« 今週はG1・第25回マイルチャンピオンシップ | トップページ | 月曜日、福島でG3・第44回福島記念 »

2008年11月18日 (火)

土曜日、東京でG3・第13回東京スポーツ杯2歳ステークス

 今週の土曜日(11月22日)には、東京競馬場で第13回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳G3・芝1800m)が行われます。このレースは例年、クラシックを見据えた好素材が集まるレースになっており、G1ウイナーも数多く輩出しているレースとなっていますね。今年はフルゲート18頭に18頭の登録があり、全馬出走可能となっています。全登録馬は以下の通りです。

出走可能な順(斤量は馬齢で牡馬55キロ、牝馬54キロ)

収得賞金1200万

スズカワグナー(牡2・橋田)、ダノンカモン(牡2・池江寿)

収得賞金400万

ケイアイライジン(牡2・尾形)、サンカルロ(牡2・大久保洋)、スズカケ(牡2・岩戸)、セイクリッドバレー(牡2・高橋裕)、ダノンヒデキ(牡2・加藤征)、ナカヤマフェスタ(牡2・二ノ宮)、ハイローラー(牡2・木原)、バッグハウス(牡2・的場)、ピサノシンボル(牡2・藤沢和)、ヒラボクエクセル(牡2・国枝)、ブレイクランアウト(牡2・戸田)、プレジャーラン(牡2・手塚)、フレンドケント(牡2・菊川)、マッハヴェロシティ(牡2・武藤)、メイショウドンタク(牡2・安田伊)、ラインブラッド(牡2・領家)

となっています。 

2戦2勝で強いレース振りのスズカワグナーとダノンカモン、ひと叩きされた上積みに期待のブレイクランアウト、しぶといレース振りのケイアイライジン、力強い走りを見せる良血馬ピサノシンボル、間隔を開けて立て直したマッハヴェロシティなど、来年のクラシックまで楽しませてくれそうなメンバーが揃い、見応えのあるレースが期待出来そうですね。

 12月6(土)、7日(日)に阪神競馬場で行われる第22回ワールドスーパージョキーズシリーズに出場するジョッキーがJRAから発表されています。

武豊(関西1位)

643戦144勝(うちJRA以外の成績32戦7勝)

岩田康誠(関西2位)

781戦115勝(うちJRA以外の成績53戦11勝)

安藤勝巳(関西3位)

466戦99勝(うちJRA以外の成績2戦0勝)

内田博幸(関東1位)

779戦108勝(うちJRA以外の成績57戦12勝)

後藤浩輝(関東2位)

705戦93勝(うちJRA以外の成績11戦3勝)

小牧太(08年サマージョッキーズシリーズ1位)

657戦62勝(うちJRA以外の成績23戦4勝・関西9位)

JRA所属騎手の成績は11月2日の時点でのものです。

菅原勲(岩手)

688戦173勝(地方のみ) 岩手1位

11月15日現在

エドガー・プラード(アメリカ)

1,112戦199勝 北米勝鞍15位

10月29日現在

アラン・ガルシア(アメリカ)

1,136戦205勝 北米勝鞍12位

10月29日現在

イオリッツ・メンディサバル(フランス)

1,006戦186勝 仏国勝鞍1位

11月3日現在

アンドレアシュ・シュタルケ(ドイツ)

315戦69勝 独国勝鞍3位

11月3日現在

ジョン・ムルタ(アイルランド)

308戦77勝 愛国勝鞍3位

11月5日現在

クレイグ・ウィリアムス(オーストラリア)

530戦86勝 メルボルン地区勝鞍1位

11月5日現在

ブレイク・シン(オーストラリア)

430戦79勝 シドニー地区勝鞍1位

11月5日現在

ダグラス・ホワイト(香港)

570戦111勝 香港勝鞍1位

10月31日現在

以上の15名となっています。

|

« 今週はG1・第25回マイルチャンピオンシップ | トップページ | 月曜日、福島でG3・第44回福島記念 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日、東京でG3・第13回東京スポーツ杯2歳ステークス:

« 今週はG1・第25回マイルチャンピオンシップ | トップページ | 月曜日、福島でG3・第44回福島記念 »