« 第13回クラスターカップの回顧 | トップページ | 第44回札幌記念の出走馬確定 »

2008年8月20日 (水)

先週(8月16、17日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 先週(8月16、17日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

8月16日(土) 札幌1R 未勝利・芝1500m(混)

ディアジーナ(牝2・田村)四位騎手・54キロ

タイム1.31.0(良)/上がり35.6/2番人気

2着馬アイディンパワー(-0.4)/馬体重468キロ(±0)

芦毛/06年6月2日生まれ/生産・南部功

メジロマックイーン メジロテイターン メジロアサマ
シエリル
メジロオーロラ リマンド
メジロアイリス
アイネスターキン ビショップボブ Clever Trick
Screen Shot
ジユウジターキン ハンターコム
シヤダイターキン

前走はダッシュが付かない感じでしたが、今回は好スタートから楽に3番手の内を追走し、直線最内に潜り込むとあっさり抜け出して後続を突き放す快勝。距離が伸びてレースがしやすくなった印象ですね。

8月16日(土) 札幌4R 新馬・芝1500m(混)

アグネスクイック(牡2・河野)三浦皇騎手・52キロ

タイム1.30.9(良)/上がり36.1/2番人気

2着馬カネトシコウショウ(-0.1)/馬体重キ516ロ

鹿毛/06年3月4日生まれ/生産・社台ファーム

アグネスワールド Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Mysteries Seattle Slew
Phydilla
メローフルーツ Halo Hail to Reason
Cosmah
バッフドオレンジ Exclusive Native
Sally Stark

ほぼ並んだスタートを切り、内の各馬を見ながら4,5番手を楽に追走。3~4コーナー辺りから楽な手応えで前に並びかけ、直線入り口で先頭に立ち、シャドーロールを装着しているように、追われてからも頭が高い走法ながらも、最後までしっかり伸びての勝利。次走は札幌2歳Sを予定。

8月16日(土) 新潟1R 未勝利・芝1200m(混)

アポロストーム(牡2・柴崎)勝浦騎手・54キロ

タイム1.10.1(稍重)/上がり34.5/1番人気

2着馬ケージーカンザクラ(-0.3)/馬体重474キロ(-2)

栗毛/06年4月25日生まれ/生産・佐藤和夫

バチアー Desert Style Green Desert
Organza
Morning Welcome Be My Guest
Dawn Is Breaking
ビービーシャイン オペラハウス Sadler’s Wells
Colorspin
スイートジヨアンナ ダンサーズイメージ
スイートスワニー

中団を楽に追走し、直線を向いてから追い出されると、ゴールまでしっかりした伸びを見せて快勝。デビューからの2走の走りからも順当勝ちですね。

8月16日(土) 新潟5R 新馬・芝1400m(混)

ストロングガルーダ(牡2・久保田)蛯名騎手・54キロ

タイム1.24.3(良)/上がり34.7/1番人気

2着馬ファーストメジャー(-0.3)/馬体重486キロ

青鹿毛/06年2月14日生まれ/生産・千代田牧場

ダンスインザダーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダンシングキイ Nijinsky
Key Partner
フェニックスバード Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
トロフィーポイント Ogygian
Tricky Game

好スタートから控えて内の3番手を追走し、直線逃げるファーストメジャーとの叩き合いを制し、3着以下を大きく離しての快勝。

8月16日(土) 新潟9R ダリア賞(OP)・芝1400m(混)

パドブレ(牝2・相沢)松岡騎手・54キロ

タイム1.23.9(良)/上がり35.6/1番人気

2着馬クリノスレンダー(-0.1)/馬体重490キロ(-2)

鹿毛/06年4月18日生まれ/生産・大道牧場

ホワイトマズル Dancing Brave Lyphard
Navajo Princess
Fair of the Furze Ela - Mana - Mou
Autocratic
リオクラーロ ヘクタープロテクター Woodman
Korveya
アスクザリーズン Naskra
What’s the Reason

今回もスタートが悪く後方からの競馬。行きたがる面を見せるのを何とかなだめて好位の内々を追走し、直線最内を突き逃げるクリノスレンダーをゴール前でキッチリ捕らえて2勝目。荒削りな面と器用な面の両面を見せながらの勝利でしたね。この時期の連闘で疲れが心配されますが、能力は高そうで次走以降も楽しみですね。

8月16日(土) 小倉1R 未勝利・芝1200m

マルカゼウス(牡2・鶴留)幸騎手・54キロ

タイム1.09.3(稍重)/上がり35.5/2番人気

2着馬エムオーハゴロモ(-0.1)/馬体重466キロ(-10)

栗毛/06年5月3日生まれ/生産・社台ファーム

フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
シュームーズ Habitat Sir Gaylord
Little Hut
Epithet Mill Reef
Namecaller

デビュー戦は押してハナに行きましたが、今回は無理せず2番手を軽く気合をつけながら追走し、直線しぶとく伸びてゴール前キッチリ捕らえての勝利。

8月16日(土) 小倉5R 新馬・芝1200m(混)

ジャングルストーン(牡2・崎山)和田騎手・54キロ

タイム1.11.5(稍重)/上がり35.5/4番人気

2着馬リーチコンセンサス(-0.3)/馬体重442キロ

栗毛/06年3月21日生まれ

生産・有限会社 レキシントンファーム

ジャングルポケット トニービン Kampala
Severn Bridge
ダンスチャーマー Nureyev
Skillful Joy
キングスミール Theatrical Nureyev
Tree of Knowledge
スルーオール Seattle Slew
Over All

逃げ馬の2,3馬身後の2,3番手の内を追走し、直線外に持ち出されると鋭い伸びを見せて快勝。メンコとシャドーロールを装着していますが、気難しい面などは見せずセンスのある走りでしたね。

8月17日(日) 札幌3R 新馬・芝1200m(牝)

メジロドリームス(牝2・萱野)北村友騎手・53キロ

タイム1.10.6(良)/上がり36.2/3番人気

2着馬ワニタレスタリ(-0.1)/馬体重452キロ

栗毛/06年5月9日生まれ/生産・メジロ牧場

エアジハード サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
アイシーゴーグル ロイヤルスキー
シヤダイアイバー
メジロチャイブ ラムタラ Nijinsky
Snow Bride
メジロリリー ベリフア
キヤツトロンシヤン

まずまずのスタートから4番手で折り合い、3~4コーナーで徐々にポジションを上げ、直線で外に持ち出して追い出されるとゴールまでしっかりとした伸びを見せてのデビュー勝ち。

8月17日(日) 札幌4R 新馬・芝1800m

ダノンヒデキ(牡2・加藤征)藤田騎手・54キロ

タイム1.53.3(良)/上がり35.2/1番人気

2着馬ロイヤルクリッパー(-0.2)/馬体重474キロ

黒鹿毛/06年3月2日生まれ/生産・ノーザンファーム

ダンスインザダーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダンシングキイ Nijinsky
Key Partner
ハリウッドレビュー ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
ダンサーズシューズ リアルシヤダイ
ダンシングダマスカス

好スタートを切り、枠順を生かしてハナへ。前半1000mを1.05.1のスローに持ち込み直線を向いてからも鞍上のアクションに応えてしぶとい走りを見せての勝利。ノーザンファームに放牧に出され、次走は札幌2歳S(10月4日)が有力。

8月17日(日) 新潟1R 未勝利・芝1600m

メジロシャレード(牝2・大久保洋)吉田豊騎手・54キロ

タイム1.36.2(稍重)/上がり34.7/1番人気

2着馬ロジゴールド(-0.3)/馬体重488キロ(-8)

鹿毛/06年3月7日生まれ/生産・メジロ牧場

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
メジロドーベル メジロライアン アンバーシヤダイ
メジロチエイサー
メジロビユーテイー パーソロン
メジロナガサキ

スタートは速かったものの、外から行く馬を生かせて中団で折り合いを付けての追走。3~4コーナーで上手く外に持ち出し、直線も手応え通りの伸びを見せて快勝。1度使われて行きっぷりが良くなっていましたね。

8月17日(日) 新潟6R 新馬・1800m(混)

ゴールドスパークル(牡2・手塚)松岡騎手・54キロ

タイム1.50.7(重)/上がり33.9/2番人気

2着馬タイフーンルビー(-0.0)/馬体重420キロ

栗毛/06年4月11日生まれ/生産・静内白井牧場

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ デイクタス
ダイナサツシユ
ミノリスパークル プルラリズム The Minstrel
Cambretta
パンパードヒメ パーソロン
パンパードメリー

後方を追走し、3コーナー手前から鞍上の手が動いていましたが、直線に入って、フラツキながらも馬と馬の間を縫うように伸び、挟まれる不利がありながらもゴール前で鋭く伸びて豪快な差し切り勝ち。気の悪さといい、根性といいお父さんにそっくりですね。次走は新潟2歳S(9月7日)を予定。

8月17日(日) 小倉1R 未勝利・芝1200m(九州産限)

サイレントビート(牡2・大根田)橋本美騎手・54キロ

タイム1.10.7(重)/上がり36.2/1番人気

2着馬カシノレオン(-0.5)/馬体重432キロ(+4)

鹿毛/06年5月13日生まれ/生産・戸田ゆり子

サイレントハンター サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ヒロポリシー バンブーアトラス
タイムポリシー
ホーミングラヴ オジジアン Damascus
Gonfalon
ミナミノエムロード ブレイヴエストローマン
ネイザン

スタートは普通も、二の足が速くハナへ。終始余裕の手応えで、直線入り口で後続を確認して、軽く気合を付けただけで差を広げる圧勝。

8月17日(日) 小倉2R 未勝利・ダート1000m(混)

シーポラリス(牡2・野村)田中健騎手・52キロ

タイム58.5(不良)/上がり35.4/4番人気

2着馬マコトバンクウ(-0.6)/馬体重458キロ(-4)

栗毛/06年3月15日生まれ/生産・野村正

ゴールドアリュール サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ニキーヤ Nureyev
Reluctant Guest
シーデージー クリスタルグリツターズ Blushing Groom
Tales to Tell
シーブロツサム ステユーペンダス
コガネパール

デビュー戦は後方追走から、行き脚が付いてこれからという時に4コーナーで弾き飛ばされて残念なレースでしたが、今回は、五分のスタートから楽に2番手に付け、直線あっさり抜け出し後続を突き放してレコードタイムでの圧勝。ダートに変わっての勝利ですが、初戦はあきらかな不利があっての敗戦なので、芝がダメと言う訳では無さそう。もう一度、芝でのレースを見てみたいですね。

8月17日(日) 小倉4R 新馬・芝1200m

プレザントブリーズ(牝2・山内)和田騎手・54キロ

タイム1.10.8(稍重)/上がり35.7/2番人気

2着馬リキドー(-0.3)/馬体重448キロ

黒鹿毛/06年2月14日生まれ/生産・矢野牧場

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
スターズインハーアイズ Woodman Mr. Prospector
Playmate
Wind In Her Hair Alzao
Burghclere

道中押しながら3番手を追走し、3~4コーナーでも手綱が激しく動いていましたが、直線を向いて逃げ馬の内に進路を取ると、一瞬で抜け出す鋭い末脚を見せての勝利。

各馬の動向

クイーンSを制したヤマニンメルベイユ(牝6・栗田)は短期放牧後、府中牝馬S(10月19日)→エリザベス女王杯(11月16日)へ。同レース2着のレジネッタ(牝3・浅見)は札幌で調整、3着のエフティマイア(牝3・鹿戸雄)は放牧に出され、秋華賞(10月26日)に向けて調整されるようです。

凱旋門賞(10月5日)に出走予定のメイショウサムソン(牡5・高橋成)が、20日午前8時46分にJL6461便でフランスに向けて出国しました。また、ブリーダーズCクラシック(10月25日)を目指すカジノドライヴ(牡3・藤沢和)は、ミホ分場で出国検疫を行う事が決まったようです。9月上旬に渡米し、トライアルを1戦挟んで、ブリーダーズCクラシックに向かう予定です。

|

« 第13回クラスターカップの回顧 | トップページ | 第44回札幌記念の出走馬確定 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(8月16、17日)に勝ち上がった2歳馬の紹介:

« 第13回クラスターカップの回顧 | トップページ | 第44回札幌記念の出走馬確定 »