« 明日(2月21日)の競馬 | トップページ | 明日(2月22日・第26回フェブラリーS)の競馬 »

2009年2月21日 (土)

今日(2月21日)の回顧

 京都11R第102回京都記念(4歳上G2・芝2200m)は、4番手の外目を楽な手応えで追走したアサクサキングス(牡5・大久保龍)が、3コーナーに入る辺りから早目に動き、直線は馬場の真ん中に持ち出し、直後にいたサクラメガワンダー(牡6・友道)と2頭の激しい叩き合いとなり、ゴールまでしぶとく凌ぎきって、07年の菊花賞以来となる1年4ヶ月振りの勝利を飾っています。タイムは2.14.6(良)。2着には、中団追走から、アサクサキングスと一緒に動いて、最後までしぶとく追い上げたサクラメガワンダー。3着には、逃げて、最後までしぶとく粘ったヴィクトリー(牡5・音無)が入っています。

1着のアサクサキングスは、キッチリと仕上がり、体調も良かった印象ですし、距離こそ違う物の、菊花賞を思い出させる様なレース振りで、京都コースの外回りは、この馬の得意なパターンに持ち込みやすいコースなのでしょうね。

2着のサクラメガワンダーは、僅かに及ばなかったものの、力を付けた事は明らかですね。このメンバーでコレだけの走りが出来るとなると、今後が楽しみですね。

3着のヴィクトリーは、久々にこの馬らしい走りでしたね。実績馬の復活で、今後のレースを大いに盛り上げてもらいたいですね。

私の本命のダンスアジョイ(牡8・松永幹)は7着。差し、追い込み馬のは出番の無いレース展開で、仕方の無い結果でしょう。

 続いて、東京11R第44回デイリー杯クイーンカップ(3歳牝G3・芝1600m)は、好スタートから2番手を追走したディアジーナ(牝3・田村)が、楽な手応えで直線に向き、各馬が追い上げて来てから追い出されると、左右にフラツキながらも、後続の追い上げをしぶとく凌ぎ切って、重賞初制覇を飾っています。タイムは1.35.7(良)。2着には、2、3番手追走からしぶとく伸びたダノンベルベール(牝3・国枝)。3着には、4番手追走から、直線良く差を詰めたエイブルインレース(牝3・大井・栗田裕)が入っています。

1着のディアジーナは、レース運びの上手さを活かせましたね。今の状態を維持出来れば、桜花賞でも、自分の力は発揮出来るのではないでしょうか。

2着のダノンベルベールは、1キロ重い斤量と、目標がまだ先で、仕上がりの差が出た印象ですね。前々でレース出来た事は収穫ですし、桜花賞に向けて順調に調子を上げて行ってもらいたいですね。

3着のエイブルインレースは、ソツの無いレース運びで、力を出し切った印象ですね。それにしても、今年の道営出身馬はレベルが高いですね。

私の本命のカツヨトワイニング(牝3・高橋義)は9着。中団追走から、直線は見せ場無く9着。展開が向かなかった事は確かですが、もう少し距離が短い方が良いのかも知れませんね。次走以降の巻き返しに期待ですね。

断然の1番人気に推されたミクロコスモス(牝3・角居)は4着。コレも競馬ですから、仕方無いでしょう。馬が故障さえしていなければ、十分巻き返す力はありますので、次走以降の走りに期待ですね。(1件目の審議で失格にならなくて良かったと言う印象ですが)

今日の注目馬

小倉12R⑧カネトシソレイユ(牡5・大橋)は1着。状態も上がっていましたし、レース運びも文句無しで、力を出し切れましたね。

 小倉5R4歳上500万下(牝・ダート1000m)をニシノヴァネッサ(牝5)で制した田所秀孝調教師が、JRA通算200勝を達成しています。おめでとうございます。

 それでは、また後ほど^^。

|

« 明日(2月21日)の競馬 | トップページ | 明日(2月22日・第26回フェブラリーS)の競馬 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(2月21日)の回顧:

« 明日(2月21日)の競馬 | トップページ | 明日(2月22日・第26回フェブラリーS)の競馬 »