« 今日(1月11日)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第56回日経新春杯 »

2009年1月11日 (日)

今日(1月11日)の回顧

 京都11R第43回日刊スポーツ賞シンザン記念(3歳G3・芝1600m)は、スタートも、スタート後ダッシュも無かったものの、すぐに先行勢に取り付き、3番手で折り合いを付けたアントニオバローズ(牡3・武田)が、直線に入って先に抜け出したミッキーパンプキン(牡3・清水出)を交わし、内から伸びて来たダブルウェッジ(牡3・田所)との叩き合いをクビ差制して重賞初制覇を飾っています。タイムは1.35.3(良)。2着には、中団前目追走から、直線最内を突いて良く伸びたダブルウェッジ。3着には、中団追走から、直線良く伸びたトップカミング(牡3・境直)が入っています。

1着のアントニオバローズは、スタートも、スタート後のダッシュも無かったものの、早目に前に取り付いた角田騎手の好判断でしたね。レース振りはセンスを感じさせる内容でしたし、角田騎手もかなりの手応えを感じているようで、今後注目の1頭となりそうですね。

2着のダブルウェッジは、距離が問題でしたが、中団前目でしっかり折り合ってしましたし、直線の伸びもしっかりした伸びを見せました。これ以上距離が伸びるのはどうかとは思いますが、マイル前後なら活躍が期待出来そうですね。

3着のトップカミングは、毎回コンスタントに力を発揮出来るタイプで、これからも展開や相手関係次第で上位争いの絡んで来そうですね。

私の本命のキングスレガリア(牡3・中竹)は9着。2、3着馬とほぼ同じ位置を追走していましたが、直線を向いてからまったく伸びず見せ場無しの競馬でしたね。チョット理由が分かりませんが、本来のデキに無いのか、早熟だったのか、今後の走りを見てみたいですね。

 続いて、中山11R第25回フェアリーステークス(3歳牝G3・芝1600m)は、好スタートから、逃げたグッデーコパ(牝3・上原)の直後の絶好のポジションを追走したジェルミナル(牝3・藤原英)が、直線も手応え通りの伸びを見せて抜け出し、重賞初制覇を飾っています。タイムは1.36.5(良)。2着には、後方の内を追走から、直線良く追い上げたアイアムネオ(牝3・奥平)。3着には、逃げて最後までしぶとく粘ったグッデーコパが入っています。

1着のジェルミナルは、ほぼパーフェクトなレース運びでの重賞制覇でしたね。これでゆったりとしたローテーションでクラシックに向かえますが、相手が強力だけに、欲を言えば、もう一回り成長して欲しいですね。

私の本命のアイアムネオは2着。スタートのタイミングが合わず、後方からのレースとなりましたが、道中は上手く内を捌いて、直線は良い伸びをみせましたね。まだ能力だけで走っている印象で、今後、更に上積みが見込めると思いますので、今後のレース振りが楽しみですね。

3着のグッデーコパは、距離短縮とマイペースでの逃げで、見事な変わり身を見せましたね。マイル前後ならコンスタントに活躍出来る力なのではないでしょうか。

今日の注目馬

中京11R②ゲイルバニヤン(牡6・池江郎)は9着。スタートも良くなかったですが、前で競馬をするには距離が短かった印象ですね。

 中山5R吉田豊騎手が騎乗し第6位に入線したエターナルレイズは、発走後まもなく急に内側に斜行し、他馬の走行を妨害したため第15着に降着となり、騎乗していた吉田豊騎手は開催日1日(1月17日)の騎乗停止となっています。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« 今日(1月11日)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第56回日経新春杯 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(1月11日)の回顧:

« 今日(1月11日)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第56回日経新春杯 »