« 今週はG3・第57回ラジオNIKKEI賞 | トップページ | 先週(6月28、29日)勝ち上がった2歳馬紹介 »

2008年7月 1日 (火)

函館ではG3・第15回函館スプリントステークス

 今週の日曜日(7月6日)には、函館競馬場で第15回函館スプリントステークス(3歳上G3・芝1200m)が行われます。このレースは今年で3回目の開催となるサマースプリントシリーズの開幕戦となっています。今年はフルゲート16頭に30頭の登録があり、出走可能な馬と全登録馬は以下の通りです。

出走可能な順

タイセイアトム(牡5・矢作)56キロ、キンシャサノキセキ(牡5・堀)56キロ、キングストレイル(牡6・藤沢和)57キロ、プレミアムボックス(牡5・上原)56キロ、トウショウカレッジ(牡6・池添)56キロ、ゴスホークケン(牡3・斎藤誠)53キロ、タマモホットプレイ(牡7・南井)57キロ、シンボリグラン(牡6・畠山吉)57キロ、ルルパンブルー(牝3・坂本)51キロ、ウエスタンビーナス(牝5・鈴木康)54キロ、コパノフウジン(牡6・宮)56キロ、マイネルスケルツィ(牡5・稲葉)56キロ、スピニングノアール(牡7・長浜)56キロ、タニノマティーニ(牡8・須貝)56キロ、ミリオンウェーブ(牡3・宮本)53キロ、リキアイタイカン(牡10・阿部)56キロ

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順)

テンイムホウ(牝6・柄崎)54キロ、キングトップガン(牡5・鮫島)56キロ、ブルーショットガン(牡9・武宏)56キロ、シンボリウエスト(せん8・藤沢和)56キロ、オフィサー(牡6・森)56キロ、キクノアロー(牡5・吉田)56キロ、ピサノパテック(牡6・藤沢和)56キロ、ロイヤルキャンサー(牡10・森)56キロ、ダンディズム(牡6・藤原英)56キロ、トールハンマー(牡8・二ノ宮)56キロ、クールシャローン(牝4・目野)54キロ、タニノハイクレア(牝4・矢作)54キロ、ビービーガルダン(牡4・領家)56キロ、オーヴェール(牡6・浅見)56キロ

となっています。

高松宮記念2着も重賞のタイトルを手に入れたいキンシャサノキセキ、53キロの斤量と距離短縮で本来の走りを取り戻したいゴスホークケン、51キロで得意の1200mとなるルパンブルー、レース振りが安定してきたスピニングノアール、時計の掛かる馬場の合いそうなキングストレイルやプレミアムボックス、コパノフウジン、テレビ愛知杯で切れのある走りを見せたトウショウカレッジ、久々の1200m戦で変わり身を見せたいシンボリグランなど楽しみなメンバーが揃いましたね。

各馬の動向

宝塚記念を歩様の乱れで、回避したコスモバルク(牡7・田部)は、左前脚の種子骨の近くを2ヶ所剥離骨折している事が判明し、6月24日に骨片の除去手術を行い、秋後半の復帰を目指すようです。

 昨年はウオッカ、今年はディープスカイでダービーを連覇した四位洋文騎手が「普段、ファンの皆さんに支えてもらっているので、賞金の中から社会に還元していきたい」との意思から、100万円をあしなが育英会に寄付を行っています。こういった行動は、若い騎手達も是非見習ってもらいたいですね。

|

« 今週はG3・第57回ラジオNIKKEI賞 | トップページ | 先週(6月28、29日)勝ち上がった2歳馬紹介 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館ではG3・第15回函館スプリントステークス:

« 今週はG3・第57回ラジオNIKKEI賞 | トップページ | 先週(6月28、29日)勝ち上がった2歳馬紹介 »