« 明日(1月25日)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第23回根岸ステークス »

2009年1月25日 (日)

今日(1月25日)の回顧

 中山11R第50回アメリカジョッキークラブカップ(4歳上G2・芝2200m)は、3番手の内々を追走と積極的なレースを見せたネヴァブション(牡6・伊藤正)が、終始内ラチ沿いをピッタリ回って、直線中半で逃げるキングストレイル(牡7・藤沢和)を捉えると、ゴールまでしっかりと伸び切り、昨年の日経賞以来の勝利を飾っています。タイムは2.13.9(良)。2着には、中団追走から、直線外から良く伸びたエアシェイディ(牡8・伊藤正)。3着には、道中ネヴァブションの直後を追走し、内々を上手く立ち回ったトウショウシロッコ(牡6・大久保洋)が入っています。

1着のネヴァブションは、使われながら確実に調子を上げていましたし、前目のポジションを取りに行った横山典騎手の好判断でもありましたね。本来の力を取り戻し、今後の活躍が期待出来そうですね。

2着のエアシェイディは、上手く立ち回ったネヴァブションには届かなかったものの、外を回りながらで、この馬の力を十分示す内容でしたね。

3着のトウショウシロッコは、内目を上手く立ち回った吉田豊騎手の好騎乗が光りましたし、馬自体も良い頃のデキに戻って来ているように思いますね。今後の走りにも注目ですね。

私の本命のドットコム(牡4・戸田)は10着。展開が向かなかった事は確かですが、ここでは力不足だった様ですね。ただ、上手くレースを選べば活躍が期待出来ると思いますので、今後の巻き返しに期待ですね。

 続いて、京都11R第16回平安ステークス(4歳上G3・ダート1800m)は、好スタートから押して逃げたエスポワールシチー(牡4・安達)の直後のポジションを取ったワンダースピード(牡7・羽月)が、直線に入って逃げ込みを図るエスポワールシチーをゴール前でキッチリと差し切り、暮れの名古屋GPに続いて、重賞連勝を飾り、3つ目の重賞タイトルを手に入れています。タイムは1.50.4(稍重)。2着には、逃げて最後までしぶとく粘ったエスポワールシチー。3着には、2番手追走から、最後までしぶとく粘ったマコトスパルビエロ(牡5・鮫島)が入っています。

1着のワンダースピードは、3キロ差がありながら、最後は余裕を持っての差し切りで完勝と言える内容でしたね。ココに来て更に力を付けている印象で、更に上のステップでの活躍に期待したいですね。

2着のエスポワールシチーは、ワンダースピードには交わされてものの、初の重賞挑戦で、今後が楽しみになる内容でしたね。また、前走から少し間隔が空いていましたし、次走以降更に良くなりそうな印象ですね。

3着のマコトスパルビエロは、この馬らしい、前々でのしぶといレース振りでしたね。本調子さえ取り戻せれば、重賞でも十分勝ち負け出来る力ですから、今後のレースでの活躍が期待出来そうですね。

私の本命のネイキッド(牡5・浜田)は4着。デキ、レース内容はほぼパーフェクトと言えるものでしたね。重賞でも十分やれる力を証明しましたし、今後、更なる成長を期待したい1頭ですね。

今日の注目馬

中京11R⑦アドマイヤスペース(牝5・的場)は11着。勝負処での反応が悪かったですね(下がって来るプリンシペデルソルに引っかかったようにも見えましたが)。デキが悪いようには見えなかったので、次走以降の巻き返しに期待ですね。

 中山3R3歳未勝利(ダート1200m)をストレートイン(牡3)で制した柴崎勇調教師が、現役113人目となるJRA通算200勝を達成しています。おめでとうございます。

 中山5Rでコオリナアベニュー(牡3)に騎乗した三浦皇成騎手が、最後の直線走路で外側に斜行した為、開催日2日間の騎乗停止処分を受けています。(走好妨害には至らないものの、十分な間隔がないところでの強引な騎乗と認められた為)

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« 明日(1月25日)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第23回根岸ステークス »

競馬’09」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(1月25日)の回顧:

« 明日(1月25日)の競馬 | トップページ | 今週はG3・第23回根岸ステークス »