いを尻目に、着差以上の力差を感じさせる内容で重賞初制覇を飾っています。タイムは1.51.9(良)。2着には、中団追走から、直線しぶとく伸びて激しい2着争いを制したダイショウジェット(牡6・大根田)。3着には、後方追走から、良く追い上げたサトノコクオー(牡5・藤沢和)が入っています。

1着のエスポワールシチーは、3番手を楽に追走し、直線抜け出す強い内容でしたね。今後に繋がるレース振りだったと思いますし、これから、どれだけ強くなるか楽しみですね。

2着のダイショウジェットは、距離を1400mにして、良さが出て来た印象でしたが、今日のレース振りを見ると、本当に力を付けたなと思わせる内容でしたね。

3着のサトノコクオーは、一旦2着に上がったものの、最後競り負けての3着で、微妙に距離が長いのか、それとも直線の坂が影響しているのが、重賞を勝てる力だと思うだけに、惜しいですね。

私の本命のキクノサリーレ(牡4・吉田)は16着。好位の内々で脚を溜め、理想的なレース運びだと思ったのですが、勝負処からの反応が悪く、まったく見せ場無しでしたね。体調の問題と言うよりも、精神的なものが影響している印象で、しばらく時間が掛かりそうですね。

今日の注目馬

阪神10R③ボストンオー(牡4・岩元)は1着。道中、中団馬群の中で折り合いも付き、直線に入って上手く外に持ち出して、理想的なレースが出来ましたね。体調も上向いていた印象で次走以降の走りにも注目ですね。

 中山5R3歳未勝利(芝2000m)をキングヴィオラ(牡3・伊藤正)で制した小野寺裕太騎手が、3月1日のデビューから通算13戦目で、うれしいJRA初勝利を飾っています。おめでとうございます。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« ドバイワールドカップ | トップページ | 今週はG2・第53回大阪杯 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

競馬・G1回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(3月29日・第39回高松宮記念)の回顧:

« ドバイワールドカップ | トップページ | 今週はG2・第53回大阪杯 »