« 先週(12月20、21日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 | トップページ | 第8回兵庫ゴールドトロフィーの回顧 »

2008年12月25日 (木)

第53回有馬記念枠順確定+第25回ラジオNIKKEI杯2歳Sの出走馬確定

 今週の日曜日(12月28日)に、中山競馬場で行われる第53回有馬記念(3歳上G1・芝2500m)の枠順と調教後馬体重が発表されています。また、土曜日(12月27日)に、阪神競馬場で行われる第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(2歳G3・芝2000m)の出走馬も確定しています。各レースの枠順、出走馬は以下の通りです。

有馬記念

1枠①カワカミプリンセス(牝5・西浦)

横山典騎手・55キロ

調教後馬体重496キロ(水・栗東)/前走時498キロ

2枠②ベンチャーナイン(牡3・小桧山)

柴田善騎手・55キロ

調教後馬体重500キロ(木・美浦)/前走時500キロ

3枠③コスモバルク(牡7・北海道・田部)

松岡騎手・57キロ

調教後馬体重518キロ(木・中山)/前走時514キロ

3枠④エアジパング(せん5・藤原英)

藤田騎手・57キロ

調教後馬体重450キロ(木・栗東)/前走時440キロ

4枠⑤フローテーション(牡3・橋口)

C.ルメール騎手・55キロ

調教後馬体重502キロ(木・栗東)/前走時484キロ

4枠⑥エアシェイディ(牡7・伊藤正)

後藤騎手・57キロ

調教後馬体重490キロ(水・美浦)/前走時490キロ

5枠⑦アルナスライン(牡4・松元)

O.ペリエ騎手・57キロ

調教後馬体重562キロ(木・栗東)/前走時540キロ

5枠⑧スクリーンヒーロー(牡4・鹿戸雄)

M.デムーロ騎手・57キロ

調教後馬体重495キロ(木・美浦)/前走時486キロ

6枠⑨メイショウサムソン(牡5・高橋成)

武豊騎手・57キロ

調教後馬体重525キロ(木・栗東)/前走時516キロ

6枠⑩マツリダゴッホ(牡5・国枝)

蛯名騎手・57キロ

調教後馬体重500キロ(木・美浦)/前走時492キロ

7枠⑪ドリームジャーニー(牡4・池江寿)

池添騎手・57キロ

調教後馬体重438キロ(木・栗東)/前走時420キロ

7枠⑫アサクサキングス(牡4・大久保龍)

四位騎手・57キロ

調教後馬体重514キロ(木・栗東)/前走時498キロ

8枠⑬ダイワスカーレット(牝4・松田国)

安藤勝騎手・55キロ

調教後馬体重508キロ(水・栗東)/前走時498キロ

8枠⑭アドマイヤモナーク(牡7・松田博)

川田騎手・57キロ

調教後馬体重470キロ(水・栗東)/前走時462キロ

以上の14頭となっています。尚、登録のあったエイシンデピュティ(牡6・野元)は、脚部不安の為、出走を回避。

ラジオNIKKEI杯2歳S

イグゼキュティヴ(牡2・川崎・河津)松岡騎手・55キロ

スーパーマークン(牡2・森)福永騎手・55キロ

トゥリオンファーレ(牡2・音無)川田騎手・55キロ

トップクリフォード(牡2・山内)和田騎手・55キロ

ファミリズム(牝2・梅田智)ルメール騎手・54キロ

マッハヴェロシティ(牡2・武藤)安藤勝騎手・55キロ

ラヴィンライフ(牡2・武宏)長谷川騎手・55キロ

ラブミラー(牝2・中村)浜中騎手・54キロ

リーチザクラウン(牡2・橋口)武豊騎手・55キロ

ロジユニヴァース(牡2・和田)横山典騎手・55キロ

ロードロックスター(牡2・池江郎)藤岡佑騎手・55キロ

以上の11頭となっています。

各馬の動向

ウオッカ(牝4・角居):ドバイ遠征が決定。3月5日の前哨戦ジェベルハッタ(G2・1777m)を使って、ドバイ・デューティーフリー(G1・芝1777m)を目指すようです。

ワンダースピード(牡6・羽月):平安S(1月25日)へ。

リザーブカード(牡5・栗田):東京新聞杯(1月31日)へ。

セラフィックロンプ(牝4・武藤):放牧を挟んで、中京記念(3月14日)へ。

レーヴダムール(牝4・松田博):放牧先のノーザンファームで19日朝の調教後に急死。骨盤骨折による内出血でショック死した可能性が高いようです。

|

« 先週(12月20、21日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 | トップページ | 第8回兵庫ゴールドトロフィーの回顧 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

競馬・GⅠ展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第53回有馬記念枠順確定+第25回ラジオNIKKEI杯2歳Sの出走馬確定:

« 先週(12月20、21日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 | トップページ | 第8回兵庫ゴールドトロフィーの回顧 »