« 京都では、G3・第13回ファンタジーステークス | トップページ | 先週(11月1、2日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 »

2008年11月 4日 (火)

土曜日、東京でG3・第13回武蔵野ステークス

 今週の土曜日(11月8日)には、東京競馬場で第13回東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(3歳上G3・ダート1600m)が行われます。例年ハイレベルな戦いとなりますが、JCダートが今年から阪神1800mに変わり、よりステップレースの意味合いが強くなった印象ですね。今年はフルゲート16頭に41頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りとなっています。

出走可能な順

カネヒキリ(牡6・角居)58キロ、サンライズバッカス(牡6・音無)58キロ、トーセンブライト(牡7・加藤征)56キロ、アグネスジェダイ(牡6・森)57キロ、ユビキタス(牡3・鈴木伸)56キロ、アドマイヤスバル(牡5・中尾秀)56キロ、タケミカヅチ(牡3・大江原)55キロ、カルナバリート(牡5・藤沢則)56キロ、ダンツキッスイ(牡3・本田)56キロ、ゼンノコーラル(牡7・中竹)56キロ、ダイワエンパイア(牡4・松山康)56キロ、キクノサリーレ(牡3・吉田)55キロ、トーセンアーチャー(牡4・大久保龍)56キロ、ベルモントフロテア(牝4・川村)54キロ、ワールドハンター(牡4・坂口則)56キロ、 ダイショウジェット(牡5・大根田)56キロ

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

エスケーカントリー(牡4・武市)56キロ、ゲイルスパーキー(牡4・古賀慎)56キロ、チョウカイシャトル(牡6・中野隆)56キロ、フサイチアソート(牡3・岩戸)55キロ、ボードスウィーパー(牡7・野村)56キロ、ドンクール(牡6・鈴木伸)56キロ、パーフェクトジョイ(牝5・池江寿)54キロ、ダノンビクトリー(牡7・小崎)56キロ、マイケルバローズ(牡7・藤沢則)56キロ、ウインレックス(せん7・宗像)56キロ、シアトルバローズ(牡5・武田)56キロ、ベルーガ(牡7・尾形)56キロ、ブルーショットガン(牡9・武宏)56キロ、タイキエニグマ(牡7・清水美)56キロ、ドリームガードナー(牡3・中村)55キロ、マルブツリード(牡5・大根田)56キロ、オフィサー(牡6・森)56キロ、ウインカーディナル(牡6・中竹)56キロ、イクスキューズ(牝4・鹿戸雄)54キロ、タマモサポート(牡5・藤岡健)56キロ、ミュージックホーク(牡7・中竹)56キロ、サンツェッペリン(牡4・斎藤誠)56キロ、フライングアップル(牡4・藤沢和)56キロ、メイショウオウテ(牡6・梅田智)56キロ、トールハンマー(牡8・二ノ宮)56キロ

となっています。

06年の帝王賞2着以来2年4ヶ月振りの出走となるカネヒキリ、レベルの高い3歳ダート路線でもトップクラスのユビキタス、東京1600mはベストのサンライズバッカス、7歳ながらも力を付けて来ているトーセンブライト、能力的にはここでも勝ち負け出来るアドマイヤスバル、3連勝でOP入りし一気に重賞制覇を狙うキクノサリーレ、ダートに矛先を向けレース振りが注目されるタケミカヅチ、休み明け快勝で勢いに乗るカルナバリート、距離は微妙も勢いのあるダイワエンパイア、勝ちっぷりは既にOP級のトーセンアーチャーなど、前哨戦とは思えない程の、好メンバーが揃いましたね。

|

« 京都では、G3・第13回ファンタジーステークス | トップページ | 先週(11月1、2日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日、東京でG3・第13回武蔵野ステークス:

« 京都では、G3・第13回ファンタジーステークス | トップページ | 先週(11月1、2日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 »