« 新潟ではG3・第43回関屋記念 | トップページ | 第40回函館2歳S・第43回関屋記念の出走馬確定 »

2008年8月 6日 (水)

先週(8月2、3日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 先週(8月2、3日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

8月2日(土) 函館1R 未勝利・芝1200m(混)

アドマイヤランサム(牡2・橋田)安藤勝騎手・54キロ

タイム1.10.7(良)/上がり36.0/2番人気

2着馬ハッピーネーション(-0.0)/馬体重416キロ(±0)

芦毛/06年月2日8生まれ/生産・ノーザンファーム

クロフネ French Deputy Deputy Minister
Mitterand
Blue Avenue Classic Go Go
Eliza Blue
スカイクレイバー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ファニングザフレイム Commanche Run
Flamme d’Amour

初戦のダート1000mでもスピードのある所を見せていましたが、芝に替わった今回も楽々と2番手に付け、直線で、逃げ馬を競り落とし、最後ハッピーネーションが迫ってくるともうひと伸びを見せての勝利。切れる印象では無いものの、しぶとさを感じるレース振りでしたね。

8月2日(土) 新潟1R 未勝利・芝1800m(混)

ガンズオブナバロン(牡2・藤沢和)柴田善騎手・54キロ

タイム1.47.4(良)R/上がり34.3/1番人気

2着馬リアルストロンガー(-1.0)/馬体重444キロ(-4)

黒鹿毛/06年4月5日生まれ/生産・ノーザンファーム

スペシャルウィーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レデイーシラオキ
ヴェイルオブアヴァロン Thunder Gulch Gulch
Line of Thunder
Wind In Her Hair Alzao
Burghclere

初戦は行く馬がおらず、内枠でもありハナへ行き、目標になる厳しい競馬で2着でしたが、今回は好位の内々3、4番手で折り合い、直線を向いて、最内からスッと抜け出すと、後は後続を引き離す一方で、レコードタイムでの圧勝。次走は内田騎手とのコンビに戻って新潟2歳S(9月7日)を予定。

8月2日(土) 6R 新馬・芝1400m

センターステージ(牝2・武市)蛯名騎手・54キロ

タイム1.22.9(良)/上がり34.4/2番人気

2着馬チャペルゴールド(-0.2)/馬体重454キロ

鹿毛/06年5月18日生まれ/生産・社台ファーム

スウェプトオーヴァーボード End Sweep Forty Niner
Broom Dance
Sheer Ice Cutlass
Hey Dolly A.
ランニングヒロイン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダイナアクトレス ノーザンテースト
モデルスポート

後方の外目を楽に追走し、直線を向いて外に持ち出し追い出されると弾かれた様に伸びての勝利。

8月2日(土) 小倉1R 未勝利・芝1200m(九限)

コウエイハート(牝2・山内)岩田騎手・54キロ

タイム1.09.6(良)/上がり35.2/1番人気

2着馬サイレントビート(-0.2)/馬体重458キロ(+2)

栗毛/06年4月13日生まれ/生産・伊東政清

バブルガムフェロー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
バブルカンパニー Lyphard
Prodice
コウエイマーベラス アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
コウマンサウンド トウシヨウボーイ
トツプサウンド

今回も好スタートを切り、サイレントビートを行かせて、内の2番手で我慢し、直線で逃げ馬の外に持ち出されると鋭い伸びを見せての快勝。初戦はやや強引なレースでしたが、しぶとさを見せていましたので順当勝ちですね。

8月2日(土) 小倉4R 新馬・芝1200m

カヴァリエ(牡2・池江郎)岩田騎手・54キロ

タイム1.09.1(良)/上がり34.6/1番人気

2着馬ガッチリガッチリ(-0.2)/馬体重486キロ

黒鹿毛/06年3月2日生まれ/生産・ノースヒルズマネジメント

サクラバクシンオー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
アランセラ Dixieland Band Northern Dancer
Mississippi Mud
Island Escape Slew o’Gold
Angel Island

行き脚が付かず、後方から3番手を追走。3コーナー手前からようやくスピードに乗って進出し、4コーナーでかなり外を回りながらも、直線前を纏めて交わす豪快な勝ちっぷりでの勝利。

8月3日(日) 函館4R 新馬・芝1800m(混)

ピサノシンボル(牡2・藤沢和)D.ホワイト騎手・54キロ

タイム1.55.0(不良)/上がり39.0/1番人気

2着馬カシマヴィーナス(-0.3)/馬体重492キロ

鹿毛/06年3月3日生まれ/生産・社台ファーム

シンボリクリスエス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
シャイニンレーサー ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston’s Mill

スタートも良く2番手に付けて、早目に逃げ馬に並びかけ、直線に入り逃げ馬を交わすと後はしっかりとした伸びを見せ、最後は抑える余裕の勝利。この後、放牧に出され、秋の東京開催の予定。

8月3日(日) 新潟1R 未勝利・ダート1200m

オキサキサマ(牝2・畠山吉)柴山騎手・54キロ

タイム1.12.2(良)/上がり37.4/1番人気

2着馬ムラマサノメイトー(-0.9)/馬体重428キロ(-2)

鹿毛/06年2月27日生まれ/生産・野島牧場

クロコルージュ Rainbow Quest Blushing Groom
I Will Follow
Alligatrix Alleged
Shore
プラチナウィンク アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
グリーンヒルケイ サクラユタカオー
エスプリデイア

2走続けてハナを切り、楽な手応えながらも最後に捕まるレースが続いたものの、今回は2番手で折り合いを付け、直線に入って後続を突き放す強い内容での完勝。

8月3日(日) 新潟2R 未勝利・芝1200m(混)

ツクバホクトオー(牡2・尾形)柴田善騎手・54キロ

タイム1.09.6(良)/上がり34.3/1番人気

2着馬オッキオディガット(-0.2)/馬体重468キロ(+2)

黒鹿毛/06年4月4日生まれ/生産・酒井牧場

フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston’s Mill
ステファニーチャン アーミジャー Rainbow Quest
Armeria
チャリタブル Lyphard
Pass the Basket

好スタートから逃げ馬のすぐ外の2番手を抜群の手応えで追走し、直線入り口で逃げ馬に並びかけると直線はしっかりとした伸びを見せての快勝。初戦は他馬を気にする様な面を見せていましたが、今日は外目を追走した事もありスムーズなレース運びでしたね。

8月3日(日) 新潟6R 新馬・芝1800m(混)

メジロポッター(牡2・奥平)中舘騎手・54キロ

タイム1.48.8(良)/上がり34.4/6番人気

2着馬シーダー(-0.2)/馬体重504キロ

鹿毛/06年2月7日生まれ/生産・戸川牧場

メジロベイリー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
レールデユタン マルゼンスキー
ケイツナミ
メジロフランシス カーネギー Sadler’s Wells
Detroit
メジロモントレー モガミ
メジロクインシー

好スタート切り、押してハナヘ。ゆったりとしたペースに持ち込み、長い直線もしっかりと伸び切っての勝利。今後は、リフレッシュ放牧を挟んで東京開催を予定。

8月3日(日) 小倉1R 未勝利・芝1200m

エーシンワンダーズ(牡2・野中)田中健騎手・51キロ

タイム1.09.1(良)/上がり35.2/5番人気

2着馬コウエイフラッシュ(-0.3)/馬体重404キロ(-4)

栗毛/06年3月15日生まれ/生産・室田千秋

エイシンプレストン Green Dancer Nijinsky
Green Valley
Warranty Applied Monteverdi
Implied Warranty
エイシンワンダフル サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
エイシンモモ Topsider
Printing Press

好スタートから、楽々とハナヘ。終始余裕の手応えで直線を向いてもあっさりと後続を振り切り快勝。

8月3日(日) 小倉2R 未勝利・芝1800m(混)

キングスレガリア(牡2・中竹)鮫島良騎手・54キロ

タイム1.48.9(良)/上がり35.1/4番人気

2着馬ドリームゼニス(-0.3)/馬体重462キロ(+2)

鹿毛/06年2月24日生まれ

生産・有限会社レキシントンファーム

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス Last Tycoon
Pilot Bird
リキセレナード ジェイドロバリー Mr. Prospector
Number
ムーンセレナード ミスターシービー
ダイナセレナード

中団でじっくりと脚を溜め、3~4コーナーで距離ロス無く進出し、直線外に持ち出されると鋭い伸びを見せての快勝。前走は直線で他馬に乗り上げそうになる態勢から最後まで伸びて来た様に、なかなかの根性の持ち主の様ですね。

8月3日(日) 小倉4R 新馬・芝1800m(混)

メイショウドンタク(牡2・安田伊)赤木騎手・54キロ

タイム1.48.4(良)/上がり34.9/4番人気

2着馬アントニオバローズ(-0.2)/馬体重488キロ

黒鹿毛/06年2月28日生まれ/生産・太陽牧場

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
ミスティックライト Machiavellian Mr. Prospector
Coup de Folie
Trystero Shareef Dancer
Majestic Kahala

好スタートを切り、先行馬からポツンと離れた4番手を追走し、3コーナー手前で逃げるアントニオバローズに並びかけ、残り600mビッシリと見応えのある叩き合いを制しての勝利。

各馬の動向

函館2歳Sに登録のあるクリノスレンダー(牝2・中島)は8月16日のダリア賞へ。7月20日の新潟の新馬を勝ったマッハヴェロシティ(牡2・武藤)、マリーゴールド賞3着のスガノメダリスト(牡2・大和田)は新潟2歳S(9月7日)へ。

UHB杯を制したマヤノツルギ(牡4・梅内)はキーンランドC(8月31日)へ。宮崎S2着のフラムドパシオン(牡5・角居)は放牧に出して立て直しを図るようです。

 先週の漁火Sを制し4連勝を達成したサトノコクオー(牡4・藤沢和)が左膝を剥離骨折を発症。全治は3ヶ月~6ヶ月かかる見込みです。尚、来年予定しているドバイ遠征は予定通りのようです。

|

« 新潟ではG3・第43回関屋記念 | トップページ | 第40回函館2歳S・第43回関屋記念の出走馬確定 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(8月2、3日)に勝ち上がった2歳馬の紹介:

« 新潟ではG3・第43回関屋記念 | トップページ | 第40回函館2歳S・第43回関屋記念の出走馬確定 »