« 今週はG3・第44回小倉記念 | トップページ | 7月27日(日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 »

2008年7月29日 (火)

7月26日(土)に勝ち上がった2歳馬の紹介

 7月26日(土)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

7月26日(土) 函館1R 未勝利・ダート1000m(混)

ワンダーキラメキ(牡2・領家)安藤勝騎手・54キロ

タイム1.00.1(良)/上がり36.3/1番人気

2着馬バギ(-0.2)/馬体重470キロ(-6)

栗毛/06年4月14日生まれ/生産・林孝輝

フォーティナイナー Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
File Tom Rolfe
Continue
ワンダーステラ ラツキーソブリン Nijinsky
Sovereign
ワンダーレジスト トウシヨウボーイ
アーリイスター

初戦、道中で躓きながらも4着。ダートに変わった今回は、初戦ほどのスピードは見れなかったものの、エンジンが掛かってからは良い伸びを見せての勝利。

7月26日(土) 10R ラベンダー賞(OP)・芝1200m(混)

ナムラミーティア(牝2・田村)四位騎手・54キロ

タイム1.10.0(良)/上がり35.3/4番人気

2着馬ベルシャルル(-0.6)/馬体重428キロ(-8)

鹿毛/06年2月25日生まれ/生産・平野牧場

サクラバクシンオー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
ハナコスマイル ダンスオブライフ Nijinsky
Spring Is Here
タイキミステリー Green Forest
Certain Secret

まったくの馬なりで、6、7番手を楽に追走し、4コーナーまでに徐々にポジションを上げて行き、直線外から先行勢をあっさりと捕らえて突き放す強い内容での勝利。次走は函館2歳S(8月10日)を予定。

7月26日(土) 新潟1R 未勝利・芝1400m(混)

ショウナンサミット(牡2・大久保洋)吉田豊騎手・54キロ

タイム1.21.9(稍重)/上がり34.9/4番人気

2着馬フォージドスチール(-0.3)/馬体重440キロ(-4)

栗毛/06年2月17日生まれ/生産・(有)社台C.白老F

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス Last Tycoon
Pilot Bird
バブルウイングス In The Wings Sadler’s Wells
High Hawk
Bubble Prospector Miswaki
Bubble Company

中団内目を追走から、直線外に出すと1頭だけ違う伸びを見せての圧勝。鞍上のコメントでは、かかる面があるので、内枠で脚を溜めれた事が好結果に繋がったとのこと。姉に04年阪神JFを制したショウナンパントル(父サンデーサイレンス)のいる血統。

7月26日(土) 新潟6R 新馬・芝直1000m(混)

クリノスレンダー(牝2・中島)内田騎手・54キロ

タイム56.3(稍重)/上がり33.0/3番人気

2着馬コスモパイレット(-0.3)/馬体重462キロ

鹿毛/06年4月17日生まれ/生産・川上悦夫

タヤスツヨシ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
マガロ Caro
Magic
ポーラーフライト サンダーガルチ Gulch
Line of Thunder
エールノーザン ノーザンテースト
ウイーラヴァリエール

好スタートを切り、一目散に外ラチ沿いにコースを取り、そのままスピードの違いで押し切っての勝利。

7月26日(土) 新潟8R マリーゴールド賞(OP)・芝1400m(混)

ツルマルジャパン(牡2・坂口則)武豊騎手・54キロ

タイム1.20.9(稍重)/上がり35.1/1番人気

2着馬バンガロール(-0.2)/馬体重476キロ(+10)

青毛/06年4月13日生まれ/生産・駿河牧場

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
メモリーズオブロニー Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Pass Away Swing Pass
Reelaway

今回もスピードの違いでハナへ。そのまま悠々と直線に向き、後続が差を詰めようとするものの、そこから更に伸びてレコードタイムでの快勝。

7月26日(土) 小倉1R 未勝利・ダート1000m(混)

サマーラグーン(牝2・飯田雄)浜中騎手・53キロ

タイム59.9(良)/上がり36.7/6番人気

2着馬ワイドヒリュウ(-0.5)/馬体重422キロ(-8)

青鹿毛/06年3月18日生まれ/生産・静内酒井牧場

ボストンハーバー Capote Seattle Slew
Too Bald
Harbor Springs Vice Regent
Tinnitus
ベラミロード アレミロード Tom Rolfe
Why Me Lord
ベラミスキー コリムスキー
ベラミスポート

ひと叩きされた事で、初戦よりもスピードの乗りが良く2番手追走から逃げ馬をキッチリ交わしての勝利。ダート替わりも良かったのではないでしょうか。

7月26日(土) 小倉4R 新馬・芝1200m(牝)

アンプレヴー(牝2・藤原英)上村騎手・54キロ

タイム1.09.8(良)/上がり35.7/2番人気

2着馬デンタルマロン(-0.2)/馬体重418キロ

栗毛/06年2月8日生まれ/生産・ノーザンファーム

トワイニング Forty Niner Mr. Prospector
File
Courtly Dee Never Bend
Tulle
マイワイルドフラワー Topsider Northern Dancer
Drumtop
Wildwook Sir Gaylord
Blue Canoe

おっつけての先行も、スピードに乗ってからはスムーズに追走し、4コーナーはかなり外を回りながらも最後までしっかりした伸びを見せて快勝。兄弟にジョイフルハート(父サクラバクシンオー)、ブルーメンブラッド(父・アドマイヤベガ)のいる血統で、今後が楽しみですね。

各馬の動向

ダービー、NHKマイルCの2冠を制したディープスカイ(牡3・昆)は神戸新聞杯(9月28日)での復帰となったようです。その後の進路は未定です。

|

« 今週はG3・第44回小倉記念 | トップページ | 7月27日(日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月26日(土)に勝ち上がった2歳馬の紹介:

« 今週はG3・第44回小倉記念 | トップページ | 7月27日(日)に勝ち上がった2歳馬の紹介 »