« 日曜日、中山ではG3・第16回マーチステークス | トップページ | 第32回名古屋大賞典の回顧 »

2009年3月25日 (水)

先週(3月21、22日)に勝ち上がった3歳馬の紹介

 先週(3月21、22日)に勝ち上がった3歳馬を紹介していきましょう。

3月21日(土) 中京11R 

第23回ファルコンS(G3)・芝1200m(国際)

ジョーカプチーノ(牡3・中竹)藤岡康騎手・56キロ

タイム1.08.9(良)/上がり34.8/4番人気

2着馬カツヨトワイニング(-0.0)/馬体重488キロ(-4)

芦毛/06年4月11日生まれ/生産・ハッピーネモファーム

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
ジョープシケ フサイチコンコルド Caerleon
バレークイーン
ジョーユーチャリス トウシヨウボーイ
ジヨーバブーン

レース回顧は、今日(3月22日)の回顧をご覧下さい。1着のジョーカプチーノ(牡3・中竹)は皐月賞(4月19日)も視野に。2着のカツヨカムトゥルー(牝3・高橋義)は大庭騎手騎乗で桜花賞(4月12日)へ。3着のルシュクル(牝3・中竹)は桜花賞(4月12日)へ。

3月21日(土) 中山6R 新馬・芝1800m

ベストラン(牝3・柴田人)柴田善騎手・54キロ

タイム1.52.5(良)/上がり35.3/2番人気

2着馬ショドウライン(-0.0)/馬体重458キロ

黒鹿毛/06年3月28日生まれ/生産・北星村田牧場

メイショウドトウ Bigstone Last Tycoon
Batave
Princess Reema Affirmed
First Fling
グリタリングフラワ マルゼンスキー Nijinsky
シル
カシマアロー アローエクスプレス
トキノマツカゼ

五分のスタートから、ダッシュが速くスッと2番手へ。折り合いもしっかり付いて、道中は楽な走りで、直線に向いて追い出されると、しっかりとした伸びを見せて後続の追撃を振り切っての新馬勝ち。

3月21日(土) 中山7R 500万下・ダート1800m(混)

トーセンルーチェ(牡3・鈴木康)田中勝騎手・56キロ

タイム1.54.8(良)/上がり38.7/11番人気

2着馬ヤマニンバッスル(-0.1)/馬体重560キロ(-4)

栗毛/06年2月19日生まれ/生産・ハシモトファーム

マリエンバード Caerleon Nijinsky
Foreseer
Marienbad Darshaan
Marie de Fontenoy
ファーザ Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Baya Nureyev
Barger

スタートもダッシュもあまり速く無く、後方からの競馬。向こう正面で中団の外目まで進出し、3~4コーナーで先団直後まで押し上げ、直線に向いてからもしっかりとした末脚で伸び切っての快勝で2勝目を挙げています。次走は伏竜S(4月5日)を予定。その後、青葉賞で芝適正を見るようです。

3月21日(土) 中山11R 

第23回フラワーC(G3)・芝1800m(牝・国際)

ヴィーヴァヴォドカ(牝3・勢司)村田騎手・54キロ

タイム1.49.3(良)/上がり36.2/11番人気

2着馬ディアジーナ(-0.1)/馬体重486キロ(-10)

黒鹿毛/06年1月27日生まれ

生産・(有)社台コーポレーション白老ファーム

ダンスインザダーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダンシングキイ Nijinsky
Key Partner
トウカイステラ トウカイテイオー シンボリルドルフ
トウカイナチユラル
ツジノダイアナ マグニテユード
テツノアーク

レース回顧は、今日(3月21日)の回顧をご覧下さい。

3月21日(土) 阪神5R 新馬・芝1600m(混)

ロングキャロル(牝3・梅内)和田騎手・54キロ

タイム1.38.7(良)/上がり36.7/4番人気

2着馬メイショウホオズキ(-0.5)/馬体重442キロ

鹿毛/06年5月12日生まれ/生産・高野牧場

ナリタトップロード サツカーボーイ デイクタス
ダイナサツシユ
フローラルマジック Affirmed
Rare Lady
ロングパピー モガミ Lyphard
No Luck
ロングレクサス リーフアーマツドネス
ロングモンロ

五分のスタートから、少し押して前へ。逃げ馬の直後の内々3番手で折り合いを付け、直線、最内を付いて鋭く抜け出し、ゴールまでしっかりと伸び切り最後は抑える余裕を見せての新馬勝ち。

3月21日(土) 阪神6R 500万下・ダート1200m(混)

グランプリエンゼル(牝3・矢作)熊沢騎手・54キロ

タイム1.12.2(良)/上がり36.8/10番人気

2着馬メリュジーヌ(-0.1)/馬体重422キロ(-6)

栃栗毛/06年3月16日生まれ/生産・上村清志

アグネスデジタル Crafty Prospector Mr. Prospector
Real Crafty Lady
Chancey Squaw Chief’s Crown
Allicance
アンダンテ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダイナプレリユード ノーザンテースト
ダイナリーズン

好スタートから、押して前へ。2番手に3頭並んだ真ん中の追走となり、若干スムーズ差を欠いたものの、3~4コーナーで逃げ馬に取り付き、直線やや頭を上げながらも、最後は鋭い伸びを見せて差し切り、2勝目を挙げています。道中、他馬に怯むような面を見せたり、直線頭を上げたりと若さを見せながらも能力だけで勝った印象で、競馬を覚えてくれば更に上を狙えるのではないでしょうか。

3月21日(土) 阪神11R 

若葉S(OP)・芝2000m

ベストメンバー(牡3・宮本)四位騎手・56キロ

タイム2.02.1(良)/上がり35.4/2番人気

2着馬トライアンフマーチ(-0.0)/馬体重494キロ(-4)

黒鹿毛/06年4月14日生まれ

生産・ノースヒルズマネジメント

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
グレートキャティ サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
ルーシームーン Blushing Groom
Chic Belle

五分のスタートから、道中は上手く内に潜り込み、中団で折り合って気分良さそうに追走し、3~4コーナーで先団直後まで押し上げ、直線入り口で上手く前が開いた所に突っ込み、鋭い伸びを見せて、先に抜け出したトライアンフマーチとの叩き合いとなり、ゴール前クビ差捻じ伏せて皐月賞への切符を手に入れています。レースがとても上手な馬ですね。ゴチャつきやすい中山2000mでもキッチリ力を出し切れそうなタイプですね。

3月22日(日) 中山4R 新馬・ダート1200m(混)

ダイワハーキュリー(牡3・松山康)松岡騎手・56キロ

タイム1.15.2(良)/上がり38.4/1番人気

2着馬ダブルフレーバー(-0.1)/馬体重482キロ

栗毛/06年4月16日生まれ/生産・吉田牧場

コロナドズクエスト Forty Niner Mr. Prospector
File
Laughing Look Damascus
Laughter
ワカオーカン マグニテユード Mill Reef
Altesse Royale
オキワカ リマンド
ワカクモ

まずまずのスタートから、押して前へ。5番手の内を追走し、3~4コーナーで逃げ馬の直後まで押し上げ、直線に向いて、一端立て直してから、懸命の追い上げを見せてゴール寸前で前を捉え切っての新馬勝ち。

3月22日(日) 中山6R 500万下・芝1600m(混)

アドバンスウェイ(牡3・武藤)大庭騎手・56キロ

タイム1.35.5(良)/上がり35.6/6番人気

2着馬コウヨウサンデー(-0.0)/馬体重488キロ(+4)

鹿毛/06年4月15日生まれ/生産・中村雅明

ネオユニヴァース サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
シアトルフェアー Capote Seattle Slew
Too Bald
Frampton Dancer Jig Time
Frampton Fair

好スタートを切り、ダッシュの速くハナへ。マイペースの逃げに持ち込み、直線入り口で後続との差を一気に広げ、追い上げて来たコウヨウサンデーの猛追を、ゴール前一杯になりながらもハナ差凌ぎ切って2勝目を挙げています。

3月22日(日) 中山11R 

第58回スプリングS(G2)・芝1800m(混)

アンライバルド(牡3・友道)岩田騎手・56キロ

タイム1.50.8(良)/上がり34.5/1番人気

2着馬レッドスパーダ(-0.1)/馬体重478キロ(+2)

鹿毛/06年4月13日生まれ/生産・ノーザンファーム

ネオユニヴァース サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
バレークイーン Sadler’s Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Sun Princess English Prince
Sunny Valley

レース回顧は、今日(3月22日)の回顧をご覧下さい。2着のレッドスパーダ(牡3・藤沢和)の次走は、横山典騎手騎乗でNZT(4月11日)を予定。

3月22日(日) 阪神5R 新馬・ダート1800m

ロードメダリスト(牡3・昆)四位騎手・56キロ

タイム1.54.5(稍重)/上がり37.4/1番人気

2着馬ソルモンターレ(-0.3)/馬体重512キロ

鹿毛/06年4月24日生まれ/生産・沖田忠幸

ゴールドアリュール サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ニキーヤ Nureyev
Reluctant Guest
ステディハート トニービン Kampala
Severn Bridge
パルセイト リアルシヤダイ
サウンド

五分のスタートから、中団を追走。道中外々を回りながら、3~4コーナーで先団の直後まで押し上げ、直線に向いて力強い伸びを見せて悠々と差し切り、06年生まれの最後となる新馬戦を制しています。

3月22日(日) 阪神6R 500万下・芝1400m(混)

ティアップゴールド(牡3・西浦)池添騎手・56キロ

タイム1.23.5(稍重)/上がり37.2/2番人気

2着馬アルーリングムーン(-0.3)/馬体重466キロ(+4)

鹿毛/06年3月7日生まれ/生産・富田恭司

クロフネ French Deputy Deputy Minister
Mitterand
Blue Avenue Classic Go Go
Eliza Blue
アラデヤ Machiavellian Mr. Prospector
Coup de Folie
Fair Shirley Shirley Heights
Fairy Dancer

五分のスタートから、外目4,5番手で折り合いを付けての追走となり、4コーナーで前3頭雁行の外から並びかけ、直線に向いて、あっさり抜け出すと、ゴールまでしっかりとした伸びを見せての快勝で2勝目を挙げています。この日の様な馬場が得意なのかも知れませんが、それにしても強い内容。次走の走りが楽しみですね。

3月22日(日) 阪神7R 500万下・ダート1800m(混)

ワンダーアキュート(牡3・佐藤正)小牧太騎手・56キロ

タイム1.52.6(稍重)/上がり37.1/7番人気

2着馬ナリタカービン(-0.0)/馬体重486キロ(-4)

鹿毛/06年3月14日生まれ/生産・フクダファーム

カリズマティック Summer Squall Storm Bird
Weekend Surprise
Bali Babe Drone
Polynesian Charm
ワンダーヘリテージ Pleasant Tap Pleasant Colony
Never Knock
Casa Petrone Petrone
Grand Tania

スタートでジャンプして、後方からの競馬となり、3コーナー手前から外を回って進出を開始し、一気に4コーナーで先頭に並びかけ、直線に入ってからもしっかりとした伸びを見せ、最内で懸命に粘るナリタカービンとの叩き合いをハナ差制して2勝目を挙げています。中途半端な戦法よりも、極端なレースがあっているのかも知れませんね。次走以降の走りに注目ですね。次走は、青葉賞(5月2日)か、端午S(5月3日)のいずれかを予定。

各馬の動向

アサクサキングス(牡5・大久保龍)、ヒカルカザブエ(牡4・岡田)、ナムラクレセント(牡4・福島信)、スクリーンヒーロー(牡5・鹿戸雄)、デルタブルース(牡8・角居)、オウケンブルースリ(牡4・音無):天皇賞・春(5月3日)へ。

ライブコンサート(せん5・白井)、マチカネオーラ(牡7・庄野)、フィールドベアー(牡6・野村):マイラーズC(4月18日)へ。

エイジアンウインズ(牝5・藤原英):状態が上向かず、春は全休となるようで、再び放牧へ。

アグネスジェダイ(牡7・森):高松宮記念を回避し、東京スプリント(4月8日・大井)へ。

スターシップ(牡5・鈴木伸):アンタレスS(4月26日)へ。

ウエスタンヒート(牡5・柴田人):春雷S(4月12日)へ。

3歳馬の動向

サクラミモザ(牝3・畠山吉):桜花賞(4月12日)の鞍上は、北村宏騎手。

アンプレショニスト(牝3・畠山吉):桜花賞(4月12日)の鞍上は、横山典騎手。

トライアンフマーチ(牡3・角居):皐月賞(4月19日)へ。

|

« 日曜日、中山ではG3・第16回マーチステークス | トップページ | 第32回名古屋大賞典の回顧 »

競馬’09」カテゴリの記事

3歳勝ち上がり馬紹介’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(3月21、22日)に勝ち上がった3歳馬の紹介:

» 列車 [列車]
東京〜大阪間は、風光明媚な見どころ満載の路線なのです。かつてはここに君臨していた「東海道本線(とうかいどうほんせん)」を抑え、今では「東海道新幹線(しんかんせん)」がすっかりその主役となりました。 [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 20時44分

« 日曜日、中山ではG3・第16回マーチステークス | トップページ | 第32回名古屋大賞典の回顧 »