« 7月26日(土)に勝ち上がった2歳馬の紹介 | トップページ | 第44回小倉記念の出走馬確定 »

2008年7月30日 (水)

7月27日(日)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 7月27日(日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

7月27日(日) 函館1R 未勝利・芝1200m

シシャモチャン(牝2・松永昌)小林徹騎手・54キロ

タイム1.10.8(良)/上がり36.8/3番人気

2着馬フレアリングローズ(-0.3)/馬体重446キロ(+2)

栗毛/06年4月26日生まれ/生産・大島牧場

サクラバクシンオー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
レインボウスズラン スキャン Mr. Prospector
Video
オオシマスズラン カウアイキング
ネバージヨオー

初戦は中団からの競馬でしたが、今回はダッシュ良くハナを奪い、まったく楽な逃げとなり、直線を向く所で後続を突き放して、そのまま押し切って快勝。

7月27日(日) 函館4R 新馬・芝1200m(混)

アローベアタキオン(牡2・昆)四位騎手・54キロ

タイム1.11.0(良)/上がり36.4/1番人気

2着馬グランプリエンゼル(-0.1)/馬体重484キロ

栗毛/06年4月22日生まれ/生産・村田牧場

アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレデイー
アイレスバリーヒル Woodman Mr. Prospector
Playmate
Golden Oriole Northern Dancer
Sex Appeal

馬なりで、先行勢を見る形での追走から、4コーナー外を回って進出し、直線はグランプリエンゼルとの叩き合いを制しての勝利。

7月27日(日) 新潟5R 新馬・芝1400m(牝)

タニノベローナ(牝2・矢作)岩田騎手・54キロ

タイム1.22.7(良)/上がり35.8/1番人気

2着馬マルラニビスティー(-0.1)/馬体重494キロ

黒鹿毛/06年2月25日生まれ/生産・カントリー牧場

グラスワンダー Silver Hawk Roberto
Gris Vitesse
Ameriflora Danzig
Graceful Touch
タニノミリオネーヤ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
デンコウセッカ リヴリア
シージエーズシークレツト

好スタートから先行したものの、途中で一気に下がる場面があり、3~4コーナーで再び前に取り付き、直線はフラつく面を見せながらも鋭い伸びを見せての勝利。

7月27日(日) 新潟6R 新馬・芝1600m(混)

ブレイクランアウト(牡2・戸田)岩田騎手・54キロ

タイム1.35.4(良)/上がり33.4/3番人気

2着馬ミッキーペトラ(-0.7)/馬体重428キロ

鹿毛/06年4月27日生まれ/生産・Shadai Corporation

Smart Strike Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Classy’n Smart Smarten
No Class
Queue French Deputy Deputy Minister
Mitterand
P J Floral Baldski
Peroxide Princess

スタートが遅く、後方からの競馬。特に慌てる事も無く折り合いを付けて、直線に向き、残り300m辺りから追い出されると、力強い伸びを見せての快勝。

7月27日(日) 小倉4R 新馬・ダート1000m(混)

ヒットヒットヒット(牡2・飯田明)飯田騎手・54キロ

タイム59.8(良)/上がり36.7/7番人気

2着馬ウインザモチ(-0.2)/馬体重422キロ

鹿毛/06年4月5日生まれ/生産・高昭牧場

メイショウドトウ Bigstone Last Tycoon
Batave
Princess Reema Affirmed
First Fling
ビリーヴヒット ウォーニング Known Fact
Slightly Dangerous
ドントヒットオンミー Capote
Some Swinger

スタートはあまり速くなかったものの、押してハナへ。先頭に立ってスピードに乗ってからは、楽な手応えとなり、そのまま押し切っての勝利。次走は小倉2歳S(9月7日)を予定。

7月27日(日) 小倉5R 新馬・芝1200m(混)

エリモプリンセス(牝2・佐々木晶)佐藤哲騎手・54キロ

タイム1.09.8(良)/上がり36.0/3番人気

2着馬ジョーシンドバット(-0.6)/馬体重416キロ

黒鹿毛/06年4月30日生まれ/生産・エクセルマネジメント

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス Last Tycoon
Pilot Bird
エリモルミナス タイキシャトル Devil’s Bag
Welsh Muffin
エリモアメジスト Seattle Slew
ステラーオデッセイ

好スタートから、内のマルカジェイドを行かせて2番手でピタッと折り合い、直線に向いて、逃げ馬をあっさり競り落とすと、後続との差をグングン広げての完勝。次走は小倉2歳S(9月7日)を予定。

各馬の動向

マリーゴールド賞を制したツルマルジャパン(牡2・坂口則)は小倉2歳S(9月7日)へ。マリーゴールド賞2着のバンガロール(牡2・佐々木晶)は新潟2歳S(9月7日)へ。ラベンダー賞2着のベルシャルル(牝2・田所)は函館2歳S(8月10日)へ。

函館記念を制したトーセンキャプテン(牡4・角居)、2着のフィールドベアー(牡5・野村)、4着のマヤノライジン(牡7・梅内)は札幌記念(8月24日)へ。函館記念4着のエリモハリアー(せん8・田所)は新潟記念(8月31日)へ。北九州短距離Sを制したクールシャローン(牝4・目野)は北九州記念(8月17日)へ。桜花賞、オークス共に2着のエフティマイア(牝3・鹿戸雄)はクイーンS(8月17日)から始動予定。

 95年にダービーを制したタヤスツヨシ(牡16)が7月29日(火)午前10時10分に左大腿骨々折の為に、死亡した事がJRAから発表されています。7月29日の午前5時頃、放牧地に向かう途中の馬道で立ち上がり、バランスを崩して転倒した際に骨折し、安楽死の処分が取られたようです。

|

« 7月26日(土)に勝ち上がった2歳馬の紹介 | トップページ | 第44回小倉記念の出走馬確定 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月27日(日)に勝ち上がった2歳馬の紹介:

« 7月26日(土)に勝ち上がった2歳馬の紹介 | トップページ | 第44回小倉記念の出走馬確定 »