« 札幌ではG3・第3回キーンランドカップ | トップページ | 第44回新潟記念・第3回キーンランドCの出走馬確定 »

2008年8月27日 (水)

先週(8月23日、24日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 先週(8月23日、24日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

8月23日(土) 札幌1R 未勝利・芝1800m

サトノエンペラー(牡2・藤沢和)安藤勝騎手・54キロ

タイム1.50.7(良)/上がり35.0/1番人気

2着馬ロイヤルダリア(-0.2)/馬体重474キロ(-2)

鹿毛/06年2月17日生まれ/生産・社台ファーム

シンボリクリスエス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
スーア Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Bold Starlet Precocious
Cadasi

前走、スタートで大きく出遅れましたが、今回は五分のスタートを切り、後方の内目を追走。向こう正面で徐々に外に持ち出し、3~4コーナーを捲り気味に進出し、直線を向いたところで先頭に立ち、そのまま押し切って快勝。初戦、2戦目共に、一瞬の切れが足りない様な印象だっただけに、現時点では、今回の様に、勢いをつけてコーナーを回って来る戦法は向いているかも知れませんね。

8月23日(土) 札幌3R 新馬・ダート1700m(混)

カール(牡2・斎藤誠)古川吉騎手・54キロ

タイム1.49.5(良)/上がり38.7/8番人気

2着馬オーゴンシャトル(-0.2)/馬体重480キロ

鹿毛/06年3月8日生まれ/生産・松浦牧場

ニューイングランド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
クラウンフォレスト Chief’s Crown
Playmate
サストワンダー レオダーバン マルゼンスキー
シルテイーク
セノエダンサー アンバーシヤダイ
セノエマドンナ

中団の内目を追走し、追っ付けながら3~4コーナーで5番手へ。直線を向いて外に出され、内からオーゴンシャトルが伸びてくるとエンジンが掛かった様に鋭く伸びての新馬勝ち。

8月23日(土) 札幌4R 新馬・芝1200m(混)

ゲットフルマークス(牡2・河野)三浦皇騎手・52キロ

タイム1.10.5(良)/上がり35.5/1番人気

2着馬メジロマリアン(-0.1)/馬体重484キロ

鹿毛/06年2月27日生まれ/生産・梅田牧場

マイネルラヴ Seeking the Gold Mr. Prospector
Con Game
Heart of Joy Lypheor
Mythographer
グラブ Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Snitch Seattle Slew
Fuchsia Filch

好スタートからハナへ。2着馬にピッタリとマークされる形でしたが、終始余裕の手応えで、直線向いたところでスッと引き離し、そのまま押し切っての勝利。着差以上に強いレース振りでしたね。

8月23日(土) 新潟1R 未勝利・芝1400m

エイシンタイガー(牡2・西園)内田博騎手・54キロ

タイム1.22.6(良)/上がり35.4/1番人気

2着馬マイネルプライゼン(-0.1)/馬体重470キロ(-2)

黒鹿毛/06年4月8日生まれ/生産・水上習孝

コロナドズクエスト Forty Niner Mr. Prospector
File
Laughing Look Damascus
Laughter
タイフウジョオー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ラツキーゲスト ラツキーソブリン
ハツピートウメイ

好スタートから、外目の4、5番手を楽に追走し、直線に入って残り300m辺りから追い出されると鋭い伸びを見せての快勝。

8月23日(土) 新潟5R 新馬・芝1200m(混)

カネトシバニラ(牝2・水野)勝浦騎手・54キロ

タイム1.11.3(良)/上がり35.5/2番人気

2着馬センシュアルモード(-0.2)/馬体重430キロ

黒鹿毛/06年3月3日生まれ

生産・ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社

Kheleyf Green Desert Danzig
Foreign Courier
Society Lady Mr. Prospector
La Voyageuse
インシステント Diesis Sharpen Up
Doubly Sure
I Certainly Am Affirmed
Imaflash

五分のスタートから押してハナへ。そのまま、ゆったりとしたペースに持ち込み、直線では少しフラつきながらもゴールまでしっかりと伸びての勝利。、

8月23日(土) 小倉1R 未勝利・芝1200m(牝)

メイクデュース(牝2・清水出)太宰騎手・54キロ

タイム1.08.3(稍重)/上がり34.8/3番人気

2着馬ホーマンライズ(-0.6)/馬体重448キロ(+4)

黒鹿毛/06年2月20日生まれ/生産・出口悟

トウカイテイオー シンボリルドルフ パーソロン
スイートルナ
トウカイナチユラル ナイスダンサー
トウカイミドリ
セカンドサービス リズム Mr. Prospector
Dance Number
ファーストサービス Blushing Groom
Tournament Star

好スタートから外の馬の出方をを見ながら、2番手で折り合いを付け、4コーナーで先頭に並びかけ、直線もしっかり伸び切り後続を突き放しての圧勝。初戦は差し馬有利の展開の中、前に行って良く粘っていましたので順当勝ちといえそうですね。

8月23日(土) 小倉2R 未勝利・芝1800m(混)

グリーンイレブン(牡2・松元)金折騎手・54キロ

タイム1.49.5(稍重)/上がり34.5/4番人気

2着馬トーコータカシ(-0.2)/馬体重518キロ(+6)

青鹿毛/06年2月18日生まれ/生産・トラストスリーファーム

コマンダーインチーフ Dancing Brave Lyphard
Navajo Princess
Slightly Dangerous Roberto
Where You Lead
ブンダームジーク フジキセキ サンデーサイレンス
ミルレーサー
マズリア Polish Precedent
Chalon

好スタートを切り、好位の内々で折り合いを付け、直線はどこを突こうかと言った手応えで4コーナーを回り、直線少し狭くなりながらもしっかりと伸び切っての圧勝。

8月23日(土) 小倉4R 新馬・芝1200m

トーセンピュリニー(牡2・藤原英)上村騎手・54キロ

タイム1.09.6(稍重)/上がり35.7/1番人気

2着馬ラガーシーキング(-0.1)/馬体重490キロ

鹿毛/06年4月13日生まれ/生産・社台ファーム

スウェプトオーヴァーボード End Sweep Forty Niner
Broom Dance
Sheer Ice Cutlass
Hey Dolly A.
フォルナリーナ Capote Seattle Slew
Too Bald
プレイヤーホイール Conquistador Cielo
Halo Reply

ゲートから出た後、フワっとした感じで遅れたものの、スピードの乗りが速くスルスルとハナへ。コーナーを曲がりきれずに外に膨らみ、直線も外に逃げながらでしたが、外から並ばれるとしぶとさを見せ、一杯に粘りきっての新馬勝ち。

8月24日(日) 札幌1R 未勝利・1200m(混)

ネコパンチ(牡2・小林)丸田騎手・51キロ

タイム1.11.6(良)/上がり35.8/3番人気

2着馬マイネルロワイヤル(-0.3)/馬体重458キロ(+8)

黒鹿毛/06年3月28日生まれ/生産・大道牧場

ニューイングランド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
クラウンフォレスト Chief’s Crown
Playmate
パシェンテ ダンシングブレーヴ Lyphard
Navajo Princess
オトメザトップ テリオス
ケンコウジ

五分のスタートから3番手を楽に追走し、直線を向いて逃げるマイネルエルドラドをキッチリ捕らえて未勝利脱出。レースを使うごとに行きっぷりが良くなっていますね。外枠だったのもレースがしやすかったですね。

8月24日(日) 札幌4R 新馬・芝1800m(混)

テーオーストーム(牡2・藤岡健)岩田騎手・54キロ

タイム1.50.1(良)/上がり35.8/1番人気

2着馬マイネルプロートス(-0.1)/馬体重476キロ

鹿毛/06年1月12日生まれ/生産・ヤナガワ牧場

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
フェアリーワルツ Lear Fan Roberto
Wac
Quick and Smooth Crafty Prospector
Ms. Balding

好スタートを切ったものの、外からマイネルプロートスを行かせて好位の内々を追走。直線、最内を突いて一瞬で抜け出し、ゴール前は流しながらと言う余裕の勝利。

8月24日(日) 新潟1R 未勝利・芝1800m(混)

ドリームゼニス(牡2・西園)内田博騎手・54キロ

タイム1.48.2(良)/上がり35.4/1番人気

2着馬ヒューゴライダー(-0.2)/馬体重480キロ(-2)

栗毛/06年5月3日生まれ/生産・千代田牧場

マーベラスサンデー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
モミジダンサー ヴアイスリーガル
モミジ2
スレンダーガール アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
ビクトリアクラウン フアバージ
ワールドハヤブサ

スタートは速く無かったものの、行きっぷりが良く先団に取り付き、好位の4、5番手で折り合いを付け、直線に向いてから追い出されると、力強い伸びを見せての快勝。

8月24日(日) 新潟2R 未勝利・ダート1200m(混)

ムラマサノメイトー(牡2・内藤)小林淳騎手・54キロ

タイム1.11.9(稍重)/上がり37.2/4番人気

2着馬ラヴリードリーム(-0.0)/馬体重456キロ(-8)

黒鹿毛/06年4月16日生まれ/生産・岡本昌市

コロナドズクエスト Forty Niner Mr. Prospector
File
Laughing Look Damascus
Laughter
フェステロマーネ ヘクタープロテクター Woodman
Korveya
ブロッソミングビューティ Little Current
Crab Apple Lane

スタートは普通も、少し気合を付けるとスピードの乗りが速くハナへ。終始楽な手応えのまま、直線に向き、ゴール前一杯に凌ぎ切っての勝利。

8月24日(日) 新潟6R 新馬・芝1600m

モンテアルベルト(牡2・二ノ宮)柴田善騎手・54キロ

タイム1.39.8(稍重)/上がり33.0/1番人気

2着馬クリノビリオネア(-0.1)/馬体重462キロ

栗毛/06年4月3日生まれ/生産・下河辺牧場

ブライアンズタイム Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley’s Day Graustark
Golden Trail
ブルックリンハイツ ドクターデヴィアス Ahonoora
Rose of Jericho
キャスリーン ノーザンテースト
スノーシヨツト

スタート後ダッシュが付かず最後方からのレースとなり、ゆったりとした流れで行きたがる面を少し見せましたが、なんとか折り合いを付けて直線へ。直線は馬場の真ん中辺りにいましたが、進路を内へ変えて一瞬で抜け出し、そのままゴールまでしっかり伸びての快勝。

8月24日(日) 小倉1R 未勝利・芝1200m(混)

シルクブリッツ(牡2・昆)野元騎手・54キロ

タイム1.09.5(良)/上がり34.9/3番人気

2着馬セイクリムズン(-0.1)/馬体重448キロ(-10)

栗毛/06年5月13日生まれ/生産・石田牧場

マーベラスサンデー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
モミジダンサー ヴアイスリーガル
モミジ2
イシノビリーヴミー ジェイドロバリー Mr. Prospector
Number
アスクイメージ ターゴワイス
ライトスピード

デビュー戦、2戦目共に、押してハナへ行っていましたが、今回は無理せず好位で折り合いを付け、3~4コーナーで徐々に進出し、直線外に持ち出されると、しっかりとした伸び脚を見せての勝利。加速が付いてからのスピードが目立つ印象だったので、生かしどころ次第でしょうね。

8月24日(日) 小倉4R 新馬・芝1200m(牝)

ミスティネール(牝2・野村)太宰騎手・54キロ

タイム1.09.0(良)/上がり35.5/4番人気

2着馬アスターローズ(-0.3)/馬体重478キロ

鹿毛/06年3月14日生まれ/生産・高村伸一

アフリート Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Polite Lady Venetian Jester
Friendly Ways
ジャストクリス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Justicara Rusticaro
Kye-Hye

好スタートからダッシュ良くハナへ。直線内を空けて回って来たところを、内からすくわれたかと思いましたが、最後はキッチリ伸び返しての勝利。次走は野地菊S(9月20日)かききょうS(10月4日)を予定。

8月24日(日) 小倉5R 新馬・芝1800m(混)

ダノンフーバフーバ(牡2・池江寿)吉田隼騎手・54キロ

タイム1.50.3(良)/上がり35.1/2番人気

2着馬テーオーティアラ(-0.2)/馬体重496キロ

黒鹿毛/06年1月29日生まれ/生産・折手牧場

Vindication Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Strawberry Reason Strawberry Road
Pretty Reason
ミスフーバフーバ Gone West Mr. Prospector
Secrettame
Gal in a Ruckus Bold Ruckus
Quillummo

五分のスタートから楽に3番手を追走。折り合いも付いて、3~4コーナー中間から手綱を押して仕掛けると、その勢いのままの伸びを見せて後続を突き放して、そのまま押し切って快勝。

各馬の動向

ニルヴァーナ(牡5・池江郎):朝日CC(9月15日)へ。

メイショウバトラー(牝8・高橋成):東京盃(10月8日)→JBCスプリント(11月3日)を予定。

マツリダゴッホ(牡5・国枝):オールカマー(9月28日)へ。

マイネルチャールズ(牡3・稲葉):セントライト記念(9月21日)へ。

スーパーホーネット(牡5・矢作):毎日王冠(10月12日)で復帰予定。

トーセンキャプテン(牡4・角居):毎日王冠(10月12日)を目標に調整。

ポップロック(牡7・角居)、デルタブルース(牡7・角居):京都大賞典(10月12日)で復帰予定。

ポルトフィーノ(牝3・角居):調整が遅れている様で、秋華賞(10月19日)への出走が微妙なようです。

|

« 札幌ではG3・第3回キーンランドカップ | トップページ | 第44回新潟記念・第3回キーンランドCの出走馬確定 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(8月23日、24日)に勝ち上がった2歳馬の紹介:

« 札幌ではG3・第3回キーンランドカップ | トップページ | 第44回新潟記念・第3回キーンランドCの出走馬確定 »