« 小倉ではG3・第43回北九州記念 | トップページ | 第56回クイーンS・第43回北九州記念の出走馬確定 »

2008年8月13日 (水)

先週(8月9、10日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 先週(8月9、10日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

8月9日(土) 函館1R 未勝利・ダート1000m

メイショウコウセイ(牡2・池添)池添騎手・54キロ

タイム1.00.6(良)/上がり36.5/3番人気

2着馬ディアテクノバトル(-0.2)/馬体重470キロ(+6)

鹿毛/06年3月9日生まれ/生産・三嶋牧場

ワイルドラッシュ Wild Again Icecapade
Bushel-n-Peck
Rose Park Plugged Nickle
Hardship
ハイパスチャー El Gran Senor Northern Dancer
Sex Appeal
Summer Retreat Gone West
Devon Diva

デビュー戦と同じ様に2番手を追走のレース展開でしたが、1度使われた効果もあり、今日は最後までしっかりとした脚を見せての勝利。

8月9日(土) 函館2R 未勝利・1200m(混)

キミニムチュウ(牝2・伊藤圭)藤田騎手・54キロ

タイム1.12.0(良)/上がり36.7/1番人気

2着馬コリコパット(-0.2)/馬体重456キロ(-2)

黒鹿毛/06年4月18日生まれ/生産・グランド牧場

シンボリクリスエス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
アイライクユー ダンシングブレーヴ Lyphard
Navajo Princess
ケイジーイグザーベランス Exuberant
Proudest Cagey

デビュー戦は手綱をしごいてハナへ行きましたが、今回はダッシュ良くスッとハナヘ。終始余裕の手応えで、直線も手応え通りの伸びで快勝。レース後のコメントでは落鉄していた様です。

8月9日(土) 新潟1R 未勝利・芝1600m(混)

プロスアンドコンズ(牡2・友道)福永騎手・54キロ

タイム1.34.2(良)/上がり33.5/1番人気

2着馬ミッキーペトラ(-0.4)/馬体重464キロ(-2)

黒鹿毛/06年3月3日生まれ

生産・ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社

タニノギムレット ブライアンズタイム Roberto
Kelley’s Day
タニノクリスタル クリスタルパレス
タニノシーバード
マザーシプトン Darshaan Shirley Heights
Delsy
Temora Ela - Mana - Mou
Romara

デビュー戦ではダッシュが付かず後方からの競馬となり、直線だけで2着に入るレース振りでしたが、2走目の今回は、スタートは五分に出て、無理せず控えて後方を追走し、外枠でもあり道中はかなり外を回りながらも、直線馬場の五分どころに持ち出し余裕を持って差し切っての勝利。

8月9日(土) 新潟2R 未勝利・芝直1000m

クールドライブ(牝2・坂本)田中勝騎手・54キロ

タイム55.9(良)/上がり33.1/2番人気

2着馬アーバンテースト(-0.1)/馬体重440キロ(-6)

栗毛/06年2月2日生まれ/生産・沖田博志

グラスワンダー Silver Hawk Roberto
Gris Vitesse
Ameriflora Danzig
Graceful Touch
シンフォニー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
ダイナアグリー ノーザンテースト
シヤダイアグリー

初戦は前半付いて行けませんでしたが、一度使われた事により楽に先行出来、最後の末脚は前走同様で、最後までキッチリと伸び切っての勝利。

8月9日(土) 新潟6R 新馬・ダート1200m

フェイクスター(牡2・菊川)江田照騎手・54キロ

タイム1.12.5(良)/上がり36.9/3番人気

2着馬エーブダッチマン(-0.0)/馬体重460キロ

栗毛/06年3月25日生まれ/生産・金宏二

ジェニュイン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
クルーピアレディー What Luck
Question d’Argent
グレースポーラ アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
グレースポイント アスワン
ミルポイント

ダッシュ良く、好位の内目の3番手を追走し、直線逃げてしぶとく粘るエーブダッチマンをゴール寸前で捕らえてのデビュー勝ち。

8月9日(土) 小倉1R 未勝利・芝1000m

ヨシノアツヒメ(牝2・野元)野元騎手・54キロ

タイム57.1(良)/上がり34.5/4番人気

2着馬シゲルイブキヤマ(-0.1)/馬体重454キロ(+2)

鹿毛/06年4月14日生まれ/生産・一山牧場

メジロベイリー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
レールデユタン マルゼンスキー
ケイツナミ
タイムレスジェム Woodman Mr. Prospector
Playmate
Timely Kings Lake
Doubling Time

直線でモタれたり、砂を被ってヒルんだり、気性的なモロさを見せていましたが、今回は気を抜かせない様に気合を付けながら2番手を追走し、直線あっさりと抜け出して後続を抑え切っての勝利。

8月9日(土) 小倉4R 新馬・ダート1000m(混)

レディルージュ(牝2・安田隆)川田騎手・54キロ

タイム1.005(良)/上がり37.1/1番人気

2着馬クリノオンビート(-0.1)/馬体重428キロ

青鹿毛/06年3月13日生まれ/生産・ケイアイファーム

ブライアンズタイム Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley’s Day Graustark
Golden Trail
サッカーマム Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
Traverse City Halo
Cherry Jubilee

3頭の先行争いの真ん中で、挟まれる様な形で一端下がったものの、直線を向いて鋭い末脚を繰り出し前の2頭をあっさり差し切ってのデビュー勝ち。

8月9日(土) 小11R フェニックス賞(OP)・芝1200m(混)

デグラーティア(牝2・宮本)浜中騎手・54キロ

タイム1.09.1(良)/上がり35.0/2番人気

2着馬イセノスバル(-0.1)/馬体重452キロ(+2)

黒鹿毛/06年4月4日生まれ

生産・恵比寿興業株式会社那須野牧場

フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston’s Mill
デフィニット Dehere Deputy Minister
Sister Dot
Hiroo Garden Caerlean
Sweeping

デビュー戦を同じ様に4番手の外目を楽に追走。直線に入って追い出された時の反応は前走よりも良く、最後は抑えながらゴールに入る余裕のある勝ちっぷり。次走は小倉2歳S(9月7日)を予定。

8月10日(日) 函館1R 未勝利・芝1800m(混)

マイネルエルフ(牡2・鹿戸雄)津村騎手・54キロ

タイム1.52.0(良)/上がり37.2/3番人気

2着馬クーデグレイス(-0.2)/馬体重484キロ(+6)

鹿毛/06年3月25日生まれ/生産・ビッグレッドファーム

シンボリクリスエス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
ゲイリーピクシー Rahy Blushing Groom
Glorious Song
フアイブフランス ノーザンテースト
セーヌスポート

1200m戦でも前に行ける脚を持っており、距離が延びた今回は楽にハナへ。マイペースの逃げに持ち込み、直線に向いてから後続を突き放しての快勝。次走はクローバー賞(8月31日)へ。

8月10日(日) 函館9R 函館2歳S(G3)・芝1200m(混)

フィフスペトル(牡2・加藤征)三浦皇騎手・54キロ

タイム1.10.7(良)/上がり36.4/2番人気

2着馬ナムラミーティア(-0.4)/馬体重444キロ(±0)

鹿毛/06年5月22日生まれ

生産・(有)社台コーポレーション白老ファーム

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス Last Tycoon
Pilot Bird
ライラックレーン Bahri Riverman
Wasnah
Lilac Garden Roberto
Balletomane

今日(8月10日)の回顧をご覧下さい。レース中に落鉄し左前脚に外傷を負ったものの、大事には至らず、放牧に出され、暮れの朝日杯FS(12月21日)を目標に調整されるようです。

8月10日(日) 新潟1R 未勝利・芝1400m(牝)

アンプレショニスト(牝2・畠山吉)柴山騎手・54キロ

タイム1.22.2(良)/上がり36.4/5番人気

2着馬エアダーミ(-0.0)/馬体重462キロ(-10)

栗毛/06年4月1日生まれ/生産・社台ファーム

エアジハード サクラユタカオー テスコボーイ
アンジェリカ
アイシーゴーグル ロイヤルスキー
シャダイアイバー
アグネスチーアフル Mtoto Busted
Amazer
シュームーズ Habitat
Epithet

デビュー戦はまったく良いところ無しでしたが、今回は間隔を空けてのレースとなり、スタートは五分を出て、中団を追走から、4コーナーで徐々に進出し、直線に入る辺りでエアダーミに一端交わされ、3頭の追い比べの真ん中の苦しい位置でしたが、ゴール前グイッと伸びる勝負根性を見せての勝利。次走は新潟2歳S(9月7日)を予定。

8月10日(日) 新潟5R 新馬・芝1200m(混)

パドブレ(牝2・相沢)松岡騎手・54キロ

タイム1.10.4(良)/上がり34.5/1番人気

2着馬アイティムサシ(-0.2)/馬体重492キロ

鹿毛/06年4月18日生まれ/生産・大道牧場

ホワイトマズル Dancing Brave Lyphard
Navajo Princess
Fair of the Furze Ela - Mana - Mou
Autocratic
リオクラーロ ヘクタープロテクター Woodman
Korveya
アスクザリーズン Naskra
What’s the Reason

スタートでタイミングが合わずに大きく出遅れ。馬群に突っ込んで3コーナーまでに先団のすぐ後に取り付き、直線大外に持ち出されると前の各馬をあっさり捕らえる派手な勝ちっぷり。

8月10日(日) 新潟6R 新馬・芝1600m(混)

マイネルウェイヴ(牡2・稲葉)松岡騎手・54キロ

タイム1.36.4(良)/上がり33.6/5番人気

2着馬ブラストエルサ(-0.0)/馬体重448キロ

鹿毛/06年3月6日生まれ/生産・ビッグレッドファーム

マイネルラヴ Seeking the Gold Mr. Prospector
Con Game
Heart of Joy Lypheor
Mythographer
エンドレスサマー ブライアンズタイム Roberto
Kelley’s Day
ゲイアティーガール Nijinsky
Kiss

まずまずのスタートから、中団の外目で折り合い、直線を向いてから追い出されると、多少フラつきながらも、最後までしっかりと伸び切る良い末脚を見せての勝利。次走は新潟2歳S(9月7日)を予定。

8月10日(日) 小倉1R 未勝利・芝1200m(混)

シルクナデシコ(牝2・宮)小牧太騎手・54キロ

タイム1.08.8(良)/上がり35.0/5番人気

2着馬ノアウイニング(-0.2)/馬体重416キロ(+6)

栗毛/06年3月28日生まれ/生産・笹地牧場

フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston’s Mill
ピサノヒビキ ラムタラ Nijinsky
Snow Bride
ブラッセルフラウ Alydar
Belga

デビュー戦と同じく後方からのレースでしたが、3~4コーナーで捲るように上がって来て、直線も最後までしっかりとした伸びを見せての勝利。

8月10日(日) 小倉4R 新馬・芝1200m(混)

ワンカラット(牝2・藤岡健)岩田騎手・54キロ

タイム1.09.0(良)/上がり35.5/2番人気

2着馬トップカミング(-0.1)/馬体重472キロ

黒鹿毛/06年4月3日生まれ/生産・社台ファーム

Falbrav Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Gift of the Night Slewpy
Little Nana
バルドウィナ Pistolet Bleu Top Ville
Pampa Bella
Balioka Tourangeau
Bangalore

好スタートから、まったく無理せずに2番手を追走。直線外からトップカミングが詰め寄るも最後まで差は縮まらず、しぶといレース振りを見せてのデビュー勝ち。

各馬の動向

函館2歳S2着のナムラミーティア(牝2・田村)は放牧に出され、ファンタジーS(11月9日)→阪神JF(12月14日)を予定。函館2歳S3着のアイアンデューク(牡2・伊藤伸)はクローバー賞(8月31日9を予定。フェニックス賞2着のイセノスバル(牡2・大橋)は小倉2歳S(9月7日)へ。

関屋記念を制したマルカシェンク(牡5・河内)は放牧に出され、富士S(10月25日)→マイルCS(11月23日)を予定。オークス6着のレッドアゲート(牝3・田村)は紫苑S(9月13日)へ。

 8月15日(金)に佐賀競馬場で行われる交流重賞の第8回サマーチャンピオン(3歳上G3・ダート1400m・ハンデ)の枠順が発表されています。

1枠①シルクエレメント(牡7・佐賀・山田勇)山口勲騎手・52キロ

2枠②スペシャリスト(牡6・高知・田中守)赤岡修騎手・53キロ

3枠③ヴァンクルタテヤマ(牡6・安田伊)倉富隆騎手・57キロ

4枠④マルヨスポット(牡7・高知・柴田高)丸野勝騎手・53キロ

5枠⑤イイデケンシン(牡3・池添兼)福永祐騎手・54キロ

5枠⑥オリオンザクロノス(牡5・佐賀・西岡龍)鮫島克騎手・53キロ

6枠⑦キングスゾーン(牡6・愛知・今津博)安部幸騎手・56キロ

6枠⑧ダンツキッスイ(牡3・中村均)藤田伸騎手・54キロ

7枠⑨カシノバズライト(牡6・荒尾・崎谷彦)林陽介騎手・52キロ

7枠⑩サイレントディール(牡8・池江郎)内田博騎手・55キロ

8枠⑪ザオリンポスマン(牡7・佐賀・西岡龍)北村欣騎手・53キロ

8枠⑫マチカネモエギ(牡7・愛知・錦見勇)岡部誠騎手・52キロ

となっています。発走は8月15日(金)の16時10分となっています。

|

« 小倉ではG3・第43回北九州記念 | トップページ | 第56回クイーンS・第43回北九州記念の出走馬確定 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(8月9、10日)に勝ち上がった2歳馬の紹介:

« 小倉ではG3・第43回北九州記念 | トップページ | 第56回クイーンS・第43回北九州記念の出走馬確定 »