« 函館ではG3・第15回函館スプリントステークス | トップページ | 第57回ラジオNIKKEI賞と第15回函館SSの出走馬確定 »

2008年7月 2日 (水)

先週(6月28、29日)勝ち上がった2歳馬紹介

 先週、勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

6月28日(土) 函館5R 芝1200m

ディーズハイビガー(牝2・藤原辰)木幡騎手・54キロ

タイム1.10.1(良)/上がり36.1/5番人気

2着馬ロイヤルダリア(-0.1)/馬体重486キロ

鹿毛/06年3月6日生まれ/生産・川上牧場

アグネスデジタル Crafty Prospector Mr. Prospector
Real Crafty Lady
Chancey Squaw Chief's Crown
Allicance
マーズプリンセス デインヒル Danzig
Razyana
ディアーミミ Roberto
Carnival Princess

好スタートを切ったものの、外から被せられ苦しい展開に見えましたが、結局先頭で直線へ向き、しぶとく伸びての勝利。距離はもう少しある方が良さそうな印象です。

6月28日(土) 福島6R ダート1000m(混)

アイアムカミノマゴ(牝2・杉浦)勝浦騎手・54キロ

タイム59.9(良)/上がり36.6/2番人気

2着馬ケージーコガネ(-0.7)/馬体重464キロ

鹿毛/6年2月22日生まれ/生産・社台ファーム

アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレディー
アイアムザウィナー Danzig Connection Danzig
Gdynia
ブルージーンベイビー Mr. Prospector
Jones Time Machine

好スタート切り、外目を悠々追走し、直線も余裕の手応えで楽勝。ただ、兄弟馬もダート短距離で勝ちあがっており(アイアムツヨシダート1000mで0.2差、アイアムドーターダート1200mで0.7差、アイアムエンジェルダート1000mで1.0差)、芝、距離延長は走ってみない事には判断出来ませんね。次走は短期放牧後、函館2歳S(8月10日)を予定。

6月28日(土) 阪神4R 芝1400m

バンガロール(牡2・佐々木晶)武豊騎手・54キロ

タイム1.23.2(良)/上がり35.5/1番人気

2着馬セキサンダンスイン(-0.3)/馬体重456キロ

栗毛/06年4月5日生まれ/生産・シンボリ牧場

アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレディー
スイートスリリング サンダーガルチ Gulch
Line of Thunder
ゲーリックチューン Danzig
Squan Song

3番手の外目をスムーズに追走から直線なかばから鋭い伸びを見せ快勝。左回りの方がスムーズと言う事で、次走は新潟のマリーゴールド賞(7月26日)に石橋脩騎手で出走予定。

6月29日(日) 函館5R ダート1000m(混)

ゼットサンサン(牡2・山内)松田騎手・54キロ

タイム59.1(良)/上がり36.1/1番人気

2着馬ケイアイジンジン(-0.3)/馬体重498キロ

栗毛/06年2月22日生まれ/生産・Sebastian L.Varney

Officer Bertrando Skywalker
Gentle Hands
St. Helens Shadow Septieme Ciel
Little Bar Fly
Stormy Surprise Mr. Greeley Gone West
Long Legend
Westwood Storm Bird
Love From the Air

押して2番手に付け、スピードに乗ってからは推進力のあるパワフルな走りと古馬の様なレース振りを見せ、完成度の高さを感じさせる走りでレーコード勝ち。次走以降は藤田騎手が騎乗する予定。(2着馬も能力高そうですね。)

6月29日(日) 福島6R 芝1200m

ダイワバーガンディ(牝2・上原)吉田隼騎手・54キロ

タイム1.10.9(稍重)/上がり35.7/1番人気

2着馬スガノバクシンオー(-0.3)/馬体重468キロ

鹿毛/06年2月13日生まれ/生産・社台ファーム

ブライアンズタイム Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
ダイワルージュ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
スカーレットブーケ ノーザンテースト
スカーレットインク

中団外目追走から、4コーナーでかなり外を回らされるも、直線鋭い伸びを見せ余裕を持っての差し切勝ち。次走は短期放牧後、新潟2歳S(9月7日)が有力。

6月29日(日) 阪神4R ダート1200m(混)

サダムテンジン(牝2・中村)岩田騎手・54キロ

タイム1.13.7(不良)/上がり37.2/1番人気

2着馬ドリームクェーサー(-0.5)/馬体重450キロ

栗毛/06年3月4日生まれ/生産・山田昇史

サウスヴィグラス エンドスウィープ フォーティナイナー
Broom Dance
ダーケストスター Star de Naskra
Minnie Riperton
ロニーサンライズ ブラックタイアフェアー Miswaki
Hat Tab Girl
メモリーズオブロニー Storm Cat
Pass Away

押してハナへ。楽なペースで行けたとは言え、坂を上がってからもうひと伸びして後続を突き放す。

各馬の動向

宝塚記念で14着に敗れたアドマイヤオーラ(牡4・松田博)が右橈側手根骨を骨折している事がJRAから発表されています。3ヶ月以上の休養が必要な様です。

宝塚記念3着のインティライミ(牡6・佐々木晶)、5着のアサクサキングス(牡4・大久保龍)は、いずれも放牧に出され、秋は京都大賞典(10月12日)での復帰を予定。宝塚記念9着のドリームパスポート(牡5・稲葉)はレース中に左目に外傷を負っていたようで、治療後、放牧に出され、しばらく休養にあてるようです。

7月9日(水)に大井競馬場で行われるジャパンダートダービー(3歳G1・ダート2000m)に登録のあったアポロドルチェ(牡3・堀井)が回避する為、繰り上がりでスマートファルコン(牡3・小崎)岩田騎手騎乗が出走可能となりました。尚、アポロドルチェの次走はアイビスSD(7月20日)か北陸S(ダート1200m・8月3日)のいずれかを予定。

|

« 函館ではG3・第15回函館スプリントステークス | トップページ | 第57回ラジオNIKKEI賞と第15回函館SSの出走馬確定 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(6月28、29日)勝ち上がった2歳馬紹介:

« 函館ではG3・第15回函館スプリントステークス | トップページ | 第57回ラジオNIKKEI賞と第15回函館SSの出走馬確定 »