« 明日(3月21日)の競馬 | トップページ | 明日(3月22日)の競馬 »

2009年3月21日 (土)

今日(3月21日)の回顧

 中山11R第23回フラワーカップ(3歳牝G3・芝1800m)は、好スタートから押して先手を取りに行ったヴィーヴァヴォドカ(牝3・勢司)が、1000mを60秒6のマイペースの逃げに持ち込み、直線に入って一気に4、5馬身にリードを広げると、懸命に追い込んで来たディアジーナ(牝3・田村)の追い上げをクビ差凌ぎ切って重賞初制覇を飾っています。タイムは1.49.3(良)。2着には、4、5番手追走から、直線良く追い上げたディアジーナ。3着には、中団追走から、直線馬群を捌いて、内からよく伸びたマジックシアター(牝3・久保田)が入っています。

1着のヴィーヴァヴォドカは、思い切って先手を取った事と、良馬場で見事な変わり身を見せましたね。次走が真価を問われるレースとなりそうですね。

2着のディアジーナは、外枠だった事と、少し大事に乗りすぎて、仕掛けが遅れた印象ですね。出来落ちの印象は無く、次走以降の巻き返しに期待ですね。

3着のマジックシアターは、勝負処で動けずに、直線に向いたときには、ほぼ最後方と言った位置から、良く伸びて来ましたが、今日の展開では、3着が精一杯と言った印象ですね。また、芝のこのぐらいの距離は合っているようですね。

私の本命のダイワバーガンディ(牝3・上原)は15着。特に走りっぷりに問題があった様には見えませんでしたが、直線は全く伸びず見せ場無しでしたね。現状では短い距離の方が良いのかも知れませんね。

 続いて、中京11R第23回中日スポーツ賞ファルコンステークス(3歳G3・芝1200m)は、中団馬群の中で折り合いを付けたジョーカプチーノ(牡3・中竹)が、直線馬場の真ん中を鋭く抜け出し、最内から抜け出したカツヨカムトゥルー(牝3・高橋義)をクビさ抑えてジョーカプチーノ、中竹調教師、藤岡康太騎手が重賞初勝利を飾っています。タイムは1.08.9(良)。2着には、後方3番手追走から、直線最内を突いて鋭く伸びたカツヨカムトゥルー。3着には、先行して、しぶとく伸びたルシュクル(牝3・中竹)が入っています。

1着のジョーカプチーノは、スタートがあまり良くなかった事もありますが、前走の逃げから一転、中団で折り合いを付けて、直線末脚を伸ばす、好内容での勝利でしたね。今日の様なレースが出来れば、距離が伸びても十分やれそうですね。

2着のカツヨトワイニングは、久々の1200mで変わり身を見せてくれましたね。この馬の持ち味でもある勝負根性を上手く引き出した、最内からの伸びでした。

私の本命のルシュクルは3着。速いペースの中、先行勢では、一番粘っていますし、久々を考えても良く走っていると思います。今後も小回りの1200mなら、今日ぐらいは走ってくれそうですね。

今日の注目馬

阪神11R⑥トライアンフマーチ(牡3・角居)は2着。好位の内々、絶好のポジションを無理せず取れましたし、直線も上手く抜け出し、レース振りに成長を見せての2着でしたね。まだまだ、成長が期待出来そうですし、今後が楽しみな1頭となりそうですね。

阪神10R④バトルバニヤン(牡5・池江郎)は5着。直線を向くまでは理想的な競馬でしたが、直線で動けない位置になって、脚を余した印象ですね。ゆったり回れるコースの方が持ち味が活きる印象ですね。

 中山2R3歳未勝利(ダート1200m)をショウナンダンク(牡3)で制した古賀史生調教師が、JRA通算400勝を達成しています。また、中京8R4歳上500万下(芝2000m)をヴェルトマイスター(牡5)で制した笹田和秀調教師が、JRA初勝利を飾っています。おめでとうございます。

 それでは、また後ほど^^。

|

« 明日(3月21日)の競馬 | トップページ | 明日(3月22日)の競馬 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(3月21日)の回顧:

« 明日(3月21日)の競馬 | トップページ | 明日(3月22日)の競馬 »