« 今日(8月17日)の回顧 | トップページ | 第13回クラスターカップの回顧 »

2008年8月18日 (月)

今週はG2・第44回札幌記念

 今週の日曜日(8月24日)には、札幌競馬場で第44回札幌記念(3歳上G2・芝2000m)が行われます。サマー2000シリーズの第4戦でもありますが、例年、気候の良く、定量戦のこのレースから秋のG1を目指して始動する有力馬も参戦し、レベルの高いレースが繰り広げられていますね。今年はフルゲート16頭に15頭の登録があり、全馬出走可能となっています。全登録馬は以下の通りです。

全登録馬

アドマイヤタイトル(牡6・河野)57キロ、ヴィータローザ(牡8・橋口)57キロ、オリエンタルロック(牡3・田所)54キロ、キクノアロー(牡5・吉田)57キロ、コンゴウリキシオー(牡6・山内)57キロ、シルクフェイマス(牡9・鮫島)57キロ、ステップシチー(牡4・岡田)57キロ、タスカータソルテ(牡4・藤原英)57キロ、ツアーデフォース(せん5・松永幹)57キロ、ファストロック(牡4・藤沢和)57キロ、フィールドベアー(牡5・野村)57キロ、マイネルチャールズ(牡3・稲葉)54キロ、マツリダゴッホ(牡5・国枝)57キロ、マンハッタンスカイ(牡4・浅見)57キロ、メイショウレガーロ(牡4・小島太)57キロ

となっています。尚、出走を予定していたトーセンキャプテン(牡4・角居)は15日の調教後、左前の種子骨靭帯を痛めた為に登録を見送ったようです。幸い症状は軽く、天皇賞秋に向けて調整されるようです。

香港遠征以来久々の出走となる昨年のGP覇者マツリダゴッホ、春のクラシックを沸かせたマイネルチャールズの有力馬2頭が定量戦で斤量的に有利で中心となりそうです。春先から2000mを中心に安定した走りのマンハッタンスカイ、函館記念2着で、勢いのあるフィールドベアー、能力的には引け劣らないファストロック、小回りを利して復活を目論むコンゴウリキシオー、近走不振も力的に侮れないタスカータソルテに加え、ここに来て急上昇のステップシチーにも注目ですね。

 ヨーロッパ遠征中の武豊騎手は、8月17日にフランスのドーヴィル競馬場で行われたジャックルマロワ賞(3歳上G1・芝1600m)にディヴァインライト産駒のナタゴラに騎乗し、1番人気でD.ボニヤ騎手騎乗のタマユズ(牡3・仏・F.ヘッド)の2着に入っています。

|

« 今日(8月17日)の回顧 | トップページ | 第13回クラスターカップの回顧 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週はG2・第44回札幌記念:

« 今日(8月17日)の回顧 | トップページ | 第13回クラスターカップの回顧 »