« 明日(2月22日・第26回フェブラリーS)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第83回中山記念 »

2009年2月22日 (日)

今日(2月22日・第26回フェブラリーS)の回顧

 東京11R第26回フェブラリーステークス(4歳上G1・ダート1600m)は、好スタートを切り、外目の3番手で折り合いを付けたサクセスブロッケン(牡4・藤原英)が、直線に入ってスッと反応したカジノドライヴ(牡4・藤沢和)とカネヒキリ(牡7・角居)に1馬身程置かれたものの、そこから1完歩ごとに差を詰め、3頭横並びの叩き合いからクビ差抜け出し、レコードタイムでG1・2勝目を飾っています。タイムは1.34.6(稍重)。2着には、2番手追走から、最後までしぶとい伸びを見せたカジノドライヴ。3着には、内々4番手追走から、直線しぶとく追い上げたカネヒキリが入っています。

1着のサクセスブロッケンは、距離が1600mに短縮されて、この馬の力をフルに発揮出来る条件だったのでしょうね。何度も古馬勢に跳ね返されながらも、着実に力を付けた精神力の強さと、体の丈夫さには頭が下がる思いですね。

2着のカジノドライヴは、僅かに及ばなかったものの、力を感じさせるレース内容でしたね。この後はドバイワールドカップに出走予定ですが、距離が伸びるのは良さそうですし、是非とも頑張ってもらいたいですね。

3着のカネヒキリは、さすがと思わせる走りは見せましたが、今日の走りを見ると、今現在はもう少し距離がある方が良いのかも知れませんね。

私の本命のサンライズバッカス(牡7・音無)は15着。前に行った強い馬が、強い競馬を見せて後方の馬には出番の無い競馬でしたが、良い頃ならもう少し差を詰めた印象なので、さすがに力が落ちてきているのかなと言う印象ですね。

 続いて、京都11R斑鳩ステークス(4歳上1600万下・芝1400m)は、道中、中団でジックリと脚を溜めたヘッドライナー(せん5・西園)が、直線に入って馬場の真ん中に持ち出し、しっかりとした末脚であっさりと抜け出して1着。タイムは1.22.1(良)。2着には、最後方追走から、直線最内を突いて良く伸びたオーヴェール(牡7・浅見)。3着には、後方追走から、直線大外を良く追い込んだスーパーワシントン(牡6・中尾秀)が入っています。

1着のヘッドライナーは、ココでは力が違った印象ですね。今日の走りなら、もう少し距離が伸びても良さそうな印象です。次走以降の走りが楽しみな1頭ですね。

2着のオーヴェールは、各馬が外に進路を取る中、前のレースでも意外と伸びていた最内のコースを選択したデムーロ騎手の好判断と言えそうですね。

3着のスーパーワシントンは、この馬の力は出しているのではないでしょうか。武器があるだけに、今後も、展開次第でチャンスはあるのではないでしょうか。

私の本命のボストンオー(牡4・岩元)は5着。3~4コーナーでスムーズさを欠き、直線入り口では最後方に近い位置にまで下がってしまいましたが、直線は良く盛り返して5着と惜しいレース運びとなっていまいましたね。力は通用すると思いますので、次走以降の巻き返しに期待ですね。

今日の注目馬

東京6R⑥ボクノタイヨウ(牡4・白井)は1着。好スタートからハナに立ち、楽なペースでの逃げとなり、直線引き付けてから、最後突き放す余裕のある競馬でしたね。非凡な勝負根性の持ち主だと思っていますので、昇級する次走以降も注目ですね。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« 明日(2月22日・第26回フェブラリーS)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第83回中山記念 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

競馬・G1回顧’09」カテゴリの記事

コメント

残念でしたね。
私もカジノドライヴ の
単勝で外しました!
おしかったんですが・・

投稿: 日刊コンピ信者 | 2009年2月22日 (日) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(2月22日・第26回フェブラリーS)の回顧:

« 明日(2月22日・第26回フェブラリーS)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第83回中山記念 »