« 今週はG3・第44回函館記念 | トップページ | 第44回函館記念の出走馬確定 »

2008年7月23日 (水)

先週(7月19、20日)に勝ち上がった2歳馬紹介

 先週(7月19、20日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

7月19日(土) 函館1R 未勝利・芝1200m(牝)

キョウエイエルメス(牝2・藤原辰)木幡騎手・54キロ

タイム1.10.8(良)/上がり36.2/1番人気

2着馬ハツノボリ(-0.2)/馬体重444キロ(-10)

栗毛/06年4月1日生まれ/生産・スイートファーム

ワイルドラッシュ Wild Again Icecapade
Bushel-n-Peck
Rose Park Plugged Nickle
Hardship
タシロスプリング マルゼンスキー Nijinsky
シル
セナリオ Forty Niner
Recital

スタートが速く、ダッシュもあり、新馬戦と同様にハナへ。後続を引き付けながらのレース振りで、悠々逃げ切り順当勝ち。

7月19日(土) 函館4R 新馬・ダート1000m(混)

ヒシアカデミー(牡2・河内)藤田騎手・54キロ

タイム1.00.3(良)/上がり36.3/1番人気

2着馬アドマイヤランサム(-0.7)/馬体重494キロ

青鹿毛/06年4月13日生まれ/生産・Donald S. & R. Mary Zuckerman, as Tenants by the Entireties

Vindication Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Strawberry Reason Strawberry Road
Pretty Reason
Princess Belle Mr. Greeley Gone West
Long Legend
Sister Belle Bravest Roman
Belle Emperor

外から押して先頭に立つと、後は楽なレース振りで最後は抑える余裕のレースで圧勝。

7月19日(土) 新潟3R 新馬・芝1200m

トウカイフィット(牡2・栗田)蛯名騎手・54キロ

タイム1.10.4(良)/上がり35.3/1番人気

2着馬ラインディオーネ(-0.2)/馬体重426キロ

鹿毛/06年5月13日生まれ/生産・岡部牧場

タイキシャトル Devil’s Bag Halo
Ballade
Welsh Muffin Caerleon
Muffitys
ボブズディレンマ Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Hay Patcher Hoist the Flag
Turn to Talent

行き脚が付くまで、手綱がかなり動きましたが、先頭に立ってからは、スムーズな走りで、直線もしっかりと伸びての勝利。

7月19日(土) 新潟6R 新馬・1400m(混)

ダイワプリベール(牡2・池上)後藤騎手・54キロ

タイム1.22.0(良)/上がり35.1/1番人気

2着馬キングマジック(-0.6)/馬体重452キロ

鹿毛/06年1月29日生まれ/生産・社台ファーム

Empire Maker Unbridled Fappiano
Gana Facil
Toussaud El Gran Senor
Image of Reality
ミスベガス Efisio Formidable
Eldoret
Dwingeloo Dancing Dissident
Thank One’s Stars

まったくの馬なりでハナへ。外から被されていましたがまったく問題無く、直線も鞍上の手は動かず圧勝。

7月19日(土) 小倉4R 新馬・芝1200m(九州産)

フォーシーズンゴー(牡2・松永幹)武豊騎手・54キロ

タイム1.10.3(良)/上がり35.3/2番人気

2着馬ナンゴクシャンテ(-0.0)/馬体重488キロ

黒鹿毛/06年4月17日生まれ/生産・本田土寿

メガスターダム ニホンピロウイナー ステイールハート
ニホンピロエバート
フミノスキー マルゼンスキー
ベンドユウホウ
リビューク Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Mill Queen Mill Reef
Passer Queen

4、5番手追走から、直線外に持ち出すと素晴らしい伸びを見せての差し切勝ち。次走はひまわり賞(8月30日)を予定。

7月19日(土) 小倉5R 新馬・芝1000m

パレスシュガー(牝2・小島貞)太宰騎手・54キロ

タイム57.5(良)/上がり34.3/8番人気

2着馬ホーマンライズ(-0.2)/馬体重448キロ

鹿毛/06年4月7日生まれ/生産・(有)石川牧場

タイキシャトル Devil’s Bag Halo
Ballade
Welsh Muffin Caerleon
Muffitys
エンベゼル Seeking the Gold Mr. Prospector
Con Game
Bookkeeper Private Account
Resume

好スタートからハナに立つも、外から早めに来られて厳しい展開。直線に入って3頭横並びの追い比べとなり、最後は差し返して突き放すレース振りでの勝利。

7月20日(日) 函館1R 未勝利・芝1200m(混)

サンゴシック(牡2・池添)池添騎手・54キロ

タイム1.11.6(良)/上がり36.9/1番人気

2着馬マイネルエルドラド(-0.4)/馬体重492キロ(-4)

栗毛/06年3月5日生まれ/生産・猪野毛牧場

ダンスインザダーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダンシングキイ Nijinsky
Key Partner
スイートブーケ スキャン Mr. Prospector
Video
ハナダヨリ ノーザンテースト
ダイナキキヨウ

デビュー戦よりは行き脚は付いたものの、終始鞍上の手は動きっぱなし。それでも、直線は後続を引き離しての勝利。距離が伸びた方が良さそうとの判断で、次走は札幌2歳S(10月4日)を予定。

7月20日(日) 函館4R 新馬・芝1200m

ラインブラッド(牡2・領家)北村友騎手・53キロ

タイム1.11.0(良)/上がり36.0/6番人気

2着馬ハッピーネーション(-0.0)/馬体重466キロ

栗毛/06年3月9日生まれ/生産・シンボリ牧場

タイキシャトル Devil’s Bag Halo
Ballade
Welsh Muffin Caerleon
Muffitys
フォーミド Trempolino Sharpen Up
Trephine
Arisen Mr. Prospector
Rosy Alibhai

好スタートを切るも、無理せず5番手を追走。終始楽な手応えで、直線上手く外に出し、ゴール前でキッチリと逃げ馬を捕らえるセンスのある走りでの勝利。次走は函館2歳S(8月10日)を予定。

7月20日(日) 新潟1R 未勝利・ダート1200m(混)

ザデイ(牝2・伊藤圭)内田騎手・54キロ

タイム1.12.4(良)/上がり37.6/1番人気

2着馬デイトユアドリーム(-0.0)/馬体重456キロ(-6)

青鹿毛/06年5月23日生まれ/生産・グランド牧場

シンボリクリスエス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
ウエイアウト The Minstrel Northern Dancer
Fleur
Fager’s Glory Mr. Prospector
Street’s Glory

初戦に続いてスピードを見せハナへ。前走よりも楽な手応えで直線を向き、楽勝かと思いきや、ゴール前急追を受けヒヤヒヤの勝利。初戦同様、ゴール前の止まり方が激しいですね。次走は札幌500万下のダート戦を予定。

7月20日(日) 新潟5R 新馬・ダート1200m(混)

コンスヴァール(牝2・岡田)福永騎手・54キロ

タイム1.13.2(良)/上がり37.7/1番人気

2着馬レッドヴァンクール(-0.0)/馬体重464キロ

鹿毛/06年4月22日生まれ/生産・大典牧場

ブライアンズタイム Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley’s Day Graustark
Golden Trail
エンシャントゴールド Seeking the Gold Mr. Prospector
Con Game
Ocean Cat Storm Cat
Pacific Princess

4番手追走から、3~4コーナー馬なりで進出し、直線レッドヴァンクールとの叩き合いを制しての勝利。

7月20日(日) 新潟6R 新馬・芝1800m

マッハヴェロシティ(牡2・武藤)柴田善騎手・54キロ

タイム1.50.0(良)/上がり33.1/5番人気

2着馬ガンズオブナバロン(-0.1)/馬体重500キロ

青毛/06年4月22日生まれ/生産・日の出牧場

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
マイミッシェル タイキシャトル Devil’s Bag
Welsh Muffin
ナイスレイズ Storm Cat
Nice Tradition

好スタートから、2番手で折り合い、楽な手応えで直線へ。直線は逃げるガンズオブナバロンとのマッチレースを制しての勝利。次走は新潟2歳S(9月7日)を予定。

7月20日(日) 小倉1R 未勝利・芝1200m(混)

ホッコータキオン(牡2・飯田明)飯田騎手・54キロ

タイム1.08.5(稍重)/上がり35.2/5番人気

2着馬ウララカ(-0.4)/馬体重496キロ(+4)

栗毛/06年3月28日生まれ/生産・高昭牧場

アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレデイー
ホッコーソレイユ バンブーアトラス ジムフレンチ
バンブーシザラ
グレースウーマン マルゼンスキー
ランズプロント

デビュー戦ダートで5着から、芝に替わり3番手追走から直線楽に抜け出しての快勝。一度使われて、行き脚が付いたことと、直線平坦コースも合った印象。

7月20日(日) 小倉4R 新馬・芝1200m(混)

イセノスバル(牡2・大橋)芹沢騎手・54キロ

タイム1.09.0(良)/上がり35.3/2番人気

2着馬ノアウイニング(-0.2)/馬体重504キロ

青毛/06年2月3日生まれ/生産・野坂牧場

プリサイスエンド End Sweep Forty Niner
Broom Dance
Precisely Summing
Crisp ’n Clear
ソーラーヴィジョン タバスコキャット Storm Cat
Barbicue Sauce
ノーザンソーラー Northern Dancer
Solar

無理せずにハナに立ち、直線も最後までしっかりと伸びきり快勝。次走はフェニックス賞を予定。

各馬の動向

マーキュリーC2着のフィフティーワナー(せん6・安田隆)はブリーダーズGC(8月14日・旭川)へ。アイビスSDを制したカノヤザクラ(牝4・橋口)、9着のマルブツイースター(牡3・中尾正)は北九州記念(8月17日)へ。越後Sを制し4連勝中のダイワエンパイアはBSN賞(9月6日)へ。

 8月9日にイギリスのアスコット競馬場で行われるシャーガーカップに武豊騎手が世界選抜の主将として選出されました。チームメートはホルヘ・リカルド騎手(ブラジル)とラッセル・ベイズ騎手(カナダ)の10000勝ジョッキーの2人。以前から武豊騎手自身のコラムで書かれていましたが、ようやく正式な発表があったようですね。もの凄い2人を率いての参戦だけに力が入るでしょうね。是非、頑張って来てもらいたいですね。

 78年3月のデビューから障害レース一筋に通算1958戦220勝の成績を残した嘉堂信雄騎手(54歳)が7月31日付けで現役を引退する事になりました。重賞は90年中山大障害・春(パンフレット)、97年中山大障害・秋(ケイティタイガー)など15勝。7月26日(土)の小倉競馬場で昼休み(3レースの確定後)にウイナーズサークルで引退式が行われる予定です。今後は、高橋隆厩舎で調教助手になる予定です。本当にお疲れ様でした。

|

« 今週はG3・第44回函館記念 | トップページ | 第44回函館記念の出走馬確定 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(7月19、20日)に勝ち上がった2歳馬紹介:

« 今週はG3・第44回函館記念 | トップページ | 第44回函館記念の出走馬確定 »