« 明日(11月8日)の競馬 | トップページ | 明日(11月9日)の競馬 »

2008年11月 8日 (土)

今日(11月8日)の回顧

 東京11R東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(3歳上G3・ダート1600m)は、3連勝と勢いに乗るキクノサリーレ(牡3・吉田)が、好位の5番手を楽に追走から、直線に入り1番人気のユビキタス(牡3・鈴木伸)が抜け出したところを、ひと追いごとに差を詰め、残り100m辺りでユビキタス交わして先頭に立ち、追い込んできたサンライズバッカス(牡6・音無)の追撃を3/4馬身凌ぎきって1着。タイムは1.36.0(良)。キクノサリーレ、吉田調教師共に重賞初制覇となっています。2着には、後方追走から、直線大外から良く追い込んだサンライズバッカス。3着には、2番手追走から、早目に抜け出し最後まで粘ったユビキタスが入っています。

1着のキクノサリーレは、好位追走から差し切る強い内容でしたね。この連勝中の勝ちっぷりはどれも強い内容で、その充実振りには驚かされますね。サクセスブロッケン、スマートファルコンらに次ぐ存在まで登りつめ、次走以降の走りに注目ですね。

私の本命のサンライズバッカスは2着。やはり、東京1600mは走りますね。この馬の力は出し切っていますが、最後は3キロ差の分でしょう。今後も条件が合えば力を見せてくれるでしょう。

3着のユビキタスは、春の走りを考えると物足りない走りにも見えますが、それでも3着に粘りこむ辺りは、この馬の力を感じますね。個人的には、もう少し距離を伸ばした方が良いのではないかと思っています。

06年の帝王賞以来の競馬となったカネヒキリ(牡6・角居)は9着。まずは無事に走り切って何よりでしたね。思ったよりは仕上がっており、内容的にもまずまずの内容(恐る恐るで追えてませんでしたね)。この後、無事に使えれば、いずれチャンスは必ず来ると思います。

 続いて、京都11R京洛S(3歳上OP・芝1200m・ハンデ)は、1番人気のスプリングソング(牡3・鶴留)が、好位追走から、直線外に持ち出されると、鋭い末脚を繰り出し、逃げて粘るウエスタンビーナス(牝5・鈴木康)をキッチリ捉えての快勝。タイムは1.07.8(稍重)。2着には、中団追走から、あと一歩まで追い上げたウエスタンダンサー(牝4・崎山)。3着には、逃げて最後までしぶとく粘ったウエスタンビーナスが入っています。

1着のスプリングソングは、楽に好位に付け、直線脚を伸ばす競馬で1200mだと安定感がありますね。今後も1200mを中心に使えば、かなりの所を狙える馬ですね。

2着のウエスタンダンサーは、ここ2走よりも後の位置取りとなり、とても届きそうに無い位置から後一歩にまで迫った辺りを見ても充実振りが窺えますね。次走以降も注目ですね。

3着のウエスタンビーナスは、スンナリと行ければ力を出せる馬なので、楽に先手を取れた事が大きかったですね。状態も良いみたいですし、次走以降もスンナリが条件ですが、十分チャンスでしょう。

私の本命のスピニングノアール(牡7・長浜)は13着。この流れでは、位置取りが後すぎましたね。7歳馬だけに急激な変わり身は見込めないでしょうが、力のある馬だけに、展開や位置取り次第で変わる余地は十分ですね。

今日の注目馬

福島12R⑩グッドバニヤン(牡3・北出)は3着。先団を見る絶好の位置を取り、しぶとい末脚で最後までしっかりと伸びるこの馬らしい競馬でしたね。相手なりに走る印象で、勝ち切るには時間が掛かるかも知れませんが、このクラスを勝てる力は十分ありますね。

 東京2Rオマーン賞(2歳未勝利・芝1600m)をベルベットロード(牡2・堀)で制した安藤勝巳騎手が、6年連続6度目となるJRA年間100勝を達成しています。また、京都7R3歳上500万下(ダート1800m)をハードシーキング(牡4・西橋)で制した岩田康誠騎手がJRA通算500勝を達成しています(地方通算成績は2994勝)。お二人ともおめでとうございました。

 それでは、また後ほど^^。

|

« 明日(11月8日)の競馬 | トップページ | 明日(11月9日)の競馬 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(11月8日)の回顧:

« 明日(11月8日)の競馬 | トップページ | 明日(11月9日)の競馬 »