« 第8回JBCスプリント・第8回JBCクラシックの回顧 | トップページ | 京都では、G3・第13回ファンタジーステークス »

2008年11月 3日 (月)

今週はG2・第46回アルゼンチン共和国杯

 今週の日曜日(11月9日)には、東京競馬場で第46回アルゼンチン共和国杯(3歳上G2・芝2500m・ハンデ)が行われます。昨年のこのレースを制したアドマイヤジュピタは、その後天皇賞・春を制した様に、この後のJC、有馬記念だけでなく、来年以降の飛躍を狙う馬達が集まるレースでもありますね。今年はフルゲート18頭に16頭の登録があり、全馬出走可能となっています。全登録馬とハンデは以下の通りです。

全登録馬

アルナスライン(牡4・松元)58キロ、エアジパング(せん5・藤原英)54キロ、キングアーサー(牡5・藤沢和)54キロ、ゴーウィズウィンド(牡9・国枝)50キロ、ジャガーメイル(牡4・堀)56キロ、スクリーンヒーロー(牡4・鹿戸雄)53キロ、セタガヤフラッグ(牡5・阿部)50キロ、ダンスアジョイ(牡7・松永幹)53キロ、テイエムプリキュア(牝5・五十嵐)49キロ、トウカイトリック(牡6・野中)58キロ、トウショウシロッコ(牡5・大久保洋)56キロ、ネヴァブション(牡5・伊藤正)57.5キロ、マキハタサイボーグ(せん6・新川)56キロ、マンハッタンスカイ(牡4・浅見)56キロ、メイショウカチドキ(牡8・庄野)54キロ、ヤマニンアラバスタ(牝7・星野)52キロ

となっています。

重賞のタイトルを取り、勢いに乗りたいアルナスライン、一歩ずつ着実に成長して来たジャガーメイル、勢いに乗ると怖いサンデーサイレンス産駒のキングアーサー、脚の使いどころ次第のダンスアジョイ、徐々に復調してきたトウショウシロッコ、しぶとさが身上のマンハッタンスカイ、能力は十分通用のスクリーンヒーロー、久々も力は上位のネヴァプション、スタミナ勝負は望む所のトウカイトリック、マキハタサイボーグなど、楽しみなメンバーが揃いましたね。

 11月2日(日)の東京競馬4R2歳新馬戦(芝1600m)で横山典弘騎手が騎乗したアイアムピカイチ(牡2)は、最後の直線走路で急に内側に斜行し、11番トーホーグロリア (後藤 浩輝騎手)の走行を妨害したため、第12着に降着となり、横山典騎手は騎乗停止の処分を受けています。期間は開催日2日間となっており、アルゼンチン共和国杯でアルナスラインに騎乗出来なくなった為、内田博騎手がアルナスラインに騎乗するようです。

|

« 第8回JBCスプリント・第8回JBCクラシックの回顧 | トップページ | 京都では、G3・第13回ファンタジーステークス »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週はG2・第46回アルゼンチン共和国杯:

» 2歳育児の知識サイト [2歳育児の知識サイト]
2歳育児の知識を紹介しました [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 23時21分

» 今週の重賞レース【アルゼンチン共和国杯】 [明日の勝利のつかみ方(JRA版)]
現役最強馬 アルゼンチン共和国杯に向けて思うこと そんな世間の喧騒をよそに、私が現役最強馬と勝手に思っているジャガーメイルが今週のアルゼンチン共和国杯に出走予定です。 極端な脚質ゆえ取りこぼすことも考えられますが、府中2400ならディープスカイやウオッカより強いと思っているんですけどね ... 【登録馬】第46回アルゼンチン共和国杯(JpnII) 【登録馬】第46回アルゼンチン共和国杯(JpnII) アルナスラインエアジ...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 4日 (火) 09時32分

« 第8回JBCスプリント・第8回JBCクラシックの回顧 | トップページ | 京都では、G3・第13回ファンタジーステークス »