« 明日(9月7日)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第22回セントウルステークス »

2008年9月 7日 (日)

今日(9月7日)の回顧

 新潟11R第28回新潟2歳ステークス(2歳G3・芝1600m)は、1番人気に推されたセイウンワンダー(牡2・領家)が、集団から離れた最後方を追走から、直線に向いて外ラチ沿いまで持ち出されると、素晴らしいの伸びを見せ重賞初制覇を飾っています。タイムは1.35.6(不良)。2着には、中団の内目を追走から、直線でも内目をしぶとく伸びたツクバホクトオー(牡2・尾形)。3着には、先行して、直線一端ポジションを下げながらも、最後までしぶとく伸びたバンガロール(牡2・佐々木晶)が入っています。

私の本命のセイウンワンダーは1着。力を出せる状態でしたし、今日のレースを勝つには最高の戦法を取ったのではないでしょうか。未勝利勝ちの様に、前での競馬も出来ますし、今後が楽しみな1頭ですね。

2着のツクバホクトオーは、今日の様な馬場が向いているのでしょうか(調教師のコメントではノメっていたとの事です)。各馬が外にコースを取る中、内を付いて最後までしぶとく伸びてきましたね。この馬のお母さんのステファニーチャンはスピードを武器に2歳戦で活躍した馬ですから、現時点での完成度が高いのかも知れませんね。

3着のバンガロールは、先行しながらも、しっかりと脚を溜め、直線中半から追い出されるとしぶとい伸びを見せましたね。苦しい位置から伸び返した勝負根性は素晴らしかったですね。

 続いて、小倉10R第28回小倉2歳ステークス(2歳G3・芝1200m)は、好スタートを切ったデグラーティア(牝2・宮本)が、楽に中団を追走から、コースロス無く4コーナーを回り、直線を向いて外に持ち出されると鋭い伸びで逃げるツルマルジャパン(牡2・坂口則)をあっさり交わして、デグラーティア、浜中騎手、宮本調教師すべてが初重賞制覇となる勝利を飾っています。2着には、中団内目追走から、内ラチ沿いをピッタリ回った九州産馬コウエイハート(牡2・山内)。3着には、逃げて粘った1番人気のツルマルジャパンが入っています。

1着のデグラーティアは、現時点での完成度も高くレースセンスもあり、レースをしやすそうなタイプですね。これから距離を伸ばしても十分やれそうな馬ですね。

2着のコウエイハートは、九州産の中では抜けているとは思いましたが、ツルマルジャパンに先着と、素晴らしい走りでしたね。予想よりも時計が掛かった事もこの馬には有利に働いた印象です。

3着のツルマルジャパンは、やはり、距離が短い印象ですね。中山1600m辺りがピッタリな印象ですし、折り合いさえつけれれば、皐月賞辺りでも面白い競馬が出来そうなタイプではないかと思います。

私の本命のシーポラリス(牡2・野村)は11着。芝に替わって、ダートの前走とは走りが違いましたね。他馬のレベルが違うこともあったのでしょうが、現状ではダート向きと言えそうですね。

今日の注目馬

札幌9R①ビエンナーレ(牝5・河野)は1着。三浦皇成騎手の完璧な騎乗でしたね。この馬自身はバテるタイプでは無いので今日の様なレースがピッタリですね。

札幌11R②ミゼリコルデ(牝4・音無)は2着。後方追走から、直線外を良く追い込みましたが、勝ち馬が一枚上手でしたね。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« 明日(9月7日)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第22回セントウルステークス »

競馬」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(9月7日)の回顧:

« 明日(9月7日)の競馬 | トップページ | 今週はG2・第22回セントウルステークス »