« 土曜日、東京でG3・第11回富士ステークス | トップページ | 第69回菊花賞の枠順確定+第11回富士S出走馬確定 »

2008年10月22日 (水)

先週(10月18、19日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 先週(10月18、19日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

10月18日(土) 東京4R 新馬・ダート1300m(混)

ゴールドモール(牝2・清水利)木幡騎手・54キロ

タイム1.21.5(良)/上がり38.3/4番人気

2着馬モアザンストーム(-0.5)/馬体重470キロ

栗毛/06年5月9日生まれ/生産・ビッグレッドファーム

ゴールドアリュール サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ニキーヤ Nureyev
Reluctant Guest
キミモール アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
ヒロローザリ ジムフレンチ
カズノフアーバ

出は普通も、ダッシュは速く押して前へ。外の馬を行かせた辺りから、手応えが良くなり、3~4コーナーで持ったまま、外目を進出し、直線も最後までしっかりとした伸びを見せての快勝。

10月18日(土) 京都5R 新馬・芝1200m(混)

タイガーストーン(牡2・坂口則)和田騎手・55キロ

タイム1.10.1(良)/上がり35.4/2番人気

2着馬ダブルウェッジ(-0.0)/馬体重504キロ

鹿毛/06年3月8日生まれ/生産・タイヘイ牧場

アフリート Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Polite Lady Venetian Jester
Friendly Ways
ルンバブギー Rainbow Quest Blushing Groom
I Will Follow
Key Flyer Nijinsky
Key Partner

好スタートを切り、内の各馬を見ながら3番手を追走。3~4コーナーで、3頭雁行の一番外を楽な手応えで回り、直線ダブルウェッジとの叩き合いをクビ差制しての新馬勝ち。

10月18日(土) 京都11R 

デイリー杯2歳S(G2)・芝1600m

シェーンヴァルト(牡2・岡田)北村友騎手・55キロ

タイム1.33.3(良)/上がり34.4/3番人気

2着馬ホッコータキオン(-0.0)/馬体重472キロ(+10)

黒鹿毛/06年3月9日生まれ/生産・ノーザンファーム

ジャングルポケット トニービン Kampala
Severn Bridge
ダンスチャーマー Nureyev
Skillful Joy
シェーンクライト エリシオ Fairy King
Helice
カロギャル Caro
Delso

レース回顧は、今日(10月18日)の回顧をご覧下さい。

10月19日(日) 東京3R 新馬・芝1800m

サクラルーラー(牡2・小島太)柴田善騎手・55キロ

タイム1.53.9(良)/上がり33.6/3番人気

2着馬ベルベットロード(-0.2)/馬体重520キロ

鹿毛/06年4月21日生まれ/生産・新和牧場

サクラプレジデント サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
セダンフオーエバー マルゼンスキー
サクラセダン
サクラプレステージ ブライアンズタイム Roberto
Kelley’s Day
サクラクレアー ノーザンテースト
クレアーブリツジ

まずまずのスタートから、3番手の内で折り合い、直線を向いて軽く仕掛けると後続をスッと引き離し、鞍上の柴田善騎手が後ろを確認しながらで、ほぼ追うところ無しの圧勝での新馬勝ち。

10月19日(日) 東京4R 新馬・芝1600m(混)

サンカルロ(牡2・大久保洋)吉田豊騎手・55キロ

タイム1.35.4(良)/上がり34.5/3番人気

2着馬ストロングリターン(-0.0)/馬体重486キロ

黒鹿毛/06年2月5日生まれ

生産・(有)社台コーポレーション白老ファーム

シンボリクリスエス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
ディーバ Crafty Prospector Mr. Prospector
Real Crafty Lady
ミスセクレト Secreto
My First Fling

ダッシュが付かず後方となりましたが、行き脚は付いて内をスルスルと先行集団のすぐ後ろまで一気に進出し、そこで折り合いを付け、4コーナーで上手く外に持ち出し、直線早目に抜け出し、ストロングリターンの猛追をアタマ差凌ぎきっての新馬勝ち。

10月19日(日) 東京9R 

サフラン賞(500万下)・芝1400m(牝)

カツヨトワイニング(牝2・高橋義)江田照騎手・54キロ

タイム1.21.9(良)/上がり34.8/12番人気

2着馬アンプレショニスト(-0.0)/馬体重406キロ(-2)

鹿毛/06年3月15日生まれ/生産・ノーザンファーム

トワイニング Forty Niner Mr. Prospector
File
Courtly Dee Never Bend
Tulle
マチカネモユルコイ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
マチカネモユル ノーザンテースト
マチカネアスカ

五分のスタートから、中団の内々で折り合いが付き、直線まではジッと脚を溜め、直線を向いて一端外に持ち出そうとするも、前が開かず、内に進路を切り替え、最内からグイグイと伸びての勝利。前にも書きましたが、サンデーサイレンスの肌にトワイニングは2歳戦での活躍が目立ちますね。この馬は、馬込も苦にせず勝負根性もありそうですし、マイル前後なら力を発揮出来そうですね。

10月19日(日) 京都3R 新馬・ダート1800m(混)

アドマイヤコブラ(牡2・松田博)安藤勝騎手・55キロ

タイム1.55.2(良)/上がり37.2/1番人気

2着馬ローレルレガリス(-0.2)/馬体重520キロ

栗毛/06年1月21日生まれ/生産・ノーザンファーム

フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
マイケイティーズ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ケイティーズファースト Kris
Katies

ダッシュが付かず後方の位置取り。道中でまったく無理せず中団まで進出し、3コーナーに掛かる辺りから持ったままの手応えで先頭に並びかけ、直線に入って追い出されると一瞬で後続を突き放し、最後はやや差を詰められたものの期待通りの強さを見せての新馬勝ち。「直線は抜け出したところで気を抜いた」と安藤勝騎手のコメント。

10月19日(日) 京都4R 新馬・芝1600m(混)

テスタマッタ(牡2・村山)内田博騎手・55キロ

タイム1.36.1(良)/上がり34.6/5番人気

2着馬アーリーロブスト(-0.0)/馬体重484キロ

鹿毛/06年3月19日生まれ/生産・

Tapit Pulpit A.P. Indy
Preach
Tap Your Heels Unbridled
Ruby Slippers
Difficult Concern Broad Brush
Fara’s Team
Wings of Jove Northern Jove
Regatela

スタートが悪く、後方からの競馬。終始内を回り、直線を向いて、上手く集団の外に持ち出し、前が開くを鋭い伸びを見せての快勝。次走はエリカ賞を予定しているようです。

各馬の動向

エフティマイア(牝3・鹿戸雄):エリザベス女王杯(11月16日)へ。

キストゥヘヴン(牝5・戸田):マイルCS(11月23日)へ。

アルコセニョーラ(牝4・畠山重):エリザベス女王杯(11月16日)へ。

ユキチャン(牝3・後藤):交流重賞のクイーン賞(12月10日・船橋)へ。鞍上は武豊騎手の予定。

オペラブラーボ(牡4・久保田):中日新聞杯(12月13日)へ。

マイネカンナ(牝4・国枝)、マイネルキッツ(牡5・国枝):福島記念(11月24日)へ。

2歳馬の動向

エルビートル(牡2・尾形):くるみ賞(11月2日)に内田博騎手で出走予定。

ツーデイズノーチス(牝2・斎藤誠):京王杯2歳S(11月15日)へ。

 07年の七夕賞を制したサンバレンティン(牡7・佐々木晶)が、22日付で競走馬登録を抹消された事がJRAから発表されています。今後は北海道苫小牧市のノーザンホースパークにて乗馬になる予定です。通算成績は34戦8勝。重賞は06年福島記念(G3)、07年七夕賞(G3)の2勝。お疲れ様でした。

|

« 土曜日、東京でG3・第11回富士ステークス | トップページ | 第69回菊花賞の枠順確定+第11回富士S出走馬確定 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(10月18、19日)に勝ち上がった2歳馬の紹介:

« 土曜日、東京でG3・第11回富士ステークス | トップページ | 第69回菊花賞の枠順確定+第11回富士S出走馬確定 »