« 明日(1月31日)の競馬 | トップページ | 明日(2月1日)の競馬 »

2009年1月31日 (土)

今日(1月31日)の回顧

 東京11R第59回東京新聞杯(4歳上G3・芝1600m)は、重賞初挑戦となったアブソリュート(牡5・宗像)が、中団追走から直線までジックリと脚を溜め、直線に入って大外から力強い伸びを見せて突き抜ける快勝で、重賞初制覇を飾っています。タイムは1.36.9(不良)。2着には、アブソリュートの直後を追走し、直線もアブソリュートと同じ様に外から良く伸びたキャプテンベガ(牡6・松田博)。3着には、中団内目追走から、直線馬群をこじ開ける様に伸びて来たスマイルジャック(牡4・小桧山)が入っています。

1着のアブソリュートは、完勝と言える内容で重賞初制覇。不良馬場も苦にしませんでしたし、この馬自身は、速い時計の馬場でも十分やれる馬なので、今後のマイル路線での活躍が期待出来る1頭と言えそうですね。

2着のキャプテンベガは、マイル戦で折り合いが楽に付き、この馬の力をフルに発揮したレースとなりましたね。今後も1600m~2000mぐらいなら、十分活躍が期待出来そうですね。

私の本命のスマイルジャックは3着。枠順がもう少し外だったらと思わせるレース内容でしたが、狭い所をこじ開けて最後まで伸びて来ましたし、マイル路線で十分戦える手応えを感じさせた内容だったと思います。

 続いて、京都11R北山ステークス(4歳上1600万下・ダート1800m・ハンデ)は、好スタートを切り、3番手を楽に追走したキングブレーヴ(牡5・田中章)が、直線に入って、先に抜け出したフサイチカムーン(牡5・池上)をキッチリと差し切っての快勝。タイムは1.49.8(重)。2着には、2番手から早目に抜け出し、最後までしぶとく粘ったフサイチカムーン。3着には、スタートでやや遅れて中団からの競馬となり、直線差して来たピサノデイラニ(牡5・藤沢和)が入っています。

1着のキングブレーヴは、理想通りのレース運びで、完勝と言える内容でしたね。上の条件に行っても即通用の力ですね。

2着のフサイチカムーンは、2番手からしぶといレース運びでしたね。これだけの競馬が出来れば、すぐにでもチャンスは来そうですね。

3着のピサノデイラニは、少し重目残りでしたし、前が有利な馬場状態で、スタートで遅れたのも響きましたね。このクラスで足踏みする馬では無いと思うのですが・・・。

私の本命のピエナポパイ(牡4・木原)は10着。好スタートから前目でレースを運んだものの、勝負処から手応えが怪しくなり、直線はまったく伸びず。体調も下降気味な印象ですし、差しに徹した方が、持ち味が活きる印象ですね。

今日の注目馬

東京6R④トレジャーバトル(牡3・戸田)は4着。好スタートからマイペースの逃げに持ち込み、しぶといレース振り。相手に関係無く力を出し切れるタイプで、クラシックのトライアル辺りに出走して来れば、面白い存在になりそうですね。

 それでは、また後ほど^^。

|

« 明日(1月31日)の競馬 | トップページ | 明日(2月1日)の競馬 »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(1月31日)の回顧:

« 明日(1月31日)の競馬 | トップページ | 明日(2月1日)の競馬 »