« 今週はG3・第8回アイビスサマーダッシュ | トップページ | 第12回スパーキングレディーカップの回顧 »

2008年7月15日 (火)

先週(7月12、13日)に勝ち上がった2歳馬紹介

 先週(7月12、13日)に勝ち上がった2歳馬を紹介していきましょう。

7月12日(土) 函館1R 未勝利・芝1200m

ナムラミーティア(牝2・田村)四位騎手・54キロ

タイム1.11.2(稍重)/上がり36.2/2番人気

2着馬マイネルエルフ(-0.0)/馬体重436キロ(+4)

鹿毛/06年2月25日生まれ/生産・平野牧場

サクラバクシンオー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
ハナコスマイル ダンスオブライフ Nijinsky
Spring Is Here
タイキミステリー Green Forest
Certain Secret

初戦よりも好スタートを切り、楽に3番手の外に付け余裕の手応えで直線に向き、内から抜け出してきたマイネルエルフとの叩き合いをしぶとく制しての勝利。

7月12日(土) 函館5R 新馬・芝1200m

フィフスペトル(牡2・加藤征)三浦皇騎手・52キロ

タイム1.11.8(良)/上がり35.6/1番人気

2着馬ロラパルーザ(-0.4)/馬体重444キロ

鹿毛/06年5月22日生まれ/生産・(有)社台C.白老ファーム

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス Last Tycoon
Pilot Bird
ライラックレーン Bahri Riverman
Wasnah
Lilac Garden Roberto

Balletomane

好スタートから2番手の内で厳しい位置取りも、鞍上が仕掛けるとスッと反応し逃げ馬のすぐ外に出し、馬なりで逃げ馬に並びかけて直線を迎えると、最後は後続を突き放しての勝利。

7月12日(土) 福島6R 新馬・芝1200m(混)

アイアンデューク(牡2・伊藤伸)石橋脩騎手・54キロ

タイム1.11.4(良)/上がり35.1/8番人気

2着馬ツクバホクトオー(-0.1)/馬体重464キロ

芦毛/06年3月17日生まれ/生産・上水牧場

スウェプトオーヴァーボード End Sweep Forty Niner
Broom Dance
Sheer Ice Cutlass
Hey Dolly A.
テンペストケース サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ケース Fappiano

Granny Sack

ダッシュが付かず後方からレースを進め、3~4コーナー馬群の中を押して進出。直線に向くところで前の馬に乗りかかりそうになりながらも、前が開くと鋭く伸びての勝利。気性が幼いものの、能力を感じさせる走りでしたね。

7月12日(土) 阪神1R 未勝利・芝1600m(混)

セイウンワンダー(牡2・領家)岩田騎手・54キロ

タイム1.35.6(良)/上がり34.4/1番人気

2着マイネルソレント(-1.0)/馬体重500キロ(-6)

青毛/06年4月30日生まれ/生産・筒井征文

グラスワンダー Silver Hawk Roberto
Gris Vitesse
Ameriflora Danzig
Graceful Touch
セイウンクノイチ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アンカースティーム リアルシヤダイ
アイレテスコ

デビュー戦と同じく2番手からの競馬。今回は直線を向いてからの反応が良く上がり34.4の末脚で後続をちぎっての勝利。

7月13日(日) 函館1R 未勝利・ダート1000m(混)

ケイアイジンジン(牡2・鶴留)池添騎手・54キロ

タイム59.9(良)/上がり36.4/1番人気

2着馬ノボジュピター(-0.9)/馬体重446キロ(±0)

黒鹿毛/06年4月12日生まれ

生産・Gainesway Thoroughbreds Ltd.

Tale of the Cat Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Yarn Mr. Prospector
Narrate
Ruby Glows Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Rub al Khali Mr. Prospector
Arabian Dancer

好スタートから2番手に控え、スピードの違いで先頭に並びかけ、持ったままで後続を突き放し、最後は抑えながらの楽勝。デビュー戦のパドックで身のこなしの柔らかそうな動きを見せていたのが印象的。今後にも注目したい1頭。

7月13日(日) 函館5R 新馬・芝1800m(混)

フォーレイカー(牡2・堀)安藤勝騎手・54キロ

タイム1.53.2(良)/上がり35.5/3番人気

2着馬シェーンヴァルト(-0.0)/馬体重480キロ

鹿毛/06年2月16日生まれ/生産・酒井牧場

マヤノトップガン ブライアンズタイム Roberto
Kelley’s Day
アルプミープリーズ Blushing Groom
Swiss
ペリウィンクル フォーティナイナー Mr. Prospector
File
ダジルミージョリエ Carr de Naskra
Mawgrit

好スタートも、外から行く馬を行かせて2番手で折り合い、直線あっさりと抜け出しての勝利。レースセンスの良さを窺わせるレース振りでしたね。

7月13日(日) 福島1R 未勝利・芝1200m(混)

タマニューホープ(牡2・相沢)松岡騎手・54キロ

タイム1.10.8(良)/上がり36.7/4番人気

2着馬エーシンウォーマン(-0.1)/馬体重452キロ(+6)

鹿毛/06年5月13日生まれ/生産・斉藤安行

ロサード サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ローザネイ Lyphard
Riviere Doree
タマビッグエックス リドヘイム Nureyev
Red Berry
タマビッグギャル ロジンスキー
タマギヤル

新馬戦はダート1000m戦で押し通しでしたが、今回は一度使われた事と距離延長で行きっぷりが良くなり2番手を楽に追走。そのまま押し切っての勝利。父ロサードは軽い芝向きだっただけに芝も向く印象ですね。

7月13日(日) 阪神4R 新馬・芝1400m(混)

スズノハミルトン(牡2・五十嵐)和田騎手・54キロ

タイム1.24.2()/上がり36.2/3番人気

2着馬アディアフォーン(-0.1)/馬体重474キロ

鹿毛/06年2月8日生まれ/生産・棚川光男

エイシンサンディ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
エイシンウイザード ノーザリー
シルバーナイキ
イシノショウジ サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
サマニコマチ アンバーシヤダイ
ゴールドユウマ

好スタートを切るも、馬なりで中団を追走し、直線外に持ち出されると力強い伸びを見せ、アディアフォンとの叩き合いを制しての勝利。

|

« 今週はG3・第8回アイビスサマーダッシュ | トップページ | 第12回スパーキングレディーカップの回顧 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(7月12、13日)に勝ち上がった2歳馬紹介:

« 今週はG3・第8回アイビスサマーダッシュ | トップページ | 第12回スパーキングレディーカップの回顧 »