« 今日(10月5日・第42回スプリンターズS)の回顧 | トップページ | 京都では、G2・第43回京都大賞典 »

2008年10月 6日 (月)

今週はG2・第59回毎日王冠

 今週の日曜日(10月12日)には、東京競馬場で第59回毎日王冠(3歳上G2・芝1800m)が行われます。例年、天皇賞秋、マイルCSを目指す有力馬が集結し、限りなくG1に近いレベルの争いが期待出来るレースですね。今年は、フルゲート18頭に18頭の登録があり、全馬出走可能となっています。全登録馬は以下の通りです。

全登録馬

アグネストレジャー (牡6・長浜)57キロ、アドマイヤフジ (牡6・橋田)57キロ、ウオッカ (牝4・角居)57キロ、エリモハリアー(せん8・田所)57キロ、 オースミグラスワン(牡6・荒川)57キロ、 カンパニー (牡7・音無)58キロ、キャプテンベガ (牡5・松田博)57キロ、サクラメガワンダー (牡5・友道)57キロ、サンライズマックス(牡4・増本)57キロ、 スウィフトカレント(牡7・森)57キロ、 スーパーホーネット (牡5・矢作)58キロ、チョウサン(牡6・清水利)58キロ、 トウショウシロッコ(牡5・大久保洋)57キロ、 ドリームパスポート (牡5・稲葉)57キロ、トーセンキャプテン(牡4・角居)57キロ、 ハイアーゲーム(牡7・大久保洋)57キロ、 フィールドベアー(牡5・野村)57キロ、 リキッドノーツ(牡7・二ノ宮)57キロ

となっています。

安田記念で久々に勝利の美酒に酔いしれたウオッカを中心に、G1まで後一歩まで来ているスーパーホーネット、1800mのG1があればと思わせるカンパニー、末脚鋭いサンライズマックス、復活を果たし大きなところを狙うオースミグラスワン、輸送に不安があるものの、能力は高いサクラメガワンダー、コンスタントな走りを見せるアドマイヤフジ、ドリームパスポート、ここでどれだけの走りを見せるか注目のトーセンキャプテンとキャプテンベガなど、天皇賞・秋、マイルCSに向けて始動する馬に加え1800mでこその馬も加わり見応えのあるレースが期待出来そうですね。

 昨日(10月5日)にフランスのロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(3歳上G1・芝2400m)で、メイショウサムソン(牡5・高橋成)は10着。ダニエルウィルデンシュタイン賞(G2・芝1600m)に出走した武豊騎手騎乗のファンドリコンドル(牡5・高橋成)は8頭立ての6着に終わっています。

凱旋門賞を制したのは、ここまで6戦6勝でフランス牝馬3冠を達成しているザルカヴァ(牝3・A.ドロワイエデュプレ)。中団より後目の内から、直線で馬群をこじ開ける様に抜けて来た走りに、世界の力を感じさせられましたね。今回、メイショウサムソンは残念な結果に終わってしまいましたが、この経験の積み重ねが、いつの日か実を結ぶ日が来る事を期待したいですね。関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

|

« 今日(10月5日・第42回スプリンターズS)の回顧 | トップページ | 京都では、G2・第43回京都大賞典 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週はG2・第59回毎日王冠:

« 今日(10月5日・第42回スプリンターズS)の回顧 | トップページ | 京都では、G2・第43回京都大賞典 »