« 今日(7月13日)の回顧 | トップページ | 先週(7月12、13日)に勝ち上がった2歳馬紹介 »

2008年7月14日 (月)

今週はG3・第8回アイビスサマーダッシュ

 今週の日曜日(7月20日)には、新潟競馬場でサマースプリントシリーズの第2戦、第8回アイビスサマーダッシュ(3歳上G3・芝直線1000m)が行われます。2001年に新潟競馬場がリニューアルする際に新設されたJRA唯一の直線1000mを舞台にした名物重賞も、今年で8回目を迎えましたね。今年はフルゲート18頭に22頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りです。

出走可能な順

マルブツイースター(牡3・中尾正)53キロ、アポロドルチェ(牡3・堀井)53キロ、タマモホットプレイ(牡7・南井)57キロ、シンボリグラン(牡6・畠山吉)57キロ、エムオーウイナー(牡7・服部)56キロ、ステキシンスケクン(牡5・森)56キロ、クーヴェルチュール(牝4・国枝)54キロ、オートセレブ(牡6・沖)56キロ、アルーリングボイス(牝5・野村)54キロ、フジサイレンス(牡8・田子)56キロ、ナカヤマパラダイス(牡5・二ノ宮)56キロ、カノヤザクラ(牝4・橋口)54キロ、サープラスシンガー(牡4・宗像)56キロ、エアアドニス(牡6・伊藤正)56キロ、スパイン(牡6・堀井)56キロ、シンボリウエスト(せん8・藤沢和)56キロ、フレンドシップ(牡5・角居)56キロ、エイムアットビップ(牝3・矢作)51キロ

除外対象馬

ハナイチリン(牝5・飯田雄)54キロ、レヴリ(牝6・大江原)54キロ、レッドビームシチー(牡6・中野)56キロ、ホエールシャーク(牝6・音無)54キロ

となっています。

昨年の2、3着馬のナカヤマパラダイス、クーヴェルチュールらを筆頭に、本来のスピードを取り戻したアポロドルチェや、叩き2走目で上積みが見込めるマルブツイースター、スピードを存分に生かせそうなステキシンスケクンとサープラスシンガー、本来の調子を取り戻せば1000m向きと思われるエイムアットビップ、1000m戦でどのようなレースを見せるか楽しみなタマモホットプレイ、シンボリグラン、カノヤザクラや、5月の1000m戦を楽勝したスパインなど、いずれ劣らぬスピード自慢が集結して、楽しみな1戦となりそうですね。

 7月16日(水)に川崎競馬場で行われる交流重賞の第12回スパーキングレディーカップ(3歳上牝G3・ダート1600m)の枠順が確定しています。

1枠①ニシノナースコール(牝6・尾形充)吉田豊騎手・55キロ

2枠②テンイムホウ(牝6・柄崎孝)勝浦正騎手・55キロ

3枠③スターオブジェンヌ(牝5・船橋・佐々功)真島大騎手・55キロ

3枠④インカローズ(牝3・大井・高橋三)坂井英騎手・52キロ

4枠⑤メイショウバトラー(牝8・高橋成)武豊騎手・56キロ

4枠⑥ダイワオンディーヌ(牝5・大井・佐藤寿)御神本騎手・55キロ

5枠⑦サイレントエクセル(牝5・岩手・佐藤祐)板垣吉騎手・55キロ

5枠⑧シールビーバック(牝6・笠松・伊藤強)濱口楠騎手・55キロ

6枠⑨ミスガイア(牝3・大井・阪本一)町田直騎手・52キロ

6枠⑩トーセンジョウオー(牝7・船橋・川島正)戸崎圭騎手・55キロ

7枠⑪カミノミライ(牝3・大井・武智政)矢野貴騎手・52キロ

7枠⑫パフィオペディラム(牝5・船橋・岡林光)左海誠騎手・55キロ

8枠⑬ラピッドオレンジ(牝5・小笠倫)内田博騎手・56キロ

8枠⑭クィーンロマンス(牝7・笠松・山中輝)東川公騎手・55キロ

以上の14頭となっています。発走は7月16日(水)の20時10分となっています。

|

« 今日(7月13日)の回顧 | トップページ | 先週(7月12、13日)に勝ち上がった2歳馬紹介 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週はG3・第8回アイビスサマーダッシュ:

« 今日(7月13日)の回顧 | トップページ | 先週(7月12、13日)に勝ち上がった2歳馬紹介 »