« 先週(12月6、7日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 | トップページ | 第60回阪神JF+第1回カペラS・第44回中日新聞杯の出走馬確定 »

2008年12月10日 (水)

第54回クイーン賞の回顧

 今日(12月10日)は、船橋競馬場で交流重賞の第54回クイーン賞(3歳上牝G3・ダート1800m・ハンデ)が行われています。JRAからは4枠⑤ラピッドオレンジ(牝5・小笠)内田博騎手・54キロ、5枠⑦ユキチャン(牝3・後藤)安藤勝騎手・54キロ、5枠⑧アイスドール(牝5・池江寿)川田騎手・54キロ、8枠⑬ヤマトマリオン(牝5・安達)幸騎手・56.5キロの4頭が出走しています。

 レースは、好スタートを切った1枠①ザッハーマイン(牝3・兵庫・田中道)が先手を取り、2番手をユキチャンがガッチリキープし、それをマークするようにヤマトマリオンが3番手、4番手の外目にアイスドールが付け、中団馬群の中にラピッドオレンジが付ける展開。

 3コーナー入り口でペースが上がり、ユキチャンがザッハーマインの外から交わしに掛かり、連れてヤマトマリオン、アイスドール、ラピッドオレンジと中央勢が進出し、楽な手応えでユキチャンが先頭で直線に向くと、外から狙い済ましたようにヤマトマリオンが並びかけ、完全に2頭のマッチレースとなり、内で懸命に食い下がるユキチャンを、ゴール前でアタマ差捻じ伏せたヤマトマリオンが1着でゴール。タイムは1.49.5(不良)。2着には、番手追走から、懸命に粘ったユキチャン。3着には、4、5番手追走から、直線脚を伸ばしたアイスドールが入っています。

1着のヤマトマリオンは、ユキチャンをマークして、レースはしやすかった印象ですが、ここ数戦、牡馬混合の重賞でも内容が良くなっていますし、どちらかと言うと得意の左回りで、力通りの走りを見せたと言えそうですね。

2着のユキチャンは、牝馬限定の交流重賞ならば、さすがに力は上ですね。切れると言うよりも、いい脚を長く使う印象だけに、引き付けるよりも早目にスパートして突き放した方が良かったかも知れませんね。これから、更に経験を積んで、強いレースを見せてもらいたいですね。

3着のアイスドールは、この馬のレースは出来ていると思いますが、小回りとは言え、1800mは若干長い印象ですね。距離短縮されれば、この馬の切れが活きて来そうですね。

ラピッドオレンジは4着。牝馬限定戦ならば、確実に上位を賑わせる力ですが、今回は上位の馬の力が上だった印象ですね。この馬自身の力は出し切っているのではないでしょうか。

|

« 先週(12月6、7日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 | トップページ | 第60回阪神JF+第1回カペラS・第44回中日新聞杯の出走馬確定 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・交流重賞回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第54回クイーン賞の回顧:

« 先週(12月6、7日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 | トップページ | 第60回阪神JF+第1回カペラS・第44回中日新聞杯の出走馬確定 »