« 今週はG2・第59回毎日王冠 | トップページ | 第28回白山大賞典の回顧 »

2008年10月 6日 (月)

京都では、G2・第43回京都大賞典

 今週の日曜日(10月5日)には、京都競馬場で第43回京都大賞典(3歳上G2・芝2400m)が行われます。天皇賞・秋→JC→有馬記念と続く古馬中・長距離G1に向けて重要なステップとなるレースで、例年、頭数こそ少なくなるものの、強い馬達による激しい攻防が見られるレースでもありますね。今年はフルゲート18頭に地方馬1頭を含む14頭の登録があり、全馬出走可能となっています。全登録馬は以下の通りです。

地方馬

テキサスイーグル(牡4・愛知・藤ケ崎)57キロ

JRA所属馬

アイポッパー(牡8・清水出)58キロ、アドマイヤジュピタ(牡5・友道)59キロ、アドマイヤモナーク(牡7・松田博)58キロ、アルナスライン(牡4・松元)57キロ、スウィフトカレント(牡7・森)57キロ、ダブルティンパニー (牡6・松田国)57キロ、デルタブルース (牡7・角居)58キロ、トロフィーディール(牡5・森)57キロキロ、トーホウアラン(牡5・藤原英)57キロ、ポップロック(牡7・角居)57キロ、マキハタサイボーグ(せん6・新川)58キロ、マンハッタンスカイ(牡4・浅見)57キロ、メイショウカチドキ(牡8・庄野)57キロ

となっています。

フランス遠征は断念したものの、ここに向けてしっかり調整されたアドマイヤジュピタ、G1制覇まであと少しまで来ているポップロック、秘めた能力は間違いなくG1級のアルナスライン、長距離は安定した走りのアドマイヤモナーク、徐々に力を付けて来たマンハッタンスカイ、復調して来たトーホウアランや長距離得意なアイポッパー、マキハタサイボーグなど頭数は少ないものの、中身の濃いいレースが期待出来るメンバーとなりそうですね。

 金沢競馬場で明日(10月7日)行われる交流重賞の第28回白山大賞典(3歳上G3・ダート2100m)と、大井競馬場で明後日(10月8日)行われる東京盃(3歳上G2・ダート1200m)の枠順は以下の通りとなっています。

白山大賞典

1枠①マヤノオスカー(牡8・金沢・田嶋幸)吉原寛騎手・56キロ

2枠②ダイナミックグロウ(牡4・目野哲)太宰啓騎手・56キロ

3枠③ホーマンブラヴォー(牡6・金沢・高橋道)中川雅騎手・56キロ

4枠④サムソンリンリン(牡8・金沢・金田一)古性秀騎手・56キロ

5枠⑤マヤノグレイシー(牡9・愛知・斉藤弘)宇都英騎手・56キロ

6枠⑥ヤマトマリオン(牝5・安達昭)幸英明騎手・57キロ

6枠⑦マルヨフェニックス(牡4・笠松・柴田高)尾島徹騎手・56キロ

7枠⑧マツノショウマ(牡4・金沢・小原典)桑野等騎手・56キロ

7枠⑨サカラート(牡8・石坂正)藤岡佑騎手・59キロ

8枠⑩トミノダンディ(牡4・笠松・藤田正)東川公騎手・56キロ

8枠⑪スマートファルコン(牡3・小崎憲)岩田康騎手・54キロ

となっています。発走は10月7日(火)の16時00分となっています。

東京盃

1枠①フジノウェーブ(牡6・大井・高橋三)御神本騎手・58キロ

2枠②キングビスケット(牡6・大井・栗田裕)坂井英騎手・56キロ

2枠③ヴァンクルタテヤマ(牡6・安田伊)赤木高騎手・56キロ

3枠④アグネスジェダイ(牡6・森秀行)小牧太騎手・57キロ

3枠⑤コアレスタイム(牡10・船橋・川村昭)本橋孝騎手・56キロ

4枠⑥チヨノドラゴン(牝5・大井・高橋三)真島大騎手・54キロ

4枠⑦リミットレスビット(牡9・加用正)内田博騎手・57キロ

5枠⑧ディープサマー(牡6・船橋・川島正)川島正騎手・56キロ

5枠⑨ダイワインディアナ(牡7・大井・佐藤寿)高野毅騎手・56キロ

6枠⑩ケイエスゴーウェイ(牡5・高知・雑賀正)水野貴騎手・56キロ

6枠⑪キングオブライヒ(牡5・川崎・鬼沢裕)前住和騎手・56キロ

7枠⑫タイセイアトム(牡5・矢作芳)吉田豊騎手・56キロ

7枠⑬フーバーダム(牡6・大井・松浦備)戸崎圭騎手・56キロ

8枠⑭ベルモントサンダー(牡7・船橋・出川克)石崎駿騎手・56キロ

8枠⑮シルヴァーゼット(牡7・大井・高橋三)柏木健騎手・56キロ

となっています。発走は10月8日(水)の20時10分となっています。

|

« 今週はG2・第59回毎日王冠 | トップページ | 第28回白山大賞典の回顧 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都では、G2・第43回京都大賞典:

« 今週はG2・第59回毎日王冠 | トップページ | 第28回白山大賞典の回顧 »