« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月に作成された記事

2008年12月31日 (水)

京都では、G3・第47回京都金杯

 1月5日(月)には、京都競馬場でJRAプレミアムレースとなる第47回スポニチ賞京都金杯(4歳上G3・芝1600m・ハンデ)が行われます。今年はフルゲート16頭に71頭の登録があり、出走可能な馬と、ハンデは以下の通りとなっています。

出走可能な順

コンゴウリキシオー(牡7・山内)57.5キロ

マルカフェニックス(牡5・松永昌)57.5キロ

マルカシェンク(牡6・河内)57.5キロ

マンハッタンスカイ(牡5・浅見)57.5キロ

シンボリグラン(牡7・畠山吉)56キロ

アドマイヤオーラ(牡5・松田博)58キロ

ファリダット(牡4・松元)56キロ

キングストレイル(牡7・藤沢和)57.5キロ

ヤマニンエマイユ(牝6・浅見)54キロ

バトルバニヤン(牡5・池江郎)56キロ

ブライトトゥモロー(牡7・石坂)56キロ

ヘイローフジ(牝6・飯田明)54キロ

アドマイヤスバル(牡6・中尾秀)56キロ

ショウナンアルバ(牡4・二ノ宮)55キロ

マイネカンナ(牝5・国枝)53キロ

シゲルフセルト(牡4・川村)53キロ

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

エーシンフォワード(牡4・西園)54キロ、タマモサポート(牡6・藤岡健)57キロ、ステキシンスケクン(牡6・森)55キロ、ナスノストローク(牡8・加用)55キロ、フリートアドミラル(牡5・池上)55キロ、リキッドノーツ(牡8・二ノ宮)56キロ、タケデンノキボー(牡8・奥平)53キロ、ハチマンダイボサツ(牝5・境直)52キロ、モルトグランデ(牡5・久保田)54キロ、ゲイルバニヤン(牡6・池江郎)56キロ、ソルジャーズソング(牡7・鮫島)54キロ、ニシノナースコール(牝7・尾形)52キロ、ヴィクトリー(牡5・音無)58キロ、ホッコーソレソレー(牡7・浜田)55キロ、ウォーターオーレ(牡7・鮫島)50キロ、コレデイイノダ(牡9・藤沢則)53キロ、セレスクラブ(牡7・鮫島)53キロ、トップオブツヨシ(牡6・鶴留)52キロ、ビッグジェム(牡8・岩戸)52キロ、ゼットフラッシュ(牡6・山内)54キロ、ルミナスポイント(牝6・安田隆)52キロ、トロピカルライト(牡5・二ノ宮)54キロ、ベルーガ(牡8・尾形)52キロ、マイネルポライト(牡6・西浦)54キロ、ブルーショットガン(牡10・武宏)53キロ、ニホンピロキース(牡8・服部)53キロ、カレイジャスミン(牝4・宗像)52キロ、ペプチドルビー(牝4・境直)52キロ、マルブツリード(牡6・大根田)55キロ、ミリオンウェーブ(牡4・宮本)53キロ、サブジェクト(牡4・池江郎)54キロ、フサイチホクトセイ(牡8・古賀史)54キロ、ヤマノルドルフ(牡8・相沢)52キロ、ナカヤマパラダイス(牡6・二ノ宮)55キロ、オートセレブ(牡7・沖)51キロ、セトノゼディタブ(牡7・南井)52キロ、ダブルティンパニー(牡7・松田国)53キロ、メイショウサライ(牡8・増本)55キロ、ロイヤルキャンサー(牡11・森)49キロ、イクスキューズ(牝5・鹿戸雄)53キロ、エムエスワールド(牡6・湯窪)53キロ、ダンスフォーウィン(牡6・古賀史)53キロ、ハギノベルテンポ(牡9・和田)50キロ、メイショウトッパー(牡6・白井)54キロ、ハギノトリオンフォ(牡7・野中)52キロ、アップドラフト(せん7・安田隆)53キロ、ウインレックス(せん7・宗像)52キロ、サイキョウワールド(牡7・坂口大)54キロ、シアトルバローズ(牡6・武田)52キロ、テンイムホウ(牝7・柄崎)49キロ、ミュージックホーク(牡8・中竹)49キロ、フライングアップル(牡5・藤沢和)56キロ、サープラスシンガー(牡5・宗像)55キロ、トールハンマー(牡9・二ノ宮)53キロ、マヤノベンケイ(牡4・梅内)53キロ

となっています。

体調さえ整えば、G3では抜けた力のアドマイヤオーラ、重賞を制し勢いに乗るマルカフェニックス、今年は大きな所を狙いたいマルカシェンク、秘めた素質を開花させたいファリダット、力を付けて来てここでも十分通用のバトルバニヤン、実績上位のコンゴウリキシオーとシンボリグラン、芝が2度目で慣れが見込めるアドマイヤスバルなど、楽しみなメンバーが揃いましたね。

 2008年度の各種リーディングがJRAから発表されています。

騎手部門(勝利数)

1. 武豊 143勝
2. 内田博幸 123勝
3. 安藤勝巳 119勝

騎手部門(獲得賞金)

1. 岩田康誠 2,868,226,000
2. 安藤勝巳 2,450,764,000
3. 武豊 2,437,260,000

騎手部門(勝率)

1. 武豊 0.219
2. 安藤勝巳 0,214
3. 内田博、横山典 0.139

調教師部門(勝利数)

1. 池江泰寿 51勝
2. 池江泰郎 46勝
3. 藤沢和雄 44勝

調教師部門(獲得賞金)

1. 角居勝彦 1,223,374,000
2. 音無秀孝 1,204,203,000
3. 橋口弘次郎 1,030,504,000

調教師部門(勝率)

1. 藤原英昭 0.199
2. 池江泰寿 0.175
3. 角居勝彦 0.170

となっています。その他のリーディング(JRAのHP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

年明けは、G3・第58回中山金杯から

 2009年1月4日(日)には、中山競馬場でJRAプレミアムレースとなっている第58回日刊スポーツ賞中山金杯(4歳上G3・芝2000m・ハンデ)が行われます。中央では有馬記念、地方では東京大賞典が終わったばかりですが、今年は日程の関係で、今週末から09年の中央競馬がスタートします。今年は中山金杯と京都金杯が4日と5日に分かれて開催される事になっており、今年の中山金杯には、フルゲート16頭に33頭の登録があり、出走可能な馬とハンデは、以下の通りとなっています。

出走可能な順

アサカディフィート(せん11・鶴留)58キロ

シャドウゲイト(牡7・加藤征)57.5キロ

アドマイヤフジ(牡7・橋田)58キロ

マンハッタンスカイ(牡5・浅見)57.5キロ

ヤマニンキングリー(牡4・河内)56キロ

キングストレイル(牡7・藤沢和)57.5キロ

ダイワワイルドボア(牡4・上原)56キロ

オペラブラーボ(牡5・久保田)56キロ

マイネルキッツ(牡6・国枝)56キロ

アルコセニョーラ(牝5・畠山吉)53キロ

ミヤビランベリ(牡6・加藤敬)55キロ

ダイシングロウ(牡5・松田博)56キロ

マイネカンナ(牝5・国枝)53キロ

ネヴァブション(牡6・伊藤正)57.5キロ

グラスボンバー(牡9・尾形)57キロ

トウショウシロッコ(牡6・大久保洋)56キロ

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

リキッドノーツ(牡8・二ノ宮)56キロ、キャッチータイトル(牝6・田村)50キロ、センカク(牡7・池上)53キロ、フサイチアソート(牡4・岩戸)54キロ、ブレーヴハート(牡7・加藤征)53キロ、ゼットフラッシュ(牡6・山内)54キロ、トロピカルライト(牡5・二ノ宮)54キロ、アグネストレジャー(牡7・長浜)54キロ、メジロコルセア(牡7・大久保洋)52キロ、ナカヤマパラダイス(牡6・二ノ宮)55キロ、ダブルティンパニー(牡7・松田国)53キロ、ブラックアルタイル(せん7・二ノ宮)54キロ、サンツェッペリン(牡5・斎藤誠)55キロ、フライングアップル(牡5・藤沢和)56キロ、タイキヴァンペール(牡9・田中清)52キロ、トールハンマー(牡9・二ノ宮)53キロ、トウショウウェイヴ(牡4・大久保洋)53キロ

となっています。

中日新聞杯を制し重賞ウイナーとなり、09年の飛躍を狙うヤマニンキングリー、重賞でコンスタントに力を発揮しているマイネルキッツ、G3のハンデ戦なら力は上のアドマイヤフジとネヴァブション、連勝は止まったものの、力は十分のオペラブラーボ、休み明けでも十分通用のダイシングロウ、中山2000mで見直したいダイワワイルドボア、実績十分のマンハッタンスカイやキングストレイル、シャドウゲイトなど、ハンデ戦らしい激しい競馬が期待出来そうなメンバーとなりそうですね。

 吉永護騎手(35歳)が、12月31日をもって騎手を引退する事がJRAから発表されています。今後は小島太厩舎で調教助手になる予定です。通算成績はJRA通算3838戦174勝、地方通算54戦4勝でした。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月29日 (月)

第54回東京大賞典の回顧

 今日(12月29日)は、大井競馬場で第54回東京大賞典(3歳上G1・ダート2000m)が行われています。JRAからは1枠①ヴァーミリアン(牡6・石坂)武豊騎手・57キロ、ボンネビルレコード(牡6・堀井)的場文騎手・57キロ、7枠⑧サクセスブロッケン(牡3・藤原英)内田博騎手・55キロ、8枠⑨カネヒキリ(牡6・角居)ルメール騎手・57キロ、8枠⑩ブルーコンコルド(牡8・服部)幸騎手・57キロの5頭が参戦しています。

 ほぼ揃ったスタートから、ブルーホーク(牡4・大井・月岡健)がハナに立ち、サクセスブロッケンは控えて2番手を追走、3番手には外からカネヒキリ、その直後に内からボンネビルレコード、ヴァーミリアンが並び、ブルーコンコルドは後方を追走する展開。

 そのまま、各馬動きは無く、3コーナーに差し掛かるとヴァーミリアンが徐々に前に取り付き、内からブルーホーク、サクセスブロッケン、カネヒキリ、ヴァーミリアンと4頭雁行で直線に向くと、サクセスブロッケン、カネヒキリ、ヴァーミリアンの3頭が抜け出し、激しい叩き合いとなり、サクセスブロッケンが残り100mで脱落し、カネヒキリとヴァーミリアンの2頭の叩き合いはゴールまで続き、最後まで一度も抜かせなかったカネヒキリがクビ差凌ぎ切って1着。タイムは2.04.5(良)。2着には、最後までしぶとく食い下がったヴァーミリアン。3着には、2番手から抜け出し、最後までしぶとく粘ったサクセスブロッケンが入っています。

1着のカネヒキリは、正攻法で勝ち取った強い内容での勝利でしたね。後は、屈腱炎が再発しない事を祈るだけですね。

2着のヴァーミリアンは、位置取りの差が最後まで詰まりませんでしたね。カネヒキリとは決定的な差があるわけではないので、レース運び次第では、逆転のチャンスは十分あるのではないでしょうか。

3着のサクセスブロッケンは、現状では、上位2頭とは少し力差がある印象ですが、ドンドン経験を積み、いろんな競馬を試して成長していってもらいたいですね。

ブルーコンコルドは4着。本当に毎回コンスタントに力を出し切って来ますね。この馬にピッタリの条件となるフェブラリーSに良い状態で出走出来るといいですね。

ボンネビルレコードは6着。いつもよりも前での競馬でしたが、今回はメンバーが強すぎた印象ですね。この馬の力は出せていると思います。今後も条件次第でチャンスは十分ある馬だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月28日 (日)

今日(12月28日・有馬記念)の回顧

 中山10R第53回有馬記念(3歳上G1・芝2500m)は、好スタートから先手を取った1番人気のダイワスカーレット(牝4・松田国)が、決して楽とは言えないペースでの逃げながらも、道中でしっかり息を入れ、各馬が動いた3~4コーナーで再びペースを上げ、直線入り口でリードを広げると、ゴールまでしっかりとした伸びを見せ、現役最強を印象付ける勝ちっぷりで37年振りとなる牝馬による有馬記念制覇を達成しています。タイムは2.31.5(良)。2着には、最後方待機から、直線大外を追い込んだアドマイヤモナーク(牡7・松田博)。3着には、中団追走から、直線しぶとい伸びを見せたエアシェイディ(牡7・伊藤正)が入っています。

1着のダイワスカーレットは、強いとしか良い様が無い内容での勝利でしたね。来年は海外遠征も視野に入れている様で、これからの走りが楽しみですね。

2着のアドマイヤモナークは、直線勝負に賭け、展開が見事に嵌まった印象ですが、体調も上がっていた様ですし、大一番で思いっきりの良い騎乗を見せる川田騎手の手綱捌きも光りましたね。

3着のエアシェイディは、中団待機から、各馬が動いた時に無理をせず、脚を溜めたのが、最後の脚に繋がりましたね。7歳馬ながらも着実に力を付けていますし、この位の距離でも十分活躍出来る印象ですね。

私の本命のスクリーンヒーロー(牡4・鹿戸雄)は、後方待機から、3~4コーナーでマツリダゴッホ(牡5・国枝)が動いたのに併せて進出し、ダイワスカーレットに詰め寄りましたが、最後は一杯になってしまいましたね。ただ、内容的には強さを見せたと思いますし、来年が更に楽しみになりましたね。

 続いて、阪神12R2008ファイナルステークス(3歳上OP・芝1600m・ハンデ)は、中団を追走したフィールドベアー(牡5・野村)が、直線馬場の真ん中を力強い伸びを見せ、内から抜け出したホッカイカンティ(牡3・柴田人)をゴール寸前で捉えて1着。タイムは1.34.7(良)。2着には、道中フィールドベアーと並んで追走し、直線内を付いて良く伸びたホッカイカンティ。3着には、後方追走から直線大外を良く伸びたホッコーパドゥシャ(牡6・浜田)が入っています。

1着のフィールドベアーは、最近は2000m前後で結果を出していただけに、マイルの距離がどうかと思いましたが、道中行きたがる面を見せるほどで、問題無い走りで、来年が楽しみになる内容でしたね。

2着のホッカイカンティは、最後は力尽きたものの、強いレース内容でしたし、復帰後のレース内容が素晴らしく、来年の走りが楽しみな1頭ですね。

3着のホッコーパドゥシャは、前に行って結果を出していましたが、後方から直線良い末脚を見せ、新しい一面を見せましたね。レースの幅が広がり、今後のレース振りが楽しみですね。

私の本命のノットアローン(牡3・橋口)は12着。マイルが向くかと思ったのですが、裏目に出たレース内容でしたね。体調も良い頃に比べて、いまひとつの印象で、立て直しが必要なのではないでしょうか。

今日の注目馬

中京8R⑤アグネストカチ(牡4・藤岡健)は1着。力通りの走りを見せての勝利。昇級しても十分通用する力ですね。

中京12R⑭コスモベル(牝4・西園)は12着。休み明けで-10キロは、良い材料ではありませんでしたね。レースでも夏場の頃の走りは見られず、叩いた次走以降の走りに期待ですね。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

明日(12月28日・有馬記念)の競馬

 中山10R第53回有馬記念(3歳上G1・芝2500m)からです。私の本命は⑧スクリーンヒーロー(牡4・鹿戸雄)です。アルゼンチン共和国杯、ジャパンカップの2戦が完勝と言える内容で、今の充実振りが素晴らしいですし、中山2500mに変わる不安も無く、力通りの走りを見せてくれると思います。

相手には、内から⑦アルナスライン(牡4・松元)。足りない物を補ってくれそうな鞍上は魅力ですね。⑨メイショウサムソン(牡5・高橋成)。サムソンらしい走りを期待。⑩マツリダゴッホ(牡5・国枝)。得意の中山で逆転は十分。⑬ダイワスカーレット(牝4・松田国)。力は1番でしょう。以上、馬連で⑧から⑦⑨⑩⑬へ。

 続いて、阪神12R2008ファイナルステークス(3歳上OP・芝1600m・ハンデ)です。私の本命は⑯ノットアローン(牡3・橋口)です。前走の鳴尾記念が負けて強しの内容で、距離短縮も好材料。来年を期待出来るような走りを期待したいですね。

相手には、内から⑤キャプテンベガ(牡4・松田国)。距離短縮は好材料でしょう。⑥ホッカイカンティ(牡3・柴田人)。53キロのハンデを活かして。⑧レオマイスター(牡3・古賀慎)。距離短縮は好材料。叩き3走目であり、注目ですね。⑨フィールドベアー(牡5・野村)。距離は若干短いですが、力は上。⑪ホッコーパドゥシャ(牡6・浜田)。叩き3走目で、ハンデ54キロならチャンスは十分。⑱バトルバニヤン(牡4・池江郎)。得意のマイルで、56キロなら上位争いでしょう。以上、馬連で⑯から⑤⑥⑧⑨⑪⑱へ。

明日の注目馬

中京8R⑤アグネストカチ(牡4・藤岡健)。上のクラスでも十分通用の馬。1200mも左回りも良く、いきなりから注目。

中京12R⑭コスモベル(牝4・西園)。ジックリ立て直されての復帰戦。夏場にかなり力を付けたところを見せていただけに、どのような走りを見せるか注目。

 それでは、明日も良い馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日(12月27日)の回顧

 阪神11R第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(2歳G3・芝2000m)は、五分のスタートからスッと2番手に付けたロジユニヴァース(牡2・萩原)が、直線入り口までジッと脚を溜め、直線逃げるリーチザクラウン(牡2・橋口)に並びかけると、あっさりと競り落として、突き放し4馬身の差を付ける圧勝でデビューからの連勝を3と伸ばしています。タイムは2.01.7(良)。2着には、逃げて早目にロジユニヴァースに交わされながらも、しぶとく粘ったリーチザクラウン。3着には、中団追走から、直線しぶとく伸びたトゥリオンファーレ(牡2・音無)が入っています。

1着のロジユニヴァースは、スタート後、やや行きたがる面を見せましたが、リーチザクラウンの後に付けるとすぐに折り合い、後は、完璧なレース振りで、センスの良さと、完成度の高さを感じさせる内容でした。クラシックが更に楽しみになりましたね。

2着のリーチザクラウンは、この馬としては十分走っていると思いますし、勝ち馬が強かったと言えそうですね。この馬自身は、まだまだ成長出来ると思いますので次走以降の巻き返しに期待したいですね。

3着のトゥリオンファーレは、使いながら確実に上向いて来て、しぶといレースを見せましたね。このメンバーでも十分やれる力を見せましたし、まだまだ、上積みはありそうで、今後が楽しみな1頭ですね。

私の本命のマッハヴェロシティは4着。現状ではこの位の力なのでしょうね。距離が伸びたほうがレースしやすい様な印象で、今後のレース振りに期待したいですね。

 続いて、中山11R師走ステークス(3歳上OP・ダート1800m・ハンデ)は、好スタートを切り、ゆったりとしたペースでの逃げに持ち込んだナンヨートップヒル(牡3・小笠)が、直線に向いて、中団追走から早めに追い上げて来たマルブツリード(牡5・大根田)との、激しい叩き合いをアタマ差凌ぎ切って1着。タイムは1.52.7(良)。2着には、中団追走から、早めに動きながらも、しぶとく伸びたマルブツリード。3着には、2番手を追走し、内々を上手く立ち回ったタケミカヅチ(牡3・大江原)が入っています。

1着のナンヨートップヒルは、報知杯大雪Hの時もそうでしたが、スンナリ行けるとしぶといレースを見せますね。前走は1200mの重賞でも、良いレースを見せていますし、力を付けている事は確かで、今後の活躍が楽しみですね。

2着のマルブツリードは、ゆったりとした流れになった事で、追走が楽になり、早めに仕掛けながらも、しぶといレースを見せました。毎回コンスタントに力を発揮するタイプですが、今後の課題は、速い時計への対応と言えそうですね。

3着のタケミカヅチは、+16キロが、特別重め残りとは思いませんでしたが、レースでは芝のレースと同じくチョイ足らずのレース振りでしたね。一度、思い切って逃げてみても面白いのではないでしょうか。

今日の注目馬

中京11R⑧マチカネハヤテ(牝3・河内)は1着。好スタートを切り、無理には行かず、楽に2番手を追走し、直線では、最後までしっかりとした伸びを見せての快勝でしたね。やはり、1200mがピッタリな印象ですし、最終週の時計の掛かる馬場も良かった印象ですね。

 それでは、また後ほど^^。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月26日 (金)

明日(12月27日)の競馬

 来春のクラシックに向けて楽しみな1戦、阪神11R第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(2歳G3・芝2000m)からです。私の本命は①マッハヴェロシティ(牡2・武藤)です。前走の東スポ杯は出遅れた上に、直線で不利を受けながらも33秒4の末脚を見せ、切れ味と勝負根性を感じるレース振りでした。ひと叩きされた上積みも見込め、このメンバーでどの様な走りを見せるか楽しみですね。

相手には、内から③リーチザクラウン(牡2・橋口)。インパクトのあるレース振り。先々を見据えた走りを期待。⑤イグゼキュティヴ(牡2・川崎・河津)。レース経験の豊富さと、しぶとさを活かせれば。⑥ロジユニヴァース(牡2・萩原)。レースセンスの良さはNO.1。⑦ファミリズム(牝2・梅田智)。前走見せた切れ味はなかなかの物。⑨ロードロックスター(牡2・池江郎)。新馬戦が着差以上の楽勝でしたね。ここでどれだけやれるか楽しみですね。以上、馬連で①から③⑤⑥⑦⑨へ。

 続いて、中山11R師走ステークス(3歳上OP・ダート1800m)です。私の本命は②タケミカヅチ(牡3・大江原)です。初ダートだった武蔵野Sでも0.4秒差の6着ならば、悲観する内容では無く、左回りより安定している印象の右回りに変わり、距離が1800mになるもの良さそうで、前走以上の走りが期待出来そうですね。

相手には、内から③エアアドニス(牡6・伊藤正)。札幌でのレースを評価。⑤フラムドパシオン(牡5・角居)。普通に走れば。⑦ナンヨーヒルトップ(牡3・小笠)。先手を取れれば、しぶとい。⑧ニシノナースコール(牝6・尾形)。中山でも問題無く、力を発揮。⑩ベルーガ(牡7・尾形)。状態は良さそうも、中山の分、割引。以上、馬連で②から③⑤⑦⑧⑩へ。

明日の注目馬

中京11R⑧マチカネハヤテ(牝3・河内)。1200mで変わり身に期待。

 それでは、良い馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

第8回兵庫ゴールドトロフィーの回顧

 今日(12月25日)は、園田競馬場で交流重賞の第8回兵庫ゴールドトロフィー(3歳上G3・ダート1400m・ハンデ)が行われています。JRAからは5枠⑤スマートファルコン(牡3・小崎)岩田騎手・57.5キロ、7枠⑩メイショウバトラー(牝8・高橋成)福永騎手・56キロ、8枠⑪コンゴウリキシオー(牡6・山内)藤田騎手・58キロ、8枠⑫リミットレスビット(牡9・加用)蛯名騎手・59キロの4頭が出走しています。

 レースは、外からコンゴウリキシオーが懸命に押してハナを取り切り、2番手内にモエれソーブラッズ(牡5・北海道・堂山芳)、外にキングスゾーン(牡6・愛知・今津博)が並んで追走し、直後の4、5番手にリミットレスビット、中団外目にメイショウバトラーが付け、後方にアルドラゴン(牡7・兵庫・田中範)、その外にスタートで躓いたスマートファルコンが付ける展開。

 向こう正面の中半からペースが徐々に上がり、懸命に逃げるコンゴウリキシオーに、リミットレスビット、更に外から楽な手応えでスマートファルコンが襲い掛かり、3頭並んで直線に向き、余力タップリのスマートファルコンが力強い末脚で後続を突き放して4馬身差の完勝。タイムは1.26.5(稍重)。2着には、3~4コーナーでスマートファルコンに付いて行けなかったものの、直線良く伸びたアルドラゴン。3着には、早目に交わされながらもしぶとく伸びたリミットレスビットが入っています。

1着のスマートファルコンは、3歳馬で57.5キロを背負い、スタートで躓いてヒヤッといしましたが、その後は悠々としたレース運びで、G3ではレベルが違う印象ですね。更に大きな舞台での活躍に期待したいですね。

2着のアルドラゴンは、JBCスプリントでも3着と頑張りましたし、今年1年は中央にいた時よりも、かなり力を付けてきましたね。今後も交流重賞での活躍に期待したいですね。

3着のリミットレスビットは、スタート後、少し行きたがる面を見せましたが、すぐに折り合いを付け、スマートファルコンに早目に交わされて厳しい展開ながらもしぶといレース振りで、この馬の力は出せたのではないでしょうか。相変わらず9歳馬とは思えない走りっぷりですね。

コンゴウリキシオーは4着。最近のレースの中では、一番と言える粘りを見せましたね。コレをキッカケに上昇していってもらいたい1頭ですね。

メイショウバトラーは5着。最近は1400mでは、若干距離不足なのかなと思わせる走りっぷりになって来ている印象ですね。交流重賞なら、まだまだ活躍出来るでしょうし、特別力が落ちたとは思いませんが、個人的には、そろそろ繁殖に上げて欲しいなと思ってしまいますね。

 12月29日(月)に、大井競馬場で行われる交流G1、第54回東京大賞典(3歳上G1・ダート2000m)の枠順が発表されています。

1枠①ヴァーミリアン(牡6・石坂正)

武豊騎手・57キロ

2枠②ボンネビルレコード(牡6・堀井雅)

的場文騎手・57キロ

3枠③ブルーホーク(牡4・大井・月岡健)

坂井英騎手・57キロ

4枠④コンテ(牡5・北海道・角川秀)

桑村真騎手・57キロ

5枠⑤コンバットキック(牡3・岩手・三野通)

小林俊騎手・55キロ

6枠⑥クレイアートビュン(牡4・浦和・小久保智)

張田京騎手・57キロ

7枠⑦フリオーソ(牡4・川崎・川島正)

戸崎圭騎手・57キロ

7枠⑧サクセスブロッケン(牡3・藤原英)

内田博騎手・57キロ

8枠⑨カネヒキリ(牡6・角居勝)

C.ルメール騎手・57キロ

8枠⑩ブルーコンコルド(牡8・服部利)

幸英明騎手・57キロ

以上の10頭となっています。発走は12月29日(月)の16時30分となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第53回有馬記念枠順確定+第25回ラジオNIKKEI杯2歳Sの出走馬確定

 今週の日曜日(12月28日)に、中山競馬場で行われる第53回有馬記念(3歳上G1・芝2500m)の枠順と調教後馬体重が発表されています。また、土曜日(12月27日)に、阪神競馬場で行われる第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(2歳G3・芝2000m)の出走馬も確定しています。各レースの枠順、出走馬は以下の通りです。

有馬記念

1枠①カワカミプリンセス(牝5・西浦)

横山典騎手・55キロ

調教後馬体重496キロ(水・栗東)/前走時498キロ

2枠②ベンチャーナイン(牡3・小桧山)

柴田善騎手・55キロ

調教後馬体重500キロ(木・美浦)/前走時500キロ

3枠③コスモバルク(牡7・北海道・田部)

松岡騎手・57キロ

調教後馬体重518キロ(木・中山)/前走時514キロ

3枠④エアジパング(せん5・藤原英)

藤田騎手・57キロ

調教後馬体重450キロ(木・栗東)/前走時440キロ

4枠⑤フローテーション(牡3・橋口)

C.ルメール騎手・55キロ

調教後馬体重502キロ(木・栗東)/前走時484キロ

4枠⑥エアシェイディ(牡7・伊藤正)

後藤騎手・57キロ

調教後馬体重490キロ(水・美浦)/前走時490キロ

5枠⑦アルナスライン(牡4・松元)

O.ペリエ騎手・57キロ

調教後馬体重562キロ(木・栗東)/前走時540キロ

5枠⑧スクリーンヒーロー(牡4・鹿戸雄)

M.デムーロ騎手・57キロ

調教後馬体重495キロ(木・美浦)/前走時486キロ

6枠⑨メイショウサムソン(牡5・高橋成)

武豊騎手・57キロ

調教後馬体重525キロ(木・栗東)/前走時516キロ

6枠⑩マツリダゴッホ(牡5・国枝)

蛯名騎手・57キロ

調教後馬体重500キロ(木・美浦)/前走時492キロ

7枠⑪ドリームジャーニー(牡4・池江寿)

池添騎手・57キロ

調教後馬体重438キロ(木・栗東)/前走時420キロ

7枠⑫アサクサキングス(牡4・大久保龍)

四位騎手・57キロ

調教後馬体重514キロ(木・栗東)/前走時498キロ

8枠⑬ダイワスカーレット(牝4・松田国)

安藤勝騎手・55キロ

調教後馬体重508キロ(水・栗東)/前走時498キロ

8枠⑭アドマイヤモナーク(牡7・松田博)

川田騎手・57キロ

調教後馬体重470キロ(水・栗東)/前走時462キロ

以上の14頭となっています。尚、登録のあったエイシンデピュティ(牡6・野元)は、脚部不安の為、出走を回避。

ラジオNIKKEI杯2歳S

イグゼキュティヴ(牡2・川崎・河津)松岡騎手・55キロ

スーパーマークン(牡2・森)福永騎手・55キロ

トゥリオンファーレ(牡2・音無)川田騎手・55キロ

トップクリフォード(牡2・山内)和田騎手・55キロ

ファミリズム(牝2・梅田智)ルメール騎手・54キロ

マッハヴェロシティ(牡2・武藤)安藤勝騎手・55キロ

ラヴィンライフ(牡2・武宏)長谷川騎手・55キロ

ラブミラー(牝2・中村)浜中騎手・54キロ

リーチザクラウン(牡2・橋口)武豊騎手・55キロ

ロジユニヴァース(牡2・和田)横山典騎手・55キロ

ロードロックスター(牡2・池江郎)藤岡佑騎手・55キロ

以上の11頭となっています。

各馬の動向

ウオッカ(牝4・角居):ドバイ遠征が決定。3月5日の前哨戦ジェベルハッタ(G2・1777m)を使って、ドバイ・デューティーフリー(G1・芝1777m)を目指すようです。

ワンダースピード(牡6・羽月):平安S(1月25日)へ。

リザーブカード(牡5・栗田):東京新聞杯(1月31日)へ。

セラフィックロンプ(牝4・武藤):放牧を挟んで、中京記念(3月14日)へ。

レーヴダムール(牝4・松田博):放牧先のノーザンファームで19日朝の調教後に急死。骨盤骨折による内出血でショック死した可能性が高いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

先週(12月20、21日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 先週(12月20、21日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

12月20日(土) 中京9R 

つわぶき賞(500万下)・芝1200m(混)

メイショウアツヒメ(牝2・河内)ルメール騎手・54キロ

タイム1.09.7(良)/上がり35.2/1番人気

2着馬ダブルウェッジ(-0.2)/馬体重488キロ(±0)

鹿毛/06年4月24日生まれ/生産・日の出牧場

タイキシャトル Devil’s Bag Halo
Ballade
Welsh Muffin Caerleon
Muffitys
ナイスレイズ Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Nice Tradition Search Tradition
Nice Dancing

まずまずのスタートから、ダッシュは速く好位の4番手を楽に追走し、直線の中半から追い出されると、前の2頭の間を割ってキッチリと伸び切っての快勝。楽に前に行けるスピードはありますが、もう少し距離はあっても大丈夫そうな印象ですね。今後は放牧に出され、フィリーズレビュー(3月15日)を目標に調整されるようです。

12月20日(土) 中山5R 新馬・ダート1800m(混)

サイオン(牡2・堀)三浦皇騎手・54キロ

タイム1.55.7(稍重)/上がり38.0/2番人気

2着馬ベルモントガリバー(-0.0)/馬体重498キロ

芦毛/06年4月16日生まれ/生産・ノーザンファーム

クロフネ French Deputy Deputy Minister
Mitterand
Blue Avenue Classic Go Go
Eliza Blue
フサイチエアデール サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ラスティックベル Mr. Prospector
Ragtime Girl

ゲートは出たものの、ダッシュが付かず後方からの競馬。楽な手応えのまま、3~4コーナー辺りで先団の直後まで進出し、直線に入って鋭い伸びを見せ、粘り込みを図るベルモントガリバーをゴール寸前でキッチリと捉えての快勝。

12月20日(土) 中山6R 新馬・芝1600m(牝)

ウインプレセア(牝2・戸田)吉田豊騎手・54キロ

タイム1.39.3(良)/上がり36.1/1番人気

2着馬フレンチドール(-0.1)/馬体重500キロ

栗毛/06年3月15日生まれ/生産・川島牧場

アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレデイー
パールビコー ブライアンズタイム Roberto
Kelley’s Day
メイシヨウマツカゼ クラウンドプリンス
トキノマツカゼ

半馬身ほど遅れたスタートから、無理には行かず後方からの競馬。3コーナーまでに外を回って先団に取り付き、直線に入ってからもしっかりとした末脚を繰り出し、3頭の叩き合いからキッチリ抜け出しての快勝。フェアリーS(1月11日)を視野に入れて調整されるようです。

12月20日(土) 中山9R 

ひいらぎ賞(500万下)・芝1600m(混)

メジロチャンプ(牡2・伊藤圭)吉田隼騎手・55キロ

タイム1.35.3(良)/上がり35.4/7番人気

2着馬ディアジーナ(-0.2)/馬体重500キロ(+4)

鹿毛/06年3月21日生まれ/生産・メジロ牧場

メジロライアン アンバーシヤダイ ノーザンテースト
クリアアンバー
メジロチエイサー メジロサンマン
シエリル
パシフィックベル アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
ザスキート Nureyev
Shoot a Line

好スタートから先手を取り切って、マイペースの逃げに持ち込み、直線入り口で一気に後続との差を広げると、そのリードをキッチリと守りきっての逃げ切り勝ち。次走は、ジュニアC(1月5日)か、シンザン記念(1月11日)のいずれかを予定。

12月20日(土) 阪神6R 新馬・ダート1800m(混)

レッドブリッツァー(牡2・石坂)岩田騎手・55キロ

タイム1.58.5(良)/上がり37.7/2番人気

2着馬サンレイファイン(-0.3)/馬体重460キロ

鹿毛/06年5月11日生まれ/生産・下河辺牧場

シンボリクリスエス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
ビューティフルゴールド Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Before Dawn Raise a Cup
Moonbeam

好スタートから、逃げ馬の直後の3、4番手でジックリと脚を溜めての追走から、直線に向いて、上手く外に持ち出されると前の各馬をあっさりと差し切っての快勝。

12月20日(土) 阪神7R 新馬・芝1800m(混)

キタサンガイセン(牡2・松田博)安藤勝騎手・55キロ

タイム1.50.1(良)/上がり33.7/3番人気

2着馬キングストリート(-0.1)/馬体重498キロ

黒鹿毛/06年3月18日生まれ/生産・富田牧場

スペシャルウィーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レデイーシラオキ
ダンジグダンザグ Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Thatsallshewrote Graustark
Dinner Partner

スタートはあまり速く無く、後方からの競馬。3~4コーナー辺りで中団まで進出し、直線に入って追い出されると、上がり3ハロン33秒7の鋭い末脚を繰り出しての快勝。

12月21日(日) 中京6R 新馬・芝1200m(混)

シルクマイホーム(牝2・矢作)小林慎騎手・54キロ

タイム1.10.2(良)/上がり35.4/10番人気

2着馬マヤノフィオーレ(-0.4)/馬体重468キロ

鹿毛/06年2月23日生まれ/生産・畠山牧場

Storming Home Machiavellian Mr. Prospector
Coup de Folie
Try to Catch Me Shareef Dancer
It’s in the Air
マジェスティックラニア Giant’s Causeway Storm Cat
Mariah’s Storm
Crystal Ring Kris
Crown Treasure

五分のスタートから、中団の内々を追走し、4コーナーを勢いを付けて回り、その勢いのまま上手く外に持ち出し、ゴールまでしっかりとした伸びを見せての快勝。

12月21日(日) 中山5R 新馬・ダート1200m

アドマイヤジェット(牡2・古賀史)内田博騎手・55キロ

タイム1.11.3(良)/上がり36.8/4番人気

2着馬ロジロマウス(-0.1)/馬体重516キロ

鹿毛/06年3月16日生まれ/生産・ノーザンファーム

アフリート Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Polite Lady Venetian Jester
Friendly Ways
トキオタヒーチ Wild Again Icecapade
Bushel-n-Peck
Tahiche Topsider
Supper Show

好スタートから、3、4番手の外目を楽に追走し、直線に入って、外からしっかりとした伸びを見せ、逃げ切り態勢のロジロマンスを悠々と差し切る強い内容での新馬勝ち。

12月21日(日) 中山6R 新馬・芝1600m(混)

アイアムマリリン(牝2・奥平)ルメール騎手・54キロ

タイム1.38.1(良)/上がり34.4/4番人気

2着馬ジョウノフィーバー(-0.3)/馬体重472キロ

青鹿毛/06年2月4日生まれ/生産・社台ファーム

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
ヒシシルバーメイド Silver Deputy Deputy Minister
Silver Valley
Hishi Amazon Theatrical
Katies

好スタートから、3番手の外目で折り合いを付けての追走し、3~4コーナー中間辺りで早々と先頭に並びかけ、直線の中半で食い下がるジョウノフィーバーを競り落とし、そのまま、ゴールまでしっかりと伸び切っての快勝。

12月21日(日) 中山11R 

第60回朝日杯FS(G1)・芝1600m(混)

セイウンワンダー(牡2・領家)岩田騎手・55キロ

タイム1.35.1(良)/上がり35.0/2番人気

2着馬フィフスペトル(-0.0)/馬体重514キロ(+10)

青毛/06年4月30日生まれ/生産・筒井征文

グラスワンダー Silver Hawk Roberto
Gris Vitesse
Ameriflora Danzig
Graceful Touch
セイウンクノイチ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アンカースティーム リアルシヤダイ
アイレテスコ

レース回顧は今日(12月21日・朝日杯FS)の回顧をご覧下さい。セイウンワンダーは弥生賞(3月8日)→皐月賞(4月19日)を予定。

12月21日(日) 阪神5R 新馬・芝1600m(牝)

ブロードストリート(牝2・藤原英)後藤騎手・54キロ

タイム1.38.8(良)/上がり34.6/1番人気

2着馬フローズンダイキリ(-0.3)/馬体重450キロ

鹿毛/06年3月28日生まれ/生産・下河辺牧場

アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレデイー
フィラストリート Cozzene Caro
Ride the Trails
Phydilla Lyphard
Godzilla

五分のスタートから、中団を楽な手応えで追走し、終始外目を回りながらも、4コーナーまでに先団に取り付き、直線に入ってからもしっかりとした伸びを見せての快勝。

12月21日(日) 阪神6R 新馬・芝1400m

エイシンクエスト(牡2・野元)浜中騎手・54キロ

タイム1.24.0(良)/上がり35.8/1番人気

2着馬ラガーキセキ(-0.3)/馬体重488キロ

栗毛/06年4月18日生まれ/生産・藤原牧場

コロナドズクエスト Forty Niner Mr. Prospector
File
Laughing Look Damascus
Laughter
アスクコマンダー コマンダーインチーフ Dancing Brave
Slightly Dangerous
エイブルカグラ ジェイドロバリー
シャダイカグラ

好スタート切り前へ。やや行きたがる面を見せたものの、何とか折り合いを付け、直線に入ってラガーキセキを早目に捉えて、最後は突き放しての新馬勝ち。

12月21日(日) 阪神7R 500万下・ダート1200m(混)

セイクリムズン(牡2・服部)幸騎手・55キロ

タイム1.12.4(良)/上がり36.8/2番人気

2着馬ジョーゲルダ(-0.4)/馬体重502キロ(±0)

黒鹿毛/06年3月13日生まれ/生産・清水スタッド

エイシンサンディ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
エイシンウイザード ノーザリー
シルバーナイキ
スダリーフ サウスアトランテイツク Mill Reef
Arkadina
スダフラウ ノーザンアンサー
ヤマトテツセン

五分のスタートから、中団の外目を楽な手応えで追走し、3~4コーナーで外から楽に前に並びかけ、直線に入ってからもしっかりと伸び切っての快勝。レース前に落鉄していたそうですが、着差以上の強さを感じさせる内容でしたね。今後のレース振りが楽しみですね。

各馬の動向

ネヴァブション(牡5・伊藤伸):有馬記念を回避し、中山金杯(1月4日)に横山典騎手騎乗で出走予定。

マルカフェニックス(牡4・松永昌):東京新聞杯(1月31日)を予定。

ファリダット(牡3・松元):東京新聞杯(1月31日)→阪急杯(3月1日)を予定。

アブソリュート(牡4・宗像):京都金杯(1月5日)に登録。

レインダンス(牝4・宮)、ニシノマナムスメ(牝4・河内)、クラウンプリンセス(牝4・橋口):京都牝馬S(2月1日)へ。

2歳馬の動向

ディアジーナ(牝2・田村)、マイティースルー(牝2・大久保洋):フェアリーS(1月11日)へ。

サンカルロ(牡2・大久保洋):ジュニアC(1月5日)へ。

ピースエンブレム(牝2・小島茂):黒竹賞(1月10日)へ。

 右前浅屈腱炎を発症していたフィフティーワナー(せん6・安田隆)が、12月25日付で競走馬登録を抹消される事になりました。今後は、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで乗馬になる予定です。通算成績は13戦6勝。重賞は06年アンタレスS(G3)の1勝。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

第8回名古屋グランプリの回顧

 今日(12月23日)は、名古屋競馬場で交流重賞の第8回名古屋グランプリ(3歳上G2・ダート2500m)が行われています。JRAからは2枠②ワンダースピード(牡6・羽月)小牧太騎手・56キロ、3枠③ボランタス(牡4・角居)東川公騎手・56キロ、6枠⑦ヤマトマリオン(牝5・安達)幸騎手・54キロ、7枠⑨メイショウトウコン(牡6・安田伊)藤田騎手・57キロの4頭が出走しています。

 愛知のセンゲンゴロー(牡5・山内和)が取り消して、11頭立てでレースは行われています。レースは、ヤマトマリオンが先手を取り、2番手にムーンバレイ(牡7・愛知・角田輝)、3番手内にワンダースピード、外にチャンストウライ(牡5・寺嶋正)、その直後、中団の内にボランタス、スタートの良く無かったメイショウトウコンは後方から3番手を追走する展開。

 2週目の1~2コーナー中間辺りで、メイショウトウコンが進出を開始し、向こう正面で5番手まで押し上げ、前の各馬も合わせるようにペースアップ。3コーナー~4コーナーに掛けて、ヤマトマリオンにワンダースピードが楽な手応えで並びかけ、メイショウトウコンも外から一気に2頭に並びかけて、3頭雁行で直線に向くと、余力をタップリと残していたワンダースピードが一気に2頭を突き放しての完勝。タイムは2.45.8(良)。2着には、終始外々を回って追い上げたメイショウトウコン。3着には、中団追走から、直線良く伸びたボランタスが入っています。

1着のワンダースピードは、スローペースの好位の内々でジックリ脚を溜め、メイショウトウコンが来るのを待ってから追い出される余裕のレース展開でしたね。1800mでも十分走れる馬ですが、長ければ長いほど良いタイプで、今後のレース振りが楽しみですね。

2着のメイショウトウコンは、相変わらず、スタートが遅く、その上スローペースで前が楽をする中、外々を回って勝ち切れる程、甘くは無かったですね。JBCクラシックとJCダートと目一杯のレースをした後でもあり、若干の疲れもあったのかもしれませんね。次走以降の走りに期待ですね。

3着のボランタスは、ダートの長距離は得意なのでしょうね。中央でもこの条件がほしいところです。

4着のヤマトマリオンは、思い切って先手を取って、良いペースでの逃げでしたが、牡馬一線級に早目に来られは、さすがに厳しかったですね。ただ、着実に力を付けていますし、右回りでも力を出せるようになっていますので、今後の巻き返しに期待ですね。

 12月25日(木)に、園田競馬場で行われる交流重賞の第8回兵庫ゴールドトロフィー(3歳上G3・ダート1400m・ハンデ)の枠順が発表されています。

1枠①ダイワバンディット(牡7・兵庫・曾和直)

大山真騎手・52キロ

2枠②ベストタイザン(牡6・兵庫・斉藤裕)

下原理騎手・54キロ

3枠③リワードパットン(牡7・兵庫・渡邉幸)

北野真騎手・51キロ

4枠④ケイエスゴーウェイ(牡5・高知・雑賀正)

西川敏騎手・51キロ

5枠⑤キングスゾーン(牡6・愛知・今津博)

安部幸騎手・56キロ

5枠⑥スマートファルコン(牡3・小崎憲)

岩田康騎手・57.5キロ

6枠⑦モエレソーブラッズ(牡5・北海道・堂山芳)

五十嵐冬騎手・52キロ

6枠⑧アルドラゴン(牡7・兵庫・田中範)

木村健騎手・56キロ

7枠⑨マサアンビション(牡9・愛知・瀬戸悟)

戸部尚騎手・53キロ

7枠⑩メイショウバトラー(牝8・高橋成)

福永祐騎手・56キロ

8枠⑪コンゴウリキシオー(牡6・山内)

藤田伸騎手・58キロ

8枠⑫リミットレスビット(牡9・加用正)

蛯名正騎手・59キロ

以上の12頭となっています。発走は12月25日(木)の15時55分となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日、阪神ではG3・第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス

 今週の土曜日(12月27日)には、阪神競馬場で第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(2歳G3・芝2000m)が行われます。過去にも、このレースから多くのクラシックホースが誕生しているように、G3ながらもG1の朝日杯よりも来春に直結する重要なレースとなっていますね。今年はフルゲート16頭に地方馬1頭を含む21頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りです。

出走可能な順

地方馬

イグゼキュティヴ(牡2・北海道・田部)55キロ

JRA所属馬

ロジユニヴァース(牡2・萩原)55キロ

ダノンカモン(牡2・池江寿)55キロ

アーリーロブスト(牡2・本田)55キロ

トーセンジョーダン(牡2・池江寿)55キロ

リーチザクラウン(牡2・橋口55)キロ

抽選対象馬(14頭中10頭が出走可能)

アキノカウンター(牡2・中村)55キロ、カノンコード(牡2・松田国)55キロ、サダムマンテン(牡2・中村)55キロ、ダノンフーバフーバ(牡2・池江寿)55キロ、トゥリオンファーレ(牡2・音無)55キロ、トップクリフォード(牡2・山内)55キロ、ファミリズム(牝2・梅田智)54キロ、マッハヴェロシティ(牡2・武藤)55キロ、ムクドク(牡2・加藤征)55キロ、メイショウイエミツ(牡2・安田伊)55キロ、ラヴィンライフ(牡2・武宏)55キロ、ラブミラー(牝2・中村)54キロ、ロイヤルダリヤ(牡2・二ノ宮)55キロ、ロードロックスター(牡2・池江寿)55キロ

除外対象馬

スーパーマークン(牡2・森)55キロ

となっています。

2戦2勝でレースセンスが抜群のロジユニヴァース、2連勝の内容が圧巻のリーチザクラウン、レース経験が豊富でしぶといレースを見せるイグゼキュティヴ、使われるごとにレース振りに進境が窺えるトーセンジョーダン、2000mの前走が好内容のアーリーロブスト、連勝は止まったものの切れ味鋭いダノンカモン、血統的に注目のカノンコードとロードロックスター、牝馬ながらも十分通用のファミリズムなど、来年のクラシックを賑わせそうな素質馬集まり、見逃せない1戦となりそうですね。

各馬の動向

カネヒキリ(牡6・角居):東京大賞典での鞍上は、12月29日~1月28日まで、地方競馬の短期免許を取得するC.ルメール騎手。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

今週はG1・第53回有馬記念

 今週の日曜日(12月28日)には、中山競馬場で今年のフィナーレを飾る第53回有馬記念(3歳上G1・芝2500m)が行われます。今年はフルゲート16頭に20頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りです。

ファン投票上位10頭(優先出走)騎手は予定です。

ダイワスカーレット(牝4・松田国)

安藤勝騎手・55キロ(ファン投票2位)

久々のレースとなった前走の天皇賞・秋で、この馬の強さを再認識させられる走りを見せ、いろいろな面で上積みが見込める今回は、前走以上の走りが期待出来そうですね。

メイショウサムソン(牡5・高橋成)

武豊騎手・57キロ(ファン投票3位)

ヨーロッパ遠征帰り後、初戦のJCは6着。寒い時期は得意と言えない成績ですが、これがラストランでもあり、目一杯の仕上げで臨んで来るでしょうから、この馬らしい走りは見せてくれるでしょう。

マツリダゴッホ(牡5・国枝)

蛯名騎手・57キロ(ファン投票4位)

圧倒的な強さを見せる右回りの中山コースで、連覇を狙っての出走。右回りに比べると苦手にしている左回りのJCでも、僅差の4着と、馬の調子も良さそうですし、中山コースで崩れるイメージが湧きませんね。

カワカミプリンセス(牝5・西浦)

横山典騎手・55キロ(ファン投票7位)

3歳時の走りを取り戻した今なら、牡馬相手のG1でも通用する力はあると思います。体調も引き続き良さそうですし、人気的にも気楽に乗れる今回は、面白そうですね。

アサクサキングス(牡4・大久保龍)

四位騎手・57キロ(ファン投票8位)

秋2走は共に8着。着差的にはそれほど負けていませんが、上位の馬たちとは若干の力差を感じさせる内容だった様に思います。距離が少しでも長くなるのは好材料で、トリッキーな中山2500mで、菊花賞制覇に導いた四位騎手が、この馬の良さをどれだけ引き出せるかですね。

ドリームジャーニー(牡4・池江寿)

池添騎手・57キロ(ファン投票11位)

距離延長には不安が残りますが、末脚勝負に徹してどこまで差して来られるかでしょうね。

エイシンデピュティ(牡6・野元)

内田博騎手・57キロ(ファン投票12位)

元々、使われながら状態を上げて来たタイプだけに、ぶっつけで臨む今回は、どこまで本来の調子に戻せるかがカギでしょう。また、距離延長は良いとは言えませんね。

アルナスライン(牡4・松元)

O.ペリエ騎手・57キロ(ファン投票16位)

G1級の能力を秘めながらも、思うように力を出せなかった1年でしたね。ただ、前走のアルゼンチン共和国杯はこの馬らしい走りが戻って来た様なレース振りでしたし、中山2500mを苦にするタイプでもなく、鞍上にペリエ騎手を迎えてどの様なレースを見せるか楽しみですね。

エアシェイディ(牡7・伊藤正)

後藤騎手・57キロ(ファン投票23位)

今年、ようやく重賞のタイトルを手に入れ、G1でも掲示板に乗る走りを見せ、派手さは無いものの、着実にいtからを付けている印象ですね。初めての2500mの距離がどう出るかですが、中山コースとの相性の良さを活かしたいところですね。

アドマイヤモナーク(牡7・松田博)

川田騎手・57キロ(ファン投票37位)

長距離戦は得意ですが、G1では、少し力が足りない印象のレース振りが続きますね。休み明け3戦目で、どこまで体調を上げて来られるかですね。

賞金順

スクリーンヒーロー(牡4・鹿戸雄)M.デムーロ騎手・57キロ

1年近い休養明け後、素質を開花させ、完勝と言える内容でのJC制覇。中山2500mが問題になるタイプとも思えませんし、上位争いでしょう。

コスモバルク(牡7・北海道・田部)松岡騎手・57キロ

中山コースの方が力は出せそうですね。ひと叩きされて、どこまで状態を上げて来れるかですね。

フローテーション(牡3・橋口)C.ルメール騎手・55キロ

精神面での成長が見られ、ステイヤーとしての素質が開花。2500mが距離不足なのかは、走って見ないと分かりませんが、この秋3000m以上を2走し、中2週は、良いとは言い難いローテーションですね。

エアジパング(せん5・藤原英)藤田騎手・57キロ

3600mのステイヤーズSが強い内容での勝利で、体調の良さも感じさせました。距離が2500mになって、同じ様なレースが出来るかは微妙ではありますね。

ネヴァブション(牡5・伊藤正)57キロ

復帰後2戦はまずまずの内容。叩き3走目で、マツリダゴッホを破った中山2500mに変わるのは好材料ですね。

フリートアドミラル(牡4・池上)57キロ

回避予定です。

ベンチャーナイン(牡3・小桧山)武士沢騎手・55キロ

この馬の場合、コースや距離は関ありませんね。自分の競馬に徹してどこまで走れるかですね。

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

ミュージックホーク(牡7・中竹)57キロ、トウショウシロッコ(牡5・大久保洋)57キロ、ココナッツパンチ(牡4・大久保洋)57キロ

となっています。

 今年最後のG1ですから、各馬力を出し切って、激しいレースを期待したいですね。

 明日(12月23日)は、名古屋競馬場で交流重賞の第8回名古屋グランプリ(3歳上G2・ダート2500m)が行われます。枠順は以下の通りです。

1枠①トーセンベルボーイ(牡6・浦和・小久保智)

真島大騎手・56キロ

2枠②ワンダースピード(牡6・羽月友)

小牧太騎手・56キロ

3枠③ボランタス(牡4・角居)

東川公騎手(内田博騎手から騎乗変更)・56キロ

4枠④サンエムウルフ(牡8・高知・別府真)

西川敏騎手・56キロ

5枠⑤マヤノグレイシー(牡9・愛知・斉藤弘)

宇都英騎手・56キロ

5枠⑥オキナワノドリーム(牡3・兵庫・森澤友)

佐藤友騎手・54キロ

6枠⑦ヤマトマリオン(牝5・安達昭)

幸英明騎手・55キロ

6枠⑧センゲンゴロー(牡5・愛知・山内和)

竹下太騎手・56キロ

7枠⑨メイショウトウコン(牡6・安田伊)

藤田伸騎手・57キロ

7枠⑩ゴールデンミッション(牡4・愛知・瀬戸悟)

今井貴騎手・56キロ

8枠⑪ムーンバレイ(牡7・愛知・角田輝)

吉田稔騎手・56キロ

8枠⑫チャンストウライ(牡5・兵庫・寺嶋正)

下原理騎手・56キロ

以上の12頭となっています。発走は12月23日(火・祝)の15時45分となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

今日(12月21日・朝日杯FS)の回顧

 中山11R第60回朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・芝1600m)は、道中中団の内々でジックリと脚を溜めたセイウンワンダー(牡2・領家)が、直線も内目をスムーズに捌いて鋭く抜け出し、大外から追い込んだフィフスペトル(牡2・加藤征)の猛追をアタマ差凌ぎ切ってG1初制覇を飾っています。タイムは1.35.1(良)。2着には、中団追走から、直線で外に持ち出しよく追い込んだフィフスペトル。3着には、後方追走から早目に外から仕掛けて、最後までしぶとく伸びたブレイクランアウト(牡2・戸田)が入っています。

1着のセイウンワンダーは、夏の新潟以来の3ヶ月振りで、しかも、中間にアクシデントがありながらも、キッチリと仕上げた陣営の勝利ですね。内枠を上手く活かしたレース振りも見事でしたね。距離が伸びて問題があるとは思えませんので、クラシックでの活躍も期待出来そうですね。

2着のフィフスペトルは、ブレイクランアウトが早目に動いた分、仕掛けたい時に動け無かった印象ですが、距離も1600mはまったく問題の無い走りでしたし、次走以降の走りが楽しみになりましたね。

3着のブレイクランアウトは、後方からの競馬で、外から捲るように動いて良い脚を長く使っての3着。1、2着馬とは器用さの差と言えそうですし、広いコースが向くタイプでしょうから、東京コースなら楽しみですね。

私の本命のシェーンヴァルト(牡2・岡田)は7着。何も出来なかったですね。力負けでは無いので、鞍上共々、次走以降の巻き返しに期待です。

 続いて、阪神11R第3回阪神カップ(3歳上G2・芝1400m)は、先団馬群の中を楽に追走したマルカフェニックス(牡4・松永昌)が、直線馬場の真ん中を力強い伸びを見せ重賞初勝利を飾っています。尚、管理する松永昌博調教師も重賞初勝利です。タイムは1.21.6(良)。2着には、後方追走から、直線に向くまでに中団まで進出し、直線に入り大外をしぶとく伸びたファリダット(牡3・松元)。3着には、中団追走から、直線良く追い込んだリザーブカード(牡5・栗田)が入っています。

1着のマルカフェニックスは、好位を抜群の手応えでの追走で直線もしっかりした伸びで、完全に復調したと言う事でしょうね。最近は1200mはやや短いと思わせる走りが続いていましたし、1600m前後の距離が良さそうですね。

2着のファリダットは、力は出していると思うのですが、惜しいレースが続きますね。良馬場でしたが、見ているとやや力の要るような馬場にも見えましたし、まだまだ、成長の余地は十分ですから、来年以降の成長に期待したいですね。

3着のリザーブカードは、着実に力を付けている印象ですね。重賞レベルでの1200mの走りを見てみたい気がしますね。

私の本命のゲイルスパーキー(牡4・古賀慎)は、スタート後ダッシュが付かなかったのか、後方からの競馬となり、直線は良い脚を使ったのですが、位置取りの差が響きましたね。このメンバーでも十分やれる力だと思いますし、今後の巻き返しに期待したいですね。

今日の注目馬

阪神9R⑩フィックルベリー(牝3・大久保龍)は4着。輸送の影響か-14キロの馬体。後方からの競馬で、ラストは良い脚を使ったものの、道中の位置取りの差で4着まで。輸送で減るとなると、厳しいですが、とりあえず馬体を戻して、次走以降の走りに期待ですね。

中京11R⑦アーバンストリート(牡4・野村)は1着。終始内々のコース取りを選択した上村騎手の好判断でしたね。1200mならば、確実に良い脚を使いますから、来年の走りが楽しみな1頭ですね。

 中京4R2歳未勝利(芝1800m)で、安藤光彰騎手が騎乗したシルクシスター(牝2・天間)が、第2コーナーで急に外側に斜行し、他馬の走行を妨害したため第12着に降着となり、騎乗していた安藤光彰騎手は開催日4日間の騎乗停止の処分を受けています。また、中山10Rクリスマスカップ(3歳上1600万下・芝1600m・ハンデ)で北村友一騎手が騎乗したワルキューレ(牝4・秋山)が他馬の走路を妨害したとして、同馬を15着に降着となり、騎乗した北村友一騎手は開催日4日間の騎乗停止処分を受けています。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

明日(12月21日・朝日杯FS)の競馬

 中山11R第60回朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・芝1600m)からです。私の本命は②シェーンヴァルト(牡2・岡田)です。新馬戦からセンスの良さが目に付いた1頭で、毎回パドックではうるさいものの、レースではまったくの別馬の様な器用なレースを見せてくれます。初コースで、G1の厳しいレース展開となるでしょうが、それを跳ね除けるだけの力はあると思います。

相手には、内から③セイウンワンダー(牡2・領家)。ぶっつけで本番を迎えた事は誤算でしたが、それでも、逆転の可能性も十分。⑧ツルマルジャパン(牡2・坂口則)。走りっぷりから見て、距離が伸びるのは好材料。行く馬は多いですが、この馬が一番速そうなので、思い切って先手を取り切れれば1発まで。⑮ホッコータキオン(牡3・飯田明)。前走のデイリー杯が負けて強しの内容。ハナにこだわる馬では無く、2、3番手でも十分レース出来ますね。以上、今回は馬連4頭BOX②③⑧⑮の6点。

 続いて、阪神11R第3回阪神カップ(3歳上G2・芝1400m)です。私の本命は⑨ゲイルスパーキー(牡4・古賀慎)です。1400mの内枠で器用に立ち回るタイプでしたが、前走のキャピタルS(芝1600m)で、中団からしぶとい伸びを見せての2着。ココに来て体もしっかりして来て、力を付けて来ている印象です。G2とは言え、このメンバーなら見劣るとは思えません。

相手には、内から②レッツゴーキリシマ(牡3・梅田康)。折り合い面を考えると、距離短縮は好材料。③マルカフェニックス(牡4・松永昌)。復調したようで、確実に差してきますね。⑦ソルジャーズソング(牡6・鮫島)。重賞でも十分通用の力ですね。⑧ジョリーダンス(牝7・堀)。阪神1400mは確実に差し込みますね。⑩シンボリグラン(牡6・畠山吉)。人気が無い時ほど怖いですね。⑫エイシンドーバー(牡6・小崎)。1400mは得意。⑭ファリダット(牡3・松元)。1200m程では無くても、切れ味は上位。以上、馬連で⑨から②③⑦⑧⑩⑫⑭へ。

明日の注目馬

阪神9R⑩フィックルベリー(牝3・大久保龍)。垢抜けた馬体で能力を感じさせるうまです。折り合い面でも進境を見せていますので、昇級のここで、どの様なレースを見せるか楽しみですね。

中京11R⑦アーバンストリート(牡4・野村)。前走の末脚は、この馬の本来のもの。1200mならば確実に伸びて来ます。

 それでは、明日も良い馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日(12月20日)の回顧

 中京11R第46回愛知杯(3歳上牝G3・芝2000m・ハンデ)は、道中5番手を追走した16番人気のセラフィックロンプ(牝4・武藤)が、手応え良く4コーナーを回って馬場の良い外に持ち出されると、51キロの軽ハンデを活かした伸びを見せ、内の狭い所を抜けて伸びて来たチェレブリタ(牝3・荒川)をクビ差抑え切って、セラフィックロンプ、宮崎騎手、武藤調教師揃っての重賞初制覇を飾っています。タイムは1.59.2(良)。2着には、最後方待機から、直線内目の狭い所を抜けて良く伸びたチェレブリタ。3着には、後方追走から、直線大外を追い込んだマイネレーツェル(牝3・五十嵐)が入っています。

1着のセラフィックロンプは、道中や4コーナーの手応えを見ると、余程体調が良かったのでしょうね。51キロのハンデも良かった印象ですが、レース内容は正攻法での完勝と言える内容だったと思います。いずれにせよ、次走以降で真価が問われる事になりそうですね。

2着のチェレブリタは、差し馬向きの展開となった事は確かですが、先週の中日新聞杯でイケトップガンを3着に持って来た大野騎手が、同じ戦法で見事な騎乗を見せましたね。この馬自身には、2000mは長いと思いましたが、距離の問題ではなく、道中いかにして脚を溜めるかに掛かっているようですね。

3着のマイネレーツェルは、軽量の2頭に先着されたものの、力通りの走りだったと思います。

私の本命のレッドアゲート(牝3・田村)は6着。後方の内目追走から内ラチ沿いを離れず、直線も最内を抜けて来る、さすが中舘騎手と言った完璧なレース運びを見せてくれましたが、本来のデキにはあと一歩と言った所なのでしょうね。とは言え復調を感じさせる走りではありましたので、次走以降の走りに注目ですね。

 続いて、中山11RディセンバーS(3歳上OP・芝1800m)は、中団を追走した1番人気のトウショウシロッコ(牡5・大久保洋)が、3~4コーナーで徐々に進出し、直線で外に持ち出されると鋭い伸びを見せ、1年8ヶ月振りの勝利で通算3勝目を飾っています。タイムは1.47.5(良)。2着には、後方追走から、直線大外を追い込んだドリームガードナー(牡3・中村)。3着には、後方追走から、ドリームガードナーと併せ馬の形で追い込んだリキッドノーツ(牡7・二ノ宮)が入っています。

1着のトウショウシロッコは、道中も楽な手応えでしたし、縦長の展開も有利に運びましたね。ジックリ脚を溜めれば、キッチリ脚を使うタイプで、距離も1600m~2000mぐらいが合うのではないでしょうか。

2着のドリームガードナーは、ワンパンチ足りない印象ですが、芝では安定した走りを見せますね。上手くレースを選べは、重賞でもチャンスは十分でしょう。

私の本命のリキッドノーツは3着。縦長となり、捌きやすい展開でしたが、この馬らしいしぶといレース振りが、だいぶ戻った印象ですね。次走以降は更に良くなりそうなので、楽しみですね。

今日の注目馬

阪神11R⑥ピエナポパイ(牡3・木原)は4着。この馬自身はしっかりとした走りを見せているのですが、今日の阪神ダートは、差がまったく決まらない馬場だったのが厳しかったですね。それを考えれば上々の内容で、次走以降に期待ですね。

 阪神9R北摂特別(1000万下・芝1400m)でコンティネント(牡4・音無)に騎乗した岩田騎手が騎乗停止の処分を受けています。期間は開催日4日間。この件で落馬負傷した小牧太騎手は、顔面打撲、両膝打撲と診断され、明日も騎乗変更となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

明日(12月20日)の競馬

 中京11R第46回愛知杯(3歳上牝G3・芝2000m・ハンデ)からです。私の本命は⑧レッドアゲート(牝4・田村)です。秋以降の4戦は、ちぐはぐなレースが続いていますが、牝馬限定のハンデ戦ならば、上位と言える能力を持っている事は確かです。左回りの2000mでの変わり身に期待したいですね。

相手には、内から①ニシノマナムスメ(牝4・河内)。距離は若干長いものの、能力は上。②レインダンス(牝4・宮)。復調気配を思わせるレース内容が続きましたね。④ブーケフレグランス(牝3・角居)。ここでも通用の力でしょうが、間隔が詰まっているのが不安。⑥トウカイルナ(牝6・田所)。大原Sぐらい走れれば。⑯アドマイヤスペース(牝4・的場)。ローカルコースの2000mはピッタリの印象。⑰マイネレーツェル(牝3・五十嵐)。直線の短い中京で、どの様なレース運びを見せるか注目。以上、馬連で⑧から①②④⑥⑯⑰へ。

 続いて、中山11RディセンバーS(3歳上OP・芝1800m)です。私の本命は⑨リキッドノーツ(牡7・二ノ宮)です。休み明け3走目で、捌きやすい頭数と好条件が揃う今回は、本来の力を見せてくれることを期待しましょう。

相手には、内から②アグネストレジャー(牡6・長浜)。頭数が少ないのは好材料ですね。⑤ドリームガードナー(牡3・中村)。芝のこの位の距離なら、大崩はなさそうですね。⑥トウショウシロッコ(牡5・大久保洋)。本来の末脚を活かす競馬で。⑦ピサノパテック(牡6・藤沢和)。休み明けでも、十分走れますね。⑩サンツェッペリン(牡4・斎藤誠)。単騎で逃げれれば。以上、馬連で⑨から②⑤⑥⑦⑩へ。

明日の注目馬

阪神11R⑥ピエナポパイ(牡3・木原)。秋に復帰後は充実振りが目立つ1頭ですね。昇級して、どの様なレースを見せるか注目です。

各馬の動向

フィールドルージュ(牡6・西園):左前の脚部不安の為、名古屋GPも回避。繰り上がりでボランタス(牡4・角居)が出走可能。

2歳馬の動向

ミクロコスモス(牝2・角居):武豊騎手騎乗でホープフルS(12月28日)へ。

イナズマアマリリス(牝2・松元):エルフィンS(2月7日)か、クイーンC(2月21日)のいずれかを予定。

ジェルミナル(牝2・藤原英):フェアリーS(1月11日)へ。

 それでは、良い馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

第60回朝日杯FS+第3回阪神C・第46回愛知杯の出走馬確定

 今週の日曜日(12月21日)には、中山競馬場で行われる、第60回朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・芝1600m)の出走馬と調教後馬体重が発表されています。また、阪神競馬場で行われる第3回阪神カップ(3歳上G2・芝1400m)と、土曜日(12月20日)に、中京競馬場で行われる第46回愛知杯(3歳上牝G3・芝2000m・ハンデ)の出走馬も確定しています。各レースの出走馬は以下の通りです。

朝日杯FS

エイシンタイガー(牡2・西園)内田博騎手・55キロ

調教後馬体重492キロ(水・栗東)/前走時480キロ

オメガユリシス(牡2・坂本)北村宏騎手・55キロ

調教後馬体重474キロ(木・美浦)/前走時466キロ

ゲットフルマークス(牡2・岩戸)蛯名騎手・55キロ

調教後馬体重482キロ(木・美浦)/前走時480キロ

ケンブリッジエル(牡2・山内)三浦皇騎手・55キロ

調教後馬体重470キロ(木・栗東)/前走時464キロ

シェーンヴァルト(牡2・岡田)北村友騎手・55キロ

調教後馬体重470キロ(水・栗東)/前走時472キロ

セイウンワンダー(牡2・領家)岩田騎手・55キロ

調教後馬体重516キロ(木・栗東)/前走時504キロ

ツルマルジャパン(牡2・坂口則)松岡騎手・55キロ

調教後馬体重500キロ(水・栗東)/前走時492キロ

トウカイフィット(牡2・栗田)田中勝騎手・55キロ

調教後馬体重444キロ(木・美浦)/前走時440キロ

トップオブピーコイ(牡2・森)勝浦騎手・55キロ

調教後馬体重474キロ(水・栗東)/前走時468キロ

トレノスバル(牡2・伊藤正)横山典騎手・55キロ

調教後馬体重478キロ(水・美浦)/前走時484キロ

ピースピース(牡2・荒川)吉田隼騎手・55キロ

調教後馬体重452キロ(木・栗東)/前走時450キロ

フィフスペトル(牡2・加藤征)ルメール騎手・55キロ

調教後馬体重448キロ(木・美浦)/前走時444キロ

ブラストクロノス(牡2・岩戸)江田照騎手・55キロ

調教後馬体重470キロ(木・美浦)/前走時468キロ

ブレイクランアウト(牡2・戸田)武豊騎手・55キロ

調教後馬体重448キロ(水・美浦)/前走時436キロ

ホッコータキオン(牡2・飯田明)飯田騎手・55キロ

調教後馬体重504キロ(水・栗東)/前走時496キロ

ミッキーパンプキン(牡2・清水出)ペリエ騎手・55キロ

調教後馬体重452キロ(木・栗東)/前走時446キロ

以上の16頭となっています。

阪神C

エイシンドーバー(牡6・小崎)デムーロ騎手・57キロ

エーシンフォワード(牡3・西園)秋山騎手・56キロ

ゲイルスパーキー(牡4・古賀慎)浜中騎手・57キロ

サイレントプライド(牡4・国枝)後藤騎手・57キロ

ジョリーダンス(牝7・堀)安藤勝騎手・55キロ

シンボリグラン(牡6・畠山吉)藤岡佑騎手・57キロ

ステキシンスケクン(牡5・森)佐藤哲騎手・57キロ

スプリングソング(牡3・鶴留)池添騎手・56キロ

ソルジャーズソング(牡6・鮫島)武幸四郎騎手・57キロ

トップオブツヨシ(牡5・鶴留)渡辺騎手・57キロ

ファリダット(牡3・松元)四位騎手・56キロ

ペールギュント(牡6・橋口)小牧太騎手・57キロ

マイケルバロース(牡7・藤沢則)角田騎手・57キロ

マヤノツルギ(牡5・梅内)長谷川騎手・57キロ

マルカフェニックス(牡4・松永昌)福永騎手・57キロ

リキアイタイカン(牡10・阿部)熊沢騎手・57キロ

リザーブカード(牡5・栗田)川田騎手・57キロ

レッツゴーキリシマ(牡3・梅田康)幸騎手・56キロ

以上の18頭となっています。

愛知杯

アドマイヤスペース(牝4・的場)的場騎手・51キロ

ウインシンシア(牝5・石坂)田中克騎手・50キロ

カイゼリン(牝3・松田国)田中健騎手・48キロ

キャッチータイトル(牝5・田村)上村騎手・51キロ

クラウンプリンセス(牝4・橋口)藤岡佑騎手・54キロ

コスモプラチナ(牝5・宮)津村騎手・53キロ

スペシャルフロート(牝4・伊藤圭)黛騎手・49キロ

セラフィックロンプ(牝4・武藤)宮崎騎手・51キロ

ダンスオールナイト(牝5・加藤征)和田騎手・52キロ

チェレブリタ(牝3・荒川)大野騎手・50キロ

テイエムプリキュア(牝5・五十嵐)荻野琢騎手・50キロ

トウカイルナ(牝6・田所)四位騎手・53キロ

ニシノマナムスメ(牝4・河内)ルメール騎手・55.5キロ

ブリトマルティス(牝4・西園)石橋脩騎手・53キロ

ブーケフレグランス(牝3・角居)鮫島良騎手・51キロ

マイネレーツェル(牝3・五十嵐)川田騎手・55キロ

レインダンス(牝4・宮)藤岡康騎手・55キロ

レッドアゲート(牝3・田村)中舘騎手・54キロ

以上の18頭となっています。

各馬の動向

キンシャサノキセキ(牡5・堀):オーシャンC(3月7日)で復帰予定。

フラムドパシオン(牡5・角居):師走S(12月27日)へ。

ヴィクトリー(牡4・音無):京都金杯(1月5日)で復帰予定。

2歳馬の動向

オオトリオウジャ(牡2・小島茂):きさらぎ賞(2月15日)→毎日杯(3月28日)を予定。

ショウナンアルディ(牡2・上原):短期放牧後、共同通信杯(2月8日)へ。

カツヨトワイニング(牝2・高橋義):フェアリーS(1月11日)へ。

スガノメダリスト(牡2・大和田):ジュニアC(1月5日)へ。

ピースオブラック(牝2・石毛):ホープフルS(12月27日)か、寒竹賞(1月4日)のいずれかに出走予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

第59回全日本2歳優駿の回顧

 今日(12月17日)は、川崎競馬場で2歳ダート王者を決める1戦となる、交流G1の第59回全日本2歳優駿(2歳G1・ダート1600m)が行われています。JRAからは5枠⑤スズカワグナー(牡2・橋田)安藤勝・55キロ、6枠⑧リスペクトキャット(牡2・相沢)三浦皇騎手・55キロ、7枠⑩メトロノース(牡2・安田隆)C.ルメール騎手・55キロ、8枠⑬スーニ(牡2・吉田)内田博騎手・55キロ、の4頭が出走しています。

 雨が降り続き、馬場コンディションは不良の中での発走となったレースは、好スタートから出ムチを入れてチョットゴメンナ(牡2・北海道・堂山芳)がハナを奪い、2番手にリスペクトキャット、その外にヴァルダマーナ(牡2・川崎・池田孝)、更にその外にスーニが付け、中団の内からスズカワグナー、ナイキハイグレード(牡2・川崎・川島正)、メトロノースと並び、少し離れてナサニエル(牡2・北海道・廣森久)が付ける展開。

向こう正面の中ほどで、スズカワグナーが付いて行けず、変わってナサニエルが徐々にポジションを上げ、3コーナーへ。一気にペースが上がる中、外目4番手を追走していたスーニが馬なりで先頭に並びかけ、連れて、ナイキハイグレードも懸命に追走して、直線へ向き、先頭に立ったスーニが軽く仕掛けると後続を一気に突き放し、最後は流しながらも後続に5馬身差を付ける圧勝でG1初制覇を飾っています。タイムは1.40.5(不良)。2着には、道中でかなり外を回りながらも、直線良く伸びたナサニエル。3着には、勝負処で唯一スーニに付いて行き、しぶとく粘ったナイキハイグレードが入っています。

1着のスーニは、文句の付けようの無い圧勝でしたね。終始楽な手応えでレースを進め、直線も余裕を残しながらもしっかりした伸びを見せての完勝でした。先週のブエナビスタに続いて、ダート界にも大物登場の印象ですね。

2着のナサニエルは、後方からのレースでしたが、道中は楽な手応えでしたし、仕上がりも良かったのでしょうね。勝ち馬は別として、かなり外を回っていましたし、十分評価出来る2着だったと思います。

3着のナイキハイグレードは、道中スーニの直後に付け、ペースが上がった時に、この馬だけ喰らい付いて行けてました。最後は交わされて3着でしたが、強い内容だったと思います。更に力を付けて、今後の交流重賞での活躍に期待したいですね。

メトロノースは4着。スタートで外にヨレて馬体をぶつけて、リズムを崩したのかも知れませんね。北海道2歳優駿の時のような迫力のある走りは見られませんでしたが、それでも、しぶとく4着ですから、次走以降の巻き返しに期待ですね。

リスペクトキャットは7着。2番手を追走しましたが、3コーナー辺りの勝負処で、付いて行けませんでしたね。上位の馬とは力差を感じる内容でしたが、馬にも鞍上にも良い経験になったのではないでしょうか。

スズカワグナーは8着。内に入って砂をまともに被ったせいか、行きっぷりが悪かったですね。ダートがダメと言う印象では無いですが、距離を伸ばしての芝路線で十分通用する力ですから、今後の路線選択が注目されますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週(12月13、14日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 先週(12月13、14日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

12月13日(土) 中京6R 新馬・芝2000m(混)

イマカツウィーズ(牡2・昆)藤田騎手・55キロ

タイム2.03.9(良)/上がり35.6/7番人気

2着馬キングウェールズ(-0.2)/馬体重462キロ

鹿毛/06年3月10日生まれ/生産・鮫川啓一

ホワイトマズル Dancing Brave Lyphard
Navajo Princess
Fair of the Furze Ela - Mana - Mou
Autocratic
ストロングプチ ヤマニンスキー Nijinsky
アンメンシヨナブル
ランズプロント プロント
トサモアー

好スタートからスッと2番手に付け、折り合いも付いて楽な追走。4コーナーで楽な手応えで先頭に並びかけ、直線に入って追い出されるとしっかりとした伸びを見せての快勝。

12月13日(土) 中山5R 新馬・芝1600m(混)

アイアムネオ(牝2・奥平)吉田豊騎手・54キロ

タイム1.37.5(良)/上がり35.3/1番人気

2着馬パワーストラグル(-0.5)/馬体重486キロ

鹿毛/06年4月3日生まれ/生産・社台ファーム

ネオユニヴァース サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
イクスペクトトゥシャイン Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Frankova Nureyev
Secret Asset

五分のスタートから中団を追走。3コーナー手前で勢いが付いた時に、ペースが落ちつき、手綱を絞って大きく頭を上げ折り合いを欠くシーンがありましたが、その後は折り合いも付いて、直線に入ると、1頭だけ違う伸びを見せての圧勝。

12月13日(土) 中山6R 新馬・ダート1800m(混)

ポルカマズルカ(牝2・畠山吉)柴山騎手・54キロ

タイム1.56.2(稍重)/上がり38.5/3番人気

2着馬クラブトゥギャザー(-0.0)/馬体重478キロ

鹿毛/06年4月8日生まれ/生産・社台ファーム

ティンバーカントリー Woodman Mr. Prospector
Playmate
Fall Aspen Pretense
Change Water
ダンシングサンデー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダンシングキイ Nijinsky
Key Partner

好スタートを切り、ゆったりとしたペースの中、2番手でなんとか折り合っての追走。3~4コーナーの中間で逃げ馬を交わして先頭に立ち、直線に入って、1度は完全にクラブトゥギャザーに前に出られながらも、ゴール前でしぶとく差し返しての新馬勝ち。短期放牧後、黒竹賞(1月10日)へ。

12月13日(土) 中山9R 

黒松賞(500万下)・芝1200m(混)

エイシンタイガー(牡2・西園)内田博騎手・55キロ

タイム1.08.8(良)/上がり34.6/1番人気

2着馬アイアンデューク(-0.3)/馬体重480キロ(-6)

黒鹿毛/06年4月8日生まれ/生産・水上習孝

コロナドズクエスト Forty Niner Mr. Prospector
File
Laughing Look Damascus
Laughter
タイフウジョオー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ラツキーゲスト ラツキーソブリン
ハツピートウメイ

好スタートを切り、楽に3番手を追走。終始余裕の手応えで、直線に入っても、手応え通の伸びを見せて余裕タップリの勝利。1200m~1600mならば堅実な走りを見せそうですが、今日の走りを見ると、特に1200mは合いそうですね。

12月13日(土) 阪神5R 新馬・芝1200m(混)

アルテマイスター(牡2・西浦)後藤騎手・55キロ

タイム1.11.7(良)/上がり36.1/4番人気

2着馬タニノスバル(-0.0)/馬体重438キロ

栗毛/06年4月17日生まれ/生産・笠松牧場

アグネスデジタル Crafty Prospector Mr. Prospector
Real Crafty Lady
Chancey Squaw Chief’s Crown
Allicance
ビクトリアウインク ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
ビクトリートースト ミスターシービー
ビクトリアクラウン

ゲート内で立ち上がったものの、好スタートからダッシュ良くハナへ。外から早目に来られたものの慌てずにジックリ乗られ、直線に向いてしっかりとした脚を見せ、後続の追撃もしっかり抑え切っての快勝。

12月13日(土) 阪神6R 500万下・芝1400m(混)

アイレンベルク(牝2・佐藤)田村騎手・51キロ

タイム1.23.1(良)/上がり35.8/8番人気

2着馬コパノマユチャン(-0.1)/馬体重422キロ(-8)

鹿毛/06年4月20日生まれ

生産・グラストレーニングセンター

ゴールドヘイロー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ニアーザゴールド Seeking the Gold
Near
トップアイレン トニービン Kampala
Severn Bridge
ライトオンタイム ノーザンテースト
エンペリーズゴールド

好スタートを切ったものの、他の馬達が速く、後方からの競馬。3~4コーナーで馬群が一塊になった直後まで進出し、直線大外に持ち出し、並んで追走していたコパノマユチャンと併せ馬の形でグイグイ伸び、前の各馬を豪快に差し切っての快勝。展開が向いた印象はありますが、それでも素晴らしい伸びでしたね。減量騎手起用も活きた印象で、3キロ減の恩恵がなくなる特別レースでの走りに注目ですね。次走は紅梅S(1月18日)へ。

また、2着のコパノマユチャンは、じっくりと立て直されて力を発揮して来ましたね。函館の新馬勝ち後は評価の高かった馬だけに、次走以降も注目ですね。

12月14日(日) 中京6R 新馬・芝1200m(牝)

タガノボヘミアン(牝2・北出)丸田騎手・51キロ

タイム1.11.1(良)/上がり35.9/13番人気

2着馬セレーサ(-0.1)/馬体重428キロ

青鹿毛/06年3月20日生まれ

生産・有限会社新冠タガノファーム

タガノサイレンス サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
マターオブプライド Raise a Native
Old Goat
タガノラフレシア エリシオ Fairy King
Helice
スプリンターキャット Storm Cat
My Cherie Amour

五分のスタートからダッシュは良く前へ。好位の内々でジックリと脚を溜め、4コーナーで勢いをつけて3番手まで進出し、直線もしっかりとした伸びを見せて、ゴール前でキッチリ逃げ馬を捉えての新馬勝ち。

12月14日(日) 中京10R 

中京2歳S(OP)・芝1800m(混)

メイショウドンタク(牡2・安田伊)上村騎手・55キロ

タイム1.49.3(良)/上がり35.2/7番人気

2着馬ショウナンアルディ(-0.0)/馬体重494キロ(+4)

黒鹿毛/06年2月28日生まれ/生産・太陽牧場

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
ミスティックライト Machiavellian Mr. Prospector
Coup de Folie
Trystero Shareef Dancer
Majestic Kahala

好スタートから先手を取りきってマイペースでの逃げに持ち込み、3コーナー入り口で楽な手応えのまま一気にペースを上げ、直線もしっかりとした伸びを見せ、ゴール前ショウナンアルディの猛追をクビ差凌ぎ切っての快勝。気分良く走れた事が最大の勝因と言えそうですね。今後は、1走して皐月賞(4月19日)へ。

12月14日(日) 中山5R 新馬・ダート1200m(牝)

サクラミモザ(牝2・畠山吉)北村宏騎手・54キロ

タイム1.11.3(重)/上がり37.6/2番人気

2着馬ペイントカフェ(-1.1)/馬体重468キロ

黒鹿毛/06年5月4日生まれ/生産・原光彦

ティンバーカントリー Woodman Mr. Prospector
Playmate
Fall Aspen Pretense
Change Water
サクラブーケ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サクラチャイム サクラユタカオー
サクラハツユキ

好スタートからダッシュも速く楽に前へ。内の馬を行かせて2番手を終始余裕の手応えで追走し、直線楽々抜け出すと、後続との差をドンドン広げ、最後は流しながらも7馬身差を付ける圧勝。

12月14日(日) 中山6R 新馬・芝2000m(混)

ピースオブラック(牝2・石毛)大野騎手・54キロ

タイム2.05.9(稍重)/上がり36.1/5番人気

2着馬ネオレボルーション(-0.1)/馬体重482キロ

鹿毛/06年3月10日生まれ/生産・大川牧場

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ デイクタス
ダイナサツシユ
タイキフブキ タイキブリザード Seattle Slew
Tree of Knowledge
タイキフォレスト Green Forest
Welsh Muffin

スタートは五分もダッシュは付かず後方からの競馬となり、向こう正面の中間辺りから徐々に馬群の中を進出し、4コーナーも外は回らず馬込みを突き、直線に入ってから外に持ち出されると他馬が止まって見えるほどの鋭い末脚を繰り出しての差し切勝ち。

12月14日(日) 中山7R 500万下・ダート1800m(混)

マイネルプリマス(牡2・飯田雄)津村騎手・54キロ

タイム1.52.9(重)/上がり37.1/5番人気

2着馬ラターシュ(-0.4)/馬体重478キロ(-10)

芦毛/06年3月15日生まれ/生産・ビッグレッドファーム

クロフネ French Deputy Deputy Minister
Mitterand
Blue Avenue Classic Go Go
Eliza Blue
オカノスピカ コマンダーインチーフ Dancing Brave
Slightly Dangerous
ミスマルコチャン ブレイヴエストローマン
ユリカモメ

好スタートから楽に前へ。2番手でガッチリと折り合いを付けて、3~4コーナー中間辺りで抑えきれない手応えで逃げ馬を交わして先頭に立ち、直線もそのまましっかりと伸び切っての快勝。前走のもちの木賞では、展開が向かず、4コーナーで狭くなる不利がありながらも好内容のレースを見せ、今日も強い内容でしたね。今後の走りに注目したい1頭ですね。

12月14日(日) 阪神4R 新馬・ダート1400m(混)

ケイアイテンジン(牡2・白井)福永騎手・55キロ

タイム1.25.3(良)/上がり37.6/1番人気

2着馬ドリームアライブ(-0.1)/馬体重478キロ

栗毛/06年2月23日生まれ/生産・乾皆雄

アグネスデジタル Crafty Prospector Mr. Prospector
Real Crafty Lady
Chancey Squaw Chief’s Crown
Allicance
スギノセンヒメ フォーティナイナー Mr. Prospector
File
ハイエストソサエティー Lt. Stevens
Heather Road

好スタートを切り、ジワッーとハナへ。直線に向く辺りで後続と徐々に差を広げ、直線も軽く仕掛ける程度で更に差を広げ、最後はドリームアライブに詰め寄られた物の圧勝といえる内容での新馬勝ち。今後は1月4日の500万下(ダート1400m)→ヒヤシンスS(2月15日)を予定。

12月14日(日) 阪神5R 新馬・芝1600m(混)

コパノカミ(牡2・松永幹)岩田騎手・55キロ

タイム1.36.9(良)/上がり35.2/8番人気

2着馬オウケンマジック(-0.7)/馬体重468キロ

黒鹿毛/06年5月4日生まれ/生産・原武久

サクラプレジデント サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
セダンフオーエバー マルゼンスキー
サクラセダン
メロー Rainbow Quest Blushing Groom
I Will Follow
River Spey Mill Reef
Strathspey

好スタートから、行く馬を行かせて好位の内々で折り合いを付けての追走。逃げ馬の直後でいつでも抜け出せると言った手応えで4コーナーを回り、直線に入って最内を突いて手応え通の伸びを見せて、後続に4馬身差を付けての快勝。

12月14日(日) 阪神9R 

エリカ賞(500万下)・芝2000m(混)

アーリーロブスト(牡2・本田)吉田豊騎手・55キロ

タイム2.03.4(良)/上がり36.2/4番人気

2着馬ヤマニンウイスカー(-0.6)/馬体重476キロ(-4)

鹿毛/06年4月27日生まれ/生産・山際辰夫

バブルガムフェロー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
バブルカンパニー Lyphard
Prodice
クワイエットアース Mazel Trick Phone Trick
Mazatleca
Diablo’s Bobett Diablo
Bobett

好スタートから、楽に先手を取りマイペースの逃げに持ち込み、3~4コーナーも楽な手応えで直線に向き、しっかりした末脚を使い後続に何もさせず、3馬身のリードを保って逃げ切り勝ち。上手いペース配分での逃げでしたが、スタートも上手く、乗りやすい馬のようですし、逃げ無くてもレース出来る馬なので、今後も安定感のある走りが期待出来そうですね。

12月14日(日) 阪神11R 

阪神JF(G1)・芝1600m(牝)

ブエナビスタ(牝2・松田博)安藤勝騎手・54キロ

タイム1.35.2(良)/上がり34.8/1番人気

2着馬ダノンベルベール(-0.4)/馬体重450キロ(±0)

黒鹿毛/06年3月14日生まれ/生産・ノーザンファーム

スペシャルウィーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レデイーシラオキ
ビワハイジ Caerleon Nijinsky
Foreseer
アグサン Lord Gayle
Santa Luciana

レース回顧は、今日(12月14日・阪神JF)の回顧をご覧下さい。

各馬の動向

サクセスブロッケン(牡3・藤原英):東京大賞典(交流G1・ダート2000m)で、フィールドルージュ(牡6・西園)が回避した為、繰り上がりで出走可能になりました。

ヤマニンキングリー(牡3・河内):中山金杯(1月4日)へ。

マコトスパルビエロ(牡4・鮫島):平安S(1月25日)へ。

ヒカルカザブエ(牡3・岡田):日経新春杯(1月18日)へ。

ヤマトマリオン(牝5・安達):名古屋グランプリ(12月23日・名古屋)へ。

2歳馬の動向

ダノンベルベール(牝2・国枝):リフレッシュ放牧後、栗東入りし、チューリップ賞(3月7日)→桜花賞(4月12日)を予定。

デグラーティア(牝2・宮本):放牧後、1戦してからフィリーズレビュー(3月15日)→桜花賞を予定。

アディアフォーン(牝2・橋口):紅梅S(1月18日)を予定。

アイアンデューク(牡2・伊藤伸):ジュニアC(1月5日)へ。

ハギノバロンドール(牡2・和田):ホープフルS(12月27日)へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

土曜日、中京ではG3・第46回愛知杯

 今週の土曜日(12月20日)には、中京競馬場で第46回愛知杯(3歳上牝G3・芝2000m)が行われます。牝馬路線はエリザベス女王杯が終わり、早くも来年のヴィクトリアマイルに向けた戦いのスタートとなるレースですね。今年はフルゲート18頭に24頭の登録があり、出走可能の馬は以下の通りとなっています。

出走可能な順

マイネレーツェル(牝3・五十嵐)55キロ

レッドアゲート(牝3・田村)54キロ

ヤマニンエマイユ(牝5・浅見)55キロ

ベルモントプロテア(牝4・川村)53キロ

ニシノマナムスメ(牝4・河内)55.5キロ

キャッチータイトル(牝5・田村)51キロ

クラウンプリンセス(牝4・橋口)54キロ

トウカイルナ(牝6・田所)53キロ

コスモプラチナ(牝5・宮)53キロ

カレイジャスミン(牝3・宗像)53キロ

テイエムプリキュア(牝5・五十嵐)50キロ

レインダンス(牝4・宮)55キロ

スペシャルフロート(牝4・伊藤圭)49キロ

ブーケフレグランス(牝3・角居)51キロ

ブリトマルティス(牝4・西園)53キロ

チェレブリタ(牝3・荒川)50キロ

アドマイヤスペース(牝4・的場)51キロ

ウインシンシア(牝5・石坂)50キロ

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

ダンスオールナイト(牝5・加藤征)52キロ、ファランドール(牝6・坪憲)51キロ、セラフィックロンプ(牝4・武藤)51キロ、カイゼリン(牝3・松田国)48キロ、フライングメリッサ(牝4・鮫島)キ48ロ、ショウナンアルス(牝5・大久保洋)48キロ

となっています。

短い直線がカギもG2・2勝の実績馬マイネレーツェル、重賞まで後一歩のニシノマナムスメ、ターコイズSで力のある所を見せたカレイジャスミン、牝馬同士で復活を賭けるレッドアゲート、休み明け快勝のクラウンプリンセス、ここ2走が復調気配を感じさせるレインダンス、三春駒特別を好内容勝ちのチェレブリタ、ようやく力を発揮しだした良血馬ブーケフレグランスなど、実力伯仲のメンバーが揃って、激しいレースが期待出来そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神ではG2・第3回阪神カップ

 今週の日曜日(12月21日)には、阪神競馬場で第3回阪神カップ(3歳上G2・芝1400m)が行われます。昨年はG1並のメンバーで行われましたが、今年は来年の短距離、マイル路線を牽引する馬を見つけるレースとなりそうですね。フルゲート18頭に46頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りとなっています。

出走可能な順(騎手は予定です)

サイレントプライド(牡5・国枝)57キロ

エイシンドーバー(牡6・小崎)57キロ

シンボリグラン(牡6・畠山吉)57キロ

ジョリーダンス(牝7・堀)55キロ

ペールギュント(牡6・橋口)57キロ

ヤマニンエマイユ(牝5・浅見)57キロ

アイルラヴァゲイン(牡6・手塚)57キロ

リザーブカード(牡5・栗田)57キロ

スプリングソング(牡3・鶴留)56キロ

ファリダット(牡3・松元)56キロ

マヤノツルギ(牡4・梅内)57キロ

ブイチャレンジ(牡3・水野)56キロ

エーシンフォワード(牡3・西園)56キロ

ステキシンスケクン(牡5・森)57キロ

フリートアドミラル(牡4・池上)57キロ

マルカフェニックス(牡4・松永昌)57キロ

リキアイタイカン(牡10・阿部)57キロ

ヒシカツリーダー(牡4・小島貞)57キロ

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

ゲイルスパーキー(牡4・古賀慎)57キロ、タケデンノキボー(牡7・奥平)57キロ、ナンヨーヒルトップ(牡3・小笠)56キロ、ワールドハンター(牡4・坂口則)57キロ、フラムドパシオン(牡5・角居)57キロ、ソルジャーズソング(牡6・鮫島)57キロ、ニホンピロリビエラ(牡6・大橋)57キロ、レッツゴーキリシマ(牡3・梅田康)56キロ、サイボーグ(牡6・藤原英)57キロ、タータンフィールズ(牡6・崎山)57キロ、トップオブツヨシ(牡5・鶴留)57キロ、マイケルバローズ(牡7・藤沢則)57キロ、ゼットフラッシュ(牡5・山内)57キロ、トロピカルライト(牡4・二ノ宮)57キロ、アロマキャンドル(牝3・河野)54キロ、マイネルポライト(牡5・西浦)57キロ、ワーキングボーイ(牡5・中尾正)57キロ、マルブツリード(牡5・大根田)57キロ、ミリオンウェーブ(牡3・宮本)56キロ、サチノスイーティー(牝5・中尾正)57キロ、ハートオブクィーン(牝3・水野)54キロ、ドリームガードナー(牡3・中村)57キロ、ウインカーディナル(牡6・中竹)57キロ、メイショウサライ(牡7・増本)57キロ、テンイムホウ(牝6・柄崎)55キロ、マイネルハーティー(牡6・中村)57キロ、オースミダイドウ(牡4・中尾正)57キロ、トールハンマー(牡8・二ノ宮)57キロ

となっています。

重賞2勝の1400mで巻き返しを図るエイシンドーバー、阪神1400mは得意のジョリーダンス、京阪杯で最内を突いて鋭い伸びを見せたファリダット、距離は微妙も力は上位のサイレントプライド、スプリングソング、短距離では安定感のある走りを見せるシンボリグラン、徐々に力を付けているリザーブカード、距離短縮は好材料のヤマニンエマイユなど、楽しみなメンバーが揃いましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

今週はG1・第60回朝日杯フューチュリティステークス

 今週の日曜日(12月21日)には、中山競馬場で2歳王者を決める1戦、第60回朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・芝1600m)が行われます。今年はフルゲート16頭に29頭の登録があり、賞金上位の11頭は出走可能となり、残る収得賞金400万の18頭から抽選で、5頭が出走可能となります。

出走可能な順

フィフスペトル(牡2・加藤征)55キロ

これまで1600mの経験は無いものの、折り合いに不安のあるタイプでは無く、スッと好位の付けるスピードもあり、現時点での完成度は高い印象ですね。

ゲットフルマークス(牡2・岩戸)55キロ

距離が伸びた前走の京王杯2歳Sで見事な逃げ切り勝ち。距離が更に伸びて、楽に逃げられるようならチャンスは十分でしょう。

シェーンヴァルト(牡2・岡田)55キロ

デイリー杯2歳Sでも見せたように、折り合った時の末脚はかなりのもの。函館、札幌では、器用なレースも見せており、中山1600mにも対応出来る下地は十分。

セイウンワンダー(牡2・領家)55キロ

新潟2歳Sを圧勝後、東スポ杯を左前脚に蹄球炎を発症した為に回避。力は確かだけに、走れる状態に仕上がるかどうかがカギ。

ホッコータキオン(牡2・飯田明)55キロ

デイリー杯2歳Sは、息を入れられない厳しい展開ながらも、しぶとく粘っての2着。中山1600mは向きそうなタイプで、同型との兼ね合い次第。

オメガユリシス(牡2・坂本)55キロ

荒れた馬場を苦にしない走りと、馬群をこじ開けて伸びる勝負根性を持っていますね。距離が伸びるのは微妙な印象です。

ツルマルジャパン(牡2・坂口則)55キロ

休み明けのクリスマスローズSは大敗でしたが、今回は、1度使われた上積みも見込めますし、折り合いの心配があるようですが、中山1600mや2000mが合っている印象の走りだと思いますので、出走してくれば楽しみ。

ミッキーパンプキン(牡2・清水出)55キロ

前走は逃げて勝ちましたが、どうしても逃げなければと言うタイプでは無い印象です。前に行ける脚があり、終いもしっかり伸びる安定感のある走りなので、力を出し切れれば。

ブレイクランアウト(牡2・戸田)55キロ

道中ジックリ脚を溜めて、直線の末脚を活かすタイプだけに、中山1600mが向くとは言い難いですが、コンスタント使える33秒台の末脚は魅力ですね。前に行く組が多い事は有利に働きそうですね。

トップオブピーコイ(牡2・森)55キロ

中央移籍後初戦のカンナS(芝1200m)を直線一気で勝利しましたが、その後は低迷しています。推す材料が無く、さすがにここは厳しいでしょうか。

エイシンタイガー(牡2・西園)55キロ

12月14日の黒松賞を楽勝しての連闘。デビューからこれまで8戦、毎回コンスタントに力を出して3着を外したのが新潟2歳Sの4着の1度だけと言う、超堅実派。展開不問で混戦になれば浮上するタイプですね。

抽選対象馬(18頭中5頭が出走可能)

カノンコード(牡2・松田国)55キロ、ケイアイマッシブ(牡2・南田)55キロ、ケンブリッジエル(牡2・山内)55キロ、サトノエクスプレス(牡2・藤沢和)55キロ、サンカルロ(牡2・大久保洋)55キロ、シングンレジェンド(牡2・高市)55キロ、タイフーンルビー(牡2・戸田)55キロ、トウカイフィット(牡2・栗田)55キロ、トレノパズル(牡2・伊藤正)55キロ、ナンヨークイーン(牝2・池上)54キロ、ピースピース(牡2・荒川)55キロ、ブライトクロノス(牡2・岩戸)55キロ、ベルベットロード(牡2・堀)55キロ、ボンジュールボン(牡2・高木)55キロ、マッハヴェロシティ(牡2・武藤)55キロ、メジロチャンプ(牡2・伊藤圭)55キロ、リーチマイドリーム(牡2・小笠)55キロ、レッドスパーダ(牡2・藤沢和)55キロ

となっています。

今年も大混戦が予想されるメンバーで、馬の力は勿論の事、中山1600mと言う、枠順などによる有利不利が大きいコースで行われるG1だけに、どういったレースになるかまったく読めませんね。

 12月29日(月)に大井競馬場で行われる第54回東京大賞典(3歳上G1・ダート2000m)に出走を予定するJRA馬が発表されています。

ヴァーミリアン(牡6・石坂)

カネヒキリ(牡6・角居)

フィールドルージュ(牡6・西園)

ブルーコンコルド(牡8・服部)幸騎手

ボンネビルレコード(牡6・堀井)的場文騎手

補欠馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

サクセスブロッケン(牡3・藤原英)、マイネルアワグラス(牡4・稲葉)松岡騎手、ベルモントプロテア(牝4・川村)

となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

香港国際レース(日本馬)

 香港のシャティン競馬場で行われた香港マイル、香港ヴァーズ、香港スプリントに4頭が参戦しています。

香港ヴァーズ(3歳上G1・芝2400m)

ジャガーメイル(牡4・堀)

ゆったりとしたペースとなる中、中団より、やや後目のインでじっくり脚を溜め、直線外に持ち出して、昨年の覇者ドクターディーノ(牡6・仏・R.ギブソン)と併せ馬の形で、良く伸びてゴール前3頭並ぶ際どいレースに持ち込みましたが、1着のドクターディーノからクビ差遅れた3着となっています。

1着ドクターディーノ(牡6・仏・R.ギブソン)タイム2.29.14(良)

2着パープルムーン(せん5・英・L.クマーニ)

3着ジャガーメイル(牡4・堀)

ペースが遅くなる事は、戦前から予想されていた様ですし、ゆったりと回れるコースはこの馬に合っていた印象ですね。来年の走りが楽しみですが、脚質的に考えて、ピッタリなレースが宝塚記念かJCぐらいの印象で、どういった路線を歩むのか注目ですね。

香港スプリント(3歳上G1・芝1200m)

ローレルゲレイロ(牡4・昆)

好スタートから4、5番手を追走し、直線入り口で外から先頭に並びかけるレースを見せたものの、直線はやや伸びを欠いて8着に終わっています。

トウショウカレッジ(牡6・池添)

後方2番手を追走し、直線内を突いて伸びて来て9着。

1着インスピレーション(せん5・香・J.ムーア)1.08.68(良)

2着グリーンバーディー(せん5・香・C.ファウンズ)

3着アパッチキャット(せん6・豪・G.ユーレル)

8着ローレルゲレイロ(牡4・昆)

9着トウショウカレッジ(牡6・池添)

着順こそ振るいませんでしたが、2頭共に持ち味は出せていたのではないでしょうか。香港のスプリント路線は層が厚く、簡単には崩せそうに無いですが、今年は例年ほどの決定的な差をつけられた印象はありませんので、毎年挑戦し続ける事が必要な印象ですね。

香港マイル(3歳上G1・芝1600m)

スーパーホーネット(牡5・矢作)

スタートはまずまずも、外の馬が速く、中団辺りのポジションとなり、グッドババ(せん6・香・A.シュッツ)の直後を追走して、直線に向き、しぶとく伸びましたが、5着に敗れています。

1着グッドババ(せん6・香・A.シュッツ)1.32.71(良)

2着エイブルワン(せん6・香・J.ムーア)

3着エジプシャンラー(せん7・香・A.クルーズ)

5着スーパーホーネット(牡5・矢作)

勝ち馬の直後からのレースで、直線伸び負けたのですから、力負けと言えそうですね。元々、輸送に強いタイプでは無い印象の馬なので、今回の経験を今後に活かしてもらえればと思いますね、来年以降の走りに期待したいですね。しかし、勝ち馬は強かったですね。

 各馬、まずは無事に戻って、今回の経験を次走以降に繋げてもらいたいですね。そして、挑戦し続ける事が大事だと思いますので、是非、チャンスがあればどんどん海外のレースに挑戦してもらいたいですね。

 12月17日(水)に川崎競馬場で行われる、交流G1の第59回全日本2歳優駿(2歳G1・ダート1600m)の枠順が発表されています。

1枠①モエレエターナル(牝2・川崎・池田孝)

酒井忍騎手・54キロ

2枠②チョットゴメンナ(牡2・北海道・堂山芳)

今野忠騎手・55キロ

3枠③ワンダフルクエスト(牡2・北海道・廣森久)

五十嵐冬騎手・55キロ

4枠④ソウブムテキ(牡2・大井・柏木一)

柏木健騎手・55キロ

5枠⑤スズカワグナー(牡2・橋田満)

安藤勝騎手・55キロ

5枠⑥ナイキハイグレード(牡2・船橋・川島正)

戸崎圭騎手・55キロ

6枠⑦ナサニエル(牡2・北海道・廣森久)

服部茂騎手・55キロ

6枠⑧リスペクトキャット(牡2・相沢郁)

三浦皇騎手・55キロ

7枠⑨ヴァルダマーナ(牡2・川崎・池田孝)

御神本騎手・55キロ

7枠⑩メトロノース(牡2・安田隆)

C.ルメール騎手・55キロ

8枠⑪マイネルヘリオス(牡2・愛知・植松則)

宮下瞳騎手・55キロ

8枠⑫スーニ(牡2・吉田直)

内田博騎手・55キロ

以上の12頭となっています。発走は12月17日(水)の15時40分となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日(12月14日・阪神JF)の回顧

 阪神11R第60回阪神ジュベナイルステークス(2歳牝G1・芝1600m)は、後方から3番手を悠々と追走したブエナビスタ(牝2・松田博)が、直線大外に持ち出されると、1頭だけ違う伸びを見せ、あっさり突き抜けてデビュー3戦目で、G1初制覇を飾っています。タイムは1.35.2(良)。2着には、中団追走から、上手く外に持ち出し直線良く伸びたダノンベルベール(牝2・国枝)。3着には、ほぼ最後方の位置取りから、直線良く追い込んだミクロコスモス(牝2・角居)が入っています。

1着のブエナビスタは、今回、出走の17頭とは力が違った印象の走りでした。この後も、順調にさえ行ければ牝馬3冠も夢ではないと思うほどの強さでしたね。

2着のダノンベルベールは、上手く内枠を捌いて、外に持ち出し、この馬の力は出せたと思います。枠順がもう少し外目だったらとは思いますが、今日は相手が悪かった印象ですね。

3着のミクロコスモスは、直線だけの競馬で差を詰めての3着。これが2走目と考えると将来が楽しみですね。

私の本命のアディアフォーン(牝2・橋口)は17着。中団辺りからの競馬でしたが、いつもの様なしぶとい末脚は見られず、直線はまったく見せ場がありませんでしたね。敗因が掴めませんが、能力はある馬だと思いますので、上手く立て直して貰いたいですね。

 続いて、中山11R第1回カペラステークス(3歳上G3・ダート1200m)は、トロピカルライト(牡4・二ノ宮)とウエスタンビーナス(牝5・鈴木康)が競り合い前半3ハロンが32秒7と速くなる中、後方を追走したビクトリーテツニー(牡4・森)が、直線を向いて大外に持ち出されると、強烈な末脚を繰り出し豪快に差し切ってレコードタイムで重賞初制覇を飾っています。タイムは1.08.7(重)。2着には、ほぼ最後方の追走から、直線良く追い込んだスリーアベニュー(牡6・小野)。3着には、中団追走から、直線しぶとく伸びたフジノウェーブ(牡6・大井・高橋三)が入っています。

1着のビクトリーテツニーは、展開が見事に嵌まった印象ですが、この形になるともの凄い末脚を使いますね。1200~1600m辺りまで走れそうですが、この末脚を活かすには、1200mが良さそうな印象ですね。

2着のスリーアベニューは、こちらも展開が嵌まった印象で、去年、今年のガーネットSで1、2着とダート1200mは得意な馬ですから、この時期が合っているのでしょうか。

3着のフジノウェーブは、1200mならば中央馬と互角に戦える力ですし、58キロを背負いながらしぶといレース振りで、今後も活躍を期待したいですね(得意な距離で)。

私の本命のトロピカルライトは9着。ウエスタンビーナスとのハナ争いとなり、内枠ですから引け無いのでしょうね。次走以降の巻き返しに期待しましょう。

今日の注目馬

中山7R②ジョウテンキッズ(牡2・相沢)は10着。好スタートを切るも、外の馬が速く、中団からの競馬となり、直線伸びず見せ場無く終わっています。砂を被る展開が影響した印象ですね。スンナリ先行出来れば未勝利勝ちの様なレース振りが期待出来るのではないでしょうか。

阪神9R①アドマイヤサムライ(牡2・橋田)は8着。好スタートから、2番手を追走。やや行きたがる素振りは見せたものの、直線に入って早々と脱落。しばらく時間が掛かりそうですね。

 中京2Rをジョーメテオ(牡2・柴田光)で制した中舘英二騎手が、4年連続5回目となるJRA年間100勝を達成しています。おめでとうございます。

 香港の競馬は、また後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

明日(12月14日・阪神JF)の競馬

 阪神11R第60回阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳牝G1・芝1600m)からです。私の本命は④アディアフォーン(牝2・橋口)です。派手さは無いものの、毎回力を出し切れるタイプですし、過去のレース振りを見ても距離延長は明らかにプラス材料ですね。内枠を上手く活かしたレースを期待したいですね。

相手には、内から①カツヨトワイニング(牝2・高橋義)。馬込はまったく平気なタイプ。②ダノンベルベール(牝2・国枝)。過去3戦は強い内容。③レディルージュ(牝2・安田隆)。距離が伸びて良さが出てきましたね。⑤イナズマアマリリス(牝2・松元)。立ち回り次第。⑥ルシュクル(牝2・中竹)。鞍上が怖い。⑨ミクロコスモス(牝2・角居)。新馬の1走のみも、内容は濃い。⑫ワンカラット(牝2・藤岡健)。折り合いさえ付けば。⑬ブエナビスタ(牝2・松田博)。将来の有望株。⑭チャームポット(牝2・南井)。ここでも十分通用でしょう。⑰ジェルミナル(牝2・藤原英)。黄菊賞が強いレース内容。枠順を克服出来れば。以上、馬連で④から①②③⑤⑥⑨⑫⑬⑭⑰へ。

 続いて、中山11R第1回カペラステークス(3歳上G3・ダート1200m)です。私の本命は④トロピカルライト(牡4・二ノ宮)です。短距離ダートでは堅実な走りを見せますし、重賞タイトルを持っており、ここで見劣るとは思えませんね。

相手には、内から②ビクトリーテツニー(牡4・森)。嵌まれば強烈な末脚。⑤ナンヨーヒルトップ(牡3・小笠)。距離に戸惑わなければ。⑥フジノウェーブ(牡6・大井・高橋三)。力は上。⑩カルナバリート(牡5・藤沢則)。距離短縮は好材料。⑪ダイワエンパイア(牡4・松山康)。安定感抜群で、いつ重賞を勝っても不思議では無い力。以上、馬連で④から②⑤⑥⑩⑪へ。

明日の注目馬

中山6R②ジョウテンキッズ(牡2・相沢)。前走がダート替わりで、強いレース内容。ここも十分通用の力。

阪神9R①アドマイヤサムライ(牡2・橋田)。新馬戦が強い内容。前走大敗から立て直した効果に期待。

 明日は、香港のシャティン競馬場で、香港国際競争が行われ、香港マイルにスーパーホーネット(牡5・矢作)、香港ヴァーズにジャガーメイル(牡4・堀)、香港スプリントにローレルゲレイロ(牡4・昆)、トウショウカレッジ(牡6・池添)の4頭が出走します。

 香港マイルのスーパーホーネットと香港ヴァーズのジャガーメイルは、勝ち負けが期待出来そうですし、香港スプリントは日本勢が苦手にしているレースですが、ローレルゲレイロがどの様なレースを見せるか期待したいですね。勿論、トウショウカレッジにも力を出し切るレースを期待したいですね。

 それでは、明日も良い馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日(12月13日)の回顧

 中京11R第44回中日新聞杯(3歳上G3・芝2000m・ハンデ)は、好スタートから、好位の5、6番手を追走したヤマニンキングリー(牡3・河内)が、3~4コーナー中間辺りから仕掛けて外を上がって行き、直線は先行して同じく外目に持ち出したフサイチアソート(牡3・岩戸)との叩き合いをクビ差制して、重賞初制覇を飾っています。タイムは1.59.5(良)。2着には、先行して最後までしぶとく伸びたフサイチアソート。3着には、最後方待機から、直線馬群の中を突いて強襲したイケトップガン(牡4・石毛)が入っています。

1着のヤマニンキングリーは、好位追走から直線脚を伸ばす強い内容での勝利ですね。好位から安定した走りが出来るようになって、今後も、中距離での活躍が期待出来そうですね。

2着のフサイチアソートは、ようやく本来の走りが出せる状態に戻って来たようですね。左回りも実績がありますし、寒い時期も合っているのかも知れませんね。今後も注目ですね。

私の本命のイケトップガンは3着。後方待機から直線勝負に賭け、馬群に突っ込んでメンバー中最速の上がり33秒1で追い込んでの3着。思ったよりも後からの競馬となりましたが、また新しい一面を見せましたし、重賞でも十分通用の力は見せましたね。今後の走りも注目ですね。

 続いて、阪神11RペテルギウスS(3歳上OP・ダート2000m)は、4番手を楽に追走したマコトスパルビエロ(牡4・鮫島)が、3~4コーナーで楽に先頭に並びかけ、直線入り口で先頭に踊りだすと、ゴールまでしぶとく伸びて後続を振り切って1年5ヶ月振りの勝利を快勝で飾っています。タイムは2.04.6(良)。2着には、中団追走から、直線良く追い上げたダークメッセージ(牡5・佐々木晶)。3着には、後方追走から、直線大外をしぶとく伸びたマイネルアワグラス(牡4・稲葉)が入っています。

1着のマコトスパルビエロは、道中の手応えと言い、4コーナー辺りの行きっぷりと言い、この馬の本来の動きに戻っていましたね。今日の様なレースが出来れば、重賞でも十分通用する力なので、今後のレースが楽しみですね。

2着のダークメッセージは、いつもよりも前にポジションを取ったのですが、また2着。力はりますし、確実に追い込んでは来るものの、勝ち切れ無いもどかしさが残りますね。

私の本命のマイネルアワグラスは3着。+8キロは、やや余裕のある馬体に映りましたし、展開的にも厳しかったですね。それでも、3着まで押し上げて来る辺りは力のある証拠で、重賞での活躍に期待したい1頭ですね。

今日の注目馬

中山11R⑯アグネスネクタル(牡5・鮫島)は4着。後方からの競馬を選択し、直線は内を突いてこの馬らしい伸びを見せましたね。勝負処での行きっぷりも、本来の物に近づいており、次走以降が楽しみですね。

中京10R⑬アクセルファイヤー(牝4・安田伊)は16着。昨日、中村騎手と書きましたが、松田騎手の騎乗でしたね。勘違いでした^^;。休み明けを2度使われて、状態が上がっていると思ったのですが、見せ場無く最後方。故障などで無ければ良いのですが。

 阪神10R元町S(3歳上1600万下・芝2000m)で、ニホンピロレガーロ(牡5・服部)に騎乗した酒井学騎手が騎乗停止の処分を受けています。追記=期間は開催日4日間です。

 それでは、また後ほど^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

明日(12月13日)の競馬

 今週から中京競馬場が開幕。まずは、中京11R第44回中日新聞杯(3歳上G3・芝2000m・ハンデ)からです。私の本命は①イケトップガン(牡4・石毛)です。今年の4月に復帰後、月1走ないし2走のペースで使われながら、疲れるどころか、ここに来て充実して来た印象で、条件などに関係無く力を発揮出来るようになって来ていますね。馬体を併せるとグイグイと伸びる勝負根性も魅力で、開幕週の内枠と52キロのハンデを上手く活かせれば、チャンスは十分だと思います。

相手には、内から③ダブルティンパニー(牡6・松田国)。2000mに照準を絞った使われ方で、53キロは恵まれた印象。④シンゲン(牡5・戸田)。1年振りの前走が好内容。ここでも十分通用でしょう。⑦ダンスアジョイ(牡6・松永幹)。短い直線はむしろ向く印象ですね。⑧ヤマニンキングリー(牡3・河内)。前走が器用さを身に付け完勝の内容。⑨シゲルフセルト(牡3・川村)。適距離に戻って本領発揮。⑪オペラブラーボ(牡4・久保田)。好内容での3連勝。⑫アルコセニョーラ(牝4・畠山重)。ハンデ戦では外せませんね。⑬フサイチアソート(牡3・岩戸)。復調気配。⑮マンハッタンスカイ(牡4・浅見)。時計が極端に速くならなければ。以上、馬連で①から③④⑦⑧⑨⑪⑫⑬⑮へ。

 続いて、阪神11RペテルギウスS(3歳上OP・ダート2000m)です。私の本命は⑫マイネルアワグラス(牡4・稲葉)です。シリウスSを制した舞台で、条件的には文句なしで、来年、大きな所を狙う為に、少しでも賞金を加算したいところですね。

相手には、内から①ダークメッセージ(牡5・佐々木晶)。確実に差してきますね。④マコトスパルビエロ(牡4・鮫島)。状態さえ良くなれば、ここでも上位の力。⑨ラッキーブレイク(牡7・音無)。スタミナ勝負は望むところ。⑪キクノサリーレ(牡3・吉田)。折り合いに不安のあるタイプでは無いので、距離は大丈夫な印象ですね。以上、馬連で⑫から①④⑨⑪へ。

明日の注目馬

中山11R⑯アグネスネクタル(牡5・鮫島)。前走は強引な競馬も、見所はタップリの内容でした。このクラスでも十分通用の力で勝負処での行きっぷりが戻れば。

中京10R⑬アクセルファイヤー(牝4・安田伊)。得意の中京1700mで、乗り慣れた中村騎手で、捲りに期待。訂正(12月14日AM.1時14分)中村騎手ではなく、松田騎手でした。

各馬の動向

オウケンブルースリ(牡3・音無):有馬記念(12月28日)は使わずに放牧に出されるようです。

アサクサキングス(牡4・大久保龍):有馬記念での鞍上は四位騎手。

フローテーション(牡3・橋口):有馬記念での鞍上はC.ルメール騎手。

ベッラレイア(牝4・平田):愛知杯(12月20日)に出走予定でしたが、右前二頭筋筋肉痛を発症しため、放牧に出されたようです。

 それでは、良い馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

第60回阪神JF+第1回カペラS・第44回中日新聞杯の出走馬確定

 今週の日曜日(12月14日)に、阪神競馬場で行われる2歳女王決定戦、第60回阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳牝G1・芝1600m)と、中山競馬場で行われる第1回カペラステークス(3歳上G3・ダート1200m)、また、土曜日(12月13日)に中京競馬場で行われる第44回中日新聞杯(3歳上G3・芝2000m・ハンデ)の出走馬が確定しています。各レースの出走馬は以下の通りです。

阪神JF(斤量は馬齢で全馬54キロ)

アディアフォーン(牝2・橋口)小牧太騎手

調教後馬体重466キロ(木・栗東)/前走時466キロ

イナズマアマリリス(牝2・松元)吉田豊騎手

調教後馬体重438キロ(水・栗東)/前走時434キロ

カツヨトワイニング(牝2・高橋)江田照騎手

調教後馬体重408キロ(水・美浦)/前走時406キロ

コウエイハート(牝2・山内)川田騎手

調教後馬体重452キロ(水・栗東)/前走時454キロ

ジェルミナル(牝2・藤原英)福永騎手

調教後馬体重468キロ(木・栗東)/前走時472キロ

シゲルキリガミネ(牝2・小島貞)秋山騎手

調教後馬体重468キロ(木・栗東)/前走時468キロ

ショウナンカッサイ(牝2・北出)幸騎手

調教後馬体重444キロ(木・栗東)/前走時444キロ

ダノンベルベール(牝2・国枝)後藤騎手

調教後馬体重450キロ(木・栗東)/前走時456キロ

チャームポット(牝2・南井)田中克騎手

調教後馬体重438キロ(木・栗東)/前走時436キロ

デグラーティア(牝2・宮本)浜中騎手

調教後馬体重462キロ(木・栗東)/前走時458キロ

パドブレ(牝2・相沢)松岡騎手

調教後馬体重488キロ(木・美浦)/前走時488キロ

ブエナビスタ(牝2・松田博)安藤勝騎手

調教後馬体重448キロ(水・栗東)/前走時450キロ

フキラウソング(牝2・松田国)小坂騎手

調教後馬体重472キロ(水・栗東)/前走時470キロ

ミクロコスモス(牝2・角居)鮫島良騎手

調教後馬体重456キロ(木・栗東)/前走時452キロ

メイショウボナール(牝2・池添)佐藤哲騎手

調教後馬体重キ456ロ(水・栗東)/前走時460キロ

ルシュクル(牝2・中竹)M.デムーロ騎手

調教後馬体重486キロ(木・栗東)/前走時482キロ

レディルージュ(牝2・安田隆)角田騎手

調教後馬体重430キロ(木・栗東)/前走時426キロ

ワンカラット(牝2・藤岡健)岩田騎手

調教後馬体重494キロ(木・栗東)/前走時488キロ

以上の18頭となっています。

カペラS

アグネスジェダイ(牡6・森)村田騎手・57キロ

ウエスタンビーナス(牝5・鈴木康)郷原騎手・54キロ

カルナバリート(牡5・藤原則)内田博騎手・56キロ

コパノフウジン(牡6・宮)柴山騎手・56キロ

スリーアベニュー(牡6・小野)田中勝騎手・56キロ

タイセイアトム(牡5・矢作)藤田騎手・57キロ

ダイワエンパイア(牡4・松山康)北村宏騎手・56キロ

タータンフィールズ(牡6・崎山)津村騎手・56キロ

チョウカイシャトル(牡6・中野隆)吉田隼騎手・56キロ

トロピカルライト(牡4・二ノ宮)鷹野騎手・56キロ

ナンヨーヒルトップ(牡3・小笠)柴田善騎手・55キロ

ビクトリーテツニー(牡4・森)横山典騎手・56キロ

フジノウェーブ(牡6・大井・高橋三)御神本騎手・58キロ

リミットレスビット(牡9・加用)蛯名騎手・57キロ

ワーキングボーイ(牡5・中尾正)勝浦騎手・56キロ

ワールドハンター(牡4・坂口則)三浦皇騎手・56キロ

以上の16頭となっています。

中日新聞杯

アサカディフィート(せん10・鶴留)中舘騎手・58キロ

アルコセニョーラ(牝4・畠山重)武士沢騎手・53キロ

イケトップガン(牡4・石毛)大野騎手・52キロ

オペラブラーボ(牡4・久保田)蛯名騎手・56キロ

サクラオリオン(牡6・池江郎)北村友騎手・53キロ

シゲルフセルト(牡3・川村)川島騎手・53キロ

シンゲン(牡5・戸田)藤田騎手・54キロ

センカク(牡6・池上)赤木騎手・53キロ

ダブルティンパニー(牡6・松田国)上村騎手・53キロ

ダンスアジョイ(牡6・松永幹)秋山騎手・55キロ

パープルイーグル(牡6・飯田雄)藤岡康騎手・52キロ

フサイチアソート(牡3・岩戸)和田騎手・54キロ

ホッコーソレソレー(牡6・浜田)渡辺騎手・55キロ

マイネルスターリー(牡3・加用)丸田騎手・53キロ

マイネルポライト(牡5・西浦)長谷川騎手・54キロ

マンハッタンスカイ(牡4・浅見)芹沢騎手・57.5キロ

ヤマニンキングリー(牡3・河内)M.デムーロ騎手・55キロ

以上の17頭となっています。

各馬の動向

フィフティーワナー(せん6・安田隆):右前脚浅屈腱炎を発症。9ヶ月以上の休養が必要との事です。

サンライズバッカス(牡6・音無):放牧後、平安S(1月25日)で復帰予定。

ザレマ(牝4・音無):放牧後、京都牝馬S(2月1日)で復帰予定。

2歳馬の動向

シングンレジェンド(牡2・高市):朝日杯FS(12月21日)に登録。

リスペクトキャット(牡2・相沢):ハイローラー(牡2・木原)が全日本2歳優駿を回避したため、繰り上がりで出走可能に。鞍上は三浦皇騎手。

ツルマルジャパン(牡2・坂口則):朝日杯FSか、さざんか賞(12月27日)へ。

メイショウバーモス(牡2・佐山):樅の木賞(12月27日)へ。

トゥリオンファーレ(牡2・音無):ラジオNIKKEI杯2歳S(12月27日)か、ホープフルS(12月28日)へ。

 有馬記念のファン投票の最終結果が発表され、2年連続でウオッカ(牝4・角居)が1位となっています。

1位ウオッカ(牝4・角居)136,619票

2位ダイワスカーレット(牝4・松田国)131,460票

3位メイショウサムソン(牡5・高橋成)113,124票

4位マツリダゴッホ(牡5・国枝)110,192票

5位ディープスカイ(牡3・昆)109,966票

となっています。6位以下の順位はJRAのHPでご覧いただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

第54回クイーン賞の回顧

 今日(12月10日)は、船橋競馬場で交流重賞の第54回クイーン賞(3歳上牝G3・ダート1800m・ハンデ)が行われています。JRAからは4枠⑤ラピッドオレンジ(牝5・小笠)内田博騎手・54キロ、5枠⑦ユキチャン(牝3・後藤)安藤勝騎手・54キロ、5枠⑧アイスドール(牝5・池江寿)川田騎手・54キロ、8枠⑬ヤマトマリオン(牝5・安達)幸騎手・56.5キロの4頭が出走しています。

 レースは、好スタートを切った1枠①ザッハーマイン(牝3・兵庫・田中道)が先手を取り、2番手をユキチャンがガッチリキープし、それをマークするようにヤマトマリオンが3番手、4番手の外目にアイスドールが付け、中団馬群の中にラピッドオレンジが付ける展開。

 3コーナー入り口でペースが上がり、ユキチャンがザッハーマインの外から交わしに掛かり、連れてヤマトマリオン、アイスドール、ラピッドオレンジと中央勢が進出し、楽な手応えでユキチャンが先頭で直線に向くと、外から狙い済ましたようにヤマトマリオンが並びかけ、完全に2頭のマッチレースとなり、内で懸命に食い下がるユキチャンを、ゴール前でアタマ差捻じ伏せたヤマトマリオンが1着でゴール。タイムは1.49.5(不良)。2着には、番手追走から、懸命に粘ったユキチャン。3着には、4、5番手追走から、直線脚を伸ばしたアイスドールが入っています。

1着のヤマトマリオンは、ユキチャンをマークして、レースはしやすかった印象ですが、ここ数戦、牡馬混合の重賞でも内容が良くなっていますし、どちらかと言うと得意の左回りで、力通りの走りを見せたと言えそうですね。

2着のユキチャンは、牝馬限定の交流重賞ならば、さすがに力は上ですね。切れると言うよりも、いい脚を長く使う印象だけに、引き付けるよりも早目にスパートして突き放した方が良かったかも知れませんね。これから、更に経験を積んで、強いレースを見せてもらいたいですね。

3着のアイスドールは、この馬のレースは出来ていると思いますが、小回りとは言え、1800mは若干長い印象ですね。距離短縮されれば、この馬の切れが活きて来そうですね。

ラピッドオレンジは4着。牝馬限定戦ならば、確実に上位を賑わせる力ですが、今回は上位の馬の力が上だった印象ですね。この馬自身の力は出し切っているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週(12月6、7日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

先週(12月6、7日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

12月6日(土) 中山4R 新馬・ダート1200m(混)

チャーミングオーラ(牝2・小笠)藤田騎手・54キロ

タイム1.11.8(稍重)/上がり37.0/4番人気

2着馬アポログリード(-1.0)/馬体重470キロ

黒鹿毛/06年2月18日生まれ/生産・社台ファーム

Fusaichi Pegasus Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Angel Fever Danzig
Rowdy Angel
オーラ Quiet American Fappiano
Demure
Charmed Aura Halo
Acharmer

鋭発を決め、そのままハナへ。道中は後続の出方を窺うほどの余裕の手応えで、そのまま直線を向いて、後続を6馬身ちぎっての圧勝。

12月6日(土) 中山5R 新馬・芝1800m(混)

シングンレジェンド(牡2・高市)藤田騎手・55キロ

タイム1.53.4(稍重)/上がり34.3/7番人気

2着馬レオウィザード(-0.1)/馬体重448キロ

鹿毛/06年2月26日生まれ/生産・ヒカル牧場

シングンオペラ オペラハウス Sadler’s Wells
Colorspin
タケノハナミ ハードツービート
ヒカルカマタ
ピロット ラムタラ Nijinsky
Snow Bride
ウィーンコンサート サクラユタカオー
サウンドカグラ

好スタートから、押し出されるようにハナへ。楽なペースでの逃げとなり、4コーナーのコーナーワークでリードを広げると、そのまま、ゴールまでしっかりと伸び切って快勝。

12月6日(土) 中山10R 

葉牡丹賞(500万下)・芝2000m(混)

トーセンジョーダン(牡2・池江寿)O.ペリエ騎手・55キロ

タイム2.00.5(良)/上がり35.4/2番人気

2着馬セイクリッドバレー(-0.2)/馬体重476キロ(-4)

鹿毛/06年2月4日生まれ/生産・ノーザンファーム

ジャングルポケット トニービン Kampala
Severn Bridge
ダンスチャーマー Nureyev
Skillful Joy
エヴリウィスパー ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
クラフテイワイフ Crafty Prospector
Wife Mistress

五分のスタートを切り、押しながら前へ。1コーナーで上手く外に持ち出し2番手まで進出し、ゆったりとした流れの中、しっかりと折り合いを付けての追走。3~4コーナー中間辺りから早目に仕掛けて先頭に並びかけ、直線を向いてリードを広げ、そのまま押し切っての快勝。福島での未勝利勝ちと今回の走りを見る限りでは、前に付ける脚を持っていて、折り合いの不安が無く、自ら動いて長く良い脚を使えるので、ジャングルポケット産駒ですが、中山の2000mが合いそうなタイプですね。今後の走りが楽しみです。

12月6日(土) 阪神5R 新馬・ダート1400(牝)m

ラウリシルヴァ(牝2・鮫島)安藤勝騎手・54キロ

タイム1.26.9(重)/上がり37.7/3番人気

2着馬エオストレ(-0.9)/馬体重456キロ

栗毛/06年3月14日生まれ/生産・社台ファーム

ネオユニヴァース サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
ドライアッド トニービン Kampala
Severn Bridge
オークツリー リアルシヤダイ
シヤダイアイバー

五分のスタートも、ダッシュは鈍く後方からの競馬。3~4コーナーでかなり外を回りながら進出し、直線大外から1頭だけ違う脚を見せて、悠々と差し切って後続を5馬身引き離しての圧勝。ラジオNIKKEI杯2歳S(12月27日)を視野に入れて調整されるようです。

12月6日(土) 阪神6R 新馬・芝1400m(混)

メイショウバーモス(牡2・佐山)福永騎手・55キロ

タイム1.22.8(稍重)/上がり36.8/2番人気

2着馬ゼットオーラ(-0.0)/馬体重510キロ

青鹿毛/06年2月4日生まれ/生産・太陽牧場

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
フラワーキャット Mountain Cat Storm Cat
Always Mint
デヴィルインフライト Devil’s Bag
Silver in Flight

好スタートから、ダッシュも良くハナを奪い、マイペースの逃げに持ち込み、直線もラチ沿いをしっかりとした伸びを見せてリードを広げ、さすがにゴール前は、一杯になりながらもゼットオーラの追撃をハナ差凌ぎ切っての新馬勝ち。

12月6日(土) 阪神9R 

ポインセチア賞(500万下)・ダート1400m(混)

ラヴェリータ(牝2・松元)四位騎手・54キロ

タイム1.23.5(重)/上がり37.3/1番人気

2着馬ミラクルセッション(-0.6)/馬体重500キロ(-2)

芦毛/06年2月14日生まれ/生産・

Unbridled’s Song Unbridled Fappiano
Gana Facil
Trolley Song Caro
Lucky Spell
Go Classic Gone West Mr. Prospector
Secrettame
Seattle Classic Seattle Slew
Classy’n Smart

五分のスタートも、押して先手を主張。ハナに立ってからは楽な走りとなり、直線入り口で後続との差を広げ、そのまま悠々と逃げ切る圧勝。先手を取れず、馬込みでの競馬となった時に、不安は残りますが、道中のスピードはかなりの物ですね。今後の走りが楽しみです。今後は放牧に出され、来春、芝のレースを使い、結果次第で桜花賞(4月12日)へ。

12月7日(日) 中山5R 新馬・ダート1800m(混)

チュニジアンブルー(牡2・尾形)勝浦騎手・55キロ

タイム1.55.7(良)/上がり39.4/1番人気

2着馬ローレルセラヴィ(-0.6)/馬体重496キロ

黒鹿毛/06年5月25日生まれ/生産・酒井牧場

アッミラーレ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダジルミージョリエ Carr de Naskra
Mawgrit
エアレジェーロ アレミロード Tom Rolfe
Why Me Lord
アルパインスウイフト Storm Bird
La Dame Du Lac

五分のスタートを切り、後方からの競馬。向こう正面でムチを入れながら先団の直後まで進出し、3~4コーナーで大外を捲りきるような感じで、直線入り口で先頭に立ち、そのまま押し切っての快勝。

12月7日(日) 中山6R 新馬・芝1200m(混)

フェルミオン(牝2・奥平)吉田豊騎手・54キロ

タイム1.10.0(良)/上がり35.0/4番人気

2着馬リュウキュウサンバ(-0.6)/馬体重404キロ

鹿毛/06年4月14日生まれ/生産・ノーザンファーム

アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレデイー
パテントリークリア Miswaki Mr. Prospector
Hopespringseternal
Badge of Courage Well Decorated
Tamerett

スタートは悪かったものの、ダッシュは良く先行集団に取り付き、3番手を追走し、直線を向いて鋭い末脚を繰り出して悠々と差し切っての新馬勝ち。

12月7日(日) 中山7R 500万下・ダート1200m(混)

レッドヴァンクール(牡2・鹿戸雄)北村宏騎手・55キロ

タイム1.11.4(良)/上がり37.3/1番人気

2着馬ゼットサンサン(-0.0)/馬体重506キロ(-2)

鹿毛/06年4月25日生まれ/生産・社台ファーム

クロフネ French Deputy Deputy Minister
Mitterand
Blue Avenue Classic Go Go
Eliza Blue
パープルホワイト フジキセキ サンデーサイレンス
ミルレーサー
カノープス Theatrical
Heather Bee

好スタートから、楽に先手を取り、そのまま楽な手応えで直線に向き、3番手から追い上げて来たゼットサンサンの追撃をハナさ凌ぎ切っての勝利。上位の2頭は力が違った印象で、今後のレースでも注目ですね。この後は、しばらく放牧に出されるようです。

12月7日(日) 中山9R 

クリスマスローズS(OP)・芝1200m(混)

スガノメダリスト(牡2・大和田)吉田隼騎手・55キロ

タイム1.08.8(良)/上がり34.6/5番人気

2着馬コリコパット(-0.1)/馬体重462キロ(-2)

栗毛/06年3月8日生まれ/生産・田上稔

キングカメハメハ Kingmambo Kingmambo
Miesque
マンファス Last Tycoon
Pilot Bird
プレイリースカイ Gone West Mr. Prospector
Secrettame
Midsummer Magic Northern Dancer
Fleur

五分のスタートを切り、中団馬群の中を追走し、3~4コーナーで先行勢の直後まで進出し、直線外に持ち出されると、鋭い伸びを見せて好タイムでの勝利。若干折り合いに不安は残るタイプで、1200mの速い流れが向くようですね。次走はジュニアC(1月5日)か、クロッカスS(1月31日)のいずれかを予定。また、直線失速したツルマルジャパンは距離を伸ばした方が良さそうな印象ですね。

12月7日(日) 阪神5R 新馬・ダート1800m(混)

メイショウダグザ(牡2・南井)和田騎手・55キロ

タイム1.56.9(稍重)/上がり36.5/3番人気

2着馬シゲルゴユウサン(-0.4)/馬体重490キロ

黒鹿毛/06年3月10日生まれ/生産・フジワラファーム

ワイルドラッシュ Wild Again Icecapade
Bushel-n-Peck
Rose Park Plugged Nickle
Hardship
ロイヤルリフ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
Royal Revels Rahy
Royal Folly

1番枠から好発を決めてハナへ。道中仕掛ける馬がおらず、1000m通過が66秒6のスローペースで楽な逃げとなり、直線入り口でサンライズコアが並びかけるも、手応えは楽で、そのまま軽く仕掛ける程度で、後続に2馬身半の差を付ける圧勝。

12月7日(日) 阪神6R 新馬・芝2000m

キタサンアミーゴ(牡2・松田博)川田騎手・55キロ

タイム2.03.7(良)/上がり36.1/6番人気

2着馬ドリームライナー(-0.0)/馬体重438キロ

栗毛/06年3月10日生まれ/生産・ノーザンファーム

フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston’s Mill
アドマイヤハッピー トニービン Kampala
Severn Bridge
カーリーエンジェル ジヤツジアンジエルーチ
ダイナカール

スタートはあまり良くなかったものの、押して中団まで進出し、そこで折り合っての追走。3~4コーナーでも手応えには余裕がある感じでの追走から、直線大外に持ち出して力強い伸びを見せての差し切勝ち。

12月7日(日) 阪神9R 

千両賞(500万下)・芝1600m(混)

リーチザクラウン(牡2・橋口)安藤勝騎手・55キロ

タイム1.34.7(良)/上がり34.6/1番人気

2着馬カイシュウボナンザ(-0.5)/馬体重508キロ(-10)

青鹿毛/06年2月5日生まれ/生産・社台ファーム

スペシャルウィーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レデイーシラオキ
クラウンピース Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
クラシッククラウン Mr. Prospector
Six Crowns

まずまずのスタートから、押し出される様にハナに立ち、引っ張りきりの手応えでの逃げとなり、直線内にモタれて、立て直そうとした所で外に膨らむ若さを見せたものの、持ったままで後続を引き離しての圧勝。陣営がモノが違うと豪語する逸材で、距離延長には折り合い面での不安が残る物の、能力の高さは疑いようの無いレース振りで次走以降が楽しみですね。次走はラジオNIKKEI杯2歳S(12月27日)の予定。鞍上は騎乗可能なら武豊騎手になるようです。

各馬の動向

カネヒキリ(牡6・角居):東京大賞典に登録。出否は状態を見て決められるようです。

ヴァーミリアン(牡6・石坂)、ブルーコンコルド(牡8・服部)、サクセスブロッケン(牡3・藤原英):東京大賞典(12月29日・大井)へ。

ボンネビルレコード(牡6・堀井):的場文騎手騎乗で東京大賞典へ。選出されない場合は名古屋GP(12月23日)へ。

アルナスライン(牡4・松元):予定を変更して、ペリエ騎手騎乗で有馬記念(12月28日)へ。

エアジパング(せん5・藤原英):有馬記念(12月28日)へ。

ナムラマース(牡4・福島信):日経新春杯(1月18日)へ。

クラウンプリンセス(牝4・橋口):藤岡佑騎手騎乗で愛知杯(12月20日)へ。

2歳馬の動向

ワイドサファイア(牝2・藤原英):阪神JFを回避して、12月28日の自己条件へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

土曜日、中京ではG3・第44回中日新聞杯

 今週の土曜日(12月13日)には、中京競馬場で第44回中日新聞杯(3歳上G3・芝2000m・ハンデ)が行われます。外国産馬も出走可能となった今年は、フルゲート18頭に24頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りとなっています。

出走可能な順(騎手は予定です)

コンゴウリキシオー(牡6・山内)58キロ

アサカディフィート(せん10・鶴留)58キロ

マンハッタンスカイ(牡4・浅見)57.5キロ

オペラブラーボ(牡4・久保田)蛯名騎手・56キロ

アルコセニョーラ(牝4・畠山重)武士沢騎手・53キロ

ヤマニンキングリー(牡3・河内)M.デムーロ騎手・55キロ

シゲルフセルト(牡3・川村)川島騎手・53キロ

センカク(牡6・池上)53キロ

ホッコーソレソレー(牡6・浜田)中舘騎手・55キロ

ダブルティンパニー(牡6・松田国)53キロ

シンゲン(牡5・戸田)藤田騎手・54キロ

ダンスアジョイ(牡7・松永幹)55キロ

サクラオリオン(牡6・池江郎)北村友騎手・53キロ

マイネルポライト(牡5・西浦)54キロ

ニホンピロキース(牡7・服部)酒井騎手・53キロ

フサイチアソート(牡3・岩戸)54キロ

イケトップガン(牡4・石毛)大野騎手・52キロ

ヒカリシャトル(牡4・西浦)54キロ

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

トウショウウェイヴ(牡3・大久保洋)吉田豊騎手・53キロ、ヒカルカザブエ(牡3・岡田)51キロ、ファストロック(牡4・藤沢和)54キロ、マイネルスターリー(牡3・加用)53キロ、サケダイスキ(牡5・奥平)村田騎手・51キロ、パープルイーグル(牡6・飯田雄)52キロ

となっています。

福島記念で重賞初制覇し勢いに乗るマンハッタンスカイ、アンドロメダSで成長の跡を見せたヤマニンキングリー、好内容で3連勝のオペラブラーボ、適距離に戻って力を発揮出来そうなシゲルフセルト、前走勝ちで勢いに乗りたいダンスアジョイ、ローカルのハンデ重賞なら十分通用のアルコセニョーラ、格上挑戦も力的には十分通用のヒカリシャトル、前走で復調気配のフサイチアソート、長期休養明けを快勝し、ここでも楽しみなシンゲン、力を付けて来て52キロのハンデならと思わせるイケトップガン、力は上位のコンゴウリキシオーやアサカディフィートなど、楽しみなメンバーが揃って、ハンデ戦らしい激しいレースが期待出来そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山では、G3・第1回カペラステークス

 今週の日曜日(12月14日)には、中山競馬場で、毎年1月に行われていたガーネットステークスに替わって新設された、フェブラリーSに向けたステップレースとなる、第1回カペラステークス(3歳上G3・ダート1200m)が行われます。フルゲート16頭に地方馬1頭を含む40頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りとなっています。

地方馬

フジノウェーブ(牡6・大井・高橋三)58キロ

出走可能な順(騎手は予定です)

リミットレスビット(牡9・加用)蛯名騎手・57キロ

アグネスジェダイ(牡6・森)57キロ

タイセイアトム(牡5・矢作)57キロ

カルナバリート(牡5・藤沢則)内田博騎手・56キロ

スリーアベニュー(牡6・小野)田中勝騎手・56キロ

ウエスタンビーナス(牝5・鈴木康)郷原騎手・54キロ

コパノフウジン(牡6・宮56)キロ

ダイワエンパイア(牡4・松山康)北村宏騎手・56キロ

リキアイタイカン(牡10・阿部)56キロ

ヒシカツリーダー(牡4・小島貞)木幡騎手・56キロ

チョウカイシャトル(牡6・中野隆)56キロ

ナンヨートップヒル(牡3・小笠)55キロ

ビクトリーテツニー(牡4・森)56キロ

ワールドハンター(牡4・坂口則)56キロ

ダンスインザモア(牡6・相沢)56キロ

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

セレスクラブ(牡6・鮫島)56キロ、タータンフィールズ(牡6・崎山)56キロ、トウショウヴォイス(牡6・小桧山)56キロ、ゼットフラッシュ(牡5・山内)56キロ、トロピカルライト(牡4・二ノ宮)56キロ、アグネストレジャー(牡6・長浜)56キロ、アロマキャンドル(牝3・河野)53キロ、シアトルバローズ(牡5・武田)56キロ、ワーキングボーイ(牡5・中尾正)56キロ、クィーンキネマ(牝4・領家)54キロ、ペプチドルビー(牝3・境直)53キロ、サチノスイーティー(牝5・中尾正)54キロ、ドリームガードナー(牡3・中村)55キロ、フサイチホクトセイ(牡7・古賀史)56キロ、ピサノパテック(牡6・藤沢和)56キロ、イクスキューズ(牝4・鹿戸雄)54キロ、ダンスフォーウィン(牡5・古賀史)56キロ、メイショウトッパー(牡5・白井)56キロ、ハギノトリオンフォ(牡6・野中)56キロ、テンイムホウ(牝・柄崎)54キロ、サンツェッペリン(牡4・斎藤誠)56キロ、マイネルハーティー(牡6・中村)56キロ、フライングアップル(牡4・藤沢和)56キロ、オースミダイドウ(牡4・中尾正)56キロ

となっています。

得意の1200mで中央重賞制覇を狙うフジノウェーブ、得意の条件で世代交代を狙うダイワエンパイア、距離短縮は好材料のカルナバリート、ダート1200mで逃げ脚が活きるサチノスイーティー、レースの幅が広がり安定感の出て来たクィーンオブキネマ、距離短縮は微妙も、力を付けているナンヨーヒルトップ、ダート短距離重賞常連のアグネスジェダイ、リミットレスビット、タイセイアトムなど、激しいレースが期待出来るメンバーとなりそうですね。

 明日、船橋競馬場で第54回クイーン賞(3歳上牝G3・ダート1800m)が行われます。枠順は以下の通りです。

1枠①ザッハーマイン(牝3・兵庫・田中道)

戸崎圭騎手・51キロ

2枠②サイレントエクセル(牝5・岩手・佐藤祐)

石崎隆騎手・51キロ

3枠③マダムルコント(牝3・川崎・田邉陽)

町田直騎手・51キロ

3枠④ブライズメイト(牝3・船橋・山浦武)

御神本騎手・52キロ

4枠⑤ラピッドオレンジ(牝5・小笠倫)

内田博騎手・54キロ

4枠⑥キーポケット(牝4・兵庫・吉行龍)

酒井忍騎手・51キロ

5枠⑦ユキチャン(牝3・後藤由)

安藤勝騎手・54キロ

5枠⑧アイスドール(牝5・池江寿)

川田将騎手・54キロ

6枠⑨シスターエレキング(牝3・船橋・出川龍)

桑島孝騎手・51キロ

6枠⑩ハタノギャラン(牝3・船橋・柿本政)

張田京騎手・51キロ

7枠⑪パフィオペディラム(牝5・船橋・岡林光)

左海誠騎手・53キロ

7枠⑫ダイワオンディーヌ(牝5・大井・佐藤壽)

高野毅騎手・52キロ

8枠⑬ヤマトマリオン(牝5・安達昭)

幸英明騎手・56.5キロ

8枠⑭ミスジョーカー(牝5・船橋・矢野義)

本橋孝騎手・51キロ

以上の14頭。発走は12月10日(水)の15時20分となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

今週はG1・第60回阪神ジュベナイルフィリーズ

 今週の日曜日(12月14日)には、阪神競馬場で2歳女王を決める1戦となる第60回阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳牝G1・芝1600m)が行われます。

出走可能な順(斤量は馬齢で全馬54キロ・騎手は予定です)

デグラーティア(牝2・宮本)浜中騎手

3戦3勝で夏の小倉2歳チャンピオン。3勝共に強い内容での勝利で力は十分も、中間、使う予定のレースを使えず、3ヶ月振りのレースで、初距離の1600mと有利な条件とは言えませんね。何れにせよ、仕上がりに注目ですね。

イナズマアマリリス(牝2・松元)吉田豊騎手

前走のファンタジーSでは、好位の内々で折り合って、直線抜け出す大人びたレース振り。距離延長も問題無さそうですし、多頭数の競馬で更にしぶとさが活きそうなタイプですね。

コウエイハート(牝2・山内)川田騎手

九州産馬ながらも小倉2歳Sで2着に入り、力をアピール。休み明けのファンタジーSを叩いて上積みが見込め、混戦になればチャンスは十分。

ショウナンカッサイ(牝2・北出)幸騎手

新馬→ききょうSと連勝中。ききょうSでは一端交わされながらも差し返しての勝利で勝負根性としぶとさを感じさせるレース内容。距離延長は微妙。

パドブレ(牝2・相沢)松岡騎手

新馬、ダリア賞と連勝後、京王杯2歳Sでは展開が向かず、後方のまま11着と大敗。どこまで状態を上げて来れるかに掛かっていますね。

ルシュクル(牝2・中竹)M.デムーロ

好位の内々を上手く立ち回って2勝を挙げているように、小回りの1200mがピッタリの印象です。内枠を引いて、好位で上手く脚を溜めれればと言ったところですね。

ワンカラット(牝2・藤岡健)岩田騎手

使われながらレースを覚え、状態も1戦ごとに良くなっている印象ですね。距離延長も問題無さそうで、道中の捌き次第でしょう。

アディアフォーン(牝2・橋口)小牧太騎手

一瞬の切れに欠ける分、距離延長は歓迎材料ですし、阪神コースも向きそうで、後は中2週続きで体調次第でしょう。

カツヨトワイニング(牝2・高橋)江田照騎手

馬群に怯まないので多頭数での競馬でも十分力を発揮出来るタイプですね。使われながら状態を上げて来たので前走から間が空いた今回、どの位の仕上がりで出走出来るかですね。

ジェルミナル(牝2・藤原英)福永騎手

新馬戦3着の後、未勝利→黄菊賞と1800mを強い内容で連勝。鞍上の指示にも従順で、完成度の高さを感じさせますね。

ダノンベルベール(牝2・国枝)後藤騎手

3戦2勝で、2着に敗れた芙蓉Sも好内容のレース振りで、出遅れた前走も外々を回って悠々差し切る強い内容。早目に栗東入りし、意欲を感じる調整振りですね。

レディルージュ(牝2・安田隆)角田騎手

1600mの白菊賞を好位で折り合いを付けて、直線差し切る好内容での勝利。折り合いに不安も無く、馬群も平気で、後は中1週でどれだけの状態で出走出来るかですね。

抽選対象馬(19頭中6頭が出走可能)

アイレンベルグ(牝2・佐藤)、アンジュアイル(牝2・安田伊)、アンプレショニスト(牝2・畠山吉)、カイテキプリン(牝2・西塚)、クイーンアリュール(牝2・鶴留)、グッデーコパ(牝2・上原)、コパノマユチャン(牝2・作田)、シゲルキリガミネ(牝2・小島貞)、シルクナデシコ(牝2・宮)藤岡康騎手、チャームポット(牝2・南井)和田騎手、ドゥミポワント(牝2・斎藤誠)、ブエナビスタ(牝2・松田博)安藤勝騎手、フキラウソング(牝2・松田国)、プレザントブリーズ(牝2・山内)、マイティースルー(牝2・大久保洋)小野騎手、ミクロコスモス(牝2・角居)、メイクデュース(牝2・清水出)、メイショウボナール(牝2・池添)、ワイドサファイヤ(牝2・藤原英)

除外対象馬

タラリア(牝2・中島)

となっています。

 これと言って抜けた馬がおらず、抽選で滑り込んだ馬を含め、どの馬にも十分チャンスがありそうな大混戦が予想されるメンバー構成となりそうですね。

 12月23日(火・祝)に、名古屋競馬場で行われる第8回名古屋グランプリ(3歳上G2・ダート2500m)と、12月25日(木)に、園田競馬場で行われる第8回兵庫ゴールドトロフィー(3歳上G3・ダート1400m)への、中央からの出走予定馬が発表されています。

名古屋GP

フィールドルージュ(牡6・西園)

ボンネビリレコード(牡6・堀井)

メイショウトウコン(牡6・安田伊)

ワンダースピード(牡6・羽月)小牧太騎手

補欠馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

キクノサリーレ(牡3・吉田)、ヤマトマリオン(牝5・安達)、シャーベットトーン(牡6・奥平)、マコトスパルビエロ(牡4・鮫島)、ボランタス(牡4・角居)

兵庫GT

コンゴウリキシオー(牡6・山内)

スマートファルコン(牡3・小崎)

メイショウバトラー(牝8・高橋成)

リミットレスビット(牡9・加用)

補欠馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

フェラーリピサ(牡4・白井)、アグネスジェダイ(牡6・森)、タイセイアトム(牡5・矢作)、ダンツキッスイ(牡3・本田)、ブイチャレンジ(牡3・水野)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年12月 7日 (日)

今日(12月7日・JCダート)の回顧

 阪神11R第9回ジャパンカップダート(3歳上G1・ダート1800m)は、中団前目の馬群の中で折り合いを付けたカネヒキリ(牡6・角居)が、3コーナー辺りで逃げるサクセスブロッケン(牡3・藤原英)の直後に潜り込み、直線力強く抜け出し、ゴール前大外から追い込んできたメイショウトウコン(牡6・安田伊)をアタマ差凌ぎ切って、2度目のJCダート制覇を飾っています。タイムは1.49.2(良)。2着には、道中最後方追走から、直線大外を良く追い込んだメイショウトウコン。3着には、後方追走から、直線しぶとく伸びた1番人気のヴァーミリアン(牡6・石坂)が入っています。

1着のカネヒキリは、2度の屈腱炎を乗り越えて、復帰2戦目で素晴らしいパフォーマンスを見せましたね。コレだけの状態に仕上げた厩舎スタッフと、見事な手綱捌きを見せたルメール騎手の素晴らしい仕事だったと思います。

2着のメイショウトウコンは、自身の競馬に徹して、力を出し切りましたね。追い込み脚質だけに外を回るロスの分、カネヒキリには届きませんでしたが、JBCクラシックと今回のレース内容なら、G1タイトルに手の届く所までやって来た印象ですね。

私の本命のヴァーミリアンは3着。若干太かったのかも知れませんが、それでも4コーナーでメイショウトウコンに外から交わされる勢いで来られながらも、最後まで食い下がっていた様に、負けて尚、強さを感じさせる内容でしたね。

 続いて、中山11Rターコイズステークス(3歳上牝OP・ダート1800m・ハンデ)は、五分のスタートから、押して敢然とハナを奪ったザレマ(牝4・音無)が、マイペースの逃げに持ち込み、直線に向いてからも脚色は衰えず、後続の追い上げをクビ差凌ぎ切って、1年8ヶ月振りの勝利を飾っています。タイムは1.34.7(良)。2着には、好位の3番手追走から、ゴール前際どく迫ったカレイジャスミン(牝3・宗像)。3着には、4番手追走から、直線良く差を詰めたソーマジック(牝3・田村)が入っています。

1着のザレマは、思い切って先手を取った鞍上の作戦勝ちと言えそうですね。マイルで54キロと条件も良かった事も確かですが、今後も牝馬同士なら上位争い出来る力だと思います。

2着のカレイジャスミンは、スンナリ先行出来るとしぶといレースを見せますね。距離も1600~2000mまでなら力を発揮出来そうで、来春の牝馬限定重賞での活躍が期待出来そうですね。

3着のソーマジックは、スムーズなレースで力は出せたと思いますが、ハンデ差の分と言えそうですね。距離はマイル前後が合っているような印象ですね。

私の本命のウェディングフジコ(牝4・戸田)は6着。中団内々追走から、直線良く差を詰めましたが、前残りの展開で位置取りがやや後になった事が痛かったですね。いずれはこのクラスでも通用する馬だと思いますので、今後の走りにも注目していきたいですね。

今日の注目馬

阪神12R⑩シャイナムスメ(牝4・坂口大)は5着。先行してスムーズな競馬で力は出し切った印象ですね。もうワンパンチ欲しい印象はありますが、このクラスでも十分やれる力だと思います。

 阪神9R千両賞(2歳500万下・芝1600m)をリーチザクラウン(牡2・橋口)で制した安藤勝巳騎手が、中央競馬史上28人目となる、JRA通算900勝を達成しています。また、中山9RクリスマスローズS(2歳OP・芝1200m)をスガノメダリスト(牡2)で制した大和田稔調教師が、現役43人目となるJRA通算400勝を達成しています。お二人とも、おめでとうございました。

 第22回WSJSは、第4戦のゴールデンホイップT(3歳上1000万下・芝1600m)でマッチメイト(牡5・川村)で2着に入ったI.メンディザバル騎手(フランス)が45ポイントとし、逆転で優勝を飾っています。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

明日(12月7日・JCダート)の競馬

 阪神11R第9回ジャパンカップダート(3歳上G1・ダート1800m)からです。私の本命は⑥ヴァーミリアン(牡6・石坂)です。休み明け2走目で体調は万全で、展開不問。阪神ダートは初めてですが、日本各地の様々な競馬場で勝って来ていますので問題は無さそうです。この馬自身の力を出し切るレースが期待出来そうですね。

相手には、内から③サンライズバッカス(牡6・音無)。展開が向けば。⑤メイショウトウコン(牡6・安田伊)。前走が好内容で、逆転も十分。⑦サクセスブロッケン(牡3・藤原英)。力は互角。レース運び次第。⑩カネヒキリ(牡6・角居)。期待させるだけの力。⑭フリオーソ(牡4・船橋・川島)。力をすべて出し切れれば。以上、馬連で⑥から③⑤⑦⑩⑭へ。

 続いて、中山11Rターコイズステークス(3歳上牝OP・芝1600m)です。私の本命は①ウエディングフジコ(牝4・戸田)です。格上挑戦になりますが、同じ牝馬同士なら十分通用の力だと思いますし、2連勝の勢いと50キロの軽ハンデ、内枠を上手く活かしたレースを期待したいですね。

相手には、内から③マイネカンナ(牝4・国枝)。状態上向きで、牝馬限定なら上位。⑤ハチマンダイボサツ(牝4・境直)。前走が好内容。⑨ザレマ(牝4・音無)。中山1600mで54キロなら上位争いでしょう。⑩ヤマニンエマイユ(牝5・浅見)。力を付けているのでこなせる可能性は十分も、若干距離が長い印象です。⑫ソーマジック(牝3・田村)。距離短縮は好材料。⑬アスクデピュティ(牝4・伊藤正)。ここでも十分やれる力。⑭ライムキャンディ(牝3・藤岡健)。休み明けの前走が強い内容。ここでも十分通用。以上、馬連で①から③⑤⑨⑩⑫⑬⑭へ。

明日の注目馬

阪神10R⑩シャイナムスメ(牝4・坂口大)。休み明け3走目ですし、開幕週の馬場は合いそうです。

 今日(12月6日)の回顧の補足です。阪神8R3歳上1000万下(ダート2000m)をグッドフロマージュ(牡5)で制した宮徹調教師が、現役112人目となるJRA通算200勝を達成されています。おめでとうございました。

 それでは、明日も良い馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日(12月6日)の回顧

 中山11R第42回ステイヤーズステークス(3歳上G2・芝3600m)は、ゆったりとレースが流れる中、好位の内々でジックリ脚を溜めたエアジパング(せん5・藤原英)が、終始内ラチピッタリを回り、4コーナーでも内から離れず、逃げるフローテーション(牡3・橋口)の直後まで進出し、直線は2頭のマッチレースとなり、最後はクビ差エアジパングが抜け出し重賞初制覇を飾っています。タイムは3.48.1(良)。2着には、1周目の3コーナーから先頭に立ち、最後までしぶといレースを見せたフローテーション。3着には、エアジパングの直後、こちらも内々を上手く立ち回ったトウカイエリート(牡8・野中)が入っています。

1着のエアジパングは、1度使われて状態が良くなっていましたし、好位の内々をガッチリキープしてロスの無い競馬でしたね。いつもながらですが、藤原英厩舎の仕上げと、横山典騎手の騎乗は見事としか言い様がないですね。

2着のフローテーションは、折り合いを欠いてのものでは無いですし、先行して脚を溜め殺しするよりも、途中からハナに立ったのは正解でしょう。エアジパングには交わされたものの、強い内容だったと思いますし、今後の長距離戦での活躍が期待出来そうですね。

3着のトウカイエリートは、ひと叩きされて状態がアップしているのがパドックでありありと出ていましたし、道中、内々を上手く捌いて、状態の良さを活かしきりましたね。この状態をキープ出来れば、次走以降も面白そうですね。

私の本命のトウカイトリック(牡6・野中)は8着。1度使われたものの、本来の状態ではなく、展開的にも厳しかったですね。長距離戦で、この内容では、しばらく厳しいレースが続きそうですね。

 続いて、阪神11R第61回鳴尾記念(3歳上G3・芝1800m)は、圧倒的な1番人気の推されたサクラメガワンダー(牡5・友道)が、中団外目を楽に追走から、直線あっさり抜け出す完勝で、1年1ヶ月振りの勝利を飾っています。タイムは1.46.0(良)。2着には、ほぼ最後方の位置取りから直線大外を追い込んできたナムラマース(牡4・福島信)。3着にも、後方追走から、直線ナムラマースと併せてよく伸びたドリームガードナー(牡3・中村)が入っています。

1着のサクラメガワンダーは、ここでは力が違うと言ったレース振りで完勝でしたね。来年は大きい所での活躍に期待したい1頭ですね。

2着のナムラマースは、展開が向いた事もあるでしょうが、調教で動いていた様に体調がかなり良くなっている印象で、本来の力を考えても、次走以降も注目したいですね。

3着のドリームガードナーは、こちらも展開が向いた印象はありますが、芝のマイル前後ならこれぐらいは走れる力だと思いますし、次走以降も十分期待出来そうですね。

私の本命のノットアローン(牡3・橋口)は4着。前に行った組で、残ったのはこの馬だけと言う、予想外のハイペースに泣いた印象です。ただ、力は見せていますし、今後も1600m~1800m辺りなら力を出せる馬だと思います。

今日の注目馬

阪神12R②クリールパッション(牡3・相沢)は11着。レース内容を見ると、メンバー的にも、時計的にも、この馬には厳しかったですね。このクラスまで上がって来ると、もう少し短い距離の方が良さそうな印象です。この馬とは関係ないですが、このレースの勝ち馬のクリーン(牡4・音無)が602キロの馬体重での勝利は、06年にゲンキナシャチョウが記録した600キロを上回る、中央競馬での最高馬体重勝利をなっています。

 中山9RイルミネーションJS(障害OP)をマルカラスカル(牡6・増本)で制した西谷誠騎手が、障害で通算100勝を達成しています。おめでとうございます。

 WSJSは第1戦のゴールデンサドルT(3歳上1000万下・芝1400m)をエイシンアロー(牡4・武邦)で制した小牧太騎手が、第2戦のゴールデンスパーT(3歳上1600万下・ダート1800m)でもメンデル(牡6・梅田智)で3着に入り、合計33ポイントでトップに立っています。2位は21ポイントのA.ガルシア、内田博幸騎手とB.シン騎手の3名。以下、J.ムルタ騎手18ポイント、I.メンディサバル騎手、C.ウィリアムス騎手17ポイントと続いています。

 それでは、また後ほど^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

明日(12月6日)の競馬

 今週から中山、阪神が開幕し、阪神競馬場で行われるWSJSも楽しみですが、まずは、中山11R第42回ステイヤーズステークス(3歳上G2・芝3600m)からです。私の本命は⑩トウカイトリック(牡6・野中)です。今年に入って不本意な成績が続いていますが、休み明けをひと叩きされ、3000mを超える距離には抜群の強さを見せますので、本来の走りを取り戻す事を期待したいですね。

相手には、内から③ビエンナーレ(牝5・河野)。バテ無い強みを活かせれば。④エアジパング(せん5・藤原英)。力はここでも通用。⑦マキハタサイボーグ(せん6・新川)。昨年の再現は十分可能。⑪ベンチャーナイン(牡3・小桧山)。距離は問題無さそうで、展開次第。⑬ナイアガラ(牡5・池江郎)。連勝の勢いと鞍上に期待。⑭フローテーション(牡3・橋口)。菊花賞の様に折り合いが付けば。以上、馬連で⑩から③④⑦⑪⑬⑭へ。

 続いて、阪神11R第61回鳴尾記念(3歳上G3・芝1800m)です。私の本命は⑧ノットアローン(牡3・橋口)です。前走の敗因は明らかで、得意の距離に戻って、この馬本来の走りが期待出来そうですね。

相手には、内から①トウショウシロッコ(牡5・大久保洋)。距離、コース共に向きそうな印象。②ホッコーパドゥシャ(牡6・浜田)。阪神1800mは得意。③キャプテンベガ(牡5・松田博)。条件的にはピッタリ。④ニホンピロリビエラ(牡6・大橋)。距離短縮は好材料。⑤フサイチアウステル(牡6・池江寿)。スンナリ行ければ。⑭ドリームガードナー(牡3・中村)。芝なら前走の様な事は無いでしょう。⑯サクラメガワンダー(牡5・友道)。上位争いは必至。以上、馬連で⑧から①②③④⑤⑭⑯へ。

明日の注目馬

阪神12R②クリールパッション(牡3・相沢)。前走が久々にこの馬らしい走り。昇級戦でも十分通用の力でしょう。

 それでは、良い馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

第9回ジャパンCダート枠順確定+第42回ステイヤーズS・第61回鳴尾記念の出走馬確定

 今週の日曜日(12月7日)に、阪神競馬場で行われる第9回ジャパンカップダート(3歳上G1・ダート1800m)の枠順と調教後馬体重が発表されています。また、土曜日(12月6日)に、中山競馬場で行われる第42回ステイヤーズステークス(3歳上G2・芝3600m)と、阪神競馬場で行われる第61回鳴尾記念(3歳上G3・芝1800m)の出走馬も確定しています。各レースの枠順、出走馬は以下の通りです。

ジャパンカップダート

1枠①ワンダースピード(牡6・羽月)

小牧太騎手・57キロ

調教後馬体重490キロ(水・栗東)/前走時476キロ

1枠②フロストジャイアント(牡5・アメリカ・R.ダトロー)

C.ヴェラスケス騎手・57キロ

調教後馬体重496キロ(木・阪神)/前走時ーーキロ

2枠③サンライズバッカス(牡6・音無)

佐藤哲騎手・57キロ

調教後馬体重498キロ(木・栗東)/前走時488キロ

2枠④メイショウバトラー(牝8・高橋成)

福永騎手・55キロ

調教後馬体重526キロ(水・栗東)/前走時517キロ

3枠⑤メイショウトウコン(牡6・安田伊)

藤田騎手・57キロ

調教後馬体重466キロ(木・栗東)/前走時462キロ

3枠⑥ヴァーミリアン(牡6・石坂)

岩田騎手・57キロ

調教後馬体重522キロ(木・栗東)/前走時512キロ

4枠⑦サクセスブロッケン(牡3・藤原英)

横山典騎手・56キロ

調教後馬体重530キロ(水・栗東)/前走時521キロ

4枠⑧ティンカップチャリス(せん3・アメリカ・M.レセッシー)

E.プラード騎手・56キロ

調教後馬体重470キロ(木・阪神)/前走時ーーキロ

5枠⑨アドマイヤフジ(牡6・橋田)

川田騎手・57キロ

調教後馬体重538キロ(木・栗東)/前走時528キロ

5枠⑩カネヒキリ(牡6・角居)

C.ルメール騎手・57キロ

調教後馬体重542キロ(木・栗東)/前走時534キロ

6枠⑪カジノドライヴ(牡3・藤沢和)

安藤勝騎手・56キロ

調教後馬体重526キロ(水・阪神)/前走時ーーキロ

6枠⑫ブルーコンコルド(牡8・服部)

幸騎手・57キロ

調教後馬体重518キロ(木・栗東)/前走時514キロ

7枠⑬マストトラック(牡4・アメリカ・R.フランケル)

G.ゴメス騎手・57キロ

調教後馬体重460キロ(木・阪神)/前走時ーーキロ

7枠⑭フリオーソ(牡4・船橋・川島正)

戸崎圭騎手・57キロ

調教後馬体重508キロ(水・船橋)/前走時491キロ

8枠⑮ワイルドワンダー(牡6・久保田)

蛯名騎手・57キロ

調教後馬体重462キロ(木・美浦)/前走時464キロ

8枠⑯ボンネビルレコード(牡6・堀井)

内田博騎手・57キロ

調教後馬体重506キロ(木・美浦)/前走時496キロ

以上の16頭となっています。

ステイヤーズS

エアジパング(せん5・藤原英)横山典騎手・57キロ

ゴーウィズウィンド(牡9・国枝)吉田隼騎手・57キロ

トウカイエリート(牡8・野中)上村騎手・57キロ

トウカイトリック(牡6・野中)幸騎手・57キロ

ドラゴンファイヤー(牡4・久保田)蛯名騎手・57キロ

トレオウオブキング(牡7・清水英)江田照騎手・57キロ

ナイアガラ(牡5・池江郎)O.ペリエ騎手・57キロ

ニシノデュー(牡7・奥平)勝浦騎手・57キロ

ビエンナーレ(牝5・河野)三浦皇騎手・55キロ

フローテーション(牡3・橋口)藤岡佑騎手・55キロ

ベンチャーナイン(牡3・小桧山)武士沢騎手・55キロ

マキハタサイボーグ(せん6・新川)吉田豊騎手・58キロ

メイショウカチドキ(牡8・庄野)田中勝騎手・57キロ

メイショウクオリア(牡3・西橋)柴田善騎手・55キロ

メジロコルセア(牡6・大久保洋)藤田騎手・57キロ

レッドアゲート(牝3・田村)中舘騎手・53キロ

以上の16頭となっています。尚、登録のあったマンハッタンスカイ(牡4・浅見)、サクラオリオン(牡6・池江郎)、シゲルフセルト(牡3・川村)、ダブルティンパニー(牡6・松田国)は中日新聞杯(12月13日)へ。

鳴尾記念

キャプテンベガ(牡5・松田博)安藤勝騎手・56キロ

サクラメガワンダー(牡5・友道)福永騎手・56キロ

ショウワモダン(牡4・杉浦)村田騎手・56キロ

ジーンハンター(牡6・松元)A.ガルシア騎手・56キロ

スウィフトカレント(牡7・森)C.ウィリアムス騎手・58キロ

テイエムプリキュア(牝5・五十嵐)熊沢騎手・54キロ

トウショウシロッコ(牡5・大久保洋)内田博騎手・56キロ

トップオブツヨシ(牡5・鶴留)池添騎手・56キロ

ドリームガードナー(牡3・中村)岩田騎手・55キロ

ナムラマース(牡4・福島信)小牧太騎手・56キロ

ニホンピロリビエラ(牡6・大橋)川島騎手・56キロ

ノットアローン(牡3・橋口)C.ルメール騎手・55キロ

フサイチアウステル(牡6・池江寿)赤木騎手・56キロ

フライングアップル(牡4・藤沢和)D.ホワイト騎手・56キロ

ブラックカフェ(牡8・小島太)J.ムルタ騎手・56キロ

ホッコーパドゥシャ(牡6・浜田)渡辺騎手・56キロ

メイショウオウテ(牡6・梅田智)藤岡康騎手・56キロ

以上の17頭となっています。

各馬の動向

シグナスヒーロー(牡4・鹿戸雄):デムーロ騎手騎乗で有馬記念(12月28日)へ。

ウエスタンダンサー(牝4・崎山):シルクロードS(2月8日)へ。

アルナスライン(牡4・松元):日経新春杯(1月18日)かAJCC(1月25日)を予定。鞍上は武豊騎手。

2歳馬の動向

ナカヤマフェスタ(牡2・二ノ宮):京成杯(1月18日)→弥生賞(3月8日)→皐月賞(4月19日)のローテーションを予定。

プットリー(牝2・伊藤伸):万全の状態で臨めない為、阪神JFは回避。現在、短期放牧中で、1月か2月に復帰予定。

ナムラミーティア(牝2・田村):阪神JFを回避して、放牧に出された様です。復帰は未定。

アンライバルド(牡2・友道):ラジオNIKKEI杯2歳S(12月27日)へ。

ミクロコスモス(牝2・角居):鮫島良騎手で阪神JF(12月14日)へ。除外の場合は同日のエリカ賞へ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月 3日 (水)

先週(11月29、30日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 先週(11月29、30日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

11月29日(土) 東京5R 新馬・芝1400m

ショウナンアルディ(牡2・上原)内田博騎手・55キロ

タイム1.23.8(良)/上がり34.4/1番人気

2着馬ビービーボルト(-0.1)/馬体重468キロ

栗毛/06年2月19日生まれ/生産・神垣道弘

ネオユニヴァース サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
ショウナンマイラヴ トニービン Kampala
Severn Bridge
メジロハイネ メジロゲツコウ
メジロハリマ

五分のスタートから、4番手を楽に追走し、直線に向いて前3頭の外に持ち出し、残り300m辺りから追い出されると、手応え通りの反応を見せ、完全に逃げ切り態勢のビービーボルトをゴール寸前で図った様に差し切っての新馬勝ち。

11月29日(土) 東京6R 新馬・芝1600m

サトノエクスプレス(牡2・藤沢和)北村宏騎手・55キロ

タイム1.38.2(良)/上がり33.9/2番人気

2着馬ケニアブラック(-0.1)/馬体重510キロ

栗毛/06年4月4日生まれ/生産・社台ファーム

フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston’s Mill
レディータイクーン クリミナルタイプ Alydar
Klepto
ビユーパーダンス Lyphard
My Bupers

好スタートを切り、スローペースの中で、外目の3番手でキッチリと折り合いを付け、直線を向いてスッと抜け出し、外から差して来たケニアブラックとトップキングダムと馬体を併せると、ゴール前もうひと伸びし、2頭を突き放しての新馬勝ち。朝日杯FS(12月21日)に登録。

11月29日(土) 東京7R 500万下・ダート1600m(混)

リスペクトキャット(牡2・相沢)三浦皇騎手・54キロ

タイム1.37.2(重)/上がり37.3/4番人気

2着馬アドバンスウェイ(-0.0)/馬体重476キロ(+2)

黒鹿毛/06年5月28日生まれ

生産・Brushwood Stable

Storm Cat Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
Princess Atoosa Gone West Mr. Prospector
Secrettame
Kooyonga Persian Bold
Anjuli

好スタートから、3番手で3頭並んだ真ん中で折り合いを付けての追走。直線入り口で上手く外に持ち出し、直線中半で先頭に踊りだし、外からアドバンスウェイ、内からフェイマステイルの猛追を受けるも、ゴールまでキッチリと伸び切ってレコードタイムでの1着。1600mに距離を伸ばして追走が楽になった印象ですね。ゴール前でのしぶとさも見せ、次走以降が楽しみですね。

11月29日(土) 京都6R 新馬・芝1600m

テーマソング(牝2・中村)浜中騎手・53キロ

タイム1.37.2(良)/上がり35.2/2番人気

2着馬エーシンモアオバー(-0.0)/馬体重464キロ

鹿毛/06年3月11日生まれ/生産・社台ファーム

ジャングルポケット トニービン Kampala
Severn Bridge
ダンスチャーマー Nureyev
Skillful Joy
ソロリサイタル Rahy Blushing Groom
Glorious Song
Sole Topsider
Glisk

好スタートから先団馬群の中を追走。やや頭が高く、勝負処では押しながらの追走も、直線外に持ち出すと鋭い伸びを見せての新馬勝ち。(直線で先頭を走っていたセブンサミッツが内に逃避して落馬するアクシデントがありました)

11月29日(土) 京都9R 

京都2歳S(OP)・芝2000m(混)

イグゼキュティヴ(牡2・北海道・田部)松岡騎手・56キロ

タイム2.02.2(良)/上がり35.0/2番人気

2着馬ファミリズム(-0.1)/馬体重486キロ(+4)

鹿毛/06年4月20日生まれ/生産・沖田忠幸

チーフベアハート Chief’s Crown Danzig
Six Crowns
Amelia Bearhart Bold Hour
Myrtlewood Lass
ミホグレース アスワン ノーザンテースト
リリーオブザナイル
ビユーテイマリヤ トライバルチーフ
チユウオーマリヤ

五分のスタートも、行く気を見せず後方からの競馬となり、向こう正面で内を突いてスルスルと3番手まで進出し、ペースが上がった3~4コーナーでは押し通しで早めにムチが入りながら、直線内の狭い所をこじ開けて抜け出し、外からファミリズムの強襲を抑え切っての1着。2、3、4着馬はまだ2戦目で、レース経験の豊富さが活きた印象ですね。皐月賞が行われる中山2000m辺りが向きそうなタイプでしょうか。

11月30日(日) 東京4R 新馬・ダート1600m(混)

グロリアスノア(牡2・矢作)小林慎騎手・55キロ

タイム1.40.6(稍重)/上がり37.3/3番人気

2着馬シルクアンシエル(-0.3)/馬体重510キロ

黒鹿毛/06年4月17日生まれ/生産・鮎川牧場

プリサイスエンド End Sweep Forty Niner
Broom Dance
Precisely Summing
Crisp ’n Clear
ラヴロバリー ジェイドロバリー Mr. Prospector
Number
クリスタルレイル Great Above
T. V. Actress

ゲート入りでジョッキーを振り落とす気の悪さを見せ、スタートでも出遅れ。3コーナーまでに内々を回って中団まで押し上げ、どこを割ろうかと言う手応えで直線に向き、行く所行く所で前が詰まりながらも、最後抜け出した2頭の間をスパッと2馬身抜け出しての快勝。かなりの能力を感じさせる内容で、次走が楽しみですね。

11月30日(日) 東京5R 新馬・芝2000m(混)

メイショウパルマ(牡2・小島太)石橋守騎手・55キロ

タイム2.05.1(良)/上がり34.3/494番人気

2着馬レッドシャガーラ(-0.1)/馬体重494キロ

黒鹿毛/06年4月15日生まれ/生産・三嶋牧場

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
メイショウオッチモ フォーティナイナー Mr. Prospector
File
オールザイヤーズ Alydar
Thirty Years

五分のスタートから、後方の内目を楽に追走。そのまま直線に向き、行き場が無くなり、そとの各馬が抜け出すのを待って、残り300m辺りでようやく大外に持ち出されると、弾かれた様に鋭い末脚を繰り出し纏めて差し切っての新馬勝ち。トレセン近くのサーストン牧場に放牧に出され、今後は未定。こちらも能力を感じさせる走りで、次走が楽しみですね。

11月30日(日) 東京7R 

ベゴニア賞(500万下)・芝1400m(混)

パールシャドウ(牝2・手塚)蛯名騎手・54キロ

タイム1.35.2(良)/上がり35.5/1番人気

2着馬ナンヨーアイドル(-0.2)/馬体重442キロ(±0)

鹿毛/06年3月2日生まれ/生産・社台ファーム

クロフネ French Deputy Deputy Minister
Mitterand
Blue Avenue Classic Go Go
Eliza Blue
ピュアティー Woodman Mr. Prospector
Playmate
L’Extra Honor Hero’s Honor
L’Extravagante

まずまずのスタートから、抑え切れない感じでハナへ。先頭に立ってからは楽な走りを見せ、直線に入ってからも力強い伸びを見せて後続を完封。新馬戦は好位で折り合っての圧勝でしたが、今日は使われて気合が乗っていたのか折り合いを欠きそうになる場面もありましたが、ハナに立ってからはスムーズな走り。気性的にはやや不安があるものの、レース内容は強く、次走以降も楽しみですね。レース後にソエが出た為、厩舎でひと息入れられるようです。

11月30日(日) 京都5R 新馬・ダート1200m(混)

コスモスプライト(牡2・中村)藤岡佑騎手・55キロ

タイム1.13.5(良)/上がり37.4/1番人気

2着馬スナークツバサ(-1.1)/馬体重472キロ

栗毛/06年1月26日生まれ/生産・前田宗将

フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston’s Mill
ヘバラー Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Almuhtarama Rainbow Quest
Bold Lady

まずまずのスタートを切り、押して前へ。途中で行き脚が付き逃げ馬の外にピッタリ張り付くと、直線に入ってあっさり抜け出し、後続を7馬身引き離す圧勝で新馬勝ち。

11月30日(日) 京都6R 新馬・芝2000m(混)

ロードロックスター(牡2・池江郎)藤岡佑騎手・55キロ

タイム2.04.9(良)/上がり35.1/1番人気

2着馬サンライズキール(-0.2)/馬体重488キロ

鹿毛/06年3月22日生まれ/生産・K.I. Farm

Rock of Gibraltar Danehill Danzig
Razyana
Offshore Boom Be My Guest
Push a Button
Lady Pastel Tony Bin Kampala
Severn Bridge
Pink Turtle Blushing Groom
Turtle Cove

五分のスタートからジワッと前へ。2番手で折り合いを付けての追走から、直線入り口で先頭に立つと、余裕のある伸びを見せて後続を寄付けず完勝。

11月30日(日) 京都9R 

白菊賞(500万下)・芝1600m(牝・混)

レディルージュ(牝2・安田隆)鮫島良騎手・54キロ

タイム1.35.7(良)/上がり36.1/7番人気

2着馬チャームポット(-0.1)/馬体重426キロ(-6)

青鹿毛/06年3月13日生まれ/生産・ケイアイファーム

ブライアンズタイム Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley’s Day Graustark
Golden Trail
サッカーマム Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
Traverse City Halo
Cherry Jubilee

好スタートを切るも、無理には行かず中団を楽に追走し、3~4コーナーでジワッと4番手まで押し上げ、直線は外に持ち出し力強い伸びを見せての快勝。スピードもあり、好位で折り合えるので安定感がありますね。次走は阪神JF(12月14日)を予定。

各馬の動向

ティンカップチャリス(せん3・M.レセッシ):JCダートの鞍上はE.プラード騎手に決まった様です。

有馬記念マツリダゴッホ(牡5・国枝)、メイショウサムソン(牡5・高橋成)、アサクサキングス(牡4・大久保龍)、トーホウアラン(牡5・藤原英)。

阪神C:ファリダット(牡3・松元)、マルカフェニックス(牡4・松永昌)、ビービーガルダン(牡4・領家)、ペールギュント(牡6・橋口)。

エイシンフォワード(牡3・西園):阪神C(12月21日)に秋山騎手騎乗で復帰予定。

タマモサポート(牡5・藤岡健):京都金杯(1月5日)へ。

2歳馬の動向

ファミリズム(牝2・梅田智)、シルクナデシコ(牝3・宮):阪神JF(12月14日)へ。

ナンヨーアイドル(牡2・領家):ひいらぎ賞(12月20日)へ。

エイシンタイガー(牡2・西園):黒松賞(12月13日)へ。

 マイルチャンピオンシップを制したブルーメンブラッド(牝5・石坂)が、12月3日付で競走馬登録を抹消され、今後は繁殖牝馬になる予定です。通算成績は24戦8勝。重賞は08年マイルCS(G1)、08年府中牝馬S(G3)の2勝。クラブの規定で牝馬は6歳春で引退する事が決まっているようですね。まだまだ活躍出来そうなだけに残念ですが、いい仔を出してくれる事を期待したいですね。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

土曜日、阪神ではG3・第61回鳴尾記念

 今週の土曜日(12月6日)には、阪神競馬場で第61回鳴尾記念(3歳上G3・芝1800m)が行われます。今年はフルゲート18頭に26頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りとなっています。

出走可能な順(騎手は予定です)

スウィフトカレント(牡7・森)内田博騎手・58キロ

メイショウクオリア(牡3・西橋)角田騎手・55キロ

フサイチアウステル(牡6・池江寿)赤木騎手・56キロ

ハイアーゲーム(牡7・大久保洋)G.ゴメス騎手・56キロ

ノットアローン(牡3・橋口)55キロ

シゲルフセルト(牡3・川村)55キロ

キャプテンベガ(牡5・松田博)熊沢騎手・56キロ

ショウワモダン(牡4・杉浦)後藤騎手・56キロ

ダブルティンパニー(牡6・松田国)藤田騎手・56キロ

ベンチャーナイン(牡3・小桧山)武士沢騎手・55キロ

ニホンピロリビエラ(牡6・大橋)川島騎手・56キロ

サクラメガワンダー(牡5・友道)福永騎手・56キロ

トップオブツヨシ(牡5・鶴留)56キロ

サクラオリオン(牡6・池江郎)北村友騎手・56キロ

ホッコーパドゥシャ(牡6・浜田)渡辺騎手・56キロ

ジーンハンター(牡6・松元)56キロ

ナムラマース(牡4・福島信)小牧太騎手・56キロ

メジロコルセア(牡6・大久保洋)藤岡佑騎手・56キロ

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

ドリームガードナー(牡3・中村)浜中騎手・55キロ、アップドラフト(せん6・安田隆)56キロ、マイネルハーティー(牡6・中村)56キロ、フライングアップル(牡4・藤沢和)H.ホワイト騎手・56キロ、メイショウオウテ(牡6・梅田智)幸騎手・56キロ、テイエムプリキュア(牝5・五十嵐)54キロ、トウショウシロッコ(牡5・大久保洋)56キロ、ブラックカフェ(牡8・小島太)56キロ

となっています。

1800mのG3なら上位のサクラメガワンダー、距離短縮で本来の走りが見られそうなノットアローン、シゲルフセルト、ベンチャーナインの3歳勢、重賞タイトルまで後一歩まで迫るキャプテンベガ、ここなら大威張り出来る実績のハイアーゲーム、距離短縮は好材料のニホンピロリビエラ、スンナリなら侮れないフサイチアウステルなど、楽しみなメンバーが揃って、激しいレースが期待出来そうですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日、中山でG2・第42回ステイヤーズステークス

 今週の土曜日(12月6日)には、中山競馬場で師走競馬恒例のマラソン重賞、第42回ステイヤーズステークス(3歳上G2・芝3600m)が行われます。今年はフルゲート16頭に27頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りとなっています。

出走可能な順(騎手は予定です)

マンハッタンスカイ(牡4・浅見)57キロ

トウカイトリック(牡6・野中)幸騎手・57キロ

マキハタサイボーグ(せん6・新川)吉田豊騎手・58キロ

フローテーション(牡3・橋口)藤岡佑騎手・55キロ

レッドアゲート(牝3・田村)53キロ

メイショウクオリア(牡3・西橋)56キロ

エアジパング(せん5・藤原英)横山典騎手・57キロ

ベンチャーナイン(牡3・小桧山)武士沢騎手・55キロ

ナイアガラ(牡5・池江郎)O.ペリエ騎手・57キロ

トウカイエリート(牡8・野中)57キロ

ビエンナーレ(牝5・河野)三浦皇騎手・55キロ

ドラゴンファイヤー(牡4・久保田)蛯名騎手・57キロ

トレオウオブキング(牡7・清水英)57キロ

メジロコルセア(牡6・大久保洋)57キロ

ゴーウィズウィンド(牡9・国枝)57キロ

テイエムプリキュア(牝5・五十嵐)55キロ

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

ニシノデュー(牡7・奥平)57キロ、トウショウシロッコ(牡5・大久保洋)57キロ、メイショウカチドキ(牡8・庄野)57キロ、ボランタス(牡4・角居)57キロ、ドットコム(牡3・戸田)55キロ、ヒカルカザブエ(牡3・岡田)55キロ、エターナルスマイル(牡6・斎藤誠)57キロ、セタガヤフラッグ(牡5・阿部)57キロ、エプソムアルテマ(牡7・中野栄)57キロ、シグナリオ(牡4・手塚)57キロ、エーシンダードマン(牡4・大久保龍)57キロ

となっています。

3000mを超える距離でのスタミナ勝負には絶対の自信を持つトウカイトリック、重賞のタイトルを手に入れ勢いにのるマンハッタンスカイ、菊花賞2着で長距離適正を示したフローテーション、昨年の覇者マキハタサイボーグ、長期休養明け後2連勝と勢いのあるナイアガラ、アルゼンチン共和国杯は大敗も、長距離では安定感のあるエアジパング、しぶとさを生かすには絶好の舞台のビエンナーレ、距離適正は微妙も力はベンチャーナイン、メイショウクオリア、レッドアゲートら3歳勢など、楽しみなメンバーが揃い、ジョッキーの腕比べも含めて楽しみな1戦となりそうですね。

 12月17日(水)に川崎競馬場で行われる交流G1・第59回全日本2歳優駿(2歳G1・ダート1600m)へ、JRAから出走を予定する馬が発表されています。

スズカワグナー(牡2・橋田)

スーニ(牡2・吉田)

フィフスペトル(牡2・加藤征)

メトロノース(牡2・安田隆)

補欠馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

ハイローラー(牡2・木原)、リスペクトキャット(牡2・相沢)、スズノハミルトン(牡2・五十嵐)、ラインオブナイト(牡2・庄野)、アースリヴィング(牝2・小笠)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月 1日 (月)

今週はG1・第9回ジャパンカップダート

 今週の日曜日(12月7日)には、今年から阪神競馬場での開催となった第9回ジャパンカップダート(3歳上G1・ダート1800m)が行われます。今年はフルゲート16頭に外国馬3頭を含む41頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りとなっています。

外国馬

ティンカップチャリス(せん3・アメリカ・M.レセッシ)

P.ロドリゲス騎手・56キロ

ティンカップチャリスのプロフィール(JRAのHP)

競走成績はG2インディアナダービー勝ちを含む、9戦8勝。前々走で連勝は止まったものの、前走G2を制しており、勢いは十分。逃げ、もしくは先行からの早目先頭で押し切る競馬で、力を出し切れれば十分チャンスはありそうですね。

フロストジャイアント(牡5・アメリカ・R.ダトローJr)

C.ヴェラスケス騎手・57キロ

フロストジャイアントのプロフィール(JRAのHP)

通算成績は14戦4勝(ダートは3戦2勝)。G1・サバーハンハンデを最低人気ながら52キロのハンデで制しています。前走が競走中止(ゴールしたものの大差の為)で、そこから3ヶ月開いて、仕上がりが気になりますね。

マストトラック(牡4・アメリカ・R.フランケル)

G.ゴメス・57キロ

マストトラックのプロフィール(JRAのHP)

通算成績は13戦5勝。オールウェザーでG1を2勝で、ダート経験は無し。ハリウッドゴールドカップを制している為、JCダートに勝つとボーナス1億円の権利を持っています。力は今回の3頭の中でもNO.1と言えそうですが、AWで強い馬が、日本の馬場に合うか注目ですね。

出走可能な順

ヴァーミリアン(牡6・石坂)岩田騎手・57キロ

乗り慣れた武豊騎手が騎乗出来ないのは痛いですが、癖も無く、乗り易い馬ですし、岩田騎手ですから問題は無さそうですね。休み明けのJBCクラシックも強い内容でしたし、斤量的にも有利になります。これと言った不安材料が見当たらず、国内G1・7連勝の可能性は大ですね。

サクセスブロッケン(牡3・藤原英)横山典騎手・56キロ

前走までは、ヴァーミリアンと2キロ差でしたが、今回は1キロ差に。ただ、前走はスタートでトモを滑らしスムーズだったとは言えず、逆転のチャンスは十分ありそうですね。

ブルーコンコルド(牡8・服部)幸騎手・57キロ

前走JBCスプリントは、この馬には忙しかった印象なので、距離延長はプラスでしょう。毎回コンスタントに力を出すタイプで、混戦になれば浮上のチャンスは十分でしょう。

カジノドライヴ(牡3・藤沢和)安藤勝騎手・56キロ

日本でのレースはコレが2走目。アメリカ遠征の疲れや、多頭数でのレースなど未知数な部分が多い事は確かですが、それでも期待させる何かを持っていますね。

フリオーソ(牡4・船橋・川島正)戸崎圭騎手・57キロ

地方所属馬の中では数少ない中央馬と互角以上に戦える力の持ち主。ただ、南関東エリアでは強さを見せ付ける反面、遠征で結果が出ていない事が気になりますね。

メイショウバトラー(牝8・高橋成)福永騎手・55キロ

8歳馬ながらも、コンスタントに交流重賞で活躍を続けています。距離が若干長いですし、相手も強力ですが、この馬自身の力は出し切って来ると思います。

ボンネビルレコード(牡6・堀井)内田博騎手・57キロ

中央勢の中でもトップクラスとは力差を感じるレース内容ですね。鞍上が的場文騎手ならばとも思いますが、展開に恵まれてどこまでと言った印象ですね。

メイショウトウコン(牡6・安田伊)藤田騎手・57キロ

前走のJBCクラシックでは、スタートで後手を踏みながらも、後一歩にまで詰め寄るレース振り。阪神コースはほとんど経験が無く、合うかどうかは微妙ですが、1発の可能性は十分あるのではないでしょうか。

ワイルドワンダー(牡6・久保田)蛯名騎手・57キロ

1800mは乗り方次第でこなせなくは無い距離ですし、昨年の2100mでも5着に頑張っており、力は十分。

スマートファルコン(牡3・小崎)56キロ

回避予定です。出走してくれば十分チャンスだと思います。

ワンダースピード(牡6・羽月)小牧太騎手・57キロ

力を付けていますし、阪神コースも合います。ただ、ここまで相手が強力だと、もう少し距離が欲しいところですね。

カネヒキリ(牡6・角居)C.ルメール騎手・57キロ

1年半振りの武蔵野Sが前が詰まってまったく追えずに9着。ひと叩きの効果は大きいでしょうし、あっさり勝たれても驚けないですね。

サンライズバッカス(牡6・音無)佐藤哲騎手・57キロ

毎回コンスタントに力を発揮して来ます。差し・追い込み脚質で、多頭数での競馬は有利とは言えず、4コーナーでの位置取りがカギとなりそうですね。

アドマイヤフジ(牡6・橋田)川田騎手・57キロ

初ダートがG1では、さすがに厳しいとしか良い様がありませんね。

除外対象馬

トーセンブライト(牡7・加藤征)藤岡佑騎手・57キロ、キクノサリーレ(牡3・吉田)後藤騎手・56キロ、ヤマトマリオン(牝5・安達)55キロ、スウィフトカレント(牡7・森)57キロ、ユビキタス(牡3・鈴木伸)56キロ、エスポワールシチー(牡3・安達)56キロ、ナナヨーヒマワリ(牡7・小原)57キロ、タケミカヅチ(牡3・大江原)56キロ、カルナバリート(牡5・藤沢則)キロ、ボードスウィーパー(牡7・野村)57キロ、トーセンキャプテン(牡4・角居)57キロ、フィフティーワナー(せん6・安田隆)57キロ、フリートアドミラル(牡4・池上)57キロ、ゲイルバニヤン(牡5・池江郎)57キロ、ビクトリーテツニー(牡4・森)57キロ、シャーベットトーン(牡6・奥平)57キロ、ダークメッセージ(牡5・佐々木晶)57キロ、ドンクール(牡6・鈴木伸)57キロ、ベルーガ(牡7・尾形)57キロ、マコトスパルビエロ(牡4・鮫島)57キロ、マルブツリード(牡5・大根田)57キロ、ウインカーディナル(牡6・中竹)57キロ、メイショウサライ(牡7・増本)57キロ、タイキヴァンペール(牡6・田中清)57キロ

となっています。

 今年は、海外からも強力なメンバーが遠征して来ていますし、迎え撃つ日本勢もハイレベルのメンバーが集結し見応えのあるレースが期待出来そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »