« 第28回白山大賞典の回顧 | トップページ | 第42回東京盃の回顧 »

2008年10月 8日 (水)

先週(10月4、5日)勝ち上がった2歳馬の紹介

 先週(10月4、5日)勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

10月4日(土) 札幌11R 札幌2歳S(G3)・芝1800m

ロジユニヴァース(牡2・萩原)横山典騎手・55キロ

タイム1.49.1(良)/上がり36.0/1番人気

2着馬イグゼキュティヴ(-0.2)/馬体重494キロ(+26)

鹿毛/06年3月11日生まれ/生産・ノーザンファーム

ネオユニヴァース サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
アコースティクス Cape Cross Green Desert
Park Appeal
ソニンク Machiavellian
Sonic Lady

レース回顧は、10月4日(土)の回顧をご覧下さい。

10月4日(土) 中山4R 新馬・芝1200m(牝)

アッシュケーク(牝2・清水利)内田博騎手・54キロ

タイム1.09.6(良)/上がり35.3/2番人気

2着馬オメガリトルスター(-0.6)/馬体重478キロ

鹿毛/06年3月23日生まれ/生産・パラダイ・スファーム

タイキシャトル Devil’s Bag Halo
Ballade
Welsh Muffin Caerleon
Muffitys
ケイアイグローリー Kris S. Roberto
Sharp Queen
Star Pitcher Star Choice
Rare’n Pitch

好スタートを切り、内の各馬の出方を見ながら3番手を追走。スピードがありすぎて、抑えるのに苦労している印象でしたが、直線を向いてからもキッチリと伸び切って快勝。

10月4日(土) 中山9R 芙蓉S(OP)・芝1600m

ダイワプリベール(牡2・池上)後藤騎手・55キロ

タイム1.35.3(良)/上がり35.2/1番人気

2着馬ダノンベルベール(-0.1)/馬体重458キロ(+6)

鹿毛/06年1月29日生まれ/生産・社台ファーム

Empire Maker Unbridled Fappiano
Gana Facil
Toussaud El Gran Senor
Image of Reality
ミスベガス Efisio Formidable
Eldoret
Dwingeloo Dancing Dissident
Thank One’s Stars

五分のスタートから中団の内目を追走し、直線を向いて外に持ち出し、しっかりとした伸びを見せて快勝。少し馬場がぬかるんでいたのを気にしたようですが、馬込も問題無く、今後が楽しみな1頭ですね。今後は朝日杯FSを目標にローテーションが組まれるようです。

10月4日(土) 阪神4R 新馬・芝1600m(混)

レッドボルサリーノ(牡2・音無)川田騎手・55キロ

タイム1.39.2(良)/上がり34.4/1番人気

2着馬チュウワバロン(-0.0)/馬体重492キロ

鹿毛/06年3月12日生まれ/生産・ノーザンファーム

Vindication Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Strawberry Reason Strawberry Road
Pretty Reason
シシーダルザス Sicyos Lyphard
Sigy
River Ried River River
Conestoga

やや遅いスタートとなり、かなり遅いペースの中、後方を追走し、3~4コーナーまでに中団までポジションを押し上げ、直線を向いて一端置かれたものの、坂に掛かる辺りから猛烈な勢いで追い上げ、ゴール寸前で前を捉え切っての新馬勝ち。次走は萩S(11月1日)を予定。

10月4日(土) 阪神9R ききょうS(OP)・芝1400m

ショウナンカッサイ(牝2・北出)幸騎手・54キロ

タイム1.23.2(良)/上がり35.0/9番人気

2着馬エイシンタイガー(-0.0)/馬体重444キロ(+2)

鹿毛/06年3月20日生まれ/生産・静内フアーム

ショウナンカンプ サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
ショウナングレイス ラツキーソブリン
ヤセイコーソ
ショウナンマドンナ サンダーガルチ Gulch
Line of Thunder
ショウナンサンサン アイネスフウジン
メジロフイーシヤー

好スタートを切り2番手を追走し、直線に入って、一端飲み込まれかけたところから盛り返しゴールまで抜かせないしぶとい走りを見せての勝利。今後は放牧に出され、阪神JFを目指してローテーションが組まれるようです。

10月5日(日) 札幌10R すずらん賞(OP)・芝1200m

ルシュクル(牝2・中竹)長谷川騎手・54キロ

タイム1.11.4(良)/上がり36.7/6番人気

2着馬イナズマアマリリス(-0.0)/馬体重492キロ(+10)

芦毛/06年2月25日生まれ

生産・ノースヒルズマネジメント

サクラバクシンオー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
アジアンミーティア Unbridled Fappiano
Gana Facil
Trolley Song Caro
Lucky Spell

好スタートから控えて中団の前目を追走から、直線は内を突き前が開いた残り100m辺りから鋭い伸びを見せての差し切勝ち。デビュー戦と同じ様なレース振りで、上手く脚を溜められれば、直線は鋭い脚を使えそうですね。ただ、勝ったレースがいずれも内を回っての勝利で、小回り向きの印象はありますね。

10月5日(日) 中山4R 新馬・ダート1200m(混)

ケイアイカミムスビ(牝2・柴崎)上村騎手・54キロ

タイム1.13.5(良)/上がり36.4/3番人気

2着馬ゴールドエンデバー(-0.1)/馬体重482キロ

鹿毛/06年3月23日生まれ/生産・佐々木牧場

マイネルラヴ Seeking the Gold Mr. Prospector
Con Game
Heart of Joy Lypheor
Mythographer
レディーマジョラム アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
スイートマジョラム Law Society
Lady Lavery

ゲートが開いた瞬間に1馬身抜け出し、そのままハナへ。少し気合を付けながらの逃げで、直線は4コーナー辺りで並びかけて着たゴールドエンデバーとの叩き合いとなりましたが、差は一向に縮まらずそのまま逃げ切っての勝利。

10月5日(日) 中山5R 新馬・芝1600m(混)

ブラストクロノス(牡2・岩戸)岩田騎手・55キロ

タイム1.37.7(良)/上がり34.9/3番人気

2着馬ハギノバロンドール(-0.3)/馬体重462キロ

黒鹿毛/06年1月29日生まれ/生産・村下明博

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス Last Tycoon
Pilot Bird
レディテルライド A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Highland Crystal Raise a Man
Highland Mills

スタートは遅めも、ダッシュは良く4、5番手の内目を追走し、直線で上手く外に持ち出されると鋭い伸びを見せての快勝。

10月5日(日) 阪神4R 新馬・芝1200m(牝)

コルサージュ(牝2・荒川)川島騎手・54キロ

タイム1.11.8(良)/上がり34.9/11番人気

2着馬アイレンベルク(-0.3)/馬体重420キロ

青毛/06年3月29日生まれ

生産・ノースヒルズマネジメント

バブルガムフェロー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
バブルカンパニー Lyphard
Prodice
レスレクシオン Mt. Livermore Blushing Groom
Flama Ardiente
Choice Claim Mining
One Smart Lady

スタート後ダッシュが付かず大きく置かれた最後方からの競馬となり、徐々に追い上げるも直線向いて先頭まで10馬身以上の位置。そこから1頭だけ違う脚を見せて豪快に差し切っての快勝。

各馬の動向

ディープスカイ(牡3・昆):天皇賞・秋(11月2日)へ。

メイショウサムソン(牡4・高橋成):無事に成田空港に到着し、天皇賞・秋(11月2日)に出走が濃厚。

スリープレスナイト(牝4・橋口):香港スプリント(12月14日)を視野に入れての調整。来春はドバイ遠征も予定され、ドバイゴールデンシャヒーン(G1・ダート1200m)を目指すようです。

スズカフェニックス(牡6・橋田)、ビービーガルダン(牡4・領家)、カノヤザクラ(牝4・橋口)、マイネルレーニア(牡4・西園)、ファリダット(牡3・松元):スワンS(11月1日)へ

マイネルアワグラス(牡4・稲葉)、ドラゴンファイヤー(牡4・久保田):ブラジルC(11月1日)へ。

ユキチャン(牝3・後藤):秋華賞(10月19日)への出走を検討しているようです。

|

« 第28回白山大賞典の回顧 | トップページ | 第42回東京盃の回顧 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(10月4、5日)勝ち上がった2歳馬の紹介:

« 第28回白山大賞典の回顧 | トップページ | 第42回東京盃の回顧 »