« 日曜、阪神ではG3・第13回プロキオンS | トップページ | 第10回ジャパンダートダービーの回顧 »

2008年7月 8日 (火)

先週(7月5、6日)勝ち上がった2歳馬紹介

 先週(7月5、6日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

7月5日(土) 函館1R 芝1200m(混)

サクラインプルーブ(牝2・伊藤圭)三浦皇騎手・51キロ

タイム1.11.1(良)/上がり36.8/3番人気

2着馬ディアジーナ(-0.3)/馬体重456キロ

青鹿毛/06年月4日27生まれ/生産・山田牧場

サクラプレジデント サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
セダンフオーエバー マルゼンスキー
サクラセダン
サクラスカーレット サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
サクラレイコ Kenmare
Primula

スタートはあまり良くありませんでしたが、押して前へ。ディアティアレに外から被される形で嫌がる素振りを見せたものの、ディアティアレの故障発生(ハ行)もあり、先頭に立ってからはスムーズな走りで、最後まで粘りきっての勝利。能力はありそうなので、気の悪さが解消されてくれば楽しみですね。

7月5日(土) 函館5R 芝1200m(牝)

ルシュクル(牝2・中竹)長谷川騎手・54キロ

タイム1.11.0(良)/上がり35.3/2番人気

2着馬キョウエイエルメス(-0.1)/馬体重484キロ

芦毛/06年月2日25生まれ/生産・ノースヒルズマネージメント

サクラバクシンオー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
アジアンミーティア Unbridled Fappiano
Gana Facil
Trolley Song Caro
Lucky Spell

3番手の内々でジッと我慢して、直線粘り込む態勢の逃げ馬をゴール前一気に交わしての勝利。今後は放牧に出され、函館2歳S(8月10日)を予定。

7月5日(土) 福島6R 芝1200m

ダノンベルベール(牝2・国枝)後藤騎手・54キロ

タイム1.10.6(良)/上がり34.9/1番人気

2着馬ラヴリードーム(-0.1)/馬体重450キロ

栗毛/06年月1日26生まれ/生産・社台ファーム

アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレデイー
ミスベルベール Bering Arctic Tern
Beaune
Miss Afrique African Song
Dictumisas

道中は後方を追走で、終始押し通しの手応えでかなり外を回りながらも、直線大外から豪快に伸びて余裕で差し切っての勝利。今後は距離を延ばしていくようです。

7月5日(土) 阪神4R 芝1200m

デグラーティア(牝2・宮本)浜中騎手・53キロ

タイム1.11.6(良)/上がり35.5/2番人気

2着馬エーシンワンダーズ(-0.4)/馬体重450キロ

黒鹿毛/06年月4日4生まれ/生産・恵比寿興行(株)那須野牧場

フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston’s Mill
デフィニット Dehere Deputy Minister
Sister Dot
Hiroo Garden Caerleon
Sweeping

3,4番手の外目を余裕の手応えで追走し、直線坂の途中から鋭く伸びて一気に突き抜けての勝利。

7月6日(日) 函館5R 芝1200m(混)

メジロチャンプ(牡2・伊藤圭)安藤勝騎手・54キロ

タイム1.11.2(良)/上がり36.3/1番人気

2着馬サンゴシック(-0.4)/馬体重496キロ

鹿毛/06年3月21日生まれ/生産・メジロ牧場

メジロライアン アンバーシヤダイ ノーザンテースト
クリアアンバー
メジロチエイサー メジロサンマン
シエリル
パシフィックベル アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
ザスキート Nureyev
Shoot a Line

好スタートから、2番手を楽々追走し、逃げ馬を交わして先頭で直線に向き、そのまま押し切っての勝利。放牧を挟んで函館2歳S(8月10日)へ(ラベンダー賞・7月26日を挟む可能性も)。

7月6日(日) 福島1R 芝1200m(混)

スガノメダリスト(牡2・大和田)江田照騎手・54キロ

タイム1.09.8(良)/上がり35.2/2番人気

2着馬ケージーカチボシ(-0.7)/馬体重458キロ

栗毛/06年3月8日生まれ/生産・田上稔

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス Last Tycoon
Pilot Bird
プレイリースカイ Gone West Mr. Prospector
Secrettame
Midsummer Magic Northern Dancer
Fleur

好スタートを決め大外枠から一気にハナを奪うスピードを見せ、直線も最後は後続を更に突き放す内容での勝利。距離が延びた事と、1度使われた事により、最後までしっかりと伸び切りましたね。

7月6日(日) 福島6R 芝1800m(混)

ナンヨーエンゼル(牝2・尾形)柴田善騎手・54キロ

タイム1.52.6(良)/上がり34.9/7番人気

2着馬スペック(-0.3)/馬体重450キロ

鹿毛/06年2月23日生まれ/生産・佐竹学

フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
ナンヨーノアナタ ティッカネン Cozzene
Reiko
ベイサス Chief’s Crown
Golden Petal

スローペースの2番手で楽に折り合いを付け、直線悠々と抜け出す大人びたレース振りでの勝利。

7月6日(日) 阪神1R 芝1400m(混)

ナムラタイシ(牡2・松永昌)石橋守騎手・54キロ

タイム1.23.5(良)/上がり36.3/5番人気

2着馬クールヴァンクル(-0.3)/馬体重436キロ

黒鹿毛/06年月3日10生まれ/生産・賀張三浦牧場

タニノギムレット ブライアンズタイム Roberto
Kelley’s Day
タニノクリスタル クリスタルパレス
タニノシーバード
ナムラヒスイ サクラチトセオー トニービン
サクラクレアー
テンザンナイーブ スルーザドラゴン
マツナミ

ダッシュは無いものの、1度使われた事により、道中の行きっぷりが良くなっていましたね。また、外から被されない位置を追走出来たのも良かったのかも知れませんね。直線、大外から鋭く伸びての勝利でした。

7月6日(日) 阪神4R 芝1800m(混)

ロジユニヴァース(牡2・萩原)武豊騎手・54キロ

タイム1.49.1(良)/上がり34.4/2番人気

2着馬プロスアンドコンズ(-0.1)/馬体重468キロ

鹿毛/06年3月11日生まれ/生産・ノーザンファーム

ネオユニヴァース サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
アコースティクス Cape Cross Green Desert
Park Appeal
ソニンク Machiavellian
Sonic Lady

先行集団の外目で折り合い、直線は馬場の真ん中をキッチリと伸び切っての勝利。

|

« 日曜、阪神ではG3・第13回プロキオンS | トップページ | 第10回ジャパンダートダービーの回顧 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(7月5、6日)勝ち上がった2歳馬紹介:

« 日曜、阪神ではG3・第13回プロキオンS | トップページ | 第10回ジャパンダートダービーの回顧 »