« 土曜日、小倉でG3・第43回小倉大賞典 | トップページ | 第43回共同通信杯+第14回シルクロードS+第43回小倉大賞典の出走馬確定 »

2009年2月 4日 (水)

先週(1月31日、2月1日)に勝ち上がった3歳馬の紹介

 先週(1月31日、2月1日)に勝ち上がった3歳馬を紹介していきましょう。

1月31日(土) 東京2R 新馬・ダート1400m(混)

オウロプレット(牡3・久保田)吉田豊騎手・56キロ

タイム1.26.5(不良)/上がり37.4/2番人気

2着馬キングヴァント(-0.2)/馬体重488キロ

青鹿毛/06年2月12日生まれ

生産・(有)社台コーポレーション白老ファーム

ワイルドラッシュ Wild Again Icecapade
Bushel-n-Peck
Rose Park Plugged Nickle
Hardship
サルヴァドール サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
カリティバ Sheikh Albadou
River Mystery

五分のスタートから、ダッシュ良く2番手を追走。4コーナーの途中で、持ったままの楽な手応えで先頭に並びかけ、直線中半で余裕を持って追い出し、1馬身1/4抜け出しての快勝。

1月31日(土) 東京6R 500万下・芝2400m(混)

ハシッテホシーノ(牝3・手塚)松岡騎手・54キロ

タイム2.35.1(不良)/上がり36.8/4番人気

2着馬ピサノカルティエ(-0.2)/馬体重448キロ(-6)

鹿毛/06年3月2日生まれ/生産・社台ファーム

アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレデイー
アドマイス Highest Honor Kenmare
High River
Admiration Kashmir
Prue

五分のスタートを切り、好位の内々5番手に上手く潜り込み、道中は折り合いも付いて楽な手応えで追走し、直線に向くと、前後左右囲まれたポケットに入ってしまい、追い出しを一端待って外に持ち出されると、鋭い末脚を繰り出しての差し切勝ち。この時期に、東京の2400mを経験出来たのは大きいですね。マイルでも十分やれそうですし、寒い時期の不良馬場を走った反動さえ出なければ、今後が楽しみですね。放牧を挟んで、フローラS(4月26日)を予定。桜花賞には進まないようです。

1月31日(土) 東京9R 

クロッカスS(OP)・芝1400m(混)

サンカルロ(牡3・大久保洋)吉田豊騎手・56キロ

タイム1.25.0(不良)/上がり36.5/1番人気

2着馬スガノメダリスト(-0.2)/馬体重486キロ(+2)

黒鹿毛/06年2月5日生まれ

生産・(有)社台コーポレーション白老ファーム

シンボリクリスエス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
ディーバ Crafty Prospector Mr. Prospector
Real Crafty Lady
ミスセクレト Secreto
My First Fling

まずまずのスタートから、行き脚は付いて先団を見る形でレースを進め、楽な手応えで直線を向き、持ったままで先頭に立つと最後までしっかりとした伸びを見せ、後続を振り切っての勝利。東京コースだと、道中の走りがまったく違いますね。陣営も皐月賞は使わずに、NHKマイルカップを考えている様ですね。

1月31日(土) 京都6R 新馬・ダート1400m(混)

クイックメール(牝3・矢作)鮫島良騎手・54キロ

タイム1.24.9(不良)/上がり36.8/3番人気

2着馬メイショウシェイク(-0.1)/馬体重448キロ

栗毛/06年4月3日生まれ/生産・カントリー牧場

タイキシャトル Devil’s Bag Halo
Ballade
Welsh Muffin Caerleon
Muffitys
タニノメール リヴリア Riverman
Dahlia
アロマックアステル ラツキーソブリン
タニノテスコ

好スタートからダッシュの良く前へ。5番手を追走し、3~4コーナ中間辺りで大外を回りながらも楽な手応えで、前に取り付き、直線に入ってからも力強い伸びを見せて、ゴール前でメイショウシェイクを半馬身捻じ伏せての新馬勝ち。

1月31日(土) 京都7R 500万下・芝1400m(混)

キングスレガリア(牡3・中竹)秋山騎手・56キロ

タイム1.23.9(重)/上がり36.3/3番人気

2着馬エーシンビーセルズ(-0.4)/馬体重450キロ(±0)

鹿毛/06年2月24日生まれ

生産・有限会社レキシントンファーム

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス Last Tycoon
Pilot Bird
リキセレナード ジェイドロバリー Mr. Prospector
Number
ムーンセレナード ミスターシービー
ダイナセレナード

スタートは五分も、スッと下げて後方からの競馬を選択。道中も後方でジックリと脚を溜め、直線外に持ち出されると、鋭い伸びを見せて一気に差し切り、待望の2勝目を挙げています。距離短縮が良かったのか、悠々の差し切り勝ちでしたね。力さえ出し切れば重賞でも十分通用する力ですね。

1月31日(土) 京都9R 

つばき賞(500万下)・芝1800m(混)

ジョーメテオ(牡3・柴田光)和田騎手・56キロ

タイム1.49.6(重)/上がり36.1/3番人気

2着馬ハマノエルマー(-0.0)/馬体重502キロ(-2)

鹿毛/06年3月28日生まれ/生産・田中裕之

ネオユニヴァース サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
ジョーセクレタリー トニービン Kampala
Severn Bridge
ジョーセイバー ノーザンテースト
ソールズベリー

好スタートから、ジワッとハナに立ち、マイペースの逃げに持ち込んで、直線は馬場の4分所に持ち出し、直線中半で一気に後続との差を3、4馬身に広げると、ゴールまでしっかりと後続の追撃をクビ差振り切っての快勝。展開に恵まれた印象はありますが、父ネオユニヴァースに似て、センスのあるレース振りで、次走以降の走りが楽しみですね。次走はアーリントンC(2月28日)を予定。

2月1日(日) 東京5R 新馬・芝1800m

リーサムプライド(牡3・堀)岩田騎手・56キロ

タイム1.51.6(重)/上がり36.7/3番人気

2着馬シーブルー(-0.7)/馬体重470キロ

芦毛/06年4月2日生まれ/生産・社台ファーム

ホワイトマズル Dancing Brave Lyphard
Navajo Princess
Fair of the Furze Ela - Mana - Mou
Autocratic
コミラス Kaldoun Caro
Katana
Rive Du Sud Nureyev
Riviere Doree

好スタートを切り、2番手を追走。3コーナーまでに前を交わしてハナに立ち、そのまま直線へ。直線に向いて、後続に詰め寄られるも、そこからもうひと伸びを見せ、最後は2馬身に差を広げての新馬勝ち。

2月1日(日) 東京7R 500万下・ダート1400m(混)

グラスキング(牡3・尾形)吉田豊騎手・56キロ

タイム1.25.0(不良)/上がり37.4/3番人気

2着馬タイキジャガー(-0.0)/馬体重504キロ(-4)

鹿毛/06年4月27日生まれ/生産・社台ファーム

サクラバクシンオー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
レゾンデートル Homebuilder Mr. Prospector
Smart Heiress
ダブルバンドルズ Nodouble
No. One Bundles

好スタートから、控えて中団馬群の中を追走。4コーナーで先団馬群の直後まで進出し、直線に入って前と外が塞がり、前が開いた残り200mで鋭く伸び、先に抜け出したタイキジャガーを、ゴール寸前で内から捉え切っての勝利。次走はヒヤシンスS(2月22日)を予定。

2月1日(日) 京都5R 新馬・芝2000m(混)

モルガナイト(牝3・音無)北村友騎手・54キロ

タイム2.06.7(稍重)/上がり34.8/2番人気

2着馬ミッキースポット(-0.0)/馬体重468キロ

黒鹿毛/06年3月20日生まれ/生産・ノーザンファーム

アグネスデジタル Crafty Prospector Mr. Prospector
Real Crafty Lady
Chancey Squaw Chief’s Crown
Allicance
タンザナイト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャサリーンパー Riverman
Regal Exception

まずまずのスタートから、好位の内々5番手で折り合っての追走。直線に向くまでジッと脚を溜め、直線に入って逃げるサクラエスペランサとミッキースポットの間に入るとグィっと伸びて抜け出し、余裕を感じさせる伸びを見せての新馬勝ち。

2月1日(日) 京都6R 500万下・ダート1800m(混)

シルバーキング(牡3・高橋隆)小林徹騎手・56キロ

タイム1.51.3(重)/上がり36.2/15番人気

2着馬カネトシコウショウ(-0.0)/馬体重504キロ(-2)

黒鹿毛/06年2月23日生まれ

生産・エムエム、ヤマダファーム

シルバーチャーム Silver Buck Buckpasser
Silver True
Bonnie’s Poker Poker
What a Surprise
マチカネナナエヤエ Rahy Blushing Groom
Glorious Song
ウイダード Mr. Prospector
Attache Case

ダッシュが付かず後方からの競馬。道中は後方でジッと脚を溜め、3~4コーナーで外を回って徐々にポジションを押し上げ、直線に向くときには先団の直後まで進出し、直線は外から力強く伸び切って、逃げ粘るカネトシコウショウをゴール寸前で捉え切っての勝利。

各馬の動向

ダイワスカーレット(牝5・松田国)、ウオッカ(牝5・角居):ダイワスカーレットには登録した3競走すべて、ウオッカにはドバイデューティフリーへの招待状が届いているようです。

カジノドライヴ(牡4・藤沢和):主催者からの招待状が届き、ドバイワールドカップ参戦が正式に決定したようです。26日から美浦の国際厩舎で検疫にはいり、3月4日に出国予定。

エスポワールシチー(牡4・安達):佐賀記念は使わずに、フェブラリS(2月22日)へ。除外なら、マーチS(3月29日)へ。

バンブーエール(牡6・安達)、リミットレスビット(牡10・加用):フェブラリーSへ。

アブソリュート(牡5・宗像):放牧を挟んで、ダービー卿CT(4月5日)か、マイラーズC(4月18日)のいずれかを予定。

トールポピー(牝4・角居):中山牝馬S(3月15日)から始動。

レインダンス(牝5・宮):短期放牧後、中山牝馬Sへ。

3歳馬の動向

スガノメダリスト(牡3・大和田):放牧後、NZT(4月11日)→NHKマイルC(5月10日)を予定。

ケイアイライジン(牡3・尾形):スプリングS(3月22日)へ。

キタサンガイセン(牡3・松田博):きさらぎ賞(2月15日)へ。

デルフォイ(牡3・長浜):あすなろ賞(2月21日)へ。

アグネスナチュラル(牝3・長浜):阪神(2月28日)の自己条件・芝1400mを予定。

スイリンカ(牝3・長浜):こぶし賞(2月22日)へ。

|

« 土曜日、小倉でG3・第43回小倉大賞典 | トップページ | 第43回共同通信杯+第14回シルクロードS+第43回小倉大賞典の出走馬確定 »

競馬’09」カテゴリの記事

3歳勝ち上がり馬紹介’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(1月31日、2月1日)に勝ち上がった3歳馬の紹介:

« 土曜日、小倉でG3・第43回小倉大賞典 | トップページ | 第43回共同通信杯+第14回シルクロードS+第43回小倉大賞典の出走馬確定 »